溺愛・重なる三角関係小説一覧

タグ 溺愛・重なる三角関係×
1
 王師(おうし)将軍の?綺(しょうき)によって、羽山(うざん)の山崩れから助けだされた奎羅(けいら)。記憶がない奎羅は今、?綺の邸に居候中。変人の?綺に振りまわされながら、街の書肆(ほんや)で働いている。  ?綺の妹でありながら寒門(かんもん)であるがゆえに貧乏な姫・峯華(ほうか)は、父付きの薬師である羽葉(うよう)が好き。彼女に誘われて奎羅は卜筮(うらない)に出かけることに。  ところが宿にいた巫祝(ふしゅく)・礼寿(れいじゅ)に、どういうわけか付きまとわれはじめる。そんな奎羅の様子に男の勘を働かせた?綺は、州師(しゅうし)副将軍の弼戈(ひつか)に彼女の身辺を探るよう依頼を。その結果、奎羅と礼寿が日に日に親しくなっていることを知り大慌て。しかも礼寿が特別な家柄である戎(じゅう)家の出身ではないかと勘繰るようになる。  そんな折、父である董(とう)家当主・彪之(ひょうし)に呼ばれた?綺。百年の昔、武王によって滅ぼされた麗(れい)家の姫に董家の宝・真珠の首飾りを贈り、董家の姫の替身(みがわり)として厲鬼(れいき)に差し出したことを聞かされる。  ちょうどその頃、羽葉によってさらわれてしまう峯華。 羽葉に脅された奎羅は、彼が鬼(き)ではないかと直感し、見鬼(けんき)の能力をもつ礼寿のもとへと走る。  紫媚(しび)と抱き合っている礼寿を目撃した奎羅は、自分の想いを自覚しつつ、峯華がさらわれたことを彼に相談する。そこで礼寿は、奎羅とは記憶を失う前からの知り合いであったと告白するが――――
24hポイント 0pt
小説 79,497 位 / 79,497件 恋愛 21,110 位 / 21,110件
文字数 100,073 最終更新日 2018.02.05 登録日 2018.02.05
1