走る小説一覧

タグ 走る×
6
俺の小学校では、徒競走が盛んだ。それゆえに足の速いやつ、イコール人気との図ができあがっていた。 なのに万年マラソン最下位の俺は、クラス中から仲間外れにされ、辛い日々を送っている。 だが、俺は言いたい。俺が最下位じゃないーーかもしれないと。なぜなら俺のクラスには病気でそもそも走らない奴がいるからだ。 俺はそいつが嫌いだった。なのに、そいつは構わず俺に話しかけてきて。
24hポイント 0pt
小説 140,160 位 / 140,160件 現代文学 6,014 位 / 6,014件
文字数 6,719 最終更新日 2022.01.30 登録日 2022.01.22
2
恋愛 完結 ショートショート
美雪は夜空の川に曖昧な想いを願った
24hポイント 0pt
小説 140,160 位 / 140,160件 恋愛 43,333 位 / 43,333件
文字数 691 最終更新日 2021.06.30 登録日 2021.06.30
3
恋愛 完結 ショートショート
 きっかりいつもの時間に家を出て、いつもの時間に会社に着き。自分の机の周りを綺麗に掃除し、前日までの資料に目を通し、今日やるべき仕事のスケジュールを見直す。  始業時間ぴったしに仕事をはじめ、終業時間には終わる。そんないつもと変わらない一日になるはずだった。 カクヨムお題<KAC20212 走る>参加作品。 ※<KAC20213「イクメンパパの奮闘記」>と同じ家族の話です。話はそれぞれ独立した話なので、読んでなくても大丈夫、興味を持った方は両方読んでみてください。
24hポイント 0pt
小説 140,160 位 / 140,160件 恋愛 43,333 位 / 43,333件
文字数 2,070 最終更新日 2021.06.04 登録日 2021.06.04
なぜ、俺はこんな姿で走っている? なぜ、俺はマグロなのに手足が生えている? なぜ······。 慶介は平原を走りながら、そう自問自答した。 元の姿へ戻るには繰り出されるステージをクリアしなければならなかった。自分達を喰らう生き物から逃れるためには、宝石を破壊しなければならなかった。生き延びるためには、慶介は、今日も走り続けねばならなかった。  ―――――――――――――――――――――― ※この小説は「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載されています。
24hポイント 0pt
小説 140,160 位 / 140,160件 ファンタジー 34,269 位 / 34,269件
文字数 16,100 最終更新日 2020.10.09 登録日 2020.09.29
高校総体を半年後に控えた冬の朝。 俺の上に〝飛び落ちて〟きたのは────彼女だった。 ────「はっあああああ────っ!!!」 「きゃあああああ────っ!!!」   顔が見えた。横顔? 否、全部見えた。   〝空に浮かぶ女の子〟────(本文より抜粋) 初対面から、なぜか距離の近い後輩の女の子。 いつしか隣に居るのが当たり前になっていく日常、でも気づいたら彼女は俺の前にいた。 背中が見えた。 男なら、女の子の前を走りたい。 その決意が俺の足を動かしていく。 互いに素直で、まっすぐな思いはいつしか平行に、互いを魅せていく。 これはそんな先輩と後輩の、ゴールを目指す青春ラブストーリー 小説家になろうでも公開しています
24hポイント 0pt
小説 140,160 位 / 140,160件 恋愛 43,333 位 / 43,333件
文字数 56,699 最終更新日 2019.02.01 登録日 2019.01.10
6
ライト文芸 完結 ショートショート
気がつけば知らないところに、一人立っていた。 ここが一体どこなのか、謎の場所に迷い込んだ少女は一人彷徨い続ける。 そこで見つけるのは、希望か、それとも……。 PN:ゴッチ
24hポイント 0pt
小説 140,160 位 / 140,160件 ライト文芸 6,015 位 / 6,015件
文字数 3,556 最終更新日 2018.10.28 登録日 2018.10.28
6