田舎小説(外部サイト)一覧

タグ 田舎×
5
ぼくの「ふるさと」に転生した話。
24hポイント 0pt
小説 18,885 位 / 18,885件 ファンタジー 7,190 位 / 7,190件
 昭和41年春、横乃瀬村にある八想神社の神楽殿裏にて、刹那という子供が森に入ったまま戻ってこなくなった。  翌日になり警察が駆けつけるも、宮司の逡巡に結界が張ってあり入れないと言われる。  警察官の一人、霧崎は中に入ろうとするも叶わず、子供が何故入れたのかと疑問に感じながら警察署に戻る。  暫くして神社に宮司の娘、樹沙羅が戻ってくる。  樹沙羅は15年前に中断した神楽祭りが再開されると聞いて戻ってきたのだ。  樹沙羅は友人のセンティと共に神楽殿に向かい、調査をしている逡巡に再開の意図を問い詰める。  逡巡は収穫量が減っており、大地を鼓舞する神楽祭り開催の機運が高まったためと答える。  樹沙羅は納得出来ずに引き、社務所に向かうと着替え、舞を踊る妹がいる事務所に向かった。  一方、警察署に戻った霧崎は15年前に神楽殿で起きた出来事について、上司の千葉から聞く。  15年前に宮司の妻が舞の途中で亡くなったと言うもので、霧崎は森と関連性があるのではないかと考えて資料室に向かい、調べる。  グーゴルという人物が、15年前に起きた事件の証言者の中にいた。彼は15年前にも関わらず電話を引いていた。  霧崎は電話番号を記録し戻と、早速グーゴルの家に電話をかけて話を聞き出そうとする。
24hポイント 0pt
小説 18,885 位 / 18,885件 ファンタジー 7,190 位 / 7,190件
3
青春 連載中 長編 R15
 都会の街で平川は男と共にホテルから出た。  帰りに教師の井崎に捕まり、連れて行かれた。  真琴は港のある田舎町の学校に通っていた。  バスが来る直前で知りあいの大葉が来て、送って貰った。その際、転入生が来るかもしれないと言われる。  学校に来ると音楽室の鍵を借りようとするも、先に貸し出されていた。  音楽室に向かうと、見知らぬ女子生徒が歌っていた。  女子生徒は真琴が花を交換するのを見ると立ち去っていった。  真琴は忘れた楽譜を取り出して合唱の練習をし、時間になると鍵を帰して教室に戻った。  ホームルームで担任の井崎はクラスメイトに転入生の平川を紹介する。  放課後に行われた夏祭りでの合唱の練習に参加するも、クラスメイトで井崎の妹である照美は歌唱力に疑問があるとして否定する。  井崎は平川に歌うように指示して歌わせると、圧倒的な歌唱力に驚かされる。  照美は平川の能に嫉妬を覚え、真琴は朝に音楽室にいた女子生徒が平川だと知る。
24hポイント 0pt
小説 18,885 位 / 18,885件 青春 1,068 位 / 1,068件
いとこの少女から突然の連絡をうけ、大学生、青峰佐鳥(あおみねさとり)は亡き父の故郷である化粧町を、六年ぶりに訪れる。待っていたのは、美しく成長した少女と、古くから伝わる奇妙な儀式、そして人を惑わす妖魅そのもののような、狐面の少女。儀式に潜む七つの不思議と、それにまつわる古い縁起。しだいに不気味で奇妙な色彩を帯びてゆく化粧町に、佐鳥は挑んでゆく。
24hポイント 0pt
小説 18,885 位 / 18,885件 ミステリー 515 位 / 515件
大学入学を機に、田舎を離れ一人都会へと越してきた神前真。 引っ越しの作業を終えた夕刻、辺りを散策していて辿り着いた路地裏。そこに一つ、変わった空気を纏う小さな店があった。 《桐島記憶堂》 訝しみながらも、アルバイト募集中の札を見つけるや、足は自然と店内へ。 店主・桐島藍子に話を聞くと、ここは店の名前通り、お客様の”記憶”を取り扱っていると言う。 尋常ならざる観察眼に記憶力、しかし明るく優しい藍子に惹かれ、真はそこでアルバイトをすることになるのだが―― たまに真面目でたまにふざけて、たまに泣いて――たまに、本気で恋をしてみたり。 盛りだくさんな内容でお届けする、ちょっと変わった日常ドラマ。 是非是非ご一読くださいな。
24hポイント 0pt
小説 18,885 位 / 18,885件 ライト文芸 240 位 / 240件
5