恩返し小説一覧

タグ 恩返し×
8
1
恋愛 完結 短編
「遅くなってごめん。今度は僕が、君を助ける番だ」  王太子フィリップに容姿を気に入られ、無理やり婚約させられた令嬢・アリア。しかしアリアは日に日に美貌が失われていくようになり、フィリップの興味はアリアの幼馴染・エミへと移ってしまいます。  そうしてアリアは婚約破棄をされ、更に彼女は理不尽に怒った両親によって家を追い出されてしまいます。  美貌に加えて、体調も不自然に悪化していたアリア。高熱が出ていた彼女は、寒い夜の道で倒れてしまい――。そこに、一人の少年が現れたのでした。
24hポイント 220pt
小説 4,328 位 / 87,547件 恋愛 1,955 位 / 23,780件
文字数 30,907 最終更新日 2020.08.24 登録日 2020.08.02
2
恋愛 連載中 短編 R15
 見た目だけは非常に麗しい王国の第三王子と、その片側にベットリと寄り添う男爵家次女。そして、その前に立つは清らかな聖女と名高い女性。  はい、婚約破棄ざまぁですね。分かります。馬鹿二人とその取り巻きを可憐に罰するのですね。身から出た錆び、まさに自業自得でございます。  けど──その馬鹿の従者からしたら堪ったもんじゃないです。
24hポイント 7pt
小説 20,425 位 / 87,547件 恋愛 8,393 位 / 23,780件
文字数 4,407 最終更新日 2019.09.11 登録日 2019.09.11
3
児童書・童話 完結 ショートショート
一本の大きなケヤキのほうから、犬の鳴き声が聞こえた。
24hポイント 0pt
小説 87,547 位 / 87,547件 児童書・童話 1,675 位 / 1,675件
文字数 1,558 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.05.19
とある賞に出して、落選してしまった絵本テキストを童話版にしたものです! 小さなお子様に読んでいただきたい・読み聞かせしていただきたい……そんな心温まる物語です。 表紙はイメージです。
24hポイント 0pt
小説 87,547 位 / 87,547件 児童書・童話 1,675 位 / 1,675件
文字数 3,741 最終更新日 2019.11.17 登録日 2019.11.14
突然現れた謎の少女。彼女はずっと一言も喋らない上に、今まで出会った全ての人間を不幸な出来事におとしいれてきた。 大剣使いの旅人カゲルはめんどくさいと思いながらもずっと一人の彼女を可哀想に思い助けようとするが、案の定彼を含め彼の周りの人達にも不幸が襲う。 そんな旅の途中、カゲルはあることをきっかけに、少女に次第に好意を持ってしまう。その結果気づいてしまった驚愕の事実 と時間転移というこの世界の発明が、カゲルと少女が生まれ変わる冒険を生むこととなった。 (小説家になろうとの二重投稿です)
24hポイント 0pt
小説 87,547 位 / 87,547件 ファンタジー 24,815 位 / 24,815件
文字数 7,687 最終更新日 2019.05.18 登録日 2019.05.05
戦の中で切られてしまった侍が目を覚ますとそこには神と呼ばれるお爺さんが待っていた。神様「お主は死んでしまったのじゃ」侍「なるほど…」神様「そうじゃ、転生させてやろうか?元の世界以外じゃが…」侍「是非お願いします」そして転生したら…ドラゴンだった!!そんなことから始まる侍の異世界物語
24hポイント 0pt
小説 87,547 位 / 87,547件 ファンタジー 24,815 位 / 24,815件
文字数 15,123 最終更新日 2019.01.01 登録日 2018.12.02
7
児童書・童話 連載中 ショートショート
世の中、恩返しって流行ってるんでしょ?? それに便乗したおとぎ話のキャラクター達のお話し。 ※ギャグです。可愛らしいおとぎ話のイメージをこわす可能性があります。 色々なおとぎ話をぼちぼち書いて行きます。 見てみたいおとぎ話があれば、リクエストお願いします!
24hポイント 0pt
小説 87,547 位 / 87,547件 児童書・童話 1,675 位 / 1,675件
文字数 920 最終更新日 2018.03.31 登録日 2018.03.31
【児童書で小学校3年年生以上くらいを対象に考えた物語です】 いつか、どこか―― それは遠いむかしか未来か、どこの世界かは分かりません。 ただ、そこではアイウエ王国とカキクケ皇国の間で長い戦争が続いていました。 アイウエ王国の兵隊となったサシス・セーソは、タチツ峠にある要塞に向かいます。 要塞に向かう行進の途中でサシス・セーソは大きなどろ団子のような丸い玉を転がす甲虫に出会いました。 「このままでは、兵隊に踏みつぶされてしまう」 やさしいサシスは、甲虫を道のわきにどけてあげたのです。 そして、要塞にこもったサシスたちは、カキクケ皇国の軍隊に囲まれました。 しかし、軍勢は分かれ、敵の大軍が王国に向かっていくのです。 サシスは伝令となり、敵が迫っていることを王国を出て、山野を走りました。 そんなときでした。 「ボクが助けてあげる。ボクは魔法少女さ」 漆黒の髪をした美しく可憐な少女がサシスの前に現われたのです。 表紙画像は「ジュエルセイバーFREE」さんの画像を利用しました。 URL:http://www.jewel-s.jp/
24hポイント 0pt
小説 87,547 位 / 87,547件 児童書・童話 1,675 位 / 1,675件
文字数 30,109 最終更新日 2018.01.12 登録日 2017.12.31
8