追放ざまぁ小説一覧

タグ 追放ざまぁ×
60 12
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
ある日俺は突然パーティーを追放されてしまう。 「スキルの【幸運】だけが売りのお荷物はもう、うちのパーティーには必要ない」 「んな!?」 俺はスキルの都合上、戦闘には参加してこなかった。 そのため、確かにレベルは極端に低い。 だが代わりに、俺の能力でレアドロップが確定していたうちのパーティー(緋色の剣)は資金面で大きく優遇され、短期間でのし上がる事が出来ている。 なのに今更出て行けとか……ふざけたんなよ! 「高レベルのモンスターを狩りまくれば、レアドロップなんてそこまで必要ないからな!」 周りを見渡すが、メンバー達は黙って冷たい眼差しで俺を見つめているだけだった。 その時はじめて気づく。 俺は利用されていたんだと。 パーティーが軌道に乗るまでの間のカモ。 そんな風に思われていたのだろう。 そして資金に困らなくなったから、奴らは俺を切り捨てた。 「装備はパーティーの共有品だから、ちゃんとおいて行けよ!」 その時俺は誓う。 必ずこいつらを見返してやると。 「く……後悔させてやる……お前ら以上の冒険者になって必ず!」 「はっ!やれるもんならやってみな!」 だが俺も奴らも知らなかった。 俺のスキルに揺れ戻し――ドロップのマイナス補正――がある事を。 そして【幸運】による超レアドロップで、俺の成長が出鱈目に加速される事を。 この物語は、パーティーメンバーに利用されるだけ利用された主人公――アドルが成り上がりダンジョンを完全攻略する話になります。
24hポイント 11,481pt
小説 253 位 / 104,784件 ファンタジー 54 位 / 27,840件
文字数 183,751 最終更新日 2021.06.13 登録日 2021.05.12
2
ファンタジー 連載中 長編 R18
 憧れのマドンナを守るために車にひかれて死んだ主人公天原翔は異世界召喚に巻き添こまれて転生した。  神っぽいサムシングはお詫びとして好きなスキルをくれると言う。  未使用のまま終わってしまった愚息で無双できるよう不死身でエロスな能力を得た翔だが。 「なんと破廉恥な!」  鑑定の結果、クソの役にも立たない上に女性に害が出かねないと王の命令により幽閉されてしまった。  だが幽閉先に何も知らずに男勝りのお転婆ボクっ娘女騎士がやってきて……。  魅力Sランク性的魅了Sクラス性技Sクラスによる攻めで哀れ連続アクメに堕ちる女騎士。  性行為時スキル奪取の能力で騎士のスキルを手に入れた翔は壁を破壊して空へと去っていくのだった。  そして様々な美少女を喰らい(性的な意味で)勇者となった翔の元に王から「戻ってきて力を貸してくれと」懇願の手紙が。  今更言われてももう遅い。知らんがな!  このままもらった領土広げてって――。 「俺、魔王になりまーす」  喰えば喰うほどに強くなる!(性的な意味で) 強くなりたくば喰らえッッ!! *:性的な意味で。  美少女達を連続絶頂テイムしてレベルアップ!  どんどん強くなっていく主人公! 無双! 最強!  どんどん増えていく美少女ヒロインたち。 エロス! アダルト!  R18なシーンあり!  男のロマンと売れ筋爆盛りでお贈りするノンストレスご都合主義ライトファンタジー英雄譚!
24hポイント 1,888pt
小説 1,008 位 / 104,784件 ファンタジー 224 位 / 27,840件
文字数 104,171 最終更新日 2021.06.08 登録日 2021.05.04
3
ファンタジー 連載中 ショートショート
水の聖女は「雨女である」という理由で太陽が大好きな王子様に砂漠へ追放されました 当たり前のことですが、砂漠で水は超重要な戦略資源! 水の聖女様は瞬く間に重要人物に…そして遺跡から鉄の巨人を発見します 渇水で苦しむ王都は水の聖女を取り戻そうと企みます しかし鉄の巨人がそんな勝手を許すはずがないのです
24hポイント 1,804pt
小説 1,039 位 / 104,784件 ファンタジー 230 位 / 27,840件
文字数 33,352 最終更新日 2021.06.13 登録日 2021.06.04
 突如パーティーから追放されてしまった主人公のカイン。彼のスキルは【削除&復元】といって、荷物係しかできない無能だと思われていたのだ。独りぼっちとなったカインは、ギルドで仲間を募るも意地悪な男にバカにされてしまうが、それがきっかけで頭痛や相手のスキルさえも削除できる力があると知る。カインは一流冒険者として名を馳せるという夢をかなえるべく、色んなものを削除、復元して自分ものにしていき、またたく間に最強の冒険者へと駆け上がっていくのだった……。
24hポイント 1,150pt
小説 1,492 位 / 104,784件 ファンタジー 319 位 / 27,840件
文字数 202,341 最終更新日 2021.06.01 登録日 2021.05.01
病気がちな母を持つセシリアは将来母の病気を治せる薬を調合出来るようにと薬の勉強をしていた。 しかし婚約者のクロードは幼馴染のエリエと浮気しており、セシリアが毒を盛ったという冤罪を着せて追放させてしまう。 追放されたセシリアは薬の勉強を続けるために新しい街でセシルと名前を変えて薬屋を開き、そこでこれまでの知識を使って様々な薬を作り、人々に親しまれていく。 さらにたまたまこの国に訪れた隣国の王子エドモンドと出会い、その腕を認められた。 一方、クロードは相思相愛であったエリエと結ばれるが、持病に効く薬を作れるのはセシリアだけだったことに気づき、慌てて彼女を探し始めるのだった。 ※医学・薬学関係の記述はすべて妄想です
24hポイント 1,150pt
小説 1,492 位 / 104,784件 ファンタジー 319 位 / 27,840件
文字数 99,466 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.03.09
「我がパーティに魔力支援しかできない無能は不要! よって貴様を追放処分とする!!」  僕――イシュアは、そんな理不尽な理由で追放された。  世界の希望を背負って立つはずの勇者によって。  マナポーターとは魔力不足のパーティに、魔力を供給するパーティのかなめとも言える重要なジョブである。 「僕がいないと、すぐにこのパーティは魔力不足でまともに戦えなくなります。考え直すべきです」 「黙れ! 落ちこぼれの分際で口答えをするな!!」  そうして追放された僕であったが―― 「待ってください! イシュア先輩!」  追いかけてきたのは、なんと勇者パーティの聖女・アリアであった。  彼女は冒険者育成学校に通っていたときの後輩である。 「先輩に見捨てられたかと、すごい後悔してました」 「勇者パーティはどう考えても、先輩のおかげで辛うじて持っていたようなもんじゃないですか!」  アリアは涙ながらに訴えかける。  勇者はあろうことか、パーティメンバーに黙って僕のことを追放したらしい。 「私、先輩に付いていきます!」 「あんなリーダーに付いて行っても未来はありませんから」  アリアはきっぱりと言い切り、僕と旅を続けることの望むと明言。  こうして聖女様との旅が始まったのだった。  一方、勇者パーティには修羅場が訪れていた。  勝手にイシュアを追放した勇者は、メンバー全員に責め立てられていた。  イシュアがパーティを支える重要人物であることを、勇者以外はみんな理解していたのだ。  それでも勇者の権力を笠に着て、強引にAランクダンジョンの攻略を進めようとする。  しかしメンバーが2人抜けて、すぐに魔力が枯渇する勇者パーティにそれは叶わない。  ――勇者パーティには、どこまでも暗雲が立ち込めているのだった。 ※別サイトにも投稿してます
24hポイント 1,150pt
小説 1,492 位 / 104,784件 ファンタジー 319 位 / 27,840件
文字数 142,659 最終更新日 2021.05.20 登録日 2021.02.10
7
恋愛 連載中 長編
ギルバルト伯爵家の姉妹である私ーーアイリスと義妹のディアンナ。 私は亡くなった母の意思を継ぎ、薬の研究に没頭していました。 そんな私を継母と義妹は根暗と蔑み、日々過酷な扱いをしてきました。 ある日、義妹は私が毒薬を研究していると嘘を言ってきました。義妹は婚約者を寝取る為、私が邪魔だったようです。 私は無実の罪を着せられ実家を追い出されてしまいます。 そんな時に私は隣国に薬師として招待されます。 「病に侵された王子の命を助けて欲しい」 そう言われた私は隣国に行き、王子の病を薬で治すのです。 すると王子から「あなたは命の恩人です。是非僕と結婚してください」と求婚されてしまいます。 一方その頃。妹と婚約者それから継母は流行病に侵されたそうです。 そしてあろうことか、私に戻ってきて欲しいと要求してきます。 しかし私を雇っている宮廷がその要求を断っていました。 その頃、私は王子に求婚されている上にホワイトな宮廷で薬師として重宝されていました。作った薬は貴重となり大変高価に取引されるようになったのです。薬を購入するため、義妹達は屋敷を売り払わなければなりませんでした。 生活のため、義妹は否応なく、宮廷でメイドとして働き始めるのです。 これは嘘つきの義妹に婚約者を略奪された私が、王子に求婚され、ホワイトな宮廷で幸せになるお話です。
24hポイント 681pt
小説 2,307 位 / 104,784件 恋愛 1,234 位 / 29,425件
文字数 92,586 最終更新日 2021.04.15 登録日 2021.02.22
「トール。お前気づいてるだろ? 俺達、最強の勇者パーティーに何もしない荷物持ち(ポーター)は必要ないんだよ」 15歳の時に天職を与えられる世界。幼馴染の俺達五人は勇者パーティーとして旅立つ事になった。 『ジョブ・レンダー』という職業を貸与する天職を与えられた俺。他のパーティーメンバーは外れ職業しか授かっていなかったのである。 俺は幼馴染の4人にチート職業を貸与する。 『ジョブ・レンダー』には四人までの使用制限があった。俺は四人に職業を貸与しているため、無力な存在となってしまう。仕方なく俺はパーティーの荷物持ち(ポーター)をする事に。 チート職業を得た勇者パーティー連戦連勝を繰り返す。 その事を自分達の力だと思い始めた勇者達は、俺を何もしないただの荷物持ち(ポーター)だとして糾弾を始める 「本当にいいのか? 俺はただの荷物持ち(ポーター)なんかじゃない。ジョブ・レンダーとしてお前達に職業を与えてたんだぞ」 「いいから、出てけよ。俺達のパーティーに何もしない無能は必要ないんだよ!」  「そうか。わかった。出てくよ」 仲間達からそう言われ、パーティーをあとにすることを決めた俺は去り際に呟く。 「お前達に貸した職業は返して貰うからな」 その直後、勇者パーティーは絶体絶命の危機に直面することになる。 「お、俺が実は勇者じゃなくて村人だと!?」 「う、嘘! 私って大魔法使いじゃなくてただの遊び人!?」 「お、俺は聖騎士じゃなくてただの農民だったのか!」 「え!? 僕って大僧侶じゃなくて、ただの無職だったの!?」 勇者パーティーがチート職業に就けたと思っていたのは俺がジョブ・レンダーとして職業を貸していたからであった。 ただの外れ職業に成り下がった勇者パーティーは連戦連敗。周囲からの評判も地の底へと落ちていく。 そんな時、俺は幼馴染の王女と再会を果たす。俺は彼女に『聖女』を貸し与えた。 「う、うそ! わ、私が聖女! こ、こんな事が!!」 こうして俺と彼女は危機に陥っている王国を救う事に。 それから俺は自由で気ままな冒険者ライフを楽しむ事を決めた。 『ただのお荷物』として馬鹿にされていた少年が『ジョブ・レンダー』として大陸中にその名を轟かせる。 これはそんな成り上がりの英雄譚である。 ※カクヨム、なろうでも連載中です ファンタジーカップ参加予定
24hポイント 525pt
小説 2,852 位 / 104,784件 ファンタジー 590 位 / 27,840件
文字数 100,761 最終更新日 2021.04.22 登録日 2021.02.28
9
青春 連載中 長編
 四宮渉(しのみやわたる)は巷では人気のアイドル、『ユメミヤ』というグループを初期からプロデュースした陰の功労者だった。  しかし、四宮の天才的技量に嫉妬する者が多くいたのもまた事実であった。 そんな時だ、事務所の社長から「お前はクビだ!」と宣言されてしまう。  理由を聞いても決定事項だからとしか言われなかった。 長年プロデュースしてきた『ユメミヤ』からも「あんたには育ててもらっていない!」と言われてユメミヤには新しい若いプロデューサーが付いて、渉は事務所を追い出されてしまう。  途方に暮れて外を歩いていた時、ナンパされている女の子がいたので何となく助けてみた。 その女の子、音坂莉奈(おとさかりな)が実はまだ売れていないアイドルだと聞かされ、渉に再び火がついてしまった。  これは、追放された天才アイドルプロデューサーが売れない地下アイドルをアイドル界のトップにまで導いてアイドルにモテまくるラブコメである。
24hポイント 397pt
小説 3,559 位 / 104,784件 青春 23 位 / 4,052件
文字数 24,552 最終更新日 2021.06.10 登録日 2021.06.07
錬金術士学院を首席で卒業し、念願であった宮廷錬金術師になったエルクはコストカットで王国を追放されてしまう。 しかし国王は知らなかった。王国に代々伝わる聖剣が偽物で、エルクがこっそりと本物の聖剣を錬成してすり替えていたという事に。 宮廷から追放され、途方に暮れていたエルクに声を掛けてきたのは、冒険者学校で講師をしていた時のかつての教え子達であった。 「————先生。私達と一緒に冒険者になりませんか?」  悩んでいたエルクは教え子である彼女等の手を取り、冒険者になった。 ————これは、不当な評価を受けていた世界最強錬金術師の冒険譚。錬金術師として規格外の力を持つ彼の実力は次第に世界中に轟く事になる————。
24hポイント 340pt
小説 4,059 位 / 104,784件 ファンタジー 841 位 / 27,840件
文字数 116,744 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.11.03
11
ファンタジー 連載中 長編 R15
豊富な魔力を持ちながら、なぜか闇属性魔術の【重力】しか扱えない黒髪の美少女――ヘカティは、その美しい容姿と神レベルの魔力量に嫉妬した学院長によって、【無能の魔女】と烙印を押され、魔術学院を追放されてしまう。 ヘカティは自身の規格外の強さに無自覚なまま、【重力】を極めんと冒険者を始めることになる。 あらゆる装甲や魔術結界を貫く、防御不可の重力波や、あらゆる攻撃を歪め圧縮し、防御するバリアなどの【重力】の力を駆使して、破天荒な活躍を繰り返すヘカティはやがて冒険者としてメキメキと頭角を現していき、実力者達に一目置かれる存在になっていった。 そしてさらに嫉妬を重ねる学院長は配下と共に魔女狩りと称して彼女を襲うが、全て返り討ちにあい、結果学院長は破滅していく。 ヘカティが気付いた時には、皆がその容姿と強さに頭を垂れ、ひれ伏し、そして口を揃えて彼女の事をこう呼んだという――【グラビトンの魔女】、と。 なろうでも連載しています
24hポイント 328pt
小説 4,181 位 / 104,784件 ファンタジー 861 位 / 27,840件
文字数 50,837 最終更新日 2021.02.11 登録日 2021.01.25
ダンジョン内で魔物に襲われていた少女シオンを助けたらSランクパーティー”黄金の牙”から「パーティー任務よりも他人を優先するな」と追放された剣士オーレン。 一人になったオーレンの前に現れたのは”氷の聖女”の異名をとるシオンだった。 彼女はオーレンに助けられた後、なんと復讐の女神の信仰に目覚めて圧倒的な魔力を手に入れていた。 「オーレンさんを追放した上笑い者にするクズは、生きている価値はありません」 その上なぜかヤンデレにまで目覚めた彼女と、オーレンは辺境で冒険者をしつつスローライフすることを目指す。 しかしドラゴンをすんなり倒してしまったり、オーレンの噂を聞きつけた皇女がやってきたりとどたばたは絶えないのだった。 一方の”黄金の牙”はオーレン追放後、急降下していくのだった。 ※以前書いたものをコンテスト向けにリメイクしたものです。 ※他サイトにも掲載中。
24hポイント 305pt
小説 4,459 位 / 104,784件 ファンタジー 921 位 / 27,840件
文字数 102,978 最終更新日 2021.05.10 登録日 2021.04.19
13
恋愛 完結 短編
 エウレス皇国皇太子【ラファエル=フォン=エウレス】の婚約者【リリア】。  リリアは婚約者のラファエルから酷い仕打ちを受けていた。  殴られた頬に手を当てるだけで「何のアピールだ!」とまた殴るようなラファエル。 「雨を呼ぶ聖獣使いなどと大それた名前を持って私のもとに嫁いできたかと思えば、本当に何の役にも立たないグズだったが、ようやく役に立った。カサラス王国の王子がお前を迎え入れると正式に打診があった。国の財宝の三分の一を渡すと言ってきよった」  リリアは王宮を追い出されるが、王宮の外に待っていたのは……。  見たこともないほどの装飾を携えた綺羅びやかな馬車と、燕尾服の使用人。そして馬車の中には……。 「はじめまして、リリア。私はカルム=ヴィル=カサラス。カサラス王国の第一王子です」  褐色の肌に優しい瞳。  この国の人間に比べればかなり痩せて見えるが、それでもなお力強さを感じるような眼力を持った王子。 「リリアは私にとって大切な妻になるお方だ。初対面で嫌われたらと思うと緊張して鼓動が激しくなったほどだ。触ってみるかい?」 「め、滅相もございません」  リリアにとって初めてだったのだ。 人としてまっとうに扱われることも、女としての扱いを受けることも。 「よろしく頼む。リリア」 「はい……」  これが水の聖女リリアの、幸せな生活の始まりだった。 ※本作品は共著となっています プロット担当 すかいふぁーむ 執筆担当 よどら文鳥
24hポイント 276pt
小説 4,860 位 / 104,784件 恋愛 2,315 位 / 29,425件
文字数 6,230 最終更新日 2021.01.09 登録日 2021.01.09
14
ファンタジー 連載中 長編 R15
オルメイア魔法王国の宮廷錬金術師アルスは国内への魔物の侵入を阻む”賢者の石”という世紀の発明を完成させるが、弟子のクルトにその手柄を奪われてしまう。 さらにクルトは第一王女のエレナと結託し、アルスに濡れ衣を着せて国外へ追放する。 アルスは田舎の山中で工房を開きひっそりとスローライフを始めようとするが、攻めてきた魔物の軍勢を撃退したことで彼の噂を聞きつけた第三王女や魔王の娘などが次々とやってくるのだった。 一方、クルトは”賢者の石”を奪ったものの正しく扱うことが出来ず次第に石は暴走し、王国には次々と異変が起こる。エレナやクルトはアルスを追放したことを後悔するが、その時にはすでに事態は取り返しのつかないことになりつつあった。 ※他サイト転載
24hポイント 269pt
小説 4,951 位 / 104,784件 ファンタジー 1,030 位 / 27,840件
文字数 122,623 最終更新日 2021.04.13 登録日 2020.12.21
あらすじ  これは少し未来の全てに通ずるお話。  人類は目覚ましい科学力によって誰しもが楽をして暮らせる世の中を作り上げた。  しかし、仮初の平和も束の間。堕落した人間が優れた技術を使いこなせるはずもなく地球の資源はみるみる内に枯渇していった。  食料問題やオーバーテクノロジーによる戦争によって世界の7割は砂漠と化す。そこに突如異世界からの支援物資が世界の主要都市に届く。なぜ、異界の人々は我々に貴重な食ベ物をくれるのか?なぜ、異界に通じるゲートが開いたのか疑う事はなかった。  最低限の主要都市を復興させたのも束の間、異世界と繋がる新しいゲートが日本で開き、そこから溢れ出る魔物達。偶々居合わせた異界人がその場を収めるが、日本と通じている異世界では魔物の数が多く、侵略されかけその余波が日本を襲っていると判明し、異界からの食べ物を多く摂取すると身体に魔力が宿り、魔物と互角以上に戦える事が解明された。  日本は、異界での魔物の侵略を食い止めた分だけゲートの先につながるエルタネ公国から土地や食糧を渡してもらう盟約を締結。 それにより、一つの制度が発表される。 『異世界調査隊』制度  一番魔力の保有率が高かった10代から20代の少年少女達から青年期の者を異界で魔物と戦わせ、貢献した者に土地や食糧を分配するという制度だ。  これに、財閥筋の家柄の者達が便乗。本人達の意思とは関係なく末っ子や家の問題児を異界に送り込む社会現象が起こった。  様々な想いや策略が交錯する中で青年達は武器をとるしか選択できない。  貴方は大切な物の為に命を投げ出せるか?それが例え利用されているだけだとしても
24hポイント 256pt
小説 5,118 位 / 104,784件 ファンタジー 1,067 位 / 27,840件
文字数 180,310 最終更新日 2021.06.13 登録日 2021.02.23
Sランク土魔術師のクリフは、所属していたPTからクビ宣言を受ける。 PTを追放された彼は冒険者を辞め、土魔法を活かして農業を始めることにした。 土魔法の力があまりにも強烈過ぎて、早々に農業で無双するクリフ。 その頃、彼を追放したPTは度重なるクエストの失敗で苦しんでいた。 ある日、クリフの元へかつてのPTリーダーが訪れて言う。 「判断を誤った、PTに戻ってきてほしい」 クリフは答える――もう冒険者じゃないので無理だ、と。 そしてクリフは、今日も世界の農家を震え上がらせるのだった。
24hポイント 248pt
小説 5,290 位 / 104,784件 ファンタジー 1,113 位 / 27,840件
文字数 61,127 最終更新日 2021.06.01 登録日 2021.05.14
「ようやく追放できてせいせいする」 「こんなクズ放っておこうよ」 「とっとと消えなさい。クズの親を持った自分を恨むことね」  実の父と義母、義弟から散々な言われようで、レイスは家を追い出された。  これはレイスの左目に宿る【魔眼】の影響だった。  魔眼による事故、事件のせいで魔眼の力は恐れられ、忌み嫌われていたのだ。  伯爵である父、バルスは古いしきたりを大切にするため、魔眼への偏見が強くあったのだ。  物心ついた頃から幽閉され、自立できる年齢になった途端追い出される。  絶望的な状況の中、今は亡き実母の言葉だけがレイスの支えになっていた。 ーー貴方のその綺麗な眼で、綺麗な世界を作ってね  そんな中魔眼持ちを押さえ込み続けた国王が急遽、魔眼持ちの第四王子を次期国王に指名した。  レイスにとって、新国王の即位は大きなチャンスだった。  一方魔眼持ちというだけで差別的な言動を繰り返してきた実家や大臣たちは窮地に追い込まれることになり……。  これは忌み嫌われた魔眼持ちの少年と王が、世界を少しずつ綺麗なものにしていくための物語。 ※本作品は共著となっています プロット担当 すかいふぁーむ 執筆担当 よどら文鳥 ※なろう小説でも投稿しています
24hポイント 234pt
小説 5,540 位 / 104,784件 ファンタジー 1,172 位 / 27,840件
文字数 93,064 最終更新日 2021.04.27 登録日 2021.01.03
18
恋愛 完結 短編
聖女リリは国を守るため、毎日祈りを捧げていた。国に魔物が入らぬようにして来たのに…国王は、平和なこの国に聖女などいらぬと、リリを追放した。リリが王と同じくらいの権力を持っていた事が許せなかったのだ。だが、平和だったのはリリが国を守っていたから…リリが居なくなったラミアータ国は、魔物に襲われ、他国から攻めいられ、存続の危機に晒された。国が滅ぶことを恐れた国王は、リリを探し連れ戻すよう兵士達に命じる。だが、リリはもう戻るつもりなどなかった。人の為に生きるより、自由に生きる事の楽しさを知ってしまったからだ。そして、リリは初めての恋をする。その相手は、ラミアータ国の捨てられた王子様だった。
24hポイント 220pt
小説 5,808 位 / 104,784件 恋愛 2,692 位 / 29,425件
文字数 11,917 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.07.06
19
ファンタジー 連載中 長編 R15
「貴様の代わりなどヒーラーでも務まる! クビだ! シオン・キサラギ!」 ブラックギルド【ブラック・リベリオン】でドクターをしていたシオンは日々、過酷な業務をこなし、ギルドメンバーの怪我や病気を治していた。そんなある日の事、シオンは代わりに安く雇えるヒーラーを雇うからとクビになってしまう。 「ヒーラーではなくドクターにしか治せない怪我や病気もあります! このままではギルドは大変な事になります!」 事実を告げたが、クビを逃れたいが故の見苦しい言い訳だと断定され、ギルド長にクビを言い渡される。しかしギルド長は知らなかった。シオンの言っている事は本当でありスキル【ドクター】は唯一無二のチートスキルであった事。そして彼がヒーラーでは代用できない特別な存在である事を。 途方に暮れていたシオンはモンスターに襲われている獣人の少女を助ける。彼女は獣人の姫を名乗る。彼女は病に犯された獣人の国を救う為にドクターであるシオンを頼ってきたのだ。 「わたし達の国には多くの病に犯された獣人達がいます! 是非我が国に来てください!」 こうして主人公は獣人の国に専属ドクターとして超好待遇で招かれる事となる。そこでシオンは遺憾なく手腕を発揮していき『神の手(ゴッドハンド)』と呼ばれ崇められる。 一方その頃、ブラックギルドではシオンの言う通り、ドクターでしか治せない怪我や奇病が大量発生し、ストライキが起こるなど労務問題が起こる。 シオンを執拗に呼び戻そうとした結果、獣人国との抗争を起こしかける。それを恐れた王国がブラックギルドの監査に入り、悪事が暴かれ、ギルドは解体されていく。 ※ 私って言ってますけど男主人公ものです。 旧題 獣人の国の宮廷ドクター〜ブラックギルドでこき使われヒーラーでも代わりは効くと追放されたがチートスキル【ドクター】は唯一無二のものでした。私じゃなきゃ治せないから戻ってこいと言われても、もう手遅れですよ ※カクヨム アルファポリスでも掲載中
24hポイント 191pt
小説 6,324 位 / 104,784件 ファンタジー 1,377 位 / 27,840件
文字数 101,439 最終更新日 2021.01.09 登録日 2020.12.26
20
ファンタジー 連載中 長編 R15
異世界に神隠しに遭い、そのまま10年以上過ごした主人公、北城辰也はある日突然パーティーメンバーから『盾しか能がないおっさんは使えない』という理由で突然解雇されてしまう。勝手に冒険者資格も剥奪され、しかも家まで壊されて居場所を完全に失ってしまった。 頼りもない孤独な主人公はこれからどうしようと海辺で黄昏ていると、海に女の子が浮かんでいるのを発見する。 「うおおおおお!!??」 慌てて救助したことによって、北城辰也の物語が幕を開けたのだった。 基本出来上がり投稿となります!
24hポイント 177pt
小説 6,553 位 / 104,784件 ファンタジー 1,419 位 / 27,840件
文字数 106,001 最終更新日 2021.06.11 登録日 2021.05.04
21
ファンタジー 連載中 長編 R18
ネトラ・レオンはある日、トラックに轢かれて前世の記憶を思い出し、自分がNTRエロゲーの主人公だということ知った。 原作知識によると、ヒロイン達はこのままだと間男たちにNTRて惨めで悲惨な思いをすることになることを知る。 レオンはヒロインを寝取られるのを見るのが嫌なので、散々口汚くビッチヒロイン達を説教で罵った後、NTRゲーの舞台となる故郷の街・N県から自分自身を追放して、ビッチヒロイン達から逃げてざまぁして自由の身となる。 レオンはネト・リオンと名前を変えて、NTRゲーの原作者である漫画家が書いている同じ世界観に存在する超大人気異能学園バトルファンタジー漫画の舞台である異能特区・木更津市へと辿り着く。 そこは超能力、魔術、呪術、気功等々の異能力者やエルフやドワーフ、鬼や吸血鬼、あるいは神霊などのファンタジー種族が暮らす超カオスな場所! リオンは原作知識の生々しいヒロインNTR記憶によって、脳を破壊されたので、ふわっとしてそれでいて凄く雑な『王の力』なる謎のチート異能力をゲットしていた。 それならばやることは一つしかない! リオンはチーレム無双俺TUEEEE異能学園バトルファンタジー主人公を原作知識を使って邪魔しまくって、ヒロイン達を寝取りまくる間男系チーレム無双転生主人公になることを決める…のではなく、原作主人公の傍にいるサポート系親友キャラクターになることを決意する。 異能学園バトル主人公は可愛くてちょっとエッチでなのに一途なヒロイン達でハーレムを築き上げているすごく羨ましい存在! リオンは主人公の親友キャラクターとなり、いずれエンディングを迎えた時にハーレムから一人くらいはあぶれるはずのヒロインと付き合うことを目指す! そしてビッチヒロイン達は謎の中二病パワーを手に入れて、リオンをストーカーする! この物語はビッチヒロイン達から逃げ回りつつ、異能学園で萌える青春を過ごす少年の物語である! *** 現代舞台の異能学園とか好きな人にお勧め! 魔術とか超能力とか呪術とか陰陽道とかさらには神話や伝説まで、なんかもう思いつく限りの様々な異能が登場します! エルフや鬼、吸血鬼、さらには神霊とかまで登場するので、世界観はすごく広いぞ!絶対に好みのヒロインが見つかる!! ダンジョンやらステータスシステム、はては魔王、勇者までウェブ小説のテンプレートはほぼ取り揃えているよ! 一応18禁だけどそこまでハードではないです。ちょっとエッチくらい!
24hポイント 177pt
小説 6,553 位 / 104,784件 ファンタジー 1,419 位 / 27,840件
文字数 116,634 最終更新日 2021.05.30 登録日 2021.03.02
フェイ・レプリカは宮廷鍛冶師として王宮で働き、聖剣や魔剣の贋作を作っていた。贋作鍛冶師として馬鹿にされ、低賃金で長時間労働の過酷な環境の中、ひたすら贋作を作り続ける。 そんな環境の中、フェイは贋作鍛冶師の代わりなどいくらでもいると国王に追放される。 フェイは道中で盗賊に襲われているエルフの皇女を救い、エルフの国に招かれる。まともな武具を持たないエルフの民に武器や武具を作る専属鍛冶師になったのだ。 しかしフェイ自身も国王も知らなかった。 贋作を作り続けたフェイが気づいたら本物の聖剣や魔剣を鍛錬できるようになっていた事。そして世界最強の鍛冶師になっていた事を。 フェイを失った王国は製造する武具が粗悪品の贋作ばかりで売れなくなり没落する一方、フェイはエルフの国で最高に楽しい鍛錬ライフを送るのであった。
24hポイント 177pt
小説 6,553 位 / 104,784件 ファンタジー 1,419 位 / 27,840件
文字数 101,467 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.11.26
「帝国の財政が厳しい今、時代遅れのダメージ床整備卿など不要!」 ”ダメージ床”の開発責任者カール、宮廷財務卿に無駄遣いと断罪され、地方領主に左遷される。 実は胃の痛い宮廷勤めが苦手なカール、大喜びで赴任することに。 一方、カールのダメージ床が敵の侵入から帝国をひそかに守っていた……コスト削減最優先の財務卿と皇帝は、帝国の守りに大きな穴を空けたことに気づかず、盗賊やモンスターに侵入されまくる……帝国に危機が迫る。 のんびりダメージ床の研究とスローライフを楽しむカール、純粋でパワフルな犬耳少女と優秀な技術者の従兄弟、何より勤勉で素朴な領民たちと共に新型ダメージ床の技術を生かして領地を発展させていく。嫉妬した宮廷財務卿から色々な嫌がらせを受けるが、最強になった私の領地には毛ほども痛くないですね! その後、他地域からの移住者も増え、ダメージ床の応用で攻守ともに最強になったカールの領地、気が付いたら帝国に残された最後の希望に? いや、そんな面倒事に巻き込まないでもらえます? 私は平和な領地でスローライフを送りたいだけなんで。 これは左遷から始まるアラサー技術者の最強領地経営コメディ!
24hポイント 156pt
小説 6,973 位 / 104,784件 ファンタジー 1,485 位 / 27,840件
文字数 143,278 最終更新日 2021.06.02 登録日 2021.04.17
24
ファンタジー 連載中 長編 R15
「何もしない無能暗殺者は必要ない!お前はクビだ! シン・ヒョウガ」 それはある日突然、皇子の護衛としてパーティーに加わっていた暗殺者——シンに突き付けられた追放宣告。  実際のところ、何もしていなかったのではなく、S級の危険モンスターを一瞬で倒し、皇子の身を守っていたのだが、冗談だと笑われ聞き入れられない。  あえなくシンは宮廷を追放される事となる。  途方に暮れていたシンは、Sランクのモンスターに襲われている少女を助けた。彼女は神託により選ばれた勇者だという。 「あなたの力が必要なんです! 私と一緒に旅をして、この世界を救ってください!」 こうしてシンは彼女のパーティーに入り旅に出る事となる。  ――『絶対即死スキル』で魔王すら即死させる。これは不当な評価で追放された最強暗殺者の冒険譚である。
24hポイント 149pt
小説 7,136 位 / 104,784件 ファンタジー 1,507 位 / 27,840件
文字数 101,208 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.12.06
25
恋愛 連載中 長編
「上流階級の振舞いも満足に出来ないお前を、実業家である姉の婚約者の視界に入れることはできない。平民相手の工芸品屋が来週からお前の居場所だ」 マイペースなりに、一生懸命牛の世話をしながら生きてきたところへそんな宣告を受け、公爵家の娘であるクレアは平民街へ。かつて親しく交流していた幼馴染が経営する工芸品屋で働くことになる。 家族からの冷酷な仕打ち・・・。でも一人じゃない。優しい幼馴染や、辛く悲しい時も共に過ごして親友同然に心を通わせた牛たちがついている。 小説の勉強のために一本書いてみました!30000字くらいで終わると思います。なるべく毎日投稿しますのでよろしくお願いします。
24hポイント 134pt
小説 7,593 位 / 104,784件 恋愛 3,480 位 / 29,425件
文字数 33,218 最終更新日 2021.06.08 登録日 2021.05.20
魔物と心を通わせ使役する者を人々はテイマーと呼んだ。 かつては強大なる術によって様々な魔物を使役し、魔王さえも封印したと言う。 しかし、平和な世はそんな強過ぎる力を危険な力として認めず、今では弱い魔物を使役出来る程度の不遇職として扱われていた。 とある国のとある街に叔母と一緒に住んでいる一人の少年テイマーがいた。 彼の名前はマーシャル。 不遇職と呼ばれるテイマーの中でも、更に不遇の彼はスライムさえも無視される程の最弱の雑魚テイマーだった。 そんな雑魚テイマーであるマーシャルは、ある日人生を大きく変える出合いを果たす。 可愛い美幼女モンスターに囲まれる彼の旅はこうして始まったのである。 ※なろう、カクヨムでも掲載しています。
24hポイント 113pt
小説 8,307 位 / 104,784件 ファンタジー 1,686 位 / 27,840件
文字数 385,757 最終更新日 2021.06.10 登録日 2020.05.17
 王国に念願の第三王子が生まれた。第一王子は『剣聖』のスキルを持ち、第二王子は『賢者』のスキルを持って生まれた。  偉大なるスキルを持つ二人の兄と同じように、第三王子も凄いスキルを持って生まれると国王は大いに期待していた。  けれども、期待した分だけ、第三王子のスキルを聞いた時の落胆は凄まじいものだった。第三王子のスキルは『泳ぐ』だった。  ただ上手く泳ぐ事が出来る駄目スキルに、国王は思わず王妃の浮気を疑ってしまった。  よく見えれば、自分の髪と瞳の色とは、まったく違う赤ん坊は、他人の子供にしか見えない。  このまま王宮に置いておけば、良からぬ噂が広がるのは時間の問題だと、国王は第三王子を病死という形にして、王妃と一緒に追放処分しました。  そして、月日は流れて——五年後。  寂れた漁村の海岸で、元王妃と名前を変えた第三王子が、楽しく泳いでいました。二人は幸せに過ごしていました。  けれども、その幸せも長くは続きませんでした。幸せそうな二人の姿をジッーと眺める三人の悪い海賊が現れるまでは……。
24hポイント 106pt
小説 8,614 位 / 104,784件 ファンタジー 1,728 位 / 27,840件
文字数 311,328 最終更新日 2021.05.21 登録日 2021.04.13
28
ファンタジー 連載中 長編 R15
「あ、プラン。お前追放な。ほれ、しっしっ。とっとと失せろ」 そんな軽々しくパーティーを追放されてしまった少年プラン。 彼は『草取り』という能力に秀でているだけの少年だった。 休む間もなく冒険者をしていても、ランクは一向に上がらない。 周りの冒険者たちからは、呆れるを通り越して哀れまれていて、逆に優しく生暖かい目で見守られるほどだった。 実際の彼はこれ以上なくパーティーのために働いていたけど、結局認めてもらえることはなかった。 そんな彼が薬草採取をするために依頼を受けると、魔物に襲われている人物と出会うことになる。 自分が身代わりになることで、彼女を助けようとするプラン。その時……彼は覚えることになる。……『葉っぱカッター』……を! そしてその時に助けたのが、『花の国』フラワーエデンのお姫様で、その功績によって彼はその国に招待されることになる。 男子禁制で、普通なら誰も入れない国。 彼が引き抜いた植物は、どれも最高級品になり、みんなに喜んでもらえることになる。 さらには国を襲ってくる魔物も、攻撃魔法を覚えた彼の相手にはならない。 その結果、草取りの彼は、その国の問題を次々に解決していき、国にいる美少女たちから愛されていくことになる! これはそんな毎日頑張って来た少年が、多くの少女たちと楽しく過ごしていくとっても甘いお話。
24hポイント 106pt
小説 8,614 位 / 104,784件 ファンタジー 1,728 位 / 27,840件
文字数 88,492 最終更新日 2021.03.22 登録日 2021.02.27
29
ファンタジー 連載中 長編 R15
かつてサムライとニンジャという理由で仲間に裏切られ殺された男がいた。そして彼は三度目の人生で『サムジャ』という天職を授かる。しかし刀や手裏剣を持たないと役に立たないとされる二つの天職を合わせたサムジャは不遇職として扱われ皆から馬鹿にされ冷遇されることとなる。しかし彼が手にした天職はニンジャとサムライの長所のみを引き継いた最強の天職だった。サムライの居合とニンジャの忍法を合わせた究極の居合忍法でかつて自分を追放し殺した勇者や賢者の剣術や魔法を上回る刀業と忍法を手にすることとなり、これまでの不遇な人生を一変させ最強への道を突き進む。だが彼は知らなかった。かつてサムライやニンジャであった自分を殺した賢者や勇者がその後どんどんと落ちぶれていったことを。そしてその子孫が逆恨みで彼にちょっかいをかけ返り討ちにあってしまう未来が待っていることを――
24hポイント 106pt
小説 8,614 位 / 104,784件 ファンタジー 1,728 位 / 27,840件
文字数 283,430 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.07.28
「フィリア! お前のような卑怯な女はいらん! 即刻国から出てゆくがいい!」 「え? いいんですか?」  聖女候補の一人である私、フィリアは王国の皇太子の嫁候補の一人でもあった。  聖女となった者が皇太子の妻となる。  そんな話が持ち上がり、私が嫁兼聖女候補に入ったと知らされた時は絶望だった。  皇太子はデブだし臭いし歯磨きもしない見てくれ最悪のニキビ顔、性格は傲慢でわがまま厚顔無恥の最悪を極める、そのくせプライド高いナルシスト。  私の一番嫌いなタイプだった。  ある日聖女の力に目覚めてしまった私、しかし皇太子の嫁になるなんて死んでも嫌だったので一生懸命その力を隠し、皇太子から嫌われるよう塩対応を続けていた。  そんなある日、冤罪をかけられた私はなんと国外追放。  やった!   これで最悪な責務から解放された!  隣の国に流れ着いた私はたまたま出会った冒険者バルトにスカウトされ、冒険者として新たな人生のスタートを切る事になった。  そして真の聖女たるフィリアが消えたことにより、彼女が無自覚に張っていた退魔の結界が消え、皇太子や城に様々な災厄が降りかかっていくのであった。
24hポイント 92pt
小説 9,295 位 / 104,784件 ファンタジー 1,835 位 / 27,840件
文字数 75,475 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.10.08
31
恋愛 完結 長編
あたし、レティーナ。 聖女だけど何もお仕事してないって追放されました。。 ほんとはすっごく大事なお仕事してたのに。 孤児だったあたしは大聖女サンドラ様に拾われ聖女として育てられました。そして特別な能力があったあたしは聖獣カイヤの中に眠る魔法結晶に祈りを捧げることでこの国の聖都全体を覆う結界をはっていたのです。 でも、その大聖女様がお亡くなりになった時、あたしは王宮の中にあった聖女宮から追い出されることになったのです。 住むところもなく身寄りもないあたしはなんとか街で雇ってもらおうとしますが、そこにも意地悪な聖女長さま達の手が伸びて居ました。 聖都に居場所の無くなったあたしはカイヤを連れて森を彷徨うのでした……。 そこで出会った龍神族のレヴィアさん。 彼女から貰った魔ギア、ドラゴンオプスニルと龍のシズクを得たレティーナは、最強の能力を発揮する! 追放された聖女の冒険物語の開幕デス!
24hポイント 85pt
小説 9,623 位 / 104,784件 恋愛 4,459 位 / 29,425件
文字数 103,311 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.01.31
32
ファンタジー 連載中 長編 R15
「攻撃魔法? ウチのギルドじゃ必要ねぇな!」 「お前は補助魔法だけ使ってろ!」 SSRな”魔法翻訳付与スキル”を持つ青年セシル、物理攻撃至上主義の脳筋ギルドで冷や飯ぐらいの毎日。 ある日、彼のスキルは1億人に1人の超絶レアスキルであることが判明する。 スカウトが殺到したセシルはギルドを見限り、華やかな魔法学院の教官に転職する。 セシルの価値を理解できないギルドの無能上司、魔法革命ブームの世界について行けず、セシルが抜けたギルドは急速に崩壊していく。 カワイイ少女達を担任するセシル、彼を評価する美人上司にも恵まれ、忙しくも充実した毎日を送り……帝国でも最強のクラスを作り上げていく。 楽しい学院生活と様々なクエスト。生まれ持ったスキルと人の好さでクエストをこなしまくるセシル。生徒たちは慕ってくれるし、僕の評価もうなぎ上り。転職して本当に良かった! これは自分の価値を理解しない無能上司を見限り、転職した青年が体験する最強魔導学院ファンタジー! ※小説家になろうでも連載しています
24hポイント 56pt
小説 12,024 位 / 104,784件 ファンタジー 2,261 位 / 27,840件
文字数 78,690 最終更新日 2021.05.15 登録日 2021.05.01
33
ファンタジー 連載中 長編 R15
特級宝石師の少年アレクは、相棒であるモフモフ宝石獣<カーバンクル>のサンドラと共に加工魔石<マテリア>の生成とそれのメンテナンスによって勇者パーティに貢献していた。 しかしメンテナンスを軽視する勇者によって、マテリアがあればお前はいらないと言われ、追放されてしまう。 職を失ったアレクは失意のまま王都に戻ると、たまたま出会った老人から店を継がないかと誘われ、受諾。 アレクとサンドラは、マテリアの販売レンタルおよびメンテナンスの店を始める事に。 その頃、勇者パーティはマテリアをメンテナンスすらせずに雑に扱った為、マテリアが次々と壊れていき、大ピンチに。そうして本来の力を発揮できず、やがて勇者パーティは失墜する。 一方アレクは、マテリアの絶大な効果と手厚いアフターケアや誠意ある対応で騎士団やS級冒険者などの上客が増えていった。彼はサンドラと共に時に材料を取りに冒険に出掛けたり、たまたま助けたエルフの少女の里へと出張にいったりと充実した生活を送っていた。 やがて王都ではこんな噂が流れ始めた。 とんでもない力を秘めたマテリアを売ってくれる少年がいる――と なろうでも連載しています
24hポイント 56pt
小説 12,024 位 / 104,784件 ファンタジー 2,261 位 / 27,840件
文字数 57,633 最終更新日 2021.03.03 登録日 2021.02.06
主人公のアークは、ドラゴンテイマーとして国に仕えてきた。 彼の仕事は国のドラゴンを調教し、管理する事であった。だがある日突然クビを宣告される。 「竜の調教や管理などビーストテイマーでもできる! 高い金を払ってまでお前を雇う必要はない!」 「いいんですか。俺がいないと竜達が暴れまわって大変な事になりますよ!」 事実を告げたが見苦しい言い訳だと断定され、アークは国外追放処分をされてしまう。 国を出たアークの元に、一人の美少女が現れる。彼女は自分がかつて怪我をしていたところを助けてくれた竜だと語る。 「私を助けてくれたお礼に、ぜひ我が竜の国に招待したいのです」 その助けた竜は竜の国の王女だった。 アークは王女を助けたと言うことで、超好待遇で竜の国に招かれる。 かつての国での過酷な待遇から一転、アークは竜の国で神として崇められる。 一方でアークを追放した事で、彼の言う通り、竜達は言う事を聞かずに暴れ出し、国家は滅亡への道を辿っていく事となる。
24hポイント 49pt
小説 12,953 位 / 104,784件 ファンタジー 2,395 位 / 27,840件
文字数 8,183 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.11.06
35
ファンタジー 連載中 長編 R15
「お前クビ、役に立たねぇタダ飯食らいは必要ねぇ」 魔王の使い魔を逃がしてしまい、恋人の幼馴染からも見限られて凶悪勇者のパーティから追放処分を受けた魔術師アルフォンス。 その先に待っていたのは絶望、かと思いきや幸運の連続だった。 追放に伴って解放されるスキルの数々にチート級の能力を発揮し魔王をいともたやすく屠ってしまう。 報告を受けたかつてのパーティメンバーや王国には仕方ないので戻ってこいと言われたが、さんざん言ってきた挙句に手のひら返しされたのが気に食わないので気ままに生きていきたいと思います。
24hポイント 42pt
小説 13,979 位 / 104,784件 ファンタジー 2,580 位 / 27,840件
文字数 19,899 最終更新日 2021.05.11 登録日 2021.03.27
36
ファンタジー 連載中 長編 R18
「私は不気味なアンデッドが嫌いなの。あなたはクビよ。ジル・ロードニクス」  宮廷ネクロマンサーとしてアンデッドを使役していたジルは王国の聖女にクビを言い渡されてしまう。アンデッドは人間を裏切る事もなく、王国の役に立っていると主張するが聞き入れられない。その上に国王暗殺の濡れ衣を着せられ国外逃亡をせざるを得なくなってしまう。 途方に暮れていたジルは人間に襲われている吸血鬼の姫を助ける。 「是非我々の王となり、アンデッドを導いてください!」 彼女はアンデッドの国の姫だと語り、ジルを王として自分達を導いて欲しいと言い出すのだ。 悩んでいたジルは彼女の手を取り、アンデッド達の楽園を創る事を決意する。 一方その頃、聖女が率いる王国ではアンデッドの代わりに雇った人間による暴動や内乱が起き、王国は衰退の一途を辿っていく事となる。
24hポイント 42pt
小説 13,979 位 / 104,784件 ファンタジー 2,580 位 / 27,840件
文字数 32,418 最終更新日 2020.12.12 登録日 2020.11.15
WEB小説の第1話を読んだ瞬間、主人公である爆乳エルフ令嬢フィーリアに憑依してしまうあなた。代々精霊士の家系でありながら、精霊を扱えないフィーリアは、王子シュリーレンとの婚約を破棄され、王国を追放される。 だが実は、フィーリアは王国を守る結界の綻(ほころ)びを修復するのにその力の全てを使っていたのだ。フィーリアが追放された事で結界は再び綻(ほころ)び始め、邪悪な精霊達に侵略されてしまう。 力を自由に使えるようになったフィーリアは、精霊王として覚醒し、あらゆる精霊を使役し、その力を強化出来るようになる。 だが、精霊王の力には代償が伴う。それは精霊とのセックスによる魔力供給。男の娘な双子の弟、ルーラの目前で、犯されるフィーリア。 王国を救って「ざまぁ」する為には、精霊王の力が必須。愛し合う姉弟は、この試練を乗り越えられるのか!それはあなた次第です! この作品はR18です。 ☆はちょいエロ、★は本番セックスです。
24hポイント 42pt
小説 13,979 位 / 104,784件 ファンタジー 2,580 位 / 27,840件
文字数 36,839 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.10.03
38
ファンタジー 連載中 長編 R15
 魔王が世界征服を宣言してから3年。 人類と魔族の争いは激化し、人類は窮地に追い込まれていた。 そんな中、一人の勇者が選定された。  その名は、エミリア・ブラント。 エミリアの圧倒的な剣技により、戦況は一変して人類の優勢となった。 四天王が現れるまでは……  一方で妹と比べられて『出来損ない』のレッテルを貼られた兄、レオ・ブラントは「出来損ないのお前なんか要らん!」の一言で家を勘当されてしまう。  そこで、修行のためにレベルの高い魔獣が集まる森で修行していたらいつの間にか、魔王すら凌駕する力を手に入れていた。 「え、魔王ってこんなに弱かったっけ?」  これは、出来損ないと言われた少年が英雄とよばれ、世界を救う物語である。
24hポイント 35pt
小説 15,508 位 / 104,784件 ファンタジー 2,788 位 / 27,840件
文字数 11,543 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.03.02
39
ファンタジー 連載中 長編 R15
オークキングの息子の俺は、若くして出世しオークロードとなった。だがとあるエルフの村を襲った際、勇者エステルに殺されかけて前世の記憶が蘇る。そして気付く。今の現状は、俺が前世でプレイしていた、エンシェントソーサリー・クエストの世界にそっくりである事を。 このまま再度エルフの村を焼き討ちに行けば、俺は仲間共々勇者に殺される運命。 自分と仲間の死を回避する為、父親であるオークキングにエルフを見逃すよう懇願するが受け入れられず、あまつさえ無能と罵られる事に。レアスキル【エルブン・オーク】で仲間のレベルを二倍にしていた事も信じてもらえず、俺はオーク族から追放される事となる。 俺を庇った母(エルフ美女)と共に、俺は山奥の小屋へと逃げ、隠れ住む事に。 これで俺はストーリーから無関係。つまり俺と母の命だけは助かる。だが、前世においてエルフ大好き青年だった俺が、いたいけなエルフ達を見捨てて置けるはずもなく、エルフ達を助ける事に。 エルフを守りたい。その一心が奇跡を呼んだ。【エルブン・オーク】が真の力に覚醒。俺はエルフとオークのハイブリッドとでも言うべき姿に変身し、自分を含めた仲間「エルフ」達のレベルを十倍に。圧倒的な力でオークの軍勢を一蹴する。 どうやらオークもしくはエルフに限り、その種族を強く愛する事で覚醒するスキルだったらしい。 危機が去った後は、エルフに囲まれのんびりハーレムなスローライフ。 何? オークの国が滅びそうだから戻って来て欲しい? いやいや、もう遅いぜ! ※表紙イラストは著作権フリーの画像を組み合わせて作成したものです。
24hポイント 28pt
小説 17,047 位 / 104,784件 ファンタジー 3,052 位 / 27,840件
文字数 95,842 最終更新日 2021.03.26 登録日 2021.01.18
40
恋愛 完結 長編
小説家になろうにて先行配信中! もっと早く続きが見たい方は、ページ下部のリンクからどうぞ。  天界に住む神々は、自らの権能を知らしめる代行者をたてる。そのうちの一人が『聖女』だった。 イタリカ王国には、百年に一度の周期で聖女が誕生する。しかし、今回の聖女は一人ではなかった。 長女アイラ、次女カリナ、三女サーシャ。後に聖女三姉妹と呼ばれる彼女たちは、パルプード大聖堂にて日々努めを果たす。  そんな日の終わりは突然やって来た、聖女が三人なんておかしい。一人が本物で、二人は偽物だという噂が流れだす。全ては変態王子の策略で、三人は追い詰められていた。  二人は王国を出て行け?  そう、だったら三人で一緒に出て行きましょう!  聖女三姉妹はそうして逃げるように国を出た。遠く離れた異国にわたりつき、新たな生活を始める。  そこで彼女たちは、各々のやりたいことを見つけ、幸福のために努力する。  長女×王子、次女×研究者、三女×おっさん  それぞれに運命の出会いを果たし、甘く美しい恋の花を咲かせていく。  書籍一冊分のボリュームです。
24hポイント 28pt
小説 17,047 位 / 104,784件 恋愛 7,398 位 / 29,425件
文字数 94,902 最終更新日 2020.09.22 登録日 2020.09.12
60 12