サーカス小説一覧

タグ サーカス×
9
走って走って今までの居場所を捨てた。 幸せなんて上辺だけの存在であることを思い知った今日。 憎しみと、悲しみと、孤独感が心の中でふつふつと表れてきたが、 振り切ってただ走り続けた。 山を抜け辿り着いた教会で出会った彼ら。 「これは契約だ。 仲良しこよしではなくビジネスパートナとしてお互いを利用しあう関係だ」 ここから私の旅は始まる ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 初めまして、生野クリームです。 アルファポリスでは初めての作品で 改行などで読みにくい部分などあるかもしれませんがその時は教えてくださるとうれしいです‼ 連載頑張っていきますので更新楽しみにしていてください。
24hポイント 42pt
小説 13,906 位 / 100,833件 ミステリー 140 位 / 2,409件
文字数 485 最終更新日 2021.04.14 登録日 2021.04.14
わたしはピエロが大嫌い。 道化役者として、みっともなく笑いを取るから。 なのに…わたしの住む街には、ピエロが現れるというウワサが流れる。 そして、サーカス団が街に訪れた。 ピエロを迎えに来たのだと…。
24hポイント 42pt
小説 13,906 位 / 100,833件 ホラー 160 位 / 3,650件
文字数 3,003 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.12.11
ーモノクロサーカス団ー それはその名を知らないという人はいないくらい大きく、有名なサーカス団。誰もが憧れ、尊敬し、一度は見たいと願うサーカス団。 大都市ノーントライスシティの一角にあるモノクロサーカス団は、リーダーである少女ルカリアを筆頭に六人のメンバーでイベントを行なっている。 サーカス団を管理しているのは、名前不明の“女性団長”。 団長の側近には、元リーダーであるヴァレッサ、フィレーナの2人。 団長はサーカス団のメンバーにこう言い聞かせている。 “ちゃんと表面上ではお行儀よく、そして人間らしく振る舞う事。そこら辺にいる人間と同じ様な生活しないと…そうでないと私はいつか人々を抹殺するかもしれないから。” 団長の言いつけでルカリアチームの6名、そしてヴァレッサとフィレーナは、“ある事”を抱えて生きている。 それは、モノクロサーカス団のメンバー全員は歳を取らない。そして死ぬ事がない“永遠の命”を持って生きている。 この世界の裏では死神族と悪魔族が存在している。 団長はこう言う。 “私は悪魔が大嫌い。” 団長は大がつくほどの悪魔族嫌い。 しかし、団長が管理をしてるモノクロサーカス団現リーダーのルカリアは、生粋の悪魔族である。
24hポイント 0pt
小説 100,833 位 / 100,833件 ファンタジー 27,199 位 / 27,199件
文字数 89,431 最終更新日 2021.04.25 登録日 2021.02.27
4
恋愛 完結 ショートショート R18
空中ブランコのクミカは解放的なエッチをするのであった。 イラスト:イラストACツバキノコさん
24hポイント 0pt
小説 100,833 位 / 100,833件 恋愛 27,558 位 / 27,558件
文字数 3,706 最終更新日 2020.08.24 登録日 2020.08.24
ぼくはキア。父親は無職の浮浪者で、ずっとふらふら…自由気ままなと言えば聞こえもいいあてのない漂流生活を送っていた。 ぼくは母親が誰かも知らない。 お金も、国籍も、希望もない。 あるのは無一文、無国籍、甲斐性なしという目を覆いたくなるような現実。このまま父さんが年老いたら、介護をしながら必死に日銭を稼ぎつつ生きていくんだと思っていた。 たまたま父さんと乗った舟が日本の端にある、まるで世界から忘れ去られたような離島に辿り着きそこで君たちと出会うまでは---
24hポイント 0pt
小説 100,833 位 / 100,833件 ファンタジー 27,199 位 / 27,199件
文字数 102,686 最終更新日 2019.11.24 登録日 2019.11.23
とある国のとある街で、開演5分前にサーカス団員達が繰り広げる、意味ありげな内容の意味のない会話劇。
24hポイント 0pt
小説 100,833 位 / 100,833件 大衆娯楽 3,153 位 / 3,153件
文字数 1,587 最終更新日 2019.08.21 登録日 2019.08.21
7
ライト文芸 完結 ショートショート
サーカスにいた者の昔語り。 短く奇妙な話です。
24hポイント 0pt
小説 100,833 位 / 100,833件 ライト文芸 4,668 位 / 4,668件
文字数 680 最終更新日 2019.08.04 登録日 2019.08.04
8
恋愛 完結 長編 R15
 姫野波音(ひめの なみね)は、スポーツジムで水泳インストラクターとして働く24歳。  中学生の頃、初恋の相手である年上の少年・碧(あお)を交通事故で亡くし、それ以来好きな人ができずに過ごしていた。交際経験もなし。  ある日、スポーツジムのイベントで生徒たちと海へ行くことに。その最中、生徒の一人が沖に流されてしまい、波音は迷わず救助に向かう。しかし、生徒にライフジャケットを装着させたところで大波に襲われ、波音は水中深くへと沈み溺れてしまう。  その後、見知らぬ浜辺で波音は目を覚ます。だが、そこは元いた世界ではなく、別世界だった。  気絶した波音を発見し助けてくれたのは、『碧』と名乗る男性。波音の初恋の人と名前こそ同じだが、性格も見た目も全く違う。強引で、俺様で、時々優しい彼。波音は碧が気になって仕方がない。  異世界転移から始まる、波音の“二度目の初恋”物語。 *表紙イラストはtokarami様よりお借りしています。
24hポイント 0pt
小説 100,833 位 / 100,833件 恋愛 27,558 位 / 27,558件
文字数 77,196 最終更新日 2018.09.20 登録日 2018.09.09
ティオ・ギアーは魔術師。でも彼が働いているのは 魔法を使わないサーカス。
24hポイント 0pt
小説 100,833 位 / 100,833件 ファンタジー 27,199 位 / 27,199件
文字数 474 最終更新日 2018.04.25 登録日 2018.04.25
9