骸骨小説一覧

タグ 骸骨×
11
1
現代文学 完結 ショートショート
難破船が激しい波に襲われ沈みそうだ 船の中にあるのは骸骨のみ
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 現代文学 6,050 位 / 6,050件
文字数 137 最終更新日 2021.02.04 登録日 2021.02.04
2
現代文学 完結 ショートショート
骸骨が喧嘩している おいおい死んで骸骨になってもセクハラか
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 現代文学 6,050 位 / 6,050件
文字数 146 最終更新日 2021.01.29 登録日 2021.01.29
3
現代文学 完結 ショートショート
詩を書く事で精力を使い切る 書き終えた後ふぬけた心を見出だす
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 現代文学 6,050 位 / 6,050件
文字数 143 最終更新日 2021.02.17 登録日 2021.02.17
4
現代文学 完結 ショートショート
骸骨のような私の心臓に 肋骨が折れて突き刺さり 僅かに血がポタリ
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 現代文学 6,050 位 / 6,050件
文字数 146 最終更新日 2021.01.25 登録日 2021.01.25
それは、 腰を掴むと引き千切るように…
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 ミステリー 2,617 位 / 2,617件
文字数 4,804 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.07.11
6
恋愛 連載中 短編 R15
 人と異種族(元は人、後に人になるも含む)との恋愛シリーズ短編集です。  章ごとに話が独立していますが世界観は繋がっています。  シリアスな過去を持つ登場人物が多いですが、それを吹き飛ばすヒロインまたはヒーロさんを  書いてみました。  1章 私の旦那様は骸骨です  没落寸前の男爵令嬢メアリーは国一番の黒魔導士かつ侯爵であるアーネストと結婚した。  誰もがうらやむシンデレラストーリかと思いきや、メアリーの夫は骸骨で。  ちょっと天然なメアリーと骨なアーネストのコミカルラブストーリ。  2章 乙女な魔王と貢物の王子    ある日、魔王の所に赤い髪の王子が停戦の貢物としてやってきた。といっても配下に停戦などする気はなく、王子はボコボコにされ虫の息だ。その上、配下が惨殺鑑賞会を始めるとまで言い出した。  魔王は困った。そんなものは見たくない。  だが、魔王たるもの冷徹な存在でなくてはならない。見たくないなどと言えるはずもなく。苦肉の策で、うっかり王子をペットにすると宣言してしまい、犬として王子を飼う事になったのだが。  これは、魔王だけど本当はロマンス小説が大好きな【乙女】魔王と、貢物としてきた赤髪の王子のお話。
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 恋愛 32,083 位 / 32,083件
文字数 25,403 最終更新日 2020.08.16 登録日 2020.06.23
7
SF 連載中 長編 R15
新しく発売されるダイブ型VRゲーム『Free Race World Online』を遊ぶ、スケルトンのプレイヤーの話。 ◆◇◆◇◆ ※タイトル変えました。 ※残酷、BLGLは保険です。 ※おそらく一話につき1500〜5000文字くらいでサクッと読めると思います。 ※暇なので書いてます。 ※文を書くのが苦手な一般学生なので、矛盾や誤字脱字等が目立つ事があるかもしれません。 ※不愉快に思われた方は、ブラウザバックをオススメします。 ※不定期更新です。 ※突然アイデアが湧かなくなってエタる事もあります。御容赦下さい。 ※気長に更新を待ってくれると、助かります。 ※批判、批評、酷評、アンチ、指摘、大歓迎でございます! ※もちろんブクマ、しおり、評価、レビューも大歓迎です!泣きながら全裸で舞踊ります。 ※略して【ネロ助】です。愛称って大事。 ※アルポリとハーメルンとなろうとカクヨムとpixiv、ノベルアップ、エブリスタで投稿予定 ◆◇◆◇◆ 2020/5/22 【なろう】200PVありがとうございます! 2020/5/26 【笛吹き】100PVありがとうございます! 2020/5/26 【なろう】300PVありがとうございます! 2020/5/28 【なろう】400PVありがとうございます! 2020/5/28 【笛吹き】200PVありがとうございます! 2020/5/29 【なろう】600PVありがとうございます!
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 SF 3,199 位 / 3,199件
文字数 20,684 最終更新日 2020.05.28 登録日 2020.05.24
異世界に転生することになった。 なんか「徳ポイント」的なのが貯まったらしい。 ついては好きなチートスキルがもらえるというので、もふもふに憧れて「テイム」のスキルをもらうことにした。 転生と言っても赤ちゃんになるわけではなく、神様が創った新しい肉体をもらうことに。いざ転生してみると、真っ暗な場所に歩く骸骨が! ひぃぃい!「テイム!テイム!テイム!」 なんで骸骨ばっかり!「テイム!テイムテイム!」 私は歩く。カタカタカタ。 振り返ると五十体のスケルトンが私に従ってついてくる。 どうしてこうなった!? 6/26一章完結しました この作品は、『三上珊瑚』名義で小説家になろうにも投稿しています
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 ファンタジー 28,986 位 / 28,986件
文字数 153,144 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.04.09
9
ホラー 連載中 短編
8月3日。昼間の青空がうってかわって夕方には血のような禍々しい赤色に染まった日ーーー。 長谷部陽子は不思議な電話を受け取る。その声は、ずっと聞き覚えがある、あの子の声だった。 陽子は36歳。一児の母であり、尽くしてくれる伴侶がいた。 『…行ってはいけない。会いに行っては行けない。私には家庭があるのだから…。』 そう思いつつも、電話口の声が「来て…。お願い。痛いよ。来て…。」と懇願している。 受話器を置いてしまえばいいのに、どうしてもそれができなかった…。 なぜならその声は24年前…12歳のときに一目惚れした裕司くんの声だったからだ…。 なぜ…今も声変わりせずに小学生のままの声なんだろう……? 不思議と足は助けを求める声へ向かっていた…。
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 ホラー 3,904 位 / 3,904件
文字数 5,663 最終更新日 2019.07.22 登録日 2019.07.19
「死にたがりやのアナタへ。アナタが一番望むものをプレゼント。」カレのホームページの紹介には、そんな、病み気と中二病を混ぜたような文章がはられている。若者の自殺をなくすため、17才の青年は、今日もロープを握る。知る人ぞ知る、カレの名は「死神サンタさん」「死」とは、いったい何なのか。
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 ライト文芸 4,853 位 / 4,853件
文字数 4,376 最終更新日 2019.04.04 登録日 2019.04.04
鏡には不思議な力が宿ると、古今東西、言い伝えられています。 鏡は映すもの―そう…真実の姿を。
24hポイント 0pt
小説 111,508 位 / 111,508件 ホラー 3,904 位 / 3,904件
文字数 4,443 最終更新日 2019.02.22 登録日 2019.02.22
11