前世の恋人小説一覧

タグ 前世の恋人×
6
1
恋愛 連載中 長編
ストーカー体質の主人公は犯罪ギリギリな行為を続け、やっとの思いでプロポーズまで漕ぎ着ける。 が、待っていたのは幸せではなく、不運な事故だった。 異世界に転生していた彼女は全てを思い出すが、色々気づいてしまって… 陽気で激しい主人公がやっぱり異世界でもストーカーになっちゃう話
24hポイント 14pt
小説 21,082 位 / 105,885件 恋愛 8,843 位 / 29,968件
文字数 56,992 最終更新日 2018.08.29 登録日 2018.07.22
mii
主人公のユキは人の前世を視ることができる。前世で関わりが深い人は、今世でも関係が深い人・・・ ユキは、自分の運命の人と出会いたいと思っていた。 高校生になって好きになった人は、学年一のイケメン。 ただ見ているだけだったのに、あるきっかけで、彼と親しくなることに・・・ 彼は私の運命の人ですか・・・?
24hポイント 0pt
小説 105,885 位 / 105,885件 ファンタジー 28,044 位 / 28,044件
文字数 25,208 最終更新日 2020.12.19 登録日 2020.11.10
3
恋愛 連載中 長編 R15
高校生の朔那には昔から頻繁に見る夢があった。その記憶の中にいる二人は酷く傷ついた男女の二人。夢の中の男の人はいつも泣いていた。愛おしそうに女性を抱きながら泣く彼の涙をぬぐってあげる前に、いつも夢は覚めてしまう。手をのばせば、消えてしまう。そんな夢を頻繁にみるようになったある日、朔那が住む村で神隠しが起こっていることを知る。神隠しなんてただの与太話だと思っていた朔那だったが、学校からの帰り道に自分が神隠しにあってしまう!目覚めた場所は見慣れない場所で、異形まで現れる始末。そんな異形に襲われそうになっていた朔那を助けたのは鬼狩りを知ていたという夕霧と牟義と名乗る兄弟だった。そんな二人に連れられ鬼狩りの里に身を寄せることになった朔那。そこで鬼と言われる存在が恐れられていることを知る。そんなある日、水浴びに出かけた朔那は一匹の鬼と出会う。その鬼は夕霧達から聞いていた鬼とは大きく異なっていて普通の人に見えた。その鬼に会った日から、朔那は彼が忘れられなくなり、こっそりと水浴びに通うようになる。次第に距離が縮まる二人だったが、二人の想いとは裏腹に人と鬼との争いは激しさを増していく。 高校生の時に書き出したお話です。ちょっと暗めのお話かも?
24hポイント 0pt
小説 105,885 位 / 105,885件 恋愛 29,968 位 / 29,968件
文字数 5,004 最終更新日 2020.04.15 登録日 2020.04.13
4
恋愛 完結 長編 R15
彼を初めて見た瞬間、雷に打たれたような気がした。 頭の中に流れ込んでくる前世の記憶。 ——なぜ、今まで忘れていたのだろう? 『ノール!』 そう呼びかけた私に、彼は冷たい眼差しを向けた。 * 「始まりの聖女」のアカリとノールが、誰もが宝玉を抱いて生まれてくる世界に生まれ変わり、また出会うお話です。 「始まりの聖女」をお読みになられてから、こちらをお読みいただく事をオススメします。
24hポイント 0pt
小説 105,885 位 / 105,885件 恋愛 29,968 位 / 29,968件
文字数 101,483 最終更新日 2019.11.09 登録日 2019.07.19
5
恋愛 連載中 ショートショート
私の人生は本当にジェットコースターだと思う。 私はこの春から憧れの女子高生になった。 私の名前は小兎 伊亜(こうさぎ いあ) どうやら私のずーっとずーっと前のご先祖さまは、有名なイザヤ神宮のご祭神だったらしい。 不思議な巡り合わせの外伝ストーリーに なるので、先ずは不思議な巡り合わせをご覧くださいませ
24hポイント 0pt
小説 105,885 位 / 105,885件 恋愛 29,968 位 / 29,968件
文字数 8,849 最終更新日 2018.11.08 登録日 2018.04.07
6
恋愛 連載中 長編
恋人と婚約指輪を買った帰り、信号無視をした車から恋人を庇って『私』は死んだ。けれど天国だと思われる場所で天使に知らされたのは……次に生まれる命に色々なオプションを付けられるということ。そしてそれと交換できる「来世ポイント」というシステムだった。 容姿を美人にできたり、ファンタジー世界へ転生も出来る!と喜んでたのも束の間、庇った恋人が自殺したという内容を天使に聞かされる。 失意の中、何故か神様たちに呼ばれた私は彼氏・柳井幸宏が神様たちのとある「ゲーム」に欠かせない存在だったのだと教えられる。 『彼は既に転生している。そなたを彼と同じ世界に転生させよう』そう言われてまた幸宏に会えると思った私は喜んで、出された条件――神の駒になることを選んだ。 しかし転生する際、敵側からある呪いを掛けられる。それは……『“幸宏″と○○○○と自分は死ぬ』というものだった――― 幼馴染、学校の先輩や後輩、教師。『幸宏』の面影を持つ人達を前に、私の二度目の人生が始まる。
24hポイント 0pt
小説 105,885 位 / 105,885件 恋愛 29,968 位 / 29,968件
文字数 71,168 最終更新日 2019.04.30 登録日 2016.01.18
6