神器小説一覧

タグ 神器×
9
僕は平高 章介(ひらたか しょうすけ)20歳。 山奥にある工場に勤めています。 仕事が終わって車で帰宅途中、突然地震が起こって、気が付けば見知らぬ場所、目の前に何やら机を囲んでいる4人の人・・・・? 僕を見つけて手招きしてきます。 う、酒臭い。 「おうおうあんちゃんすまんな!一寸床に酒こぼしちまってよ!取ろうとしたらよ、一寸こけちまってさ。」 「こけた?!父上は豪快にすっころんでおった!うはははは!」 何でしょう?マージャン? 「ちょっとその男の子面くらってるでしょ?第一その子あんたのミスでここにいるの!何とかしなさいね!」 髪の毛短いし、男の姿だけど、この人女性ですね。 「そういう訳であんちゃん、さっき揺れただろ?」 「え?地震かと。」 「あれな、そっちに酒瓶落としてよ、その時にあんちゃん死んだんだよ。」 え?何それ? 「ごめんなさい。私も見たけど、もうぐちゃぐちゃで生き返れないの。」 「あの言ってる意味が分かりません。」 今まで喋らなかった最後の一人が・・・・ 「なあ、こいつ俺の世界に貰っていい?」 「ちょっと待て、こいつはワシの管轄じゃ!勝手は駄目じゃ!」 「負け越してるだろ?こいつ連れてくから少し負け減らしてやるよ。」 「まじか!いやでもなあ。」 「ねえ、じゃあさ、もうこの子死んでるんだし、あっちの世界でさ、体再構築してどれだけ生きるか賭けしない?」 「何!賭けじゃと!よっしゃ乗った!こいつは譲ろう。」 「じゃあさレートは?賭けって年単位でいい?最初の1年持たないか、5年、10年?それとも3日持たない?」 僕は勝手にこの人達の賭けの対象になったようです。 「あの、僕に色々な選択肢はないのでしょうか?」 「あ、そうね、あいつのミスだからねえ。何か希望ある?」 「希望も何も僕は何処へ行くのですか?」 「そうねえ、所謂異世界よ?一寸あいつの管理してる世界の魔素が不安定でね。魔法の元と言ったら分かる?」 僕は所謂異世界に向かうのでしょうか? 「色々突っ込みどころはありますが、僕はこの姿ですか?」 「一応はね。それとね、向こうで生まれ育ったのと同じように、あっちの常識や言葉は分かるから。」 「その僕、その人のミスでこうなったんですよね?なら何か物とか・・・・異世界ならスキル?能力ですか?何かもらえませんか?」 「あんた生き返るのに何贅沢をってそうねえ・・・・」 「一寸待て!ダイスで向こうの年齢や渡す数を決めようではないか!」 何ですかそれ?どうやら僕は異世界で生まれ変わるようです。しかもダイス?意味不明です。 その後僕はダイスを振るのに使ったコップを持ったまま転移したようです。 そのコップと言うのが・・・・
24hポイント 475pt
小説 2,210 位 / 84,949件 ファンタジー 572 位 / 24,589件
文字数 93,605 最終更新日 2020.10.11 登録日 2020.08.31
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
今日も元気に満員電車で通勤途中のおっさんは、突然異世界から召喚されてしまう。一緒に召喚された大勢の人々と共に、女神様から一人3つの神器をいただけることになったおっさん。はたしておっさんは何を選ぶのか。おっさんの選んだ神器の能力とは。
24hポイント 454pt
小説 2,294 位 / 84,949件 ファンタジー 590 位 / 24,589件
文字数 487,542 最終更新日 2020.02.14 登録日 2019.01.20
神と呼ばれる者達は、遥か昔、水星に住んでいた。 太陽の肥大化によって大地は灼熱地獄と化し、住む場所は限定されていく。 そんな時、宇宙から救いの手が差し述べられる。 新たなる大地……地球への移住を条件に、水星の人々は体内で神器を造る実験体となる事を約束させられた。 体内で精製された神器は、その者を殺さなければ取り出す事が出来ない。 宇宙人に神器を搾取され続ける日々……耐え兼ねた人々は反旗を翻し、ついに地球に残された宇宙人を全滅する事に成功する。 そして、長い年月が過ぎ……自らを神と名乗る水星人は、いずれやって来る宇宙人の反撃に対し、宇宙人の記憶を持って生まれてくるヨトゥンと呼ばれる者達の命を使って外壁を造り、世界を隔てたもう一つの世界を造る。 更に長い年月が過ぎ……そんな神々の行動に異を唱える者が現れた。 未来の為に今を犠牲にし、宇宙人に対抗する為の地盤を作ろうとするロキ。 一人一人の命を大切にしたい光の神バルドル…… バルドルの存在を邪魔に感じたロキは、その命を奪う。 しかしバルドルを慕う多くの人々の手によって、人として生まれ変わる。 その身体に、ヨトゥンの血を宿して…… 再び激突するロキとバルドル! その戦いは、バルドルが心を失う事で決着した。 それでも……心を失っても、バルドルを慕う者は後を絶たない。 心や記憶を失ったバルドルは、魔導師マーリンによってアーサーという名を与えられて、聖凰騎士団の団長となる。 その聖凰騎士団は、何故か人間の暮らす町に襲いかかった。 バルドルが人間に生まれ変わった後、義理の兄として共に生活していた義兄である航太は、人間に牙を剥く義弟を救うべきか戦うべきか悩む。 そんな中、航太が身を寄せるベルヘイム王国は、聖凰騎士団討伐軍を編成し始める。 人間の脅威になりつつある聖凰騎士団は、倒さなくてはいけない相手だと認識されていく。 だが……ベルヘイム王国に、もう一つの脅威…… ロキやクロウ・クルワッハの指揮するヨトゥン軍が、ベルヘイム王都に迫りつつあった…… 赤き瞳が輝く時、世界が滅びる…… 鳳凰の翼が羽ばたく時、世界は救われる…… 命と世界…… 人と神と化け者…… 何を守り、何の為に戦うのか? 何が正義で、何が悪なのか? 未来を紡ぐ為の戦いの扉が開かれる…… 雫物語~Myth of The Wind~の続編になりますが、鳳凰戦型からでもストーリーが分かるように書いていきたいと思っています。 また、年表や補足資料なども随時更新していこうと思っていますので、そちらも合わせて見て頂けると嬉しいです。 そして、希野ほたる様にルナ・ハートリィを書いて頂きました! キャラクターのイメージとして想像しながら読んでもらえると嬉しいです! よろしくお願いします!
24hポイント 221pt
小説 4,194 位 / 84,949件 ファンタジー 1,059 位 / 24,589件
文字数 67,074 最終更新日 2020.10.26 登録日 2019.11.12
4
恋愛 完結 長編 R15
私、日本で漫画家やってました。名前は笹島 絵理。 簾ハゲオッサンの過失うっかり事故死で、エルフ少女に転生しちゃったよ。 転生先の魔法世界ウィーヴェンはいいところ。エルフは島エルフって呼ばれて希少種扱い。新しく出会う人みんなが優しいの。 私はここで恋したり、趣味で洋菓子焼いたり、竜を育てたり、火山島で発掘したり、不死鳥と厨二病発病したり、やっぱ恋して、今度こそ長生きするんだ! 異世界ウィーヴェンシリーズ人外女子編第三弾。「魔族界の婚活パーティー」「初恋の花ふる里」より50年以上前から始まるリリエイラ・ブロドウェンが幼女エルフに転生して成人するまでの物語です。 ※注※R15にしたのは、幼女ロリコン疑惑なヒーロー、脇のBL表現、残酷な描写などを匂わせている為。
24hポイント 14pt
小説 16,320 位 / 84,949件 恋愛 6,780 位 / 22,653件
文字数 236,922 最終更新日 2020.06.25 登録日 2020.05.16
5
恋愛 連載中 短編 R15
姫巫女。それは、癒しの力を持つ特別な人間。 しかし、先代から代替わりの儀式を受けることが出来なかった現姫巫女は癒しの力を持っていなかった。姫巫女の代理である小夜は先代の行方と神器を探している最中、一人の異形の少年と出会う。 ※小説家になろうにも投稿しています
24hポイント 14pt
小説 16,320 位 / 84,949件 恋愛 6,780 位 / 22,653件
文字数 21,305 最終更新日 2018.05.26 登録日 2018.05.20
「水剣直刀(みつるぎなおと)。君に我が第一騎士団の副団長になって貰いたい」  世界を滅ぼしかけた魔王が聖女によって討伐されてから、三年目のある日--------城下町の冒険者ギルドで働く少年、直刀(なおと)は、第一騎士団の団長直々に、そんなスカウトを受けるが、あまりの怪しさにすぐに断ってしまう。  それでも毎日のように、あの手この手と執拗(しつよう)に尋ねてくる団長に、嫌気が差してきた直刀はギルドを辞めようとして、段々と、聖女やら、世界の危機やら、面倒ごとに巻き込まれていき--------
24hポイント 0pt
小説 84,949 位 / 84,949件 ファンタジー 24,589 位 / 24,589件
文字数 19,174 最終更新日 2020.01.17 登録日 2019.11.04
 世界が新生し、新しい時代が始まった。新たに創造神となった男が、不吉な予言をする。「一つの時代が終わるとき、《終末の厄災》が起こり、世界と神々が滅ぶ」  主神は言った。この厄災に対抗するには、人間の力が必要だ。それも、人間族の中で最も優秀な者だ。それだけでは、まだ勝てぬ。人間族の持つ成長力を、寿命という制限から解き放ち、厄災に対抗する力をつけさせるのだ。飛伝の継承という秘術でな。  数百年の時が経った。孤児であるソレルは、いつものように、食材を採取するため、親友と森へ出かけた。しかし、そこで待っていたのは、日常とは違った光景だった。殺された馬、倒れている老人、落ちていた不思議な石……。ソレルは、孤児院の幼馴染とともに、世界の謎を解き明かす旅に出る。不思議な石を狙う敵との遭遇。そして発動する不思議な力。人間族は魔法が使えないのに何故……。  謎が謎を呼び、徐々に明かされていく神話の真実。知らずのうちに、世界を救う戦いに巻き込まれていく。世界の新生より、継承されてきた知識・経験・記憶。次に受け継ぐのは……。はたして人類は、終末の厄災に打ち勝つことは出来るのか!?  ——まだ、誰も知らない、新たなる神話の幕開け!
24hポイント 0pt
小説 84,949 位 / 84,949件 ファンタジー 24,589 位 / 24,589件
文字数 93,244 最終更新日 2019.09.22 登録日 2019.08.31
初作品投稿 自分が思い付くまま書いていってるので、投稿期間がスローペース&ガバガバです(笑) 感想など頂けると嬉しいです。 魔物と人が争い続ける世界。そこには神が創り出した8つの神器があった。その1つ、知の神器と魂の波長が合う主人公。そんな主人公がトラックに跳ねられたところを女神に拾われ、異世界に転生される事になった。目を開けるとそこは森の中だった……。    ※他サイトにも同時投稿中 現在投稿停止中(メモデータが全部飛びました。
24hポイント 0pt
小説 84,949 位 / 84,949件 ファンタジー 24,589 位 / 24,589件
文字数 26,553 最終更新日 2019.05.12 登録日 2019.02.03
突然異世界に来てしまった少年ハルヤ。異世界ならチートスキル、強力な武器とかあると思うがハルヤに与えられらたのは、ポケットに入っていた鉛筆だけ。 しかしその鉛筆がとんでもない威力を発揮して……
24hポイント 0pt
小説 84,949 位 / 84,949件 ファンタジー 24,589 位 / 24,589件
文字数 6,647 最終更新日 2018.04.29 登録日 2018.04.29
9