小説 一覧

タグ ホラー・ミステリー小説大賞 ×
23
《本作はいじめを取り扱った作品となり、一部生々しい表現がございます。苦手な方はお控え下さい》  【作品概要】  ――みんな戦った。  子ども達は自分の居場所を見つけるために。  大人達は自分の子どもを守るために。  みんな戦った。  残ったのは虚しさだけだった――。  小さな町の小さな学校で起きたいじめ問題。  父親は自分の息子を守るために抗議した。学校は学校としての立場を守るために否定した。教師は自分を守るために拒否した。みんな大切な何かを守るために戦った。  誰が悪くて誰が被害者なのか。そして加害者は誰なのか。  何が正しくてなにが間違っているのか。  町そのものを巻き込み、討論会という形で浮き彫りにされるいじめ問題。張り巡らされた策略と謀略が交錯する中で見えた現代の病とは――。  これは、息子のためにいじめ問題と戦った父親の記録である。
24hポイント 455pt
小説 1,219 位 / 29,618件 ミステリー 3 位 / 830件
文字数 584,875 最終更新日 2018.06.18 登録日 2016.12.01
 もし、復讐を合法的に行えるのであれば、どうしますか?  罪に問われず、合法的であれば、迷いなく憎い人を殺しますか?  今の日本よりかけ離れた大日本帝国において、とある法案が施行されようとしています。  それは、特定の条件を満たした人に、合法的な復讐を認めるという狂った法案。大日本帝国政府は、ある学校のあるクラスを、法案のモデルケースとして選んだのです。あまりにも残酷で、あまりにも非情な決定でした。  そもそも世の中が狂っていて、それに抗える者など誰もいない。大々的に全国放送される思春期の男女の欺き合い。  これは救いのない物語。ごくごく普通の、どこにでもあるようなクラスを襲った非日常。  ――目をそらすな。例えそれが真実であっても。  生死をかけた糾弾ホームルームが始まる。 【#1 毒殺における最低限の憶測】《完結》 【#2 ぼくとわたしと禁断の数字】《連載予定》  辛うじて最初の【糾弾ホームルーム】からの生還を果たした2年4組は、それからしばらく平穏な学校生活を過ごすことになる。しかし、アベンジャーを選定しているにも関わらず、全く動きのない状況に、しびれを切らした大日本帝国政府の責任者が【糾弾ホームルーム】にて【レクリエーション】を行うことを決定した。  それは単純でありながら、一撃死を招く恐ろしい【レクリエーション】だったのです。  ゲームを進めながら、数字を司る【ナンバーキーパー】の正体を暴け。  無理矢理舞台に引っ張り上げられたアベンジャーと、2年4組の究極の心理戦が始まる。
24hポイント 398pt
小説 1,336 位 / 29,618件 ミステリー 4 位 / 830件
文字数 183,678 最終更新日 2018.06.18 登録日 2017.12.21
3
ホラー 連載中 長編 R15
「毎日10万円を差し上げます、どうぞ浪費してください」 そういうバイトのはずだった。 なのに、いつのまにか、恭介はデスゲームに巻き込まれていた。 殺人特区。深紅のカード。ハッピー条例。バラバラ殺人。OMと呼ばれる殺人鬼。 バイト仲間は次々と殺されていく。 7日目の生存率はゼロ。恭介は生き残れるのか? デスゲームの裏に隠された主催者の目的とは?
24hポイント 356pt
小説 1,448 位 / 29,618件 ホラー 9 位 / 1,149件
文字数 96,255 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.05.01
4
ホラー 連載中 長編
おかけになった電話番号は現在使われておりません 番号をお確かめになってもう一度おかけ直し下さい 今はもう見かけることの少ない公衆電話。 夜間に目にすると異様な雰囲気を醸し出しているのには、ある理由があります。
24hポイント 327pt
小説 1,527 位 / 29,618件 ホラー 10 位 / 1,149件
文字数 54,978 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.05.31
5
ホラー 連載中 長編
魔物の能力にすがってでも、復讐したいヤツらがいる! 元チーマーの運送作業員,犬飼理市は、ささやかな幸せを守ってきた。 愛する妻子との日常だけが、理市のすべてだった。 だが、それがヤクザたちの手で失われてしまう。 理市自身も殺され、山奥に捨てられてしまった。 3年後、裏社会の暴力装置,女性特殊工作員,正体不明の化け物……、 非日常の連中が暗躍する時、理市は闇の底からよみがえる。 復讐鬼と化した犬飼理市は凄惨な戦いに挑んでいく。 異能がらみのバイオレンス・ホラー!
24hポイント 299pt
小説 1,641 位 / 29,618件 ホラー 13 位 / 1,149件
文字数 63,244 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.05.01
6
ホラー 連載中 短編
 花粉症にある春突然なるように、幽霊が見える体質にも、ある日突然なるようだ。今エピソードは、ねがう。人は神様に願い事をする。では、神の願いはどこへ行く?
24hポイント 292pt
小説 1,676 位 / 29,618件 ホラー 14 位 / 1,149件
文字数 178,777 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.05.07
7
ホラー 連載中 長編
四十九日を迎えた自殺者の魂はある場所へ連れていかれる。死んだことをなかったことにし、生き返らせる魂を選ぶ場所、魂選塔。 せっかく死んだのに、と悔やむ中、しかし全員を生き返らせられるわけではないと告げられる。生き返りたくない自殺者たちの逆サバイバルが始まったのだった。
24hポイント 285pt
小説 1,714 位 / 29,618件 ホラー 16 位 / 1,149件
文字数 30,754 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.05.30
8
ホラー 連載中 長編 R18
未解決の迷宮入りした”ある事件”に対して異常な執着を示した若い刑事が 担当を願い出たまでは良かったが調べていく内に、とんでもない事実が 発覚して危険に身を投じる事となる。閉ざされた真実とは一体何なのか? 事件は無事に解決できるのか!?  そこも見所となっておりますので完結までお付き合い下さる事を願って おります。ヒリヒリ感を増していく展開と毒素を含む内容となっており ますので苦手な方は御遠慮ください。 2018年6月1~6月末まで開催される第1回ホラー・ミステリー小説大賞 にエントリーしました! 今回は完結致しますので面白いと思った方や 応援したいなと思った方は投票をお願いしますm(_ _)m お気に入り登録&感想(短くてもOKです)も、お待ちしております♪
24hポイント 263pt
小説 1,801 位 / 29,618件 ホラー 19 位 / 1,149件
文字数 168,255 最終更新日 2018.06.18 登録日 2017.03.19
それは、長い夏の終わりの出来事。 死体の写真を眺めることが趣味の高校生の水崎識也は、ある日友人から死体があるという噂を聞いて廃ビルへと向かった。だがその最中、何者かに襲われて彼は意識を失う。 そして彼が目覚めたのは―― ミステリーのような恋愛のようなヒューマンドラマのような何か。 よくわからないジャンルですが、ご一読頂ければありがたいです。 ※「小説家になろう」様、「カクヨム」様で連載していたものを加筆・修正したものになります。
24hポイント 99pt
小説 2,992 位 / 29,618件 ミステリー 27 位 / 830件
文字数 103,252 最終更新日 2018.06.17 登録日 2018.05.31
※猟奇殺人事件を取り扱った作品になりますので、過激な表現が含まれています。  近代において日本の犯罪事情は大きな変化を遂げた。理由なき殺人、身勝手な殺人、顔の見えぬ殺人――。常軌を逸脱した事件が日常の隣で息をひそめるような狂った世界へと、世の中は姿を変えようとしていた。  常人には理解できぬ思考回路で繰り返される猟奇事件。事態を重く見た政府は、秘密裏に警察組織へと不文律を組み込んだ。表沙汰になれば世の中が許さぬ不文律こそが、しかし世の中の凶悪事件に対抗する唯一の手段だったのだから。  その男の名は坂田仁(さかたじん)――。かつて99人を殺害した凶悪猟奇殺人犯。通称九十九人(つくも)殺しと呼ばれる彼は、数年前に死刑が執行されているはずの死刑囚である。  これは死刑囚であるはずの凶悪猟奇殺人鬼と、数奇なる運命によって対凶悪異常犯罪交渉係へと着任した刑事達が、猟奇事件に立ち向かう物語。  スナック【サンテラス】の事件奇譚に続く、安楽椅子探偵新シリーズ。  ――今度は独房の中で推理する。 【事例1 九十九殺しと孤高の殺人蜂】《完結》 【事例2 美食家の悪食】《完結》 【事例3 正面突破の解放軍】《完結》 【事例4 人殺しの人殺し】《連載予定》 イラスト 本崎塔也
24hポイント 71pt
小説 3,508 位 / 29,618件 ミステリー 29 位 / 830件
文字数 624,008 最終更新日 2018.03.27 登録日 2016.08.31
11
ホラー 連載中 長編
主人公のキザムは、ある日学校内で起きたゾンビカタストロフィーに巻き込まれてしまい、非業の最期を遂げてしまう。 しかし次の瞬間、気が付くと世界は元の平和だった時間に巻き戻っており、キザムは自分の席にいつもと変わらぬ姿で何事も無く座っていた。 悪い夢を見ていたと思い込むキザムだったが、再び起きたゾンビカタストロフィーに巻き込まれて、またも死んでしまう。 そして再び時間は逆戻りして、キザムは再度生き返っていた。 ようやく、ただ事ではない《何か》が起こっていると察したキザムは、ゾンビカタストロフィーとタイムループが起こる謎を解くために、行動を起こすのだった。
24hポイント 56pt
小説 3,882 位 / 29,618件 ホラー 45 位 / 1,149件
文字数 27,802 最終更新日 2018.06.17 登録日 2018.05.31
 長野県軽井沢の山奥にある六曜屋敷。  世界的に名を馳せる芸術家の死と、そこに飛び交う親族達の悪しき思惑。  葬儀を執り行うは絵に描いたような生臭坊主。そこに奇妙なる縁で首を突っ込むは、海外育ちの牧師。  坊主と牧師。プラス、やや気任せの女子高生。ひょんなことからドロドロとした遺産争いに巻き込まれてしまった三人が、軽井沢の山奥にある屋敷で起きた連続殺人事件に挑む。  黒と白の境目で息絶えた赤いドレスの女。  仏滅の間で死者に殺された死者。  数年の時を経てもなお、坊主は走り、そして牧師は推理する。  師走でもあるまいに――。
24hポイント 42pt
小説 4,410 位 / 29,618件 ミステリー 32 位 / 830件
文字数 206,703 最終更新日 2018.05.10 登録日 2017.10.31
【作品紹介】  たっちん、かぁこ、しょーやん、さおりん――。この四人は幼い頃からずっと一緒の超腐れ縁だった。  このまま腐れ縁がどこまで続くものなのか……。そんなことを考えながらも、たっちんこと葛西匡は高校生活最後の一年をかみしめるように過ごしていた。  ――さおりんが死んだ。  日本のいたるところで梅雨入りが宣言された寝苦しい夜のこと。幼馴染の一人である浦沢沙織――さおりんが首を吊って自殺した。  しめやかに行われる葬儀に参列し、悲しみも明けぬ間に、今度は練習試合へと向かっていた野球部のバスが崖から転落して、多くの生徒が命を落とす惨事が起きてしまう。  これは偶然か、それとも必然か。日常を壊す連続的な死、三年一組全員の携帯電話へと一斉に届いたメール。  送信主は――死んだはずの沙織だった。  三年一組に降りかかる死の連鎖と、町に土着した【お悔やみ様】なるオカルト話。  ロジカルとオカルト。これらは連続殺人事件なのか、それとも死者に成り代わるといわれる【お悔やみ様】の祟りなのか。  向こう見ずなヤンキーのしょーやん、誰もが認める天然娘のかぁこ、そして超現実主義のたっちんの三人組は、幼馴染にかけれらた不名誉を挽回するため、独自に調査を始めることになる。その先に待っている結末とは――。  ――お悔やみ様は悪鬼に祟る。 ※次回作との兼ね合いにより、ジャンルをホラーからミステリーに変更させて頂きました。
24hポイント 28pt
小説 5,243 位 / 29,618件 ミステリー 41 位 / 830件
文字数 206,455 最終更新日 2016.10.27 登録日 2016.05.05
 《注意》変則的なゾンビ物であるがゆえに、残酷な表現や描写が多いです。苦手な方はお控えください。 《作品紹介》  ――1995年春。ひとつの村が地図から消失した。どこにでもあるような絵に描いたような田舎の村のことだ。  これは、当時の悍(おぞ)ましい体験を記した、私の備忘録である。一人でも多くの方に読んで頂けるように、そこにエンターテイメント性を私なりに盛り込み、ひとつの物語として作り上げたいと思っている。  ほとんどの方は、これを事実だとは思わぬだろう。どこにでもある投稿小説として、鼻で笑い飛ばされるかもしれない。しかし、それでも私は、このネットという海原の中に、これを流そうと思う。  私は全てを見てきた訳ではないから、きっとこうであっただろう――などの憶測で書いている点もある。だから、私の都合の良いように解釈されている部分もあることだろう。  お目汚しになるかもしれない。みなさんの時間を無駄にしてしまうかもしれない。だが、20年経った今だからこそ、私はこれを一人でも多くの方に伝えたい。  大切な人を殺さねばならない悲しみ。大切な人に殺されるかもしれない恐怖。あの村では様々な葛藤が生まれ、そして消えて行ったことだろう。  これは私の自己満足だ。けれども、あの惨劇を繰り返さぬようにするためには、私が書き残さねばならないのだ。  どうか笑い飛ばして欲しい。こんな悍ましいことは、現実にあってはならないのだから。                    2015年4月1日 葉原木 ※ご本人の希望により、この度は知人にあたる作家の臼井法咲子(うすいのりさきこ)が代筆しております。
24hポイント 21pt
小説 5,905 位 / 29,618件 ホラー 78 位 / 1,149件
文字数 557,321 最終更新日 2016.04.26 登録日 2015.04.01
15
ホラー 完結 長編 R15
真夜中の鐘が鳴る。 そしてまた俺は殺される。 学者見習いカシアンが迷い込んだ、呪われた館。そこでは、とある一日が繰り返されていた…。 穏やかな一日が、真夜中の鐘で一変する。 繰り返される輪舞曲のように、俺はまた死神の手に掛かる…! 謎を解明し、俺は帰ることができるのか? 一日三回、最終話まで更新させて頂きます。 一応残虐表現ありなので、R15指定にさせてもらいました。メインは謎解きなのですが…。 初めてホラーに挑戦します。新境地に挑戦ですのでよろしければ、感想などいただけるとこの上なく有り難いです( ^ω^ ) 最終的に三部作で提供するつもりになっております。よろしくお願いします! あと、メインで長編のファンタジーも書かせてもらっています。できましたらそちらもよろしくお願いいたします。
24hポイント 14pt
小説 6,903 位 / 29,618件 ホラー 94 位 / 1,149件
文字数 90,131 最終更新日 2018.06.09 登録日 2018.02.08
この物語はフィクションです。 実在の人物・団体・事件とはいっさい関係ありません。 作者の『好き』を詰め込んだだけです。 ⚠︎少しグロテスク、また過激な表現がありますので苦手な方はご注意ください。
24hポイント 14pt
小説 6,903 位 / 29,618件 ミステリー 57 位 / 830件
文字数 102,536 最終更新日 2018.06.08 登録日 2017.05.17
17
ホラー 連載中 長編
その噂は――果たして真実なのだろうか。 とあるゲームをプレイした人間が失踪する、と言う情報が密かに流れているいつも通りの日常。その中で現代社会を生きるものがそれを知ることはほとんどない。 そもそもそんな噂が流れたことが既にデマなのだと、決めつけているからだ。 しかし――デマではないとしたら? 本当にたかがゲームごときで人間が失踪したとしたら? それがわかる時には、その人間は既にこの世にいない。 そのゲームをプレイしている最中なのだから。 そう――命がけのゲームに…… ―連載中―
24hポイント 7pt
小説 8,524 位 / 29,618件 ホラー 133 位 / 1,149件
文字数 105,599 最終更新日 2018.05.09 登録日 2018.04.22
18
ホラー 連載中 長編
戦国時代。 東山道の南、下江国において国主黒笹氏の上洛中に内乱が起きた。 隣国の岩奥国主である甲塚大膳大夫と内通していた熊瀬金繁が挙兵し、主君黒笹氏の居城下江城に向けて進軍する。 謀叛は首尾良く進むかに見えたが、黒笹の忠臣浅尾氏が治める片代郷に攻め入ってから奇妙な事が起き始める。 たしかに討ち取ったはずの浅尾の将兵達が再び生きて現れるようになったのだ。 甲塚氏から遣わされた熊瀬軍の軍師、赤堀尚禅はこの異様な事態を打開するため本国より陰陽師、玄田煉承を呼び寄せ霊視させる。 すると浅尾の背後に妙な呪詛呪術を行う女の姿が浮かびあがる。 赤堀はこの女を正体を掴み、討ち取ろうと試みるが・・・。 第一回ホラー・ミステリー大賞参加中
24hポイント 7pt
小説 8,524 位 / 29,618件 ホラー 133 位 / 1,149件
文字数 28,515 最終更新日 2018.06.05 登録日 2018.05.24
19
ホラー 完結 長編 R15
 とある高等学校にて――一つの悲しい事件が起きた。  それは、二年のAクラスに在席していた『叶基乃』と言う少女が――誰もいない早朝の教室内にて、首から血を流して死んでいたからだ。  それを最初に目撃したただの男子生徒はすぐにそれを職員室まで言いに行き、その問題は公になった。  だが――自殺ではないと考える以上、犯人は学校の関係者であると判断した校長は、全ての関係者に学校に登校するように言った。  警察の事情聴取の関係もあり、三日経ったある日――叶基乃の親友であった九条綾香の番が回り、警察に様々なことを訊かれ、それが彼女の逆鱗に触れたことにより、彼女の事情聴取は一旦終わった。  事情聴取が終わった彼女は自分の教室に戻り、そこにいた――今は亡き親友がいたであろうAクラスのクラスメイト、計三十八名と話すこともなく、自分の席に着き、そこで涙を零した。  その隣にはいつも明るく話しかけて来てくれた親友の叶基乃の席があった――しかし。そこには何やら違和感を覚えた。  不思議に思った彼女は親友の席に座り、そこで回収されたはずの彼女の机の中に手を入れてみた――すると。そこから、人の髪の毛で出来たであろう、人型の人形が出てきたのだ。  それを机の上に置き、誰かの悪戯だと思った――クラスメイト達は、それを九条綾香の度が過ぎた悪戯だと決めつけた。  反論する九条綾香だが、三十八名がそう言っている以上、何を言っても無駄だと分かり、拳を強く握った為に爪が皮膚に食い込んで血が流れる――と。 流れ出た血が髪の毛で出来た人形に付着し――爆音とも呼べるような奇声が、その人形から発せられた。  耳を抑え、うずくまった彼ら三十九名――そこから、地獄の始まりだった。  何の前触れも無く、首を一文字に切り裂かれた生徒――それに怯えて逃げ出そうとした彼らの前に立ち塞がったのは、いつも出入りしている扉だった。  扉は固く閉ざされ、開かない――ならば、窓からの脱出だと。  だが――それすらも叶わず――彼らは、教室に閉じ込められ。  たった一人の生き残りを決めるように“誰か”に言われた……。
24hポイント 7pt
小説 8,524 位 / 29,618件 ホラー 133 位 / 1,149件
文字数 86,188 最終更新日 2018.05.31 登録日 2018.05.10
20
ホラー 完結 長編 R15
「鏡に映る赤い顔の女」……それは他愛のない都市伝説かと思われたが、ある男子大学生が凄惨な自殺を遂げて以来、町では鏡にまつわる不気味な事件が頻発するようになる。文字通り火中に飛び込んだ「ゴキブリ並みの生命力」のスーパー女子大生が都落ちした霊能師のおばさんと調査すると、自殺した大学生が心霊スポットの廃村から持ち帰ったあるアイテムに原因があるらしい。過去、村で起こった惨劇が、何者かによって現代に再現されようとしているのか? 生け贄にされようとする不幸な少女を救う為、二人は走る。
24hポイント 7pt
小説 8,524 位 / 29,618件 ホラー 133 位 / 1,149件
文字数 102,510 最終更新日 2017.10.24 登録日 2017.09.18
21
ホラー 完結 ショートショート
相次ぐ神隠し。目撃される異形のもの。想像を絶する不気味な事件。 その町は「宇多方(うたかた)」といい、僕の故郷でもある。 僕は宇多方について語ろうと思う。奇妙で不気味なストーリーの数々を。
24hポイント 0pt
小説 29,618 位 / 29,618件 ホラー 1,149 位 / 1,149件
文字数 108,502 最終更新日 2017.04.25 登録日 2016.08.29
 長閑な田舎町に住む普通の女子高生・森澤理緒(もりさわりお)は、常に独りでいる暗いクラスメイトの男子・黒崎秋人(くろさきあきと)とひょんなことから話をするようになる。  いっぽう、理緒のまわりでは、何者かに噛み殺された上に下半身が切断された女子高生の惨殺遺体が見つかる。さらに猫の死骸がまき散らされるなど、陰惨な事件が続いていた。  秋人は何やら秘密の過去を抱えているようだったが、理緒は星の観察などを通じて彼と心を通わせ合っていく。  しかしある日、理緒は血塗れの秋人の姿を目撃する。そして秋人は、事件の参考人として警察に連れていかれてしまう。
24hポイント 0pt
小説 29,618 位 / 29,618件 ホラー 1,149 位 / 1,149件
文字数 122,027 最終更新日 2018.05.22 登録日 2018.05.22
23
ホラー 連載中 短編 R15
──参加する為の条件は【神】に選ばれること── 参加するだけで1000万円を貰える夢のようなゲーム「Gゲーム」。 特設されたガチャから出てくるミッションをこなせばさらに賞金が上乗せされ、上限もない。 但しミッションに失敗すると罰金があり、賞金が減額されてしまう。 Gゲームの最終目標は決められたエリアで1週間過ごす事。それだけ。 これは【神】に選ばれそんなゲームに参加した少年少女の物語。
24hポイント 0pt
小説 29,618 位 / 29,618件 ホラー 1,149 位 / 1,149件
文字数 15,644 最終更新日 2018.06.14 登録日 2018.05.31
23