間違い小説一覧

タグ 間違い×
4
高校生たちの異世界召喚にまきこまれましたが、関係ないので森に引きこもります。 のんびり余生をすごすつもりでしたが、何故か魔法が使えるようなので少しだけ頑張って生きてみようと思います。
24hポイント 447pt
小説 2,928 位 / 91,959件 ファンタジー 645 位 / 25,602件
文字数 260,689 最終更新日 2020.12.23 登録日 2016.12.15
何度かそういうネタを見かけました。というか何を隠そう、私がやりました。
24hポイント 0pt
小説 91,959 位 / 91,959件 エッセイ・ノンフィクション 3,270 位 / 3,270件
文字数 430 最終更新日 2020.10.29 登録日 2020.10.29
スズメを見て「これはきっとタカの子どもだ!」と言った人がいるとする。それを聞いて私は「この人間違っているな」と思ったとする。でもより自由な世界で生きている人はどっちなんだろう。私は鳥類学者でもないのに、タカはタカ、スズメはスズメという考え方を頑なに守って生きていくのだ。一体なんのために。……そういう思い込みというか、「知識を間違えたくない。私の方が正しい知識を持っている」なんてちっぽけなプライドを増やしていくことに何か意味はあるのだろうか? もしかして、そういうものから解き放たれれば人生面白くなる?
24hポイント 0pt
小説 91,959 位 / 91,959件 エッセイ・ノンフィクション 3,270 位 / 3,270件
文字数 1,393 最終更新日 2020.10.28 登録日 2020.10.28
勇者として転生を果たした天霧凛音(あまぎり・リンネ)の〝スキル〟は《化け物》。身体能力強化・超再生能力・喰えば喰うほどに強くなる肉体など……。 しかし、『そんな穢れた〝スキル〟を持った勇者は存在してはならない』とのことで城を追い出されてしまう。 数日間は行く宛もなく、近辺の森で野宿しながら、残された自分の〝スキル〟を使ってリンネは生活をしていた。 そんな生活が続いていると、翌朝、見知らぬ冒険者志望の少女の家で目覚めた。 それからリンネは少女とともに冒険者養成施設へと加入するのだが……組んだパーティーが心優しきエンハンサー(支援魔法使い)・体力皆無の剣士・近距離系オーバーキル魔法しか使えない魔法使い・気付いたら眠っているヒーラー(僧侶・回復術師)。 城を追放された少年が、パーティー(終了)とともにこの世界を成り上がるっ!
24hポイント 0pt
小説 91,959 位 / 91,959件 ファンタジー 25,602 位 / 25,602件
文字数 28,070 最終更新日 2018.03.25 登録日 2018.03.16
4