投稿小説一覧

タグ 教師と生徒×
11
1
恋愛 連載中 長編
高校一年生の「東雲ゆい」は全寮制の高校でごく普通の学園生活を送っていた。体調不良だった英語教師「藤原光明(みつあき)」をたまたま助けたことで、毎週月曜日の放課後、面倒なことを頼まれていた。そしてだんだんとゆいの身に変化が起きてゆく。藤原の幼なじみでありこの高校の世界史の教師である「葛木誠太郎(くずきせいたろう)」から、自分達は陰陽師であることを伝えられ「光明を助けて欲しい」と懇願される。ゆいは知らず知らず陰陽師の世界に巻き込まれていく。 陰陽師の長である藤原と、それを助ける唯一の存在である巫女かもしれない女子生徒ゆいの、切ない運命は? ☆エブリスタ「恋するファンタジー特集」に選んで頂きました!
24hポイント 363pt
小説 1,882 位 / 41,241件 恋愛 724 位 / 10,024件
文字数 106,651 最終更新日 2019.02.22 登録日 2018.10.29
2
恋愛 完結 長編 R18
第4回官能小説コンテストノミネート作品 【再公開】 『五年後にまだ私のことを覚えていたら、また口説きにきてください』 「あと一年、我慢できそうにないので、今から口説き始めてもいいですか?」 真面目な教師と一途な教育実習生の、逃げる・追いかける、焦れったい恋。
24hポイント 49pt
小説 5,772 位 / 41,241件 恋愛 2,138 位 / 10,024件
文字数 172,103 最終更新日 2016.02.28 登録日 2016.01.02
3
恋愛 完結 短編 R15
教師を目指す真が、ひょんなことからメイド喫茶で働く現役女子高生の優菜の特異体質を治す羽目に。毎夜行われるマッサージに悶える優菜と、自分の理性と戦う真面目な真の葛藤の日々が続く。やがて二人の心境には、徐々に変化が訪れ…。
24hポイント 21pt
小説 8,443 位 / 41,241件 恋愛 2,971 位 / 10,024件
文字数 56,037 最終更新日 2017.11.12 登録日 2017.05.13
4
BL 完結 長編 R18
南陽太は、男性教師に迫られて困っている紫藤澪(れい)(物理教師)を助けたことが切っ掛けで、南自身も紫藤に恋をしてしまう。 男だけど綺麗で優しくて柔らかな雰囲気は、まるで天女。 「先生、俺が先生のこと守ってやるからな」 「僕は君よりずっと大人だし、しっかりしてるよ?」 優しい笑顔で、自分が強引に迫られた事すら忘れてしまっているような紫藤の態度に、ますます紫藤の危なっかしさを感じて庇護欲を募らせる南だったのだが……。 紫藤は、南が思っていたような天女のような人物ではありませんでした。 健気で一途な男子高校生と、一癖ある教師の恋の物語♪
24hポイント 14pt
小説 9,718 位 / 41,241件 BL 1,384 位 / 3,260件
文字数 186,622 最終更新日 2018.02.25 登録日 2017.07.13
5
BL 完結 長編 R18
谷中雅は大学の図書館で年下の山内隼人に告白をされるが、その時はまだ雅は昔の恋人のことを忘れられないでいた。だが、なんとなく始まる隼人との付き合い。それと同じように幼馴染の緑山も、助教授の山波と恋に落ちる。 どうにもならない恋の苦しみと別れたくても別れられない愛に苦しむ男たちの葛藤
24hポイント 14pt
小説 9,718 位 / 41,241件 BL 1,384 位 / 3,260件
文字数 134,665 最終更新日 2018.06.24 登録日 2018.05.16
6
恋愛 完結 長編
いつもの日常、いつもの生活。 一応学園ライフを満喫していた私の前にNHK(何か本格的にキモイ)とこっそりあだ名をつけた教師、三木と接点を持ってしまう。 最初はイヤイヤ接していたのに…… 変な先生だって思ったのに、いつの間にか――
24hポイント 14pt
小説 9,718 位 / 41,241件 恋愛 3,329 位 / 10,024件
文字数 74,319 最終更新日 2018.06.03 登録日 2018.05.20
7
恋愛 連載中 長編
五歳上の姉に半ば強制的に連れられて行ったあるピアノコンクール。 その時に聴いた高校生くらいの少年の演奏に心を奪われた雫は、自分もあんな風に演奏してみたいと思い、ピアノを習い始める。 それから十年後の四月。 高校生になった雫は、昔コンクールで聴いたことのある曲が校内から流れていることに気付く。 それは昔コンクールで聴いた音色そのものだった。 綺麗な音色に導かれて、音のする方に足を運ぶとそこは音楽室。 ピアノを弾いていた男性は先生で、十年前の少年に似ていた……。
24hポイント 7pt
小説 11,297 位 / 41,241件 恋愛 3,928 位 / 10,024件
文字数 12,394 最終更新日 2017.12.01 登録日 2017.11.16
8
恋愛 完結 長編 R18
母子家庭の中山家。 父子家庭の橋口家。 男と女が隣同士で暮らしているのは、何事もなく平和に暮らしていけるわけがありません。 兄さんの元カノがずっと好きだった高校生の弟。 元カノが忘れられないミュージシャンの兄。 そんな二人をずっと見守っていた隣人のクラブのママ。 その元カノである女性教師の娘。 喜怒哀楽で構成されたお話です。 そして+18です。エロシーンが所々ありますので、気をつけてください。 エロがあるところは#で囲みます。
24hポイント 7pt
小説 11,297 位 / 41,241件 恋愛 3,928 位 / 10,024件
文字数 239,044 最終更新日 2018.11.02 登録日 2018.05.09
9
恋愛 連載中 長編 R15
20歳のある日、奥沢杏奈に成人式の二次会の案内が届く。 恋人の神崎健登の承諾を得て参加することにした杏奈だが、二次会の名簿には初恋相手の中学教師で既婚の渡辺宏樹の名前が書いてあった。 モヤモヤしつつ参加した二次会。 渡辺先生と再会した杏奈。 とうとう周囲を傷つけてしまう関係に陥ってしまったふたり。 周りの人間を不幸にさせてしまってまで掴みたかった愛はふたりにはどれくらいあるのだろうか? 先生との過去の出来事から始まり、それからドロドロな展開になっていきます。 醍醐味はクズなふたりの結末です。
24hポイント 7pt
小説 11,297 位 / 41,241件 恋愛 3,928 位 / 10,024件
文字数 22,162 最終更新日 2018.10.31 登録日 2018.09.03
10
恋愛 完結 長編
※こちらは、恋愛小説「笑顔の魔法」に登場する真城輝史視点の物語です。「笑顔の魔法」の補足的意味合いが強いので、「笑顔の魔法」をお読み頂いてからお楽しみください。以下シナリオです。  大学進学後、勉強だ何だと忙しくなった俺は、あまり、マコトの家には出向かなくなった。  気付けば交流を断っていて、今はもう、マコトがどこで何をしているのかさえ、知らない。  マコトの家に行けば居るかもしれないが、今更、顔を出すのはどうも気が引けた。  彼女が十八歳の俺のことを覚えていてくれて、どこかで、幸せに生活してくれているのなら、それでよかった。  別れてからの歳月を考えると、そろそろ十八歳だろうか。マコトのことだから、明るく元気に育っているに違いない。  きっと、たくさんの友達に囲まれて、荘司さんと律子さんが居る幸せな家庭の中で、今日も笑っているのだろう。  …律子さんに似て美人になって、男達にはモテモテで、……かっこいい彼氏だって、いるかもしれない。  いつか、会えたら良い。お前は覚えていないかもしれない。けど、お前のおかげで、俺は変われたんだって、まだ立派とは言えないけれど、教師になったんだって伝えたかった。  しかし、そんな俺の願いは虚しくも崩れた。 「…人違いです。私は、古谷真琴ではありません」  かつての母校に転勤後、出会った少女は冷めた表情を浮かべて答える。  早瀬真琴。  マコトと同名のその少女は、どこかマコトに似た風貌で、それでも、マコトが絶対に見せない表情を浮かべていた。 「早瀬は、本当に俺のことが嫌いなのな」  マコトなのか、…いや、マコトじゃなかったとしても、俺は彼女のことを構わずには居られなかった。  何故、そんなに寂しそうな表情を浮かべるのか、知りたかったから。 「真城先生…、どうされたんですか?」 「……いや、ちょっとな。…昔のことを、思い出していた」  彼女に触れようと伸ばした手は空を切り、…実感する。もう、自分は若くはないのだと。
24hポイント 0pt
小説 41,241 位 / 41,241件 恋愛 10,024 位 / 10,024件
文字数 29,485 最終更新日 2017.12.12 登録日 2017.12.01
11
恋愛 完結 長編
※こちらはライト文芸「えがおのまほう」の続編です。前作を知るとよりお楽しみ頂けると思います。そちらも合わせてお読み頂けると幸いです。以下、あらすじです。  幼い頃、私の面倒を見てくれた近所のお兄さんが居た。  いや、近所、と言うのは間違っているかもしれない。私はその人が何処に住んでいるかを、知らなかったから。  早瀬真琴はまだ知らない。その近所の「お兄さん」と言うのが、真城輝史だと言うことを。 『マコト。菓子買って来たけど、食う?』  かつて、幸せだった頃の想い出を捨てた少女にとって、記憶の中に微かに残る彼の姿は、あまりにも、おぼろげだった。 『うん! アキもいっしょに食べよー!』  そして、今も尚、彼女の笑顔を覚えている青年にとって、再会した少女の姿は、あまりにも、かつての姿とは違っていた。  時の流れは残酷にも、様々なことを変えていく。  初めての出会いが早過ぎたのか、それとも、二人の再会が遅過ぎたのか。  二人の歳が離れすぎていたのか、それとも、もっと離れていればこんなことにはならずに済んだのか。 「お前、やっぱりマコトじゃないか?」 「……古谷真琴はもういません。忘れてください」  それはぎこちない、「恋」の始まり。  三十路のおっさんと、うら若き女子高生の「恋」であると同時に、 「教師」と「生徒」の、許されない「恋」でもある。  幼いあの日の想い出は、今は遠く―――……
24hポイント 0pt
小説 41,241 位 / 41,241件 恋愛 10,024 位 / 10,024件
文字数 37,856 最終更新日 2017.11.30 登録日 2017.11.06
11