海軍小説一覧

タグ 海軍×
26
 トラックにはねられるというお約束のパターンで死んでしまった艦オタの中島隼。  不運な彼は、しかし魔王軍撃滅を願う地味女神の導きによって転生を果たす。  だが、そこは異世界ではなく、あろうことかミッドウェー海戦当日の空母「赤城」の飛行甲板だった。  このままでは破滅必至の彼と「赤城」、そして「加賀」や「飛龍」「蒼龍」。  第一航空艦隊を、なにより己自身を救うべく隼は後知恵とともに女神から授かった能力を発動させる。
24hポイント 979pt
小説 1,251 位 / 87,359件 ファンタジー 341 位 / 24,936件
文字数 87,059 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.08.08
貧乏で空母や戦艦などの正面装備偏重にならざるを得なかった帝国海軍。 電探、防弾、etc・・・・・・軽視してはいけない装備をとある提督が「お金」の力で親切サポート。 電探装備の空母、防弾完備の零戦。 暗雲迫る太平洋にひとり立ち向かった少し変わった提督の物語です。
24hポイント 617pt
小説 1,814 位 / 87,359件 歴史・時代 5 位 / 1,060件
文字数 118,731 最終更新日 2019.03.03 登録日 2019.01.11
 過去の事故や事件で得た知識や経験をもとに、それを教訓として積み上げ二度と同じ過ちは繰り返さないという当たり前の組織。  サイレントネービーを理想とし、不戦こそを勝利としてきた帝国海軍だったが、世界大戦の荒波に否応なしに巻き込まれる。  三次元立体戦闘の過酷な近代戦に勝ち抜くために艨艟たちは改造される。
24hポイント 383pt
小説 2,644 位 / 87,359件 歴史・時代 13 位 / 1,060件
文字数 100,180 最終更新日 2020.06.29 登録日 2020.05.01
 「第一艦隊壊滅、大和鹵獲サル」  開戦劈頭の日米艦隊決戦で主力の戦艦部隊を失った連合艦隊はその戦略を根本的に見直し新たなる態勢で太平洋艦隊に立ち向かう。
24hポイント 383pt
小説 2,644 位 / 87,359件 歴史・時代 13 位 / 1,060件
文字数 106,737 最終更新日 2020.06.29 登録日 2019.12.23
昭和一六年、ハル・ノートをはじめとした米国の挑発に対し隠忍自重を重ねる大日本帝国は和平へ向けて粘り強く外交交渉を重ねていた。 しかし、その一縷の望みを託した交渉は決裂。 そして、昭和一七年三月八日、日本は米国に対し宣戦布告。 連合艦隊は圧倒的戦力を誇る連合国艦隊に挑む。
24hポイント 234pt
小説 3,976 位 / 87,359件 歴史・時代 27 位 / 1,060件
文字数 142,581 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.03.03
 真珠湾攻撃中止、連合艦隊司令部は全員辞職(自滅)。  日米開戦を目前に組織激動の帝国海軍。  対米戦必敗の未来を覆すため、あのロクでもない一族が動き出す。
24hポイント 127pt
小説 5,738 位 / 87,359件 歴史・時代 39 位 / 1,060件
文字数 105,904 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.05.23
浅深度魚雷を運搬中の空母「加賀」が単冠湾を前にして謎の爆発を起こし沈没。 最大の空母と決戦兵器を失った第一航空艦隊は真珠湾奇襲作戦を中止。 帝国海軍を震撼させた「加賀」爆沈事件によって連合艦隊は戦略の転換を余儀なくされる。
24hポイント 106pt
小説 6,295 位 / 87,359件 歴史・時代 45 位 / 1,060件
文字数 104,598 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.04.30
8
恋愛 完結 長編 R18
海賊に妻を殺され復讐を誓う海軍提督アーヴァイン。 拿捕した海賊船『月光』の首領が女であることを知り、妙案を思いつく。 この女を使って憎き妻の仇をおびき出してやろう。 アーヴァインはそう決意するが――。 ※ムーンで投稿しているものを、タイトルを今風にしてこちらに載せました。
24hポイント 85pt
小説 7,150 位 / 87,359件 恋愛 3,169 位 / 23,080件
文字数 36,638 最終更新日 2020.03.04 登録日 2020.02.22
 12門もの36センチ砲を備える「山城」、同8門の「金剛」、それに41センチ砲を持つ最強戦艦「長門」。  相次ぐ謎の爆沈によって多数の戦艦を失った帝国海軍は大艦巨砲から航空主兵への転換を余儀なくされる。  そして運命の昭和16年12月8日。  圧倒的な戦力を誇る戦艦群を前面に押し立てマーシャルに迫る米太平洋艦隊。  連合艦隊は唯一の希望、第一機動艦隊で反撃に出る。
24hポイント 85pt
小説 7,150 位 / 87,359件 歴史・時代 49 位 / 1,060件
文字数 111,423 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.05.01
10
ファンタジー 連載中 長編 R15
 帝国海軍を中心にその装備や戦術を改変することで史実とは異なった海戦模様を描く「艦隊戦記」です、たぶん。  数話(短いものは一話)完結のショートストーリーで、各章に関連はありません。  一部ストーリーにカテゴリーエラーに抵触するくだりがあるため「歴史・時代」ではなく「ファンタジー」にしています。
24hポイント 71pt
小説 7,928 位 / 87,359件 ファンタジー 1,803 位 / 24,936件
文字数 98,560 最終更新日 2020.09.30 登録日 2019.11.27
太平洋戦争中の主な海戦について、にわかミリオタが簡単にまとめました。 架空戦記を作るときの参考にしたり、太平洋戦争について学んだりして活用してください。 できる限り、緩く、不定期に書いていくつもりです。 そのうち、陸戦編も書きます。 注意事項について簡単に説明します。 1 あくまで、個人が集めた情報なので、参考程度に思い、さらに細かく知りたい場合は、自分で調べてください。 2 間違っている情報を発見したり、載っていない情報がある場合は、お知らせください。複数の説がある情報については、代表的な情報を載せ、他の説は参考程度にまとめる予定です。 載っていない情報がある場合には、参考文献やサイトも教えていただければありがたいです。 コメント欄もしくはTwitterにお知らせください。 3 コメント欄に他人を誹謗中傷するコメントをのせるのは、お止めください。 コメント欄に書き込む場合は、海戦への疑問または意見、感想、書いてほしいことのリクエスト等を書き込んでください。 政治的なコメントは、削除させていただく場合がございます。 4 旧字体や専門用語を使う場合があります。読みにくい場合や意味が分からない場合は、コメント欄もしくはTwitterにお知らせください。 5 作者は、戦争を賛美しているためにこの作品や架空戦記を書いているわけではありません。 以上の事を守ってお楽しみください。 ものすごい、硬い感じになったけど、許して……
24hポイント 35pt
小説 11,337 位 / 87,359件 エッセイ・ノンフィクション 140 位 / 3,059件
文字数 1,823 最終更新日 2020.10.14 登録日 2020.04.05
12
SF 連載中 長編
惑星オストメニアの北部に位置する冬国、ルンテシュタット王国。 中世時代では北方騎馬民族として北オストメニア大陸を駆け回り、遂には大国を築いた。 それから約1000年。 世界は技術革新に勤しみ、空は航空機が、陸は戦車が、海は戦艦や空母が発明され戦闘に投じられた。 時は南暦1936年。 ルンテ王国貴族であるアンカー・ラインは25歳の若さで第2艦隊の司令を務めていた。 彼は生粋の貴族でありながら貴族らしさを嫌い、ルンテ王国の伝統である奴隷制を忌み嫌っていた。 いつかは彼らを解放することがアンカーの野心だった。
24hポイント 21pt
小説 14,234 位 / 87,359件 SF 176 位 / 2,745件
文字数 43,270 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.08.13
13
恋愛 完結 長編 R18
暴君で悪名高いアリビア帝国皇帝の娘マリアは、英雄と謳われている元上官を蹴落として治安警備艦隊の司令官になる。 それを不服に思う部下たちから冷遇されるマリアは、はたして無事に任務を遂行することができるのか。 ※「女海賊は輪姦(まわ)されて提督の性奴隷にされました!?」と同じ世界観です。続編ですが主人公が変わるので単体でもいけるはず。輪姦なのか逆ハーなのか君しだいさ (σ゚∀゚)σ
24hポイント 21pt
小説 14,234 位 / 87,359件 恋愛 5,975 位 / 23,080件
文字数 192,754 最終更新日 2020.04.17 登録日 2020.03.05
14
恋愛 完結 長編 R18
 航海士のアルテミシアは、港で出会った風変わりな女王にその腕っぷしと言語力を買われ、女王の通詞兼外交官として雇われる。その任務は、交渉役として国を跨いで暗躍する大海賊団の掃討作戦に加わること。  女王の計らいで当面の下宿先として海軍司令官サゲン・バルカ将軍の屋敷を世話されたものの、端正で精悍な海神を思わせる風貌のその男は、自由気儘なアルテミシアとは正反対の冷徹な堅物だった。  奔放で謎が多いアルテミシアを信用しないサゲンと、生来の負けん気を発揮して反発するアルテミシア――事あるごとにぶつかり合う二人だったが、危うい緊張感と戸惑いの中で次第に惹かれ合っていく。  そんな折、ある海賊を捕らえたことで思いもよらぬ事実が発覚し、周辺の国々をも巻き込む大事件に発展する。そしてそれは、アルテミシアの過去に起きた悲劇と深く関わっていた――。  架空の中世西洋世界を舞台に繰り広げられる歴史官能ロマンス。マルス大陸物語 第2弾。
24hポイント 21pt
小説 14,234 位 / 87,359件 恋愛 5,975 位 / 23,080件
文字数 692,748 最終更新日 2020.09.21 登録日 2019.09.02
時に1936年。日本はロンドン海軍軍縮条約の失効を2年後を控え、対英米海軍が建造するであろう新型戦艦に対抗するために50cm砲の戦艦と45cm砲のW超巨大戦艦を作ろうとした。その設計を担当した話である。 (フィクションです。)
24hポイント 21pt
小説 14,234 位 / 87,359件 歴史・時代 117 位 / 1,060件
文字数 17,675 最終更新日 2020.09.19 登録日 2019.09.26
ソ連によるポツダム宣言受託拒否。血の滲む思いで降伏を決断した日本は、なおもソ連と戦争を続ける。    1945年8月11日。大日本帝国はポツダム宣言を受託し、無条件降伏を受け入れることとなる。ここに至り、長きに渡る戦争は日本の敗戦という形で終わる形となった。いや、終わるはずだった。  ソ連は日本国のポツダム宣言受託を拒否するという凶行を選び、満州や朝鮮半島、南樺太、千島列島に対し猛攻を続けている。    なおも戦争は続いている一方で、本土では着々と無条件降伏の準備が始められていた。九州から関東、東北に広がる陸軍部隊は戦争継続を訴える一部を除き武装解除が進められている。しかし海軍についてはなおも対ソ戦のため日本海、東シナ海、黄海にて戦争を継続していた。  すなわち、ソ連陣営を除く連合国はポツダム宣言受託を起因とする日本との停戦に合意し、しかしソ連との戦争に支援などは一切行わないという事だ。    この絶望的な状況下において、彼らは本土の降伏後、戦場で散っていった。   本作品に足を運んでいただき?ありがとうございます。 著者のkotoと申します。 応援や感想、更にはアドバイスなど頂けると幸いです。 特に、私は海軍系はまだ知っているのですが、陸軍はさっぱりです。 多々間違える部分があると思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 
24hポイント 21pt
小説 14,234 位 / 87,359件 歴史・時代 117 位 / 1,060件
文字数 36,196 最終更新日 2020.05.22 登録日 2019.08.24
17
SF 連載中 長編 R15
 第三次世界大戦により文明の大半が滅んでから数千年。第三次世界大戦以前のほとんどの記憶が失われた人類は、再び同じ歴史を繰り返そうとしていた。  しかし第四次世界大戦は、第二次世界大戦と似た様相を見せながらも、少しずつ違う方向へと進みつつあった…  ベースは第二次世界大戦の史実パクってますが、ご都合エンジンやらとんでも兵器が登場してあんなやことやこんなことするif戦記です  主人公は“日本”です。ハイ。  結構私個人の見解が多く含まれるので、あまり深く考えないで読んでもらえるとありがたいです   小説家になろうにも投稿しています
24hポイント 21pt
小説 14,234 位 / 87,359件 SF 176 位 / 2,745件
文字数 31,743 最終更新日 2019.08.05 登録日 2019.07.23
ひょんなことから太平洋戦争の渦中に放り込まれてしまった「巫女」コスの女子大生たち。 後知恵上等、連合国に打ち勝つためにあの手この手で敵も味方も翻弄。 歴史の知識に女の武器、なんでも使って戦争の早期終結を図る三人娘の物語。
24hポイント 14pt
小説 16,583 位 / 87,359件 ファンタジー 3,453 位 / 24,936件
文字数 195,075 最終更新日 2019.04.03 登録日 2019.01.13
 第2次世界大戦を敗戦という形で終えた日本。満州、朝鮮半島、樺太、千島列島、そして北部北海道を失った日本は、GHQによる民主化の下、急速に左派化していく。 朝鮮半島に火花が散る中、民主主義の下、大規模な労働運動が展開される日本。 GHQは日本の治安維持のため、日本政府と共に民主主義者への弾圧を始めたのだ。 俗に言う第1次極東危機。物語は平和主義・民主化を進めたGHQが、みずからそれを崩壊させる激動の時代、それに振り回された日本人の苦悩から始まる。 本書は前作「久遠の海へ 最期の戦線」の続編となっております。 前作をご覧いただけると、より一層理解度が進むと思われますので、ぜひご覧ください。
24hポイント 0pt
小説 87,359 位 / 87,359件 歴史・時代 1,060 位 / 1,060件
文字数 21,562 最終更新日 2020.10.21 登録日 2020.06.08
ここは帝国海軍が誇る重巡洋艦「古鷹」のとある一室。 そして現在、ここでは主計科の長たる主計少佐が人生最大級の危機を迎えようとしていた。 すわ、緊急事態か、敵襲か。いいや、違う。「古鷹」主計長にとって目下最大の敵とは即ち──来週の、献立。 時は昭和初期。世界情勢が徐々に悪化していく中で、軍艦勤務の者も日に日に緊張感が高まっていた。 そんな海の男のご飯事情を支えているのが、軍艦の衣糧を担当する主計科所属の将兵たちだ。それはここ、重巡「古鷹」も例外ではない。 「主計看護が兵隊ならば、蝶々も蜻蛉も鳥の内」 などという嘲笑にもめげず、自分たちがいなければみんなの仕事が回らないという矜持を胸に、今日も主計科は独楽鼠のように駆け回る。 ──これはそんな主計科の長として日々奮闘する、主計少佐のお話。 ※時と場合によっては飯テロに分類される話ですので注意してください ※主計科とは経理を担当している部署です ※この物語は実在する帝国海軍の重巡「古鷹」とも史実の人物とも一切関係の無い話です。 ※作中に登場する旧海軍に関するうんちく話についても「ふーん」程度に聞き流してください。 ※ライト文芸大賞に出しています 参考資料 『海の男の艦隊料理─「海軍主計兵調理術教科書」復刻─』 『写真で見る海軍糧食史』 『海軍カレー伝説』 『海軍と酒』 『日本海軍がよくわかる辞典』 『海軍よもやま物語』 『物価の文化史辞典』
24hポイント 0pt
小説 87,359 位 / 87,359件 ライト文芸 3,756 位 / 3,756件
文字数 221,543 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.04.18
1941年12月8日。何があったかご存じですか?真珠湾攻撃?そんなものはありませんよ。世界が良い方向へと向かうために、と列強が共同宣言を出した日ですよ。 世界大戦は二度も起こらず、植民地が解放された世界。しかし、日本が思い通りに動いてくれなかったため、日本との戦争の末に日本を吸収したいという野望を持つ国家の限界は近づきつつあった。
24hポイント 0pt
小説 87,359 位 / 87,359件 ファンタジー 24,936 位 / 24,936件
文字数 2,148 最終更新日 2019.11.09 登録日 2019.11.09
時は太平洋戦争真っ只中。兄の陽一と弟の海里(かいり)のもとに、召集令状が届く。 兄である陽一は何事にも真面目で、真っ直ぐな性格。当然自分はお国の為に役に立つのだと意気込んでいる。 一方、弟の海里はネガティブな性格。当然自分がお国のために役に立つ日は来ないかもしれないと思い、小説家になりたいと言いながら、戦地に赴く。 ふたりの兄弟は海軍に所属される。いわば零戦(ゼロ戦)の戦闘機を扱う場所だった。   その場所で数人の仲間と出会い、学んで行く彼らが待ち受けていたものはーーーー。
24hポイント 0pt
小説 87,359 位 / 87,359件 現代文学 4,001 位 / 4,001件
文字数 10,620 最終更新日 2019.07.26 登録日 2019.07.26
自衛官になるという夢を捨てきれないミリタリーオタクの高校2年小畑裕二。ある日、謎の声を聞いた彼は突然、70年前の日本とよく似た世界に飛ばされてしまった!しかもひょんなことからその世界の兵学校に編入されてしまう始末。その生徒たちは・・・全員女子!? 戦争の影が迫るこの世界で、彼の“学校生活”が今、始まる!
24hポイント 0pt
小説 87,359 位 / 87,359件 ファンタジー 24,936 位 / 24,936件
文字数 174,506 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.02.06
王国海軍のリチャード・アーサー少佐が着任を命じられたのは、女性たちが運用する駆逐艦だった。舞台は荒れ狂う北の海。同盟国行き輸送船団を死守せんとする、第一〇一護衛戦隊の物語がいま始まる。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/173400372/589172654 上記作品の改訂版になります。旧版を既に見たという方も、そうでない方もぜひお読みください。
24hポイント 0pt
小説 87,359 位 / 87,359件 歴史・時代 1,060 位 / 1,060件
文字数 123,431 最終更新日 2019.04.10 登録日 2018.09.27
ちょっとしたことで主人公の人生がからりと 変わってしまします。 そんな人生、見てみませんか?
24hポイント 0pt
小説 87,359 位 / 87,359件 ファンタジー 24,936 位 / 24,936件
文字数 671 最終更新日 2018.02.10 登録日 2018.02.09
語りつくされた感のあるミッドウエー海戦ですが、素人の素朴な疑問を書いてみました・・・・・・ <珊瑚海海戦> 日本:祥鳳・・・沈没、翔鶴・・・大破 米国:レキシントン・・・沈没、ヨークタウン・・・中破 海戦後、日本側は空母瑞鶴が無傷で残っていた。 なぜ、ヨークタウンを追撃しなかったのだろう? ここで、ヨークタウンを更に叩いて、一発でも爆弾なり魚雷なり命中させれば、沈没させられなくても、ミッドウェー海戦への参加を阻めたのではないだろうか・・・・・・
24hポイント 0pt
小説 87,359 位 / 87,359件 エッセイ・ノンフィクション 3,059 位 / 3,059件
文字数 9,914 最終更新日 2017.11.26 登録日 2017.10.29
26