奴隷家族小説一覧

タグ 奴隷家族×
1
 冒険者を始めて35年。  アリドバ 通称アド 45歳 独身。  30歳の時、迷宮で金の宝箱を発見。  すぐに開けて中身を確かめたい気持ちを抑え、引退後の楽しみにしようと、マジックバッグに入れていた。  45歳、冒険者の活動するにも限界がきた?  引退を決意。借りている宿の一室で、マジックバッグから金の宝箱を取り出す。  罠がないことは確認済みだ。  あとは宝箱を開けて中身を確認して売りに出せばいい。  そんな軽い気持ちで宝箱を開けた瞬間ーーー  宝箱から出てくる煙を浴びて意識を失った。  目を覚ませば、空の宝箱が視界に入った。  何も、入っていなかった。 「ハハ…」と、乾いた笑いが口から溢れる。  金の宝箱だ。期待しないわけがなかった。  すぐに気持ちを切り替えることができず、ベッドに倒れこみ、眠りについた。  目が覚めて、体に違和感を覚える。  腰の痛み、膝の痛みが無くなっている。  動きが軽くなった体を起こし、空の宝箱をマジックバッグに入れる。  昨日は重たいと感じていた宝箱を軽々と持ち上げている自分に、何かがおかしいと思いながらも、何がおかしいのかがわからない。  いつものように、顔を洗うため部屋を出る。  外の井戸で水を組み上げて、桶に入った水面に映る自分を見て驚愕した。 「誰だ、お前」  どうやら俺は、若返ったらしい。
24hポイント 35pt
小説 9,941 位 / 59,008件 ファンタジー 2,483 位 / 19,076件
文字数 106,322 最終更新日 2018.06.14 登録日 2018.04.27
1