魔眼小説一覧

タグ 魔眼×
11
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
前世で家族に恵まれなかった山田幸作。 不憫に思った異世界の神が自らの世界に招いてくれる。 そこは剣と魔法と『魔眼』の世界。 与えられたのは特別な魔眼。 求めたのは彼を大事に思ってくれる家族。 異世界でアレクシスとして生を受けた彼は、白紙の魔眼という眼をもって生まれる。 それはなんの力も持たない魔眼だと言われていた。 家族はそれでも彼を劣っているとは思わない。 彼も神を信じ、いつか覚醒する日が来ると信じ眼に魔力を流し続けていく。 数年後、ついに特別な力に目覚めていく。 全ての魔眼を使う白紙の魔眼! ──世界に一人だけの魔眼で最強の道を行く!
24hポイント 418pt
小説 1,950 位 / 66,318件 ファンタジー 501 位 / 20,337件
文字数 139,953 最終更新日 2019.12.09 登録日 2019.11.08
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
 前世で、転職を繰り返したジョブホッパーのおじさんが異世界に転生したらどうなるか?  そんなおじさんの転生物語です。  趣味に生きる38歳のおじさんは仕事が数年しか続かずに転職を繰り返す【ジョブホッパー】だったが、常に何かしらの仕事にはついており、頑張って働いていたのだが……。  おじさんは気が付いた時には異世界にレイとして何故か転生していた。  その転生した異世界は神様が人類を幸せに出来る様に管理された世界であり、多種多様なスキルがあった。   前世で働き過ぎだったレイは、せっかくスキルのある異世界に転生出来たのだから、今世ではスキルを駆使して好きな様に生きたいと思っていた。  レイは転生した事を隠しながらも好きに生きるつもりだったのだが、レイには【ジョブホッパー】【鑑定の魔眼】【素材の極み】というレアなスキルを3つも取得していた為に、どんどん目立っていき、次第に大きな騒動に巻き込まれていく。 レイの周りにはチート級な人達がいっぱい居るが、前世の知識やレアスキルを駆使して【魔導】を極めていく事で、転生理由などを解き明かしていく物語です。 ※主人公のいきなり無敵とかは無く、徐々に成長していく話になります。
24hポイント 163pt
小説 4,048 位 / 66,318件 ファンタジー 1,074 位 / 20,337件
文字数 610,243 最終更新日 2019.07.13 登録日 2018.06.19
12歳の時、交通事故で家族全員と右眼を失った高校2年生橘蓮(たちばな れん)。 親戚に引き取られた後、平凡な生活を送っていたが、ある日通り魔に刺され命を落としてしまう。 しかし目が覚めるとそこはモンスターあふれる異世界で彼は半分竜人半分人間の半竜人の赤子として生を受けていた。 異世界の両親と一緒に辺境の村で暮らしていた彼だが、この世界を知るため村を出る決意をする。 これはそんな彼と彼の仲間達が織り成す 物語。
24hポイント 149pt
小説 4,202 位 / 66,318件 ファンタジー 1,120 位 / 20,337件
文字数 65,383 最終更新日 2020.02.03 登録日 2019.05.09
 辺境の村で平和に過ごしていた村娘、セリア・アレースは、15歳の誕生日に全種族から恐れられる『魔眼』の後継者となってしまった。  本人の意志と関係なく人の敵となってしまったセリアは、忠誠心の高い従者二人と共に世界に立ち向か………わずに迷宮でダラダラと引きこもり生活を満喫する。  それを邪魔するように迷宮へと侵入してくる冒険者や王国の騎士団連中。ついでになぜか魔王もやって来て、今日も迷宮内は大忙し。 「私の平穏ライフはどこじゃい!」  文句を言いながら働くセリアに、希望に満ちた未来はあるのか……!
24hポイント 49pt
小説 7,606 位 / 66,318件 ファンタジー 1,850 位 / 20,337件
文字数 156,285 最終更新日 2019.06.22 登録日 2019.06.01
5
キャラ文芸 連載中 長編 R15
触れることで人の記憶を見る探偵西馬が、自称探偵助手の少女アカリの持ち込む面倒な依頼に挑む! やがて事件はどんどんと厄介なことに…。 ※記憶探偵シリーズは今後こちらで連載する予定です。 章設定の仕方が今までよくわからなかったので、読んでくださる方にはご負担をおかけしたかと思います。申し訳ございません。(-_-;) 今後ともよろしくお願いします。m(__)m
24hポイント 21pt
小説 11,826 位 / 66,318件 キャラ文芸 230 位 / 1,918件
文字数 388,528 最終更新日 2020.02.16 登録日 2017.08.29
遥か昔に発見された「魔術」は時を経て、人々の生活の中で発展していった。新たな術式や方式、効率が見直されながら、人々の生活のみならずその体自身にも変化を与えていた。 そしてついに「新生代」と呼ばれる魔術に特化した人間が現れる。ほとんどの現17歳以下の少年少女たちに個性的かつ特異な「固有性質」と呼ばれる魔術体質が発言する中、四宮ハルトは同世代でも珍しい無固有者であった。それどころか一般的な魔導士にも劣る能力に周囲の人間から向けられる目は嘲笑や同情ばかりであった。 自身も劣等感にさいなまれながら日常を過ごしていたある日、事件は起きる。魔術とは根本から違う異能の力「古術」と、同様に最古から存在する「奇蹟」の力を持つ集団と衝突するハルト。そしてようやく明らかになる自分の能力の低さの理由。 三つの異能が衝突するとき、果たして何が起こるのか。
24hポイント 21pt
小説 11,826 位 / 66,318件 ファンタジー 2,705 位 / 20,337件
文字数 197,548 最終更新日 2020.02.27 登録日 2019.11.10
 王国で暮らす二十歳を迎えた金髪の青年ローランド・ラ・イクシオンは王子の中でも王位継承権第十位という底辺。幼少期の頃は"神童"と呼ばれたほど身体能力や聡明さを持ち、王国を想う真面目な性格ということもあって次期国王を支える存在として周囲に持て囃された。しかし幼きある日、ローランドは森の中に迷い込むと精霊神と名乗る少女に出逢い『真実の眼』を手に入れる。翌日、倒れていたところを騎士団に保護されたローランド。数日間高熱にうなされるが、その瞳を手に入れた事により環境が一変。あらゆる真偽を暴くことが出来るせいで今まで持て囃してきた人間の中には、自分を利用して甘い汁を啜ろうとする醜い感情が潜んでいる事をローランドはこの時初めて知った。そして彼の性格が決定的な変化を迎えたのは大切な母の死。  ―――それから彼は真面目さを捨て去り、王子という権力と瞳の力を使って自らの欲望を満たす事を決意する。  こうして王子という立場もあり自分勝手で傲慢な性格となったローランド。 「端から王位継承権には興味ないが、しばらくは我が父上(クソ親父)に恩を売っておくのも悪くはないなぁ?」  そうして彼は国王に許可を取ると、王国にとって不穏分子や敵対組織を秘密裏に排除するという名目で『黒影の騎士団』を立ち上げる。  これはオレ様で傲慢なクソ王子が瞳の力を駆使し、彼の魅力に惹かれた美女達に囲まれながらいずれ世界に名を轟かせる物語。 ※隔日更新です。 ※主人公は強いです。
24hポイント 7pt
小説 16,486 位 / 66,318件 ファンタジー 4,160 位 / 20,337件
文字数 110,370 最終更新日 2019.12.01 登録日 2019.10.28
ウォルター王国魔法剣士育成学園。それはここ、ウォルター王国の中でも有数の魔法剣士育成のための学び舎であり、毎年数千人もの新入生が入学する超大規模な学園である。  そんな学園生活二日目、最弱、底辺、非力、そんな言葉がお似合いの主人公、エルド・フューリーは、入学早々に行われた試験で、学年最強と噂されるヒース・スネイクに、コテンパンに打ち負かされた。  「ーー僕は、この学園最弱なのか?」  そうして始まるエルドの特訓。新たな出会い。 戦闘能力皆無の少年はその目に宿された魔眼を持ってどん底の学園生活から成り上がる。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー おおよそ三日に一回更新します。
24hポイント 7pt
小説 16,486 位 / 66,318件 ファンタジー 4,160 位 / 20,337件
文字数 24,873 最終更新日 2020.02.04 登録日 2020.02.03
12歳の時に行う魔眼選定の儀式。同世代から「勇気の魔眼」「聖女の魔眼」「守護の魔眼」「賢者の魔眼」などとても強力な「魔眼」が選定されていた。 だが単なる村人の「ゼロ」は魔眼を得られず、無能の烙印を押された為、家族に捨てられ森をさ迷っていた。 そして、魔物に見つかり死を感じた瞬間。「ゼロ」は真なる「魔眼」に目覚めるのであった!! これは、偶然チートを手に入れた村人の最強でチートな冒険記。
24hポイント 0pt
小説 66,318 位 / 66,318件 ファンタジー 20,337 位 / 20,337件
文字数 13,526 最終更新日 2017.12.21 登録日 2017.11.20
みんな当たり前に“生きて”いるけれど、“生きる”ことほど難しいことって無いと思うんだよね。 私は私。僕は僕。俺は俺。自分は自分、それ以外何者でもない。 ウイルスが拡がり、近日津波で終わる村、最期まで逃げ場のないこの状況で前世の記憶は蘇る。 過去の記憶に支配され、自分というもっとも未知の人物を見失いつつある五人。 平均的な才能しか持ち合わせていない少女、佐藤間期。 『呪い』によって本当の自分を隠している除霊師の少年、柱本霊。 明るく活発だが素直に成れない少女(?)、冬音朝日。 天才と呼ばれながらもゲームに没頭し運命に恵まれない少年、佐々木誠。 創造人間としてもうひとつの地球で造まれ運命に抗う少年、マサムネ。 震災から逃れ逃げた先は、百年後のもうひとつの地球。魔法は存在するものの、使用には資格か運命か才能が必要で、もしそれがなければ使うごとに代償として色々なものを失っていく。夢のような異世界とは違い、常にギリギリの状態でもうひとつの宇宙に漂うこのもうひとつの地球で、鬼属は目を覚ます。 四人が地球に戻るためには、ひとり5つ以上のパワーストーンかひとつ以上の鬼ストーンが必要と、マサムネは言う。 運命を信じてパワーストーンを集め、地球をもとに戻すため、五人の自分探しの旅が始まる。
24hポイント 0pt
小説 66,318 位 / 66,318件 ライト文芸 2,485 位 / 2,485件
文字数 31,238 最終更新日 2019.09.20 登録日 2019.06.12
喧嘩が強いこと以外は特に特徴もない平凡な高校二年生の少年 酒井 空太の眼には魔眼という異能が突然目覚めてしまう。 魔眼によって空太は他の魔眼所有者に徐々に命を狙われるようになっていく。 魔剣や魔法ではなく「魔眼」 不思議な目を利用して戦う魔眼系バトルファンタジー。
24hポイント 0pt
小説 66,318 位 / 66,318件 ファンタジー 20,337 位 / 20,337件
文字数 2,729 最終更新日 2019.07.26 登録日 2019.07.26
11