児童向け小説(外部サイト)一覧

タグ 児童向け×
2
 小学六年生のメジロ=セッカは、友達のアマサギ=ジュウイチとともにクラスメイトの女の子ノビタキ=ヒバリを泣かせてしまい、翌日ヒバリは学校を休んでしまう。  それを心配するセッカは、どこからともなく聞こえてくる彼を呼ぶヒバリによく似た声に導かれて、妖精や魔法が存在する別世界にやって来た。
24hポイント 0pt
小説 19,430 位 / 19,430件 ファンタジー 7,538 位 / 7,538件
登録日 2018.11.16
太平洋戦争末期、疎開先の家の庭にあった病気の桜の木の看病を始めた子供達と桜の木の物語。 本作は終戦後五十年にあたり児童向け小説として書いたものです。 なので登場人物の年齢設定はそこを考慮してください。 今みると割とご都合的ですが誤字脱字の訂正程度で、あえて加筆をしませんでした。 作中兵隊さんが乗ってくる車を「ジープ」と表現しているのはわかりやすさを追求した意訳だと思って読み流してください。 九五式小型乗用車だのくろがね四起だの書かれてもそんな大人のこだわりは子供にはどうでもいいことかと。
24hポイント 0pt
小説 19,430 位 / 19,430件 児童書・童話 432 位 / 432件
登録日 2018.11.16
2