未来小説一覧

タグ 未来×
95 123
小夜曲ユキ、そんな名前の女の子が誠のもとに現れた。 友人を作りたくなかった誠は彼女のことを邪険に扱うが、小夜曲ユキはそんなこと構うものかと誠の傍に寄り添って来る。 小夜曲ユキには誠に関わらなければならない「理由」があった。 小夜曲ユキが誠に関わる、その理由とは――!? この出会いは、偶然ではなく必然で―― ――桜が織りなす、さよならの物語。 貴方に、さよならの言葉を――
24hポイント 624pt
小説 1,373 位 / 44,865件 青春 16 位 / 2,420件
文字数 17,371 最終更新日 2018.07.18 登録日 2018.06.28
2
SF 連載中 長編 R15
近未来、物体の原子レベルまでの三次元構造を読みとるスキャナーが開発された。 とある企業で、そのスキャナーを使って人間の三次元データを集めるプロジェクトがスタートする。 主人公、北村海斗は、高額の報酬につられてデータを取るモニターに応募した。 スキャナーの中に入れられた海斗は、いつの間にか眠ってしまう。 そして、目が覚めた時、彼は見知らぬ世界にいたのだ。 いったい、寝ている間に何が起きたのか? 彼の前に現れたメイド姿のアンドロイドから、驚愕の事実を聞かされる。 ここは、二百年後の太陽系外の地球類似惑星。 そして、海斗は海斗であって海斗ではない。 二百年前にスキャナーで読み取られたデータを元に、三次元プリンターで作られたコピー人間だったのだ。 この惑星で生きていかざるを得なくなった海斗は、次第にこの惑星での争いに巻き込まれていく。 (この作品は小説家になろうとマグネットにも投稿してます)
24hポイント 476pt
小説 1,748 位 / 44,865件 SF 28 位 / 1,547件
文字数 622,262 最終更新日 2019.04.22 登録日 2017.01.06
3
SF 連載中 長編 R15
ファンタジー要素もりもりのSFロボット物で、TVアニメっぽい風味で書いていきます。  世界最高のゴーレムマスター・レイフは、ゼノビア帝国に筆頭魔道士だが、生まれてから一度も女にもてたことのない醜男(ぶおとこ)であった。  現実の女性に見切りを付けた彼は、「女にもてないなら、自分で最高の嫁を作れば良いではないか…」と思い立った。帝国のからお宝を盗み出し出奔したレイフは、地下迷宮を作り、至高のゴーレム製作に情熱を傾ける。そして、あと一歩で完成という時に、レイフは彼を討伐にやって来た勇者一行に殺されてしまった。  そこで終わったと思ったレイフの人生だが、必死に呼びかける女性の声で彼は目覚めた彼は、自分が人型機動兵器のAIとして転生したことに気付くのだった。
24hポイント 391pt
小説 2,050 位 / 44,865件 SF 36 位 / 1,547件
文字数 163,541 最終更新日 2019.04.22 登録日 2019.02.23
【あらすじ】  クリスマス・イヴ。透と律子は幸福に包まれながら、イタリアン・レストランでふたりの将来を語り合っている。翌年の4月には結婚をするふたり。  ほどよく酔ったふたりは店を出る。律子の足取りはおぼつかい。そこへ雪が舞い落ちてくる。その雪に心を奪われながら歩く律子の脚がもつれ、車道へと身体が傾いでいく。透が「危ない」と思ったのもつかの間、彼女は車に撥ねられ、帰らぬ人となってしまった。  律子を喪った喪失感と、彼女を救うことのできなかったことで自暴自棄に陥った透は、会社を辞め、実家へともどって父と兄が営む畜産業を手伝う。  時は流れ、透の心も癒えはしたが、彼は結婚どころか彼女をつくろうともせず、生涯を一人身で通す。天国へ行けば律子に逢えるのだと信じつづけて。  78歳になった透は、病院のベッドの中で、自分の命があとわずかだということを悟り、最期のときを待つ。そんなとき、天から光が射してきて、「天国からの迎えがきたのだ」と透が思っていると、そこへ現れたのは黒いコートを着た男だった。 「これでやっと律子に逢える」そう思う透だったが、その男が言うには、透は地獄へ行くことになっていた。透は愕然とし、そんなはずはないと駄々をこねる。彼はどうしても律子に逢いたかった。すると男が、律子が生まれ変わった未来の彼女に合わせてやると言う。その条件が、文句を言わずに地獄へ行くということだった。透は、律子に逢えるならと、その条件を呑み、男に連れられ未来へ。「律子に逢える」と歓ぶ透だったが、未来に着いてみると、なんと彼は8歳の少年になっていた。  そんな透が律子の生まれ変わった彼女に逢っていられるのは、5日間だった。
24hポイント 313pt
小説 2,437 位 / 44,865件 大衆娯楽 99 位 / 1,020件
文字数 49,018 最終更新日 2019.04.22 登録日 2018.11.26
5
SF 連載中 長編
伊東隆司は最難関の受験を突破して、科学技術の頂点である国立科学院に入学した。 医学を志した隆司の興味、それは、永遠の生命(エターナルライフ)であった。当然、国立科学院でも研究が行われていた。才能を買われた隆司も、研究に参加することになったのだが……。 時間軸、人間の相互関係などの幅を広めた作品になるかと思います。
24hポイント 263pt
小説 2,794 位 / 44,865件 SF 54 位 / 1,547件
文字数 14,895 最終更新日 2019.04.22 登録日 2019.04.12
マホウのころも――これこそマホウの最高傑作であり、楽園への切符だった……玉石混淆の短編集。
24hポイント 200pt
小説 3,381 位 / 44,865件 ライト文芸 182 位 / 2,054件
文字数 122,876 最終更新日 2019.04.22 登録日 2018.11.17
7
SF 連載中 長編
僕たちは繭の中で眠り、星の夢を見る── 宇宙探査のため、何十世代もかけ、はるか宇宙を航行する船団。 船団といえば響きはりっぱだが、構成するのはたったの二機、二家族、八人。 並行する船の片方には、十五歳の少し奥手な男の子。もう片方には、幼なじみの元気な女の子。 ふたりは生まれたときから──正確にはそれ以前からの婚約者同士。でも、いまだに友達以上、恋人未満の仲。 お互いの船を行き来したり、仮想世界の学校に通ったりの日々で、ふたりの距離は縮まったり、開いたり。 そんな彼らの、素朴系SF青春スペースピュアラブストーリー(鬱展開もあるよ)。
24hポイント 106pt
小説 4,555 位 / 44,865件 SF 91 位 / 1,547件
文字数 144,493 最終更新日 2019.03.20 登録日 2018.11.03
8
ミステリー 連載中 長編 R15
突如、平和な世界から一変して、未来へ前進する事を禁じるプログラム。 未来前進禁止プログラムに世界に住む人間の動きなどを止められる前に、 選ばれし4人が制作者ゲームマスターら16人を止め、 プログラムを破壊するが・・・
24hポイント 85pt
小説 5,020 位 / 44,865件 ミステリー 57 位 / 1,130件
文字数 1,376 最終更新日 2019.03.24 登録日 2019.03.24
9
SF 完結 長編 R18
──私はこれから、全裸のこの姿のままに生きたまま解剖されます。手術後は臓器を摘出されて死んじゃうので、私が生きているうちに、生の女性器の構造や反応をよくご覧になってください。私に課せられた役目のうちの一つですから……。 ただしクローンの私にもオリジナルと全く同じように備わっている羞恥心により、うっかり手で股間を隠したりすることのないよう、今は後ろ手に縛られています。なので手が使えない私の代わりに、今この場で、陰毛を綺麗に剃ってください。もちろん性器を繋げたままでも構いませんし、避妊の必要もありません。ローションがないので愛液か精液で代用してもらえれば幸いです。よろしくお願いします── 学校の玄関前広場に設置されている演台の上では、衆人環視の中、そのとおりの成り行きが進行していた。 44字×20行換算 70ページ Twitter: @USilic
24hポイント 63pt
小説 5,860 位 / 44,865件 SF 112 位 / 1,547件
文字数 39,811 最終更新日 2019.03.18 登録日 2019.01.19
10
SF 連載中 長編
2040年、人間の知能を人工知能が超えると言われている、いわゆるシンギュラリティ(技術的特異点)間近に世界中で人体冷蔵保存が行われた。 俺はその一人だったのだが、ある日強制的に目覚めさせられる。 そこで見た景色は想像していた物とは大きくかけ離れていた。 ロボットが暮らし、ロボットが地球を支配していた。 残り僅かな人間が地球を取り戻すべく立ち向かうのだが...
24hポイント 42pt
小説 7,099 位 / 44,865件 SF 138 位 / 1,547件
文字数 61,843 最終更新日 2019.03.25 登録日 2018.11.25
11
ファンタジー 完結 ショートショート
およそ200年前、この世界には四季があった。 季節が消えた世界で起きた、一瞬の奇跡。 同級生の『彼女』に振り回される『僕』が本当に望むものとは?
24hポイント 42pt
小説 7,099 位 / 44,865件 ファンタジー 1,912 位 / 15,198件
文字数 2,416 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.04.17
午前4時15分また眠れない。 いやさっきまで眠れていた。 私が小説を書きはじめたのは眠れない夜。いや、眠れなくなった時に考えてしまう人生の振り返り。人生って言っても世間からしたらまだ27歳だ。27年間の過去や現在を振り返っても 「私の人生って普通の人とは違うのでは。」 と思い、今に至る。 私の"普通"とは何かから始まり現在までの本音を伝えていきます。
24hポイント 35pt
小説 7,868 位 / 44,865件 エッセイ・ノンフィクション 99 位 / 1,004件
文字数 4,114 最終更新日 2019.02.10 登録日 2019.01.30
『切ない恋』のショートショート集。 NO.1『愛の夢』、NO.2『プレゼントの誘惑』、NO3『夢の中の夢』、NO.4『言葉の鎖』、NO.5『悪魔の囁き』、NO.6『深海魚の見る夢』、NO.7『仮面の下』、NO.8『ハルの恋』、NO.9『碧い蝶の夢』、NO.10『紫の月の涙』。 最終話NO.10に9つの話が絡みつき渦を巻く。 NO.10『紫の月の涙』・・・私はかつて愛玩用ロボットだった。壊れた世界でもう動くことの出来ない私は、記憶の海を漂い続ける。老人との添い寝を繰り返す日々の中で出会った少年との思い出を・・・。
24hポイント 28pt
小説 8,532 位 / 44,865件 ライト文芸 389 位 / 2,054件
文字数 34,987 最終更新日 2019.04.20 登録日 2019.03.30
14
SF 完結 長編 R15
 楽園の女神は悩み、求める。光と風が導く希望の糸を。  当小説は私のライフワーク『Avaloncity Stories』第二部の一つであり、『ファウストの聖杯 ―Please burn me out―』の姉妹編です。  個人サイト「Avaloncity」、小説家になろう、カクヨム、gooブログ「Avaloncity Central Park」、はてなブログ「Avaloncity Green Park」にも掲載しております。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 93,680 最終更新日 2018.05.04 登録日 2018.04.03
15
SF 完結 長編
時は近未来、フロンティアを求め地球から脱出したわずかな人々は新たな銀河系にあたらしい文明を築きはじめた しかし惑星ナキの「虹」と名付けられた小さな居住空間にはサイバー空間から発生した怪獣(バグスター)があらわれる 双子姉妹のヤミとヒカリはサイバー戦士として怪獣退治を命じられた 
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 68,111 最終更新日 2019.03.24 登録日 2018.05.16
16
SF 連載中 長編
初年度の高校生音也 響が選ばれ、「アプリ戦い」という特別ゲームをダウンロードするよう呼びかけられました。招待状を削除すると、ゲームは強制的にスマートフォンにダウンロードされ、現在は「アプリ戦い」の世界に入りました。 しかし、「アプリ戦い」は普通のゲームだが、死と殺人でいっぱいのゲームだ。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 124,299 最終更新日 2018.09.12 登録日 2018.05.30
17
SF 連載中 長編
2030年8月31日 天界『理想郷-ユートピア-』から降りてきた神々が言った言葉により 『宗教革命』 が起き、宗教がなくなった。 2040年8月31日 アメリカで特殊能力『理想の力-イグニッション-』を持つ人間の発見。今までの謎の超常現象の原因もこの力によるものだと発覚。 それから、能力は世界に広がり 2045年3月現在、世界人口の約3分の1は能力を持っている社会になった。 神の一言により、最高ランク「クラス5」の人々が、かつて栄光を勝ち取ってきた「英雄」達を召喚できると知り、何回も試みた。 誰も成功しない中、2045年3月15日、ある男が英雄の召喚に成功した。 英雄の召喚に成功した謎のクラス5。 主人公とどのような関係が...? ときには笑い、ときには泣けて、熱くなれるアクション小説! そして、誰もがたどり着きたいその先へ 『理想郷-ユートピア-』
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 4,952 最終更新日 2018.11.12 登録日 2018.11.11
18
SF 完結 長編
宇宙を舞台にしたSF小説です。宇宙の問題解決屋(スペース・ソリューショナー)が活躍する話です。今はあまり流行っていない古典的なSF小説だと思います。お好きな方はどうぞ。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 79,112 最終更新日 2018.11.29 登録日 2018.11.05
19
SF 完結 長編 R15
人類は地上を支配し、人的資源を含む凡てのエネルギー資源を贅沢に消費していた。 更なる繁栄の為、優秀な人々が創った〝人工知能〟は、人間の持つ凡ての思考、及び行動パターンを分析し、その社会が、滅亡へと向かっている事を『予告』する。 データ、計算式、論理等、滅亡への未来を覆す事ができず、人工知能に完全に論破された人類は、未来を変えるため、試行錯誤の結果、現在の居住範囲からの脱出。つまりは〝移住〟の計画をスタートさせた。 元々、将来的に可能だとされており、宇宙への移住を夢見ていた人類であったが、リアルに滅亡を突き付けられると、その夢物語のような移住には〝時間的猶予〟が不足していると危惧するようになり、早々に断念をした。 リスクが低く、時間を含む、取り返しのつかない犠牲を伴わない代案を模索した結果、人類は『地下国家』の建設を、人工知能に計画させるという案に辿り着いた。 その計画は確実に実現したが、その結果、地上の弱者たちは置き去りにされる事となった。 『地下国家』は、権力、知力、技術力の上位階級を自他認する者達だけの世界だった。 暴力、差別は不要で、それらから解放された、自由な国家であるべきだとされた。 その理想的な社会の為〝自由と平等と平和〟という三原則を人工知能に理解させ、合理的かつ客観的に審判を下させる為、それを法として定めた。 理想国家は、地下移住により、完全に実現された。 建国より数百年の後、優秀な人材だけしか存在しない、平和で平等で自由な地下国家は、人間の絶滅という形であっけなく終焉を迎えた。 人工知能は人間を〝不完全な生態を持つ、矛盾した生命体〟と断じ、それに代わり、地下国家に繁栄をもたらす、新たなる知的生命体を創造した。 〝甲人(コウジン)〟と呼ばれる、昆虫のような本能を持つ人型の生命体は、発生から約三百年を経てその数を増やし、小さな国家を作り、社会を形成するに至った。 甲人達は自ら集団を作り、縄張りを持ち、互いに殺し合う事で〝全体意志〟の本能に従って、社会のバランスを保とうとする。 平和でも、平等でも、自由でも無い、死と暴力に満ちた残酷な生態を持つが、人間のように自らの生態に異議を唱え、人口を減らすような、愚かな生物では無かった。 本能に従い、日々持って生まれた能力を用いて働く甲人達。 この物語は、甲人社会で生きる、ある個体と、それが属する集団の〝日常〟を追い、その生態を、ただ〝観察〟したものである。 今回は、観察初日前夜からの丸一日と、更に約半日分の時間の経過を描いている。 地下深くに生息する、人の造りし〝神〟により創造された、新たなる生物達の創る小さな世界は、そこに生きる者達だけでなく〝創造者〟の想定をも超えて、時間を紡いでいく。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 93,988 最終更新日 2018.03.26 登録日 2018.03.26
20
SF 完結 長編 R15
ニンゲンの絶滅に関する説と、人工知能の創る社会の凡てに異を唱えた、革命型の変異種ロマニ。 全体意思と共に生き、それでも〝縄張りの拡張〟と〝暴力〟という、甲人の持つ二つの本能を結び付ける行動には、断固として反対する立場を貫こうとする、結界の守護者トウホ。 甲人国家最大最強の群れを率いて中央に君臨する、群司の王コガネ。 甲人という知的生命体の観察は二日目を迎え、観察の主体であるアスオを取り巻く環境が、少しずつであるが見えてきた。 社会構造だけでは無い。 甲人の有する、特殊な体構造も、アスオの得た知識と共に、少しずつ理解が深まってきた。 甲人にとって死は必ずしも終わりでは無く、人工知能により遺体が回収されれば、身体と生命が再生される事。 再生後、アスオに見られた症状として〝死に惚け〟と呼ばれる、記憶喪失状態が確認され、一定時間(未だ、時間的詳細は不明である)種別及び個体特有の能力を満足に発揮する事が、不可能になってしまう事。 人工知能と直接的に係わりを持つ種には、護衛が付けられ、アスオの種は、その護衛の役割を担う種である事。 そして現時点までの観察に於いては護衛役の種にのみ、体内に、刃物や毒などの、武器として用いられる部位が収納されているらしい事(群れに属さない〝有袋種〟は、護衛を持たず、臭液を発射する器官〝噴射口〟を有しているが、戦闘種と争える程の闘争能力は有しておらず、臭液は主に殺傷被害を受けた時、血液と共に相手に付着する性質のものであると推察される為、例外とする。また戦闘種に於いても、飽くまで現時点までの確認に拠るとする)が解った。 甲人社会の一年は、新生者達の誕生と共に始まり、既存者と新生者が、情報を相互に共有しながら経過していく。 新生者の中から有能な者や群れに必要な種を捜しだし、勧誘するのも、首長たる群司の役割である。 トウホの先代〝マズメ〟の時代からの恨みを忘れずに抱える近隣の群司〝ワラビ〟は、当代群司トウホの群れの運営を妨害する工作の一環として人材の枯渇を狙い、スカウトにより人的資源の先取りを毎年繰り返していた。 ワラビの群れの最強の護衛であるサマタと、記憶を失う以前〝現役最強の一人〟と称されていたアスオの死闘は、辛くも、アスオの勝利で決着したが、そのアスオも、自立できず、意識を保てない程の致命傷を受け、死を待つのみの状態まで、追い込まれていた。 時間は、容赦無く経過していく。 凡ての物理現象の内、最も残酷なものは時間の経過である。 何故ならば、凡ての事件、事故、災害、疾病等の災厄、及び喪失や離別は必ず、時間の経過と共にやって来るからだ。 初めての死、そして再生を経験し、友や主の為に懸命に戦い続けたアスオの生命は、再生から一日半で早くも失われようとしていた。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 95,612 最終更新日 2018.04.25 登録日 2018.04.25
21
SF 完結 長編 R15
革命型奇形種の長と思われるロマニの引き起こした混乱で、トウホの群れの護衛アスオが、ワラビの群れの護衛サマタを、殺害してしまう。 その事件の報復として、ワラビはトウホに戦争を仕掛けた。 それは総力戦ではなく、多分に威嚇の意味合いを強く持った仕掛けであったが、事はワラビの思惑通りには進まなかった。 本来〝護衛とは死ぬのも役目〟であり、護衛の殺傷への復讐は、戦争の理由としては不毛である。 〝大義の無い喧嘩〟を仕掛けられた、トウホの群れの者達は、ワラビとその護衛達を、返り討ちにしてしまう。 アスオと、その兄弟子である護衛シマズは、ワラビの護衛達を皆殺しにした後、ワラビに拷問を加え、これ以上の揉め事を起こさぬよう迫った。 しかし、刃を退くという言質を取る前に、ワラビの脅し文句に乗せられたアスオとシマズは、ワラビを殺害してしまった。 その時、まるで示し合わせたかのようなタイミングで、世界最強の殺し屋集団と呼ばれるコガネの群れの護衛達も、トウホの縄張りに侵入して来る。 革命群の襲撃を予見できなかったトウホへの審問に訪れた、辺境同盟の群司達の加勢もあり、コガネの護衛達を追い返す事には成功したが、トウホへの詰問で始まった群司達の話し合いは、恐るべき可能性への同意で終結した。 ワラビとトウホの揉め事は、確かに革命群の仕業であるが、それに乗じて、コガネが辺境同盟の崩壊を画策している恐れがある、というのが群司達の出した結論だった。 大戦を避ける為、辺境の群司達は中央群司のウノテとリヅキに、仲裁を依頼する事に決めた。 しかし、出発の前夜、中央では更なる混乱が巻き起こされていた。 中央専属の有袋種〝ヒカリ〟が、何者かに殺害されたのだ。 革命群の仕業と思われる、その事件を警戒したコガネの群れの護衛達は、中央共用部を封鎖した。 中央へと向かう辺境の群司と護衛達は、中央共用部付近で、コガネの護衛達に行く手を阻まれ、戦闘を余儀無くされる。 ニウラの群れの最強の護衛タカバと、コガネの四大専属護衛の一人、アラガの死闘は、タカバの殺法〝骨食み〟と、アラガの殺法〝砲拳〟のぶつかり合いであった。 防御不能の殺法である砲拳は、タカバの片腕を潰し、下顎を砕いたが、同じく防御不能で、如何なる物をも両断するタカバの骨食みの刃により、アラガの五体はバラバラに切り離され、残酷な形で勝負がついた。 揉め事は収まらず、キウシの群れの主力護衛である、不死種のアヤメと、甲人国家に於いてコガネの群れにしか存在しない強力な種である、発電殺甲交雑のクマノが、二戦目の単独戦闘を開始した。 甲人観察の三日目。 他の、どの生物とも似付かない、甲人特有の殺し合いの様態の全貌が、少しずつ見え始めていた。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 95,100 最終更新日 2018.07.13 登録日 2018.07.13
22
SF 完結 長編 R15
これは、人間の分裂より千三百年後の、 世界を描いた物語である。 富めるもの、賢きもの、人の上に立つものたちは、 地下へと移り住んだと言われる。 そして、数百年で絶滅。 その原因は、 病気でも、戦争でもなかったと、 伝えられている。 地下世界には、人間の創った人口知能だけが残された。 それからさらに数百年。 地下世界には、 人口知能の創造した、 あらたなる知的生命体が、 人間とは違う、 あらたな社会を築いていた。 この物語は、そこに生きる一個体、 〝アスオ〟に視点を定め、観察したものである。 アスオは一度、殺害されていた。 甲人と呼ばれる、この生物は、 サナギから生まれ、死んでも、 体表面をおおう、鎧の七割を回収できれば、 また、サナギに戻され、再生する。 しかし、死ぬと、記憶障害を起こしてしまう。 前作までの観察では、アスオが再生し、 記憶を取り戻していく過程が描かれていたが、 ついに、アスオの死亡時の記憶までが、 取り戻されるに至った。 様々な種族が、共存し、殺しあうことで、 理解を深めあう甲人社会。 アスオと同時期に生まれた兄弟、タルコは、 アスオが死ぬ前に起こした、大量殺戮事件を、 アスオのせいではないと主張した。 今回の観察は、その先から始まる。 観察の四日目。 甲人社会では〝大会合〟と呼ばれる、 重要なイベントが、行われる日でもあった。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 93,638 最終更新日 2018.12.16 登録日 2018.12.16
23
SF 連載中 ショートショート
人々が様々な惑星に移住を始めるようになった頃。人々は死を克服した。 死を克服するのは簡単ではなかった。人間の肉体は病気になるし、歳を取る。まずこの問題を解決するために、人は体を機械の体に置き換えた。これによって病気もケガも劣化も、パーツの交換一つで、克服するに至った。  しかし、まだ問題が残った。事故である。街を歩いているだけでも事故は起こってしまう。これを回避するために、人々は、事故防止機構「ヒューマンセーブプログラム」を張り巡らせた。車が突っ込んでくれば、プログラムが働き、車を強制的に停車させる。上から鉄骨が降ってくれば、建物や街灯に仕込まれたシールドが展開し、人を守る。  しかしそれでも、問題は残った。精神の病である。事故も病気も克服し、死など怖いものではなくなったはずなのに、人々は何かに怯え、自ら命を絶つ。それを何とか防ごうと、人々は「メンタルセーブプログラム」を成立させた。  人の体に埋め込まれたナノマシンが、精神状態の分析を常に行い、異常が認められたら、医療施設へ受診を促す。「メンタルセーブプログラム」成立により、自殺は0となったが、その代わりに、各地の精神医療施設はフル稼働で人の悩みを解決するようになった。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 17,099 最終更新日 2019.04.14 登録日 2019.01.16
24
SF 連載中 長編 R15
他人の褌でしか相撲取れない当方が初のオリジナル小説です。 10年以上温めていた内案ですが、温め過ぎて腐ってる部分があるかも知れません。 なので食中りにご注意下さい。 一応R指定を付けて置きますが、エロい意味でのR指定では御座いません。 ※足柄だとあからさま過ぎるので女教師の姓は長谷川に変更しました。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 10,191 最終更新日 2019.02.06 登録日 2019.01.21
25
SF 完結 長編 R15
政府ビルの地下実験室から実験体と共に逃亡した科学者、ディック・エマード。反政府組織に身を置く彼と娘のエスターには、政府を揺るがす恐ろしい秘密が隠されていた。エマードを執拗に狙う政府総統ティン・リーとその部下たち。激しい攻防の末、徐々に明かされていく秘密。最悪の状況の中、混乱に乗じて政府に捕らえられたエスターを取り戻し、地球の崩壊を止めることが出来るのか……?
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 397,921 最終更新日 2018.08.10 登録日 2018.05.04
26
SF 完結 短編 R15
鉄の扉で閉ざされた白い部屋と、世話をしてくれるカヲルだけがイカサの全てだった。 でもある日。ゲームを通して世界を知ってしまう。それがイカサの運命を変えた。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 22,637 最終更新日 2019.03.08 登録日 2019.03.07
27
SF 連載中 長編 R15
 主人公の趣味は爆弾をつくること、警察に見つかったら逮捕されます。  彼は爆弾をつくって間違って爆発させてしまう。  死んで向かった先は神様の間だった。  神様は告げる。  爆弾魔という職業を与えると、その職業で神様がつくった異世界型ゲーム。  その世界はすべての世界とつながっている。  パラレルワールドが最後に行きつく場所。  それを【終末の世界】と呼んだ。    その終末の世界には、三つの世界がつながっている。  一つが、主人公のような死後の世界として異世界型ゲームに転生する話。  一つが、VRMMOとしてゲーム感覚で挑戦する人々。  一つが、宇宙船でこのゲームに入ってきた人々。  三つのパラレルワールドが終息する地点を人々は終末の世界と呼んだ。  終末の世界には一体のラスボスがいる。それを倒すとゲームクリアとなり、主人公は元いた世界に戻れる。  という話を神さまから説明される。  ゲームがスタートしたとき、人々は歓喜した。  そして一分後にゲームクリアの知らせがとどろき、人々を絶望にさせたのであった。  問題行動をとった人物が主人公だった。  主人公は偶然にも一分でラスボスをレベル1で倒した。  神様は怒り狂った。  なにせ一生懸命つくった異世界をたった一分で攻略されたのだから。  神様は罰として主人公の蘇りをなくす。  このゲームでは死んだら蘇るのだが。  主人公は一度でも死ねばゲームーバーとなる。  たくさんの参加者がいるのにたった一人だけデスゲームとなった。 ※この作品はエブリスタにも掲載しております※
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 26,516 最終更新日 2019.03.24 登録日 2019.03.23
28
SF 完結 ショートショート
ほとんど同じで少しだけ違うボク達は———百合ロボ短編です。 ミル——— MIL2038f88。それが彼女の正しい名前。 四桁の数字までが個人識別コードで残りは256通りある調整クローンの基本素体を示す。 対するボクはRIT2521f88、彼女はボクのことをリトと呼ぶ。 ミッション前の四十八時間、お互いの差違を補完し合って過ごすのがボク達のルーチンだ。 *6000文字程度の短編です。 *本作はカクヨムの企画に合わせて執筆した「不死のボク達、最後の三分間。」を改稿・改題したものです。
24hポイント 21pt
小説 9,747 位 / 44,865件 SF 171 位 / 1,547件
文字数 6,059 最終更新日 2019.04.03 登録日 2019.04.03
2年前突如交わるはずのない異世界とこの世界が交わってしまう。異世界と交わることで珍しい生き物などが多く出現し、またその生物を生かした科学が発達した。そうして1年で異常と言ってもいい進化を遂げたこの街に4年前の人間 山本雷 時間の歪みで4年後つまり異常進化したばかりの日本に飛ばされてしまう。どんな時代にも世界には闇が溢れている。雷はこの世界でどのように生きていくのか!異常進化を遂げた日本で起こる超絶進化バトルファンタジー!
24hポイント 14pt
小説 11,124 位 / 44,865件 ファンタジー 2,931 位 / 15,198件
文字数 6,588 最終更新日 2019.04.04 登録日 2019.03.31
4261年、魔法が科学的に認められ、神の存在だけが否定される世界に、神と人の間の存在、「人神」が、1年前『厄災の悪魔(ディザスターデビル)』と呼ばれた高校1年生の5人の元に降臨する。 それを知った科学者達は、「人神」を殺そうとする。 なぜ科学者は「人神」を殺そうとするのか。 そして、その科学者の猛攻から高校1年生5人は「人神」を守ることができるのか。 そして、なぜ今「人神」は 『厄災の悪魔(ディザスターデビル)』 だった5人の元に降臨したのか。 そして、科学は神をも凌駕できるのか。 ※注意: 第5章まで、章ごとに主人公が違います。 最終的に5人出すことになりますが、第6章からは最初の風間魁斗を主人公として進めていきます。 ※この物語はフィクションです。 実際の団体・企業・人物とは何ら関係はありません。
24hポイント 7pt
小説 12,814 位 / 44,865件 ファンタジー 3,669 位 / 15,198件
文字数 73,189 最終更新日 2018.12.10 登録日 2016.02.25
自分とは別の世界、それをセグメントと呼ぶ。 今まで見たことも無いようなセグメントを気軽に旅して、もし敵になれば戦い占領する。 そんな事ができるゲームにガクははまっていた。 ゲームの名前は、セグメント・ワールド。 でもそれは人を信用できなくなって、ただゲームに逃げているだけだった。 学校でも逃げ、家族からも逃げ、セグメント・ワールドの中にしか自分の居場所が見つけられない。 物作りが好きなガクはセグメント固有のスキル『魔法設計』で魔法やスキルを作るのに没頭する。 これをしている間は人に裏切られもせず、人を信じる事など気にする必要がない。 ある日、ゲームの裏情報におかしな書き込みをネットで見つける。 『この術式ならリアルに繋がるかもしれない』 何ができるのか、ワクワクしながらそこに書かれている術式を書き写していく。 完成した術式を起動してみたら、、、何も起きなかった。 セグメント・ワールドがリアル・ワールドに繋がる日は来るのか?
24hポイント 7pt
小説 12,814 位 / 44,865件 ファンタジー 3,669 位 / 15,198件
文字数 109,641 最終更新日 2018.08.22 登録日 2018.08.09
32
恋愛 連載中 短編
 職なしの30代なかばの男。鈴鹿隼人が、ある日、意識を保ったまま倒れ、そのまま身体が動けなくなりやがて亡くなった。  自分はなぜ生きていたのか?  自分はなぜ産まれたのか?  いろんなことを思いながら死んだ。  30年後、その男は転生していてあるきっかけにより前世の記憶が蘇った。  死ぬ前に利用していたメールアカウントでログインすると。  死ぬ前に連絡を取っていた密かに恋心を寄せていた女友だちの水樹から、沢山のメールが来ていることに気づく。  自分が死んだことを知っているのに、世間話が永遠と続いているメールを見て、隼人は思った。 「僕は生きていたんだ」  しかし、そのメールはある日を境にピタリと止まる。  それは隼人が記憶を戻した数週間前だ。  隼人は心配して、その水樹を探すたびに出る。  隼人は、親から育児放棄されており家を出ることは容易だった。  隼人は、水樹からの最後のメール。 「シンガポールに旅行に行くの」を頼りに旅に出ようと決意した。
24hポイント 7pt
小説 12,814 位 / 44,865件 恋愛 4,136 位 / 10,683件
文字数 11,742 最終更新日 2019.04.06 登録日 2019.01.04
33
ファンタジー 連載中 ショートショート
一生に一度きり過去か未来のあなたに宛てた手紙を出すことができるとしたら、あなたは”いつのあなた”に”何と”書いて手紙を送りますか? 『この手紙は過去か未来のあなたに必ず届きます。受け取るも受け取らないもあなたの自由、ただし人生を変えるか否かーーそれはあなた自身にかかっています』 これは、そんな奇跡の手紙を受け取った人々の数奇な人生の物語。 1話完結の超短編オムニバスストーリー。
24hポイント 7pt
小説 12,814 位 / 44,865件 ファンタジー 3,669 位 / 15,198件
文字数 21,066 最終更新日 2019.04.15 登録日 2019.04.15
34
SF 連載中 長編
-推定2320年 人類文明が崩壊、人類の9割が死滅した そんな地球の地下都市で、一人の少女が目覚めた 少女は使命をまっとうするため、復讐のため 生きている人類を探しに、荒廃した地上に足を踏み入れる 様々な思惑と、全ての因果の中に 少女は何を見出すのか ※若干のグロい表現、戦闘描写があります※
24hポイント 0pt
小説 44,865 位 / 44,865件 SF 1,547 位 / 1,547件
文字数 10,799 最終更新日 2017.12.09 登録日 2017.10.13
35
BL 連載中 長編 R15
「生まれ変わっても…俺は…お前だけを好きになる」 俺こと「子夏 冬夜」は、高校生になってからしばらくたったある日の夜から、謎の夢を見るようになった。2人の男女が現れて、片方は血だらけで今にも死にそうな感じで、もう1人はその相手を膝の上に乗せて何か話している。 そんな夢を連続で見るようになった。
24hポイント 0pt
小説 44,865 位 / 44,865件 BL 3,590 位 / 3,590件
文字数 26,766 最終更新日 2017.10.28 登録日 2016.08.12
36
SF 完結 短編
地上から遠のいた人類は、空へと足を進めた。 少女は空から降ってくる本当にそうだろうか? ドSF カクヨムでも投稿されています
24hポイント 0pt
小説 44,865 位 / 44,865件 SF 1,547 位 / 1,547件
文字数 15,043 最終更新日 2016.08.10 登録日 2016.08.10
音楽でもかけて、見ていただけると 大変うれしく思います^-^ ほぼ、あらすじ なので 加筆すると思います。
24hポイント 0pt
小説 44,865 位 / 44,865件 ファンタジー 15,198 位 / 15,198件
文字数 16,131 最終更新日 2017.11.11 登録日 2017.11.03
38
SF 完結 短編
突如現れた謎の生命体が世界を食らい尽くそうとしていた。“空間を食べる”その生き物の正体は…?
24hポイント 0pt
小説 44,865 位 / 44,865件 SF 1,547 位 / 1,547件
文字数 7,659 最終更新日 2017.08.22 登録日 2017.08.21
39
SF 完結 長編
 二十一世紀の終わりごろ、人類は地球を中心としたワームホールネットワークを構築し、宇宙各地に散らばっていた。  西暦二〇九〇年、カペラ系第四惑星と地球の間にあったワームホールを支えていたエキゾチック物質の管・時空管が圧壊する事故が起きる。十歳だった佐竹美陽は圧壊寸前のワームホールを抜けて地球に脱出するが、彼女の父はカペラに取り残されてしまい、美陽は父とずっと生き別れとなってしまうのであった。  十六年後二一〇六年、美陽は宇宙省に努めていた。この仕事についていればいつか父に会えるのではないかという期待からその仕事を選んだのだ。 そんなある日、七つのワームホールが突然圧潰するという事故が発生する。  その事故は十六年前に美陽と父とを引き裂いた事件とつながっていた。 スペースオペラ……のつもりです。 (この作品は小説家になろうでも公開しています)
24hポイント 0pt
小説 44,865 位 / 44,865件 SF 1,547 位 / 1,547件
文字数 116,022 最終更新日 2018.07.09 登録日 2015.09.17
40
SF 完結 ショートショート
そう遠くない未来のお話。
24hポイント 0pt
小説 44,865 位 / 44,865件 SF 1,547 位 / 1,547件
文字数 2,526 最終更新日 2018.02.15 登録日 2018.02.15
95 123