本格ミステリー小説一覧

タグ 本格ミステリー×
11
崖の上に立つ 斜陽館で、不審死?が発生。 大学の推理サークルに所属する わたし岩崎奈留美は、 同サークルの白馬小路三世君と、 その現場に遭遇。 さて、 この密室は、いかに、密室と化したのか? 何故、腕時計は外れていたのか? 何故、(古風な鍵ながら) その鍵を掛ける必要はあったのか? 全てのヒントは、事前に提供しつつ、 白馬小路三世の推理が、謎を解く。 いや、 将来、警視庁のマドンナと呼ばれることとなる 岩崎奈留美の成長記録小説? とも呼ぶべく青春ミステリ
24hポイント 42pt
小説 17,576 位 / 148,829件 ミステリー 125 位 / 3,213件
文字数 9,159 最終更新日 2022.04.09 登録日 2022.04.09
作家の山本零士のもとに警察官の多賀玲一が訪れる。山本の家で家政婦をしていた、京山安奈が何者かに殺されたというのだが…… 登場人物 山本零士…作家。こちら側の半島に住む。 多賀玲一…警察官。 京山安奈…家政婦。
24hポイント 42pt
小説 17,576 位 / 148,829件 ミステリー 125 位 / 3,213件
文字数 6,904 最終更新日 2022.03.13 登録日 2022.02.27
ミッション系の私立高校、聖真学園で起こった、女生徒の不可解な飛び降り自殺。 その女生徒は奇妙にも飛び降りる直前まで正体をなくしたように笑っていた…。 死んだ女生徒のクラスメートである成瀬勇樹は不可解な自殺を疑問に思い、独自に調査していくうちに一人の不思議な男に出会う。 やがて巻き起こる第二の事件…。 2006年6月。 とある私立高校を舞台に描く衝撃の問題作。物語の終盤に待つ、その驚愕の真実とは…? 名探偵、来栖要(くるすかなめ)初登場の本格推理長編の第一段! ※横書き・明朝体・黒背景白文字の読書設定でお読み戴くと、より重厚な本格ミステリーらしい雰囲気でお楽しみ頂けます。
24hポイント 42pt
小説 17,576 位 / 148,829件 ミステリー 125 位 / 3,213件
文字数 587,710 最終更新日 2018.06.07 登録日 2018.05.15
滋賀県で亡くなったある男。 その死体から、予想も尽かないほど、 アクロバティックな解答へと導きだす 名探偵 白馬小路三世 さて、この死体から、彼の導き出した 論理的かつ 美しき解答とは? * 本作の中での鉄道の時刻、料金などは、現在の時刻、料金とは異なります。 執筆時の時刻、料金ですので。
24hポイント 0pt
小説 148,829 位 / 148,829件 ミステリー 3,213 位 / 3,213件
文字数 10,043 最終更新日 2022.03.28 登録日 2022.03.27
 陸の孤島ともいうべき僻地に建てられた聖獣奇学院高等部の寮、獅子寮。年末年始の休暇のため、生徒の大部分は実家へと帰っていた。残ったのはわずか四名の生徒達。彼らの身に起きた不思議な出来事とは? 登場人物 クレア :聖獣奇学院高等部獅子寮の生徒 真尋  :同上 貴之  :同上 千里  :同上 石刈雄也:聖獣奇学院高等部の教師 ??? :絶世の美女 
24hポイント 0pt
小説 148,829 位 / 148,829件 ミステリー 3,213 位 / 3,213件
文字数 21,789 最終更新日 2021.10.11 登録日 2021.10.02
●「第4回ホラー・ミステリー小説大賞」で奨励賞をいただいたものの改稿版です。 「その謎解きは秘密か、悲劇か――」 ミステリー作家が捜査の相棒に雇った大学生は、かつて軽率な謎解きで事件に巻き込み、重傷を負わせてしまった相手だった――。 〈あらすじ〉 不可解な女性転落死について調べ始めた新人ミステリー作家・柊平衿彦は、演劇サークル所属の男子大学生・連河琉李と知りあい、その常人離れした文章記憶力に目をつけて捜査の相棒として雇う。だが琉李は、かつて衿彦がみずからの軽率な謎解きによって爆弾魔事件に巻き込み、後遺症の残るほどの重傷を負わせてしまった相手だった。 衿彦の不安をよそに潜入先の『源氏物語』愛好会で起こる新たな事件。容疑者は巻名をハンドルネームに名乗る会員たち。水路によるクローズド・サークル。ダイイング・メッセージが示すのは誰の名か――。運命的な出会いと再会をした名探偵バディが殺人事件の謎に挑む。
24hポイント 0pt
小説 148,829 位 / 148,829件 ミステリー 3,213 位 / 3,213件
文字数 122,321 最終更新日 2021.03.24 登録日 2020.09.06
『生徒相談委員』である夢野は、不登校になっているさくらをもう一度、学校に登校させてくれと教師から依頼された。 さくらと接触した夢野は、猫殺しの疑惑をかけられた不登校になったことを知る。夢野はその犯人を特定し、さくらの疑いを晴らすことを約束した。 誰が猫を殺したのか? そこには幾つかの謎があった。
24hポイント 0pt
小説 148,829 位 / 148,829件 ミステリー 3,213 位 / 3,213件
文字数 30,431 最終更新日 2019.06.13 登録日 2019.05.29
ーー有栖川探偵事務所。 そこは、所長で天才的な推理力を発揮する男装の麗人・有栖川久子と、謎めいた美女で、情報通の山岸麗、美少女マッドサイエンティスト・別所海。 そして、スポーツ万能で、無敵の強さを誇るアタシこと城金香津美。 そんな女ばかりの探偵事務所。 今回の事件は、美しい依頼人の持ち込んだ、白百合の花束が織りなす悲しい殺意。 果たして、彼女たちは依頼人を救うことができるのか?
24hポイント 0pt
小説 148,829 位 / 148,829件 ミステリー 3,213 位 / 3,213件
文字数 18,781 最終更新日 2018.11.24 登録日 2018.11.24
【11/24 作中に登場人物イラストを追加しました。】 その復讐は行われるーー美しくも凄惨に。 昼メロチックな読み出したら止まらないジェットコースターミステリ。 ミステリとして発表しては?とアドバイスを受け、BL18禁要素を排除し、全年齢対象とした作品。 日本有数の大企業・雪花コーポレーションの若き青年社長・雪花海杜は、元々はピアニストを目指しながらも、父の意向で後継者になった過去を持ち、自らの生き方に微かな疑問を抱き始めていた。 まだ学生時代、父の秘書としてある小さな町工場を訪れた海杜は、そこで信じられない光景を目にする。 融資を願い出る夫婦を冷酷にあしらう父の姿にショックを受けながら、そこを後にする瞬間、感じた視線。 それは、その夫婦の幼い息子の瞳だった。 彼はそれ以来、毎晩、その時、自分を刺すような目で見つめてた少年の夢でうなされていた。 そんな彼の右腕としてサポートする美貌の秘書・咲沼英葵。 実は彼こそ、海杜をはじめとした、雪花一族に復讐を誓うあの少年の成長した姿であった。 英葵は亡き両親の無念を晴らす為、雪花コーポレーションに入り込んでいた。 何も知らずに友情を深め合う、同級生の英葵の妹・美麻と海杜の妹・菊珂。 海杜に許されぬ愛を抱く、若く美しい義母・里香。 年の離れた海杜の弟で、里香の息子・夕貴。 海杜の従兄弟で、副社長を務め、形勢逆転を狙う野心的な更科恭兵。 飽和状態にまで張り詰めた彼らに突然降りかかる災厄。 それを期に、運命の歯車は静かに回り出す。 美しく、そして凄惨に。 イラスト:聖る様
24hポイント 0pt
小説 148,829 位 / 148,829件 ミステリー 3,213 位 / 3,213件
文字数 386,721 最終更新日 2018.11.23 登録日 2018.11.23
○作品紹介  変わりのない高校生活を送っている椎名悟。友人である佐藤誠一から問われた。「正義とは何か」それぞれの思いが交錯する中で突如起こった事件。椎名悟はあるきっかけで事件の真相を追うが、その最中で第二の事件。不可解な点が見られる事件の真相は何なのか。 ○主な登場人物 ・椎名悟→主人公 ・佐藤誠一→友人 ・桑原智久→友人 ・桜田椿→友人 ・桜田楓→桜田椿の妹 ・川上隼斗→生徒会長 ・山下大五郎→クラスの担任 ・安倍→大男 ○作者よりコメント  (注)この作品は、暴力シーンを含みます  物語の都合上、人物が多々登場します。困惑しないために名前を省略するときがあります。ご了承下さい。  出来るだけリアルに、フェアに書きたいと思って書いています。もし真相を自ら明かしたいと思われた方は最終章を読む前に推理することをお勧めします。なおミステリーは第1章の終盤から始まります。始めから読んでもらえれば幸いです。  因みに表紙画像がバベルの塔です。色々ある中から1番見やすいものを選ばせていただきました。  最後に、処女作ですので暖かい目で読んで頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 148,829 位 / 148,829件 ミステリー 3,213 位 / 3,213件
文字数 141,636 最終更新日 2019.04.10 登録日 2019.04.05
 東京は丸の内。  オフィスビルの地階にひっそりと佇む、暖色系の仄かな灯りが点る静かなショットバー『Huster』(ハスター)。  事件記者の東城達也と刑事の西園寺和也は、そこで車椅子を傍らに、いつも同じ席にいる美しくも怪しげな女に出会う。  東京駅のコインロッカーに遺棄された黒いキャリーバッグに入っていた奇妙な死体と、一都三県にばらまかれた、異様なバラバラ死体にまつわる事件の顛末を描く『怠惰な死体』。  西園寺の下に届いた、記憶障害者か知覚障害者が書いたとしか思えないような奇怪な手記にまつわる恐るべき事件の顛末を描く『腐臭の供儀』。  突如として地下街に現れた死体。犯人対探偵の息もつかせぬスリリングな駆け引きのミステリーを描く『白の女王』を含む、三編を収録。  難解にしてマニアック! 名状し難い悪夢のような複雑怪奇なブッ飛んだ事件に、ブッ飛んだ名探偵が挑む、謎解き連作型本格ミステリー中編集。 カバーデザイン 歩いちご(coconala) ※横書き・明朝体・黒背景白文字の読書設定でお読み戴くと、より重厚な本格ミステリーらしい雰囲気でお楽しみ頂けます。
24hポイント 0pt
小説 148,829 位 / 148,829件 ミステリー 3,213 位 / 3,213件
文字数 612,821 最終更新日 2020.06.12 登録日 2018.05.17
11