十字軍小説一覧

タグ 十字軍×
3
13世紀前半の南フランスで台頭したカタリ派。その中で聖乙女とよばれた女性がいた。アルビジョア十字軍の暴虐に嫌気がさした傭兵は、この聖女を王都まで運ぶ馬車の護衛が命じられた。異端審問にかけ、カタリ派の権威を失墜させるためであった。 ※アルファポリス様の確認を経まして、改題いたします。
24hポイント 21pt
小説 15,078 位 / 82,830件 歴史・時代 156 位 / 1,076件
文字数 33,187 最終更新日 2020.06.16 登録日 2020.05.31
 舞台は、怪物が出没し、奇跡が起こる、異暦12世紀の聖地エルサレムを中心とした十字軍国家群。テンプル騎士団に所属する主人公レードは、かつて呪いにより心臓をその身から失ってしまっています。この物語ではレードが、彼に仕える盾持ちコーディスと共にテンプル騎士団の一員として、数々の怪事件を解決したり、聖地を防衛する戦いに参加したりしてました。 1話約1000字 カクヨム、小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 82,830 位 / 82,830件 歴史・時代 1,076 位 / 1,076件
文字数 82,663 最終更新日 2019.10.12 登録日 2019.05.17
3
歴史・時代 完結 ショートショート
クリスマスの御話・・ 舞台は中世のある地方都市 時を知らせる修道院の鐘が鳴る鐘の音が響き渡る 街から少しばかり離れた山の街道 街へと向かう街道をほんの少し離れて 上に上がると街を見下ろす その場所は 野原や花畑があって 大きな樹が一本 眺めの良い素敵な場所がある 恋人達や子供達の憩いの場所 優しい風が吹いて来る 遊びに来た恋人達や遊びに来た子供達を 祝福するように・・ また春ともなれば小鳥が歌い樹の花が咲く 貴方の為に花を降り咲かす・・。 花ビラはヒラヒラ・・ 踊るように舞い落ちる・・ そして 冬の日に 彼女は樹の下に立ちつくし ジッと誰かを待ってるようだった。
24hポイント 0pt
小説 82,830 位 / 82,830件 歴史・時代 1,076 位 / 1,076件
文字数 2,013 最終更新日 2018.12.26 登録日 2018.12.26
3