巨人小説一覧

タグ 巨人×
15
 曲亭馬琴が編纂した、江戸時代の珍談、奇談の類から様々な事件の記録等を集めた書  「兎園小説 余録」  その中から、身長2メートルを超える巨人「大空武左衛門」についての記録をご紹介します。  文政十(1827)年五月、熊本藩、細川候の参勤交代のお供として江戸に入った武左衛門は、キャラクターグッズや錦絵が出回る「超有名人」として一大ブームを巻き起こしたようです。  当時の人々にとっては、まさに空を突く「巨人」だったのでしょう・・・・。  非常に短い原典の現代語への翻訳です。
24hポイント 35pt
小説 15,797 位 / 119,644件 エッセイ・ノンフィクション 196 位 / 4,029件
文字数 2,363 最終更新日 2020.06.06 登録日 2020.06.06
2
ファンタジー 完結 ショートショート
巨人族と戦う人間の話です。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 290 最終更新日 2021.08.20 登録日 2021.08.20
「巨人を巡る冒険」その2とその3をつなぐ短いお話です。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 603 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.25
私たちの旅の第四幕は、この地球上で最も古い場所から始まった。 「巨人を巡る冒険」最終幕です。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 5,440 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.11.19
私たち兄弟は、巨人を巡る旅をしてきたのだが、まるで、その旅は途中で巨人自身に遮られた恰好で終いになった。 先の冒険の続きで、終幕との間に位置するお話です。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 6,266 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.11.19
私たち兄弟は、二人して巨人を探した。装備はいたって簡素なもので、決して彼らを殺しに行くという出立ちではない。 「巨人の話」及び「巨人の話2」とはパラレルのお話になります。哲学的な雰囲気が強いかもしれません。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 7,298 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.11.19
 その巨人は、氷に包まれていた。もはや周りの氷塊と同化して、彼のことを氷の巨人と表してもよかった。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 2,472 最終更新日 2020.10.27 登録日 2020.10.27
何の変哲もない日常的な生活を送っていた青年"ユーキ"は、 部活が終わり、いつもの道で、いつものルーティンで帰り道を楽しんでいた。 しかし、突如として目の前が暗くなり、気づいた時には"異世界"だった! 記憶も曖昧なまま、目の前で起きる数々の不思議な出来事。 青年は自分が元居た世界に帰る方法を探すべく、 ”神域"と呼ばれるダンジョンを攻略し、 不思議で強力な力を身に着け世界を冒険する。 神話や巨人、魔法に神。 "世界の意思"に、"世界の真相"に、踊らされる青年"ユーキ"。 陽気な青年"レン"やユニークな仲間と共に旅が始まる。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 110,248 最終更新日 2021.04.22 登録日 2020.10.08
世界の全てを手に入れるはずだった姫は、3歳の時、全てを失った。 革命と言う名の反乱で、魔法帝国グレゴリウスの統一支配体制は崩れ去ったのである。 そして16年後… 禁忌の力と引き換えに未来を奪われた復讐者達を率い、姫は故国再興に立ち上がる。 *こちらも外典ドラゴンハンターと同様、RPG的なコンプリート要素としての"ルーシェの召喚聖獣集め"を番外編としたものです。 ただ、こちらはミシェルとぶつかる場面が多々あると思うので、本編の別視点とするのか、独立したストーリーにするのか、書きながら考えたいと思います。 本編と併せて、よろしくお付き合い頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 6,970 最終更新日 2020.09.08 登録日 2019.10.30
世界の覇権を取り戻すべく再興を目論むグレゴリウス帝国と、異形化・凶暴化の奇病・メタモルフに怯える世界… 英雄シグルズは、その強さと美しさに魅せられ竜を追い、謎の少女・メリュジーヌに出会う。 *RPGのシナリオと想定して執筆した「魔導姫戦記」において、シグルズとメリュジーヌによる『召喚竜集め』は、ゲーム的なコンプリート要素になり、本編が間延びすると思い、番外編とするに至った次第です。 本編と併せて読んで頂ければ幸いと思います。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 54,704 最終更新日 2021.09.14 登録日 2019.08.07
魔法帝国グレゴリウスによる統一支配から世界が解放されて16年… それまで帝国が独占していた魔法の力は、多くの人々の生活を便利で快適なものにしていた。 人々は自由と平等を獲得したかに思われたが、メタモルフと呼ばれる、人や生き物が異形化・凶暴化する謎の奇病が世界に暗い影を落とす… *本作は、筆者が高校生の時(平成一桁年代)に、RPGを作りたいと思って考えたキャラクター達の物語です。 とは言え、アイデアメモ程度のものを、筆者の拙い文章力で書き起こしたので、描写が雑でわかりにくい表現もあるかと思いますが、お気付きの点など、アドバイスはお手柔らかにお願いします。 特に、RPGのシナリオという想定上、戦闘の描写は詳細にしておりません(プレイヤーのものなので…と、言い訳しておく)。 尚、頂いたアドバイスや筆者自身の思い付きで、本文が度々マイナーチェンジする事があるかと思いますが、ご了承頂き、忘れた頃に読み返して頂けたら幸いです(大筋のストーリーは変わらないと思いますが)。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 107,489 最終更新日 2021.09.15 登録日 2019.08.03
船を手に入れたカインは、仲間と巨人の国を目指します。 お爺さんの想いを叶える為…。 巨人に捕らわれていた、謎の人物。 果たして、カインは巨人の国から無事に逃げ出す事が出来るのでしょうか?
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 児童書・童話 2,098 位 / 2,098件
文字数 29,391 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.07.21
 フリューネイエス…それは『忘れたものを思い出させる女神様』。  しかし、そんな女神様も今では人々から忘れ去られ、毎日祠に祈りを捧げるのはアムリエッタ・ソイル・シルフハイム。シルフハイム辺境伯家の第三王女ただひとり。  金回りの悪さから、実に90年の歳月を掛けて建造された念願の機巧甲冑“アルミュール”に、彼女はフリューネイエスと名付ける。  巨大生物が棲まう“ガルガンチュアの地”の侵食は止まる事を知らず、やってくる一つ目巨人や獣(オオケモノ)たちの脅威にさらされる中、突然隣国のダノイが侵攻を開始した。  時同じくして大獣の山羊が!そしてその後方にはサイクロプスがガルガンチュアの地からアイロンケイヴ(シルフハイム領国)へと侵入してくる。  否応もなく兵力の分散を余技なくされるシルフハイム軍。  国難が続く中、アムリエッタは決意する。  アルミュール”フリューネイエス”を駆り、この窮地を脱しようと。  "動く城”と称されるアルミュールたちが激突する。  
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 107,612 最終更新日 2021.01.30 登録日 2020.08.02
物語の舞台は、異世界 シルヴェニア。 主人公 ※※※※はある日、この世界へ魂のみ転移し、 全ての記憶を失ってしまった。 名前すら思い出せない※※※※の新しい身体となったのは 人のものとは思えない程の大きさを誇る、鎧だった。 ※ デカイ鎧になった主人公がファンタジーな世界で相棒の獣人少女と冒険をするお話です。 ____________________ 初めて小説を書いています。 自分の趣味・嗜好を詰め込んだ作品にしようと思って います。 生暖かい目で見守って、読んで頂ければ幸いです。 感想や誤字の指摘等、お気軽にお声掛け下さい。 いずれ挿絵なんかも追加する予定です。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 ファンタジー 31,301 位 / 31,301件
文字数 63,430 最終更新日 2019.06.14 登録日 2018.12.10
15
恋愛 完結 短編
好奇心旺盛な少年ランタが住む地域『グレイウォール』の森奥には、巨大な翼の生えた人類《ビッグ・エンジェル》が住む楽園があるという伝説があった。しかし、一度もそんなものに出会ったことがなかったランタは、にわかに信じられない。 『ビッグ・エンジェルは本当にいるよ』 孫のランタには絶対に嘘をつかない祖父が断言する。祖父は、幼い頃にビッグ・エンジェルに会ったことがあると言うのだ。 ランタはある日、そのビッグ・エンジェルを見つけに森へ旅に出ることを決意する。そしてランタは、傷ついたエンジェルを見つける。ビッグ・エンジェルは本当にいたのだ。しかし、彼女は娘を探して欲しいと言うと力尽きてしまう。 ランタは、木の陰に隠れて怯えていた幼いエンジェル、マイカを見つける。親の代わりとして守っていくうちに、次第にマイカに恋心を寄せていく。 ところが、彼らの背後にはエンジェルたちの命を奪う魔の手が迫っていた……。 ______________________________________________________________ 3月9日 この物語は完結しました。 読者様からの沢山のコメントと感想をお待ちしております。
24hポイント 0pt
小説 119,644 位 / 119,644件 恋愛 35,001 位 / 35,001件
文字数 29,307 最終更新日 2018.03.09 登録日 2018.03.06
15