姫と護衛小説(外部サイト)一覧

タグ 姫と護衛×
1
1
ライト文芸 連載中 長編 R15
【第六回ネット小説大賞 一次選考通過作品】 『愛と美の神』と悪魔の子が出会って起こった悲劇。 悪魔の子に魅了され、『愛と美の神』は天界に連れて帰ってしまう。大神の怒りを受け『愛と美の神』は悪魔の子とともに天界から去ることを決意。天界から堕ちていく。 それを追う神がいた。『愛と美の神』と共同体の『義憤の神』。 共同体の一方が先に天界を去ったことで、天界は均衡を崩し、大神を守る四人の女神『四神』は堕ちていった。 大神は神々と精霊体に命を下す。──発動されたのは、『女神』”回収プログラム”。 地上に堕ちれば生命は人間となる。苦しい魂の修業が始まる。 転生を繰り返し、魂の修業が終われば神上がり──つまり、天界へと昇ることができる。 使命を受けた者たちはそれぞれの命を遂行し魂の修業を経て三回の転生後、天界に帰還しなくてはならない。 ただし、自ら堕ちた二神は──悪魔の子により地獄の果てへ着々と向かう。成す術なく地獄へと辿り着いてしまうのか。 地上に堕ちた神々と精霊体は、一度その生を終える。その時代と、それに至る天界の経緯は『伝説』と『絵本童話』となり二度目の生を送る時代に残った。 時は、現世より始まる。 『絵本童話』を残した大陸と『伝説』を残した大陸。そして、どちらも『他の大陸の話』として残る大陸の三大陸がある世界。 大神の命を受けた神々と精霊体、『愛と美の神』と『義憤の神』、そして悪魔の子は人々に紛れ同じ時代に生きている。 点と点が繋がり、線となり。渦となって動き出す。 世界に君臨する城に生まれた姫、その姫を護衛する一流の腕を持つS級剣士。 婚約者の帰城をひたすら待つ姫。 伝説の残る大陸を治める研究所の君主と、ひょんなことから宿屋の居候になった男。 どちらも『他の大陸の話』を治める城の嫡男、美形と黄色い声の上がるその双子の弟──それぞれは、己の正体を知らず、懸命に各々の困難と立ち向かう。 運命に逆らうのか、受け入れるのか。 願うは、ただひとつ。 大切な人を、大切なものを守りたい──。 あなたの、大切な『もの』は何ですか。 この物語は友情、愛情、愛憎、家族などを通して堕ちた女神の末路と、禁忌を犯した神の行く末を描く中世ファンタジーの皮を被った、ヒューマンドラマです。 未成年の性、近親相姦を含むストーリーですが、推奨するものではありません。 ★=キャラクターイラスト有。他小説サイトでも連載中。
24hポイント 3pt
小説 2,880 位 / 19,516件 ライト文芸 23 位 / 249件
登録日 2017.09.21
1