鎌倉時代小説一覧

タグ 鎌倉時代×
7
 東西、東西ぃー!さぁさ、お立合い。  頃は承久、鎌倉時代。長きにわたる戦乱も初の武家政権鎌倉幕府の樹立でようよう安泰と思えしも、源氏将軍僅か三代にて断絶。まこと諸行は無常でございます。あとを執った北條は平氏。嗚呼、巡る因果は糸車。権力を手中に収めた北條は一族独裁、傲岸不遜!かしこきあたりをも悩ませる。世は末法。神も仏もないものか。その絶望の最中、暗雲の切れ間から光が差し込み舞い降り現れた可憐な一輪の花!  誰有ろう!このひとこそ、清和源氏主流鎌倉幕府創設者にて初代将軍正二位権大納言右近衛大将源頼朝が忘れ形見、源朝子(みなもとともこ)!源将軍亡き後、ますます増長する北條一族。その専横に苦しむ庶民の難儀救いたいと、女だてらに将軍家を継ぎ巨悪に対峙!  源朝子は、狂刃に倒れた兄実朝の無念を晴らすべく「四代将軍」を名乗り、敢然と立ち上がる。  動けば疾風、発すれば雷鳴!英姿颯爽、天真爛漫、清廉潔白!四代将軍に満都は熱狂!!  中世は、価値観と価値観がシノギを削り、新たなものが既存を次々と粉砕していった時代である。政治・経済・信仰・芸術・文化、その担い手は勃興した武家ばかりではない。圧倒的な情熱を持った庶民の出現であった。  その新興勢力庶民から絶大な支持を集めた源朝子!この前代未聞、空前絶後の「人気」には、幕府の魔手・公家の嫉妬・山門の妨害・源平という前時代の亡霊が、束になっても敵わない。愛嬌だけで、どこまで続く快進撃!  源朝子は、新たなる時代の偶像である。その見据える先は、古き時代の象徴尼将軍北條政子。史上最大の継母娘喧嘩!女と女の一大決戦!火花を散らすその行く末は、あろうことかあるまいことか、武家が帝へ牙を剥く有史以来の驚天動地!  世に云う「承久の乱」である。
24hポイント 42pt
小説 9,536 位 / 68,520件 歴史・時代 82 位 / 784件
文字数 143,069 最終更新日 2019.04.14 登録日 2019.04.01
鎌倉幕府設立者、源頼朝に「師父」と呼ばれた「千葉常胤」 時は1180年 平清盛により伊豆に流されていた源頼朝。 34歳で挙兵するも、石橋山(神奈川県小田原市)での戦いで平氏に敗れ、命からがら安房国に逃れたことから、歴史は動き出した。 鎌倉幕府設立に尽力をした千葉常胤氏が挙兵を決めた時のことにスポットライトを当てた話 登場人物 源頼朝 千葉常胤 千葉胤正 千葉胤頼 千葉成胤 藤九郎盛長 2017年 千葉文学賞応募の際、文字数制限のため、短く書き上げたものを、自分が納得するカタチに、連載にすることにしました。
24hポイント 21pt
小説 13,588 位 / 68,520件 歴史・時代 120 位 / 784件
文字数 20,507 最終更新日 2018.05.25 登録日 2018.04.25
 貴一は大学でデモ活動にハマった大学生。しかし、知識が浅くネットでいつも論破されていた。愚痴を言う貴一に、部屋に貼ってあるチェ・ゲバラのポスターが語り掛けてきた。「お前、革命ナメてんだろ。ネットのない世界に飛ばしてやるから、そこで革命や民衆のことを考えろ」と。    飛ばされた先は平安時代末期、源平動乱の時代が幕を開けようとする中、最強剣術&兵法家に転生した貴一。民のための政治を掲げて生きていくが、じょじょに現実に飲み込まれていく……。 ※小説家になろうでも連載しています
24hポイント 7pt
小説 18,836 位 / 68,520件 ファンタジー 4,557 位 / 20,711件
文字数 272,936 最終更新日 2020.03.12 登録日 2020.02.07
4
恋愛 連載中 長編 R18
歴史を変えることは罪なことですか? 大切な人を守りたいって思うのは罪ですか? 源氏の軍に唯一女剣士がいた。 彼女の名前は水城明里。 はるか遠い未来からきた少女。 彼女は時に強く時に弱く。 そんな彼女に惹かれていく弁慶。 源頼朝の腹心の景時は彼女を自分の手中におさめようとしていた。 けれど行動に移せば移すほど少女と弁慶の仲を縮めることになっていく。 2人はお互いに惹かれ恋仲へと発展していく。 陰陽師一族の水城愁一郎。 彼は弁慶の友だった。 弁慶を死なせたくはなかった。 けれど、歴史を変えられない愁一郎は何もできない自分がもどかしくて嫌だった。 明里は弁慶を助けるために行動をうつす。 武蔵坊弁慶と未来からきた少女との恋物語。
24hポイント 7pt
小説 18,836 位 / 68,520件 恋愛 7,046 位 / 17,644件
文字数 45,473 最終更新日 2020.03.05 登録日 2020.01.25
5
歴史・時代 完結 ショートショート
生来、身体がさほど丈夫でない実朝はその日熱を出しており、目覚めたときに傍にいたのは苦楽を共にした筒井筒の妻だった――。 鎌倉幕府・三代将軍である源実朝とその妻・信子。 冬のある日の、夫婦のやり取り。 Twitterの「#歴創版日本史ワンドロワンライ」というタグで「将軍」をテーマに書かせていただいた掌編になります。
24hポイント 0pt
小説 68,520 位 / 68,520件 歴史・時代 784 位 / 784件
文字数 2,162 最終更新日 2020.03.15 登録日 2020.03.15
この書は、天の高低によらず、地の遠近によらず、人の貴賤によらず、古今に広く伝わる話とは異なる話を集め、記したものである。 「古今異聞集」:古代から近代までの奇怪な話を集めたもの。作者不明。明治・大正期に、古典的な説話文学を元にして書かれたものとみられる。
24hポイント 0pt
小説 68,520 位 / 68,520件 歴史・時代 784 位 / 784件
文字数 3,767 最終更新日 2018.09.12 登録日 2018.09.12
 元弘三(1333)年五月、鎌倉幕府は滅亡した。そんな折り、鎌倉を目指して南下していた山伏の照隠は、首桶を抱えて鎌倉から北上してきた由茄という奇妙な娘と出会う。首桶のなかにあるのは、いったい誰の首なのか。疑問に思う照隠に対して由茄は告げる。首桶に収められているのは、鎌倉幕府の最重要人物だった北条高時の首だと。  2018年改稿。  小説投稿サイト『小説家になろう』にて同時掲載中。
24hポイント 0pt
小説 68,520 位 / 68,520件 歴史・時代 784 位 / 784件
文字数 23,551 最終更新日 2018.04.30 登録日 2018.04.22
7