狐娘小説一覧

タグ 狐娘×
7
 学校での対人関係、母親との関係などから人間が嫌いになった男──藤橋優希。そんな彼は、大嫌いなクラスメイト達と異世界に召喚される。  しかし何も変わらない。思いも、扱いも、感情も全て、異世界だからという理由では変わらない。何も変えられない。子供だからだとか、大人になればわかるだとか、そんな都合のいい話もない。好きになるきっかけもない。  ──何故、僕はこんな人間と同じ種族なんだ……!  同作品を小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+でも公開しております。
24hポイント 242pt
小説 3,844 位 / 86,647件 ファンタジー 969 位 / 24,797件
文字数 178,901 最終更新日 2020.11.28 登録日 2019.09.27
おっさんが、のじゃロリに!? ひょんなきっかけで死亡し、異世界転生を果たした主人公。だがその姿は、狐耳に尻尾も生えた幼女。とある村を妖怪から守って欲しいと、神さまから頼まれる。 幼女の姿に戸惑いつつも、村の守り神として奮闘する主人公。村人を育て、妖怪に備える。そして戦いへ。 他人を強くする以外に能がないと思われた自分の能力。だが、その真の強さに目覚め、規格外のチートパワーで無双する! イラストは、紗結莉様のフリーアイコンを使用させていただいております。
24hポイント 21pt
小説 14,810 位 / 86,647件 ファンタジー 3,076 位 / 24,797件
文字数 123,777 最終更新日 2019.09.08 登録日 2019.08.25
3
恋愛 完結 短編 R18
タイトル通りのエロ小説です。 ほかのエロ小説は「タイトル通りのエロ小説シリーズ」まで
24hポイント 7pt
小説 20,914 位 / 86,647件 恋愛 8,386 位 / 22,865件
文字数 4,277 最終更新日 2020.09.14 登録日 2020.09.14
蒸気仕掛けの自動人形が闊歩するアルスター王国の首都ルドウィック、機械工学院の留学生としてこの国を訪れていた高科亮介は、初投稿初日に少年少女と出会う。 褐色の肌を持つ二人は列強の植民地と化しつつある藩王国の王族シュリーと貴族のアンシュ、学友として同じ学校に通いながら、仲良くなってゆく三人。そして、その家の使用人として雇われていた片腕が義手の退役軍人メイソン。 食事と報酬でつられて始めたお使いのバイトだったが、シュリーが純白の自動人形「シルヴィ」を手に入れたのをきっかけに、亮介達は吸血鬼から命を狙われることとなる。 なぜ、吸血鬼は彼らを襲うのか? 様々な思惑が交差する中、亮介と取り憑いた狐の嫁「茜」の冒険が始まる。 蒸気と解析機関が支配する世界を駆け巡る、スチームパンクファンタジー開幕
24hポイント 0pt
小説 86,647 位 / 86,647件 ファンタジー 24,797 位 / 24,797件
文字数 2,577 最終更新日 2020.09.03 登録日 2020.09.03
5
ファンタジー 連載中 長編 R15
若くして剣技を極め、SSSランク冒険者となったリベルは、魔物を滅ぼした後の日常を持て余していた。その力はあまりに強大すぎて活躍の場はない上、彼を政治的に利用しようと各国は陰謀を企て始める。 この世界に居場所はない。新天地を求めて伝説の地を訪れたリベルは、そこで異世界への切符を手にする。 向かう先はSランクを超越した者だけが行くことを許される究極のS級世界だ。そこでSSSランクは始まりに過ぎない。10Sランク、100Sランクと高みはどこまでも続いていく。 活躍の場を得たリベルは、最強の冒険者を目指して成り上がっていく。
24hポイント 0pt
小説 86,647 位 / 86,647件 ファンタジー 24,797 位 / 24,797件
文字数 56,113 最終更新日 2018.09.04 登録日 2018.06.04
6
青春 完結 長編
学校に遅刻しそうになった武は全速力で道を走っていた。 その前に突如現れたのは「遅刻!遅刻~!」 と叫びながら口にお腹にパンパンにイクラがつまった紅ジャケをくわえた モッフモフの尾をもった狐さんだった。 狐娘さんの豊満なオッパイが武の目の前に!
24hポイント 0pt
小説 86,647 位 / 86,647件 青春 3,732 位 / 3,732件
文字数 106,820 最終更新日 2018.07.28 登録日 2018.06.30
7
ファンタジー 連載中 長編 R15
とある年齢になると、女神から魔物と戦う加護――職業と祝福が与えられる世界。勇者候補の少年アルトゥスは、勇者となるべく訓練していた。 やがて彼は女神から加護を授かる儀式に挑み、晴れて勇者となる。しかし、誰にでも一つ与えられるはずの祝福が得られなかった。祝福は勇者の二つ名としても使われるため、名無しの勇者となってしまい、同じく勇者候補だった少年たちから侮られて居場所を失ってしまう。 それでも諦めきれなかったアルトゥスは力を求めて旅をする中で、祝福を持たないのではなく、それこそが彼の能力であると気がつく。隠しスキルを武器に、彼は最強の名無しの勇者を目指す。 ※小説家になろうでも投稿しています
24hポイント 0pt
小説 86,647 位 / 86,647件 ファンタジー 24,797 位 / 24,797件
文字数 51,564 最終更新日 2018.03.15 登録日 2018.03.03
7