投稿小説一覧

タグ テレワーク×
1
 主人公は30歳独身、東京23区内に住み都内で働くITエンジニア。母親方の祖父が亡くなり母親への遺産相続で東京都の限界集落よりも過疎な地域にある山間の土地を母親が相続するも……。 『祖父が亡くなったことで何かが急に動き出した』  祖父が遺した山間(さんかん)の拓けた場所。祖父や先祖が守り続けた土地を観て……。  祖父の葬式後に母親が……まさかの土地の管理を放棄する宣言。  ライフラインはない。あるのは自家発、プロパン、湧き水。  携帯は辛うじて通じる。道は車が1台がやっと通れる荒れた山道。  主人公は祖父が遺してくれた場所に移住を決意。  毎日の買い出しは車なしでは無理。必然的に自給自足が余儀なくされる環境。ーー(追記:車、あり)  農業なんてしたことなんてない。多少の貯金と家財道具。  携帯電話は一応繋がり、ネットはモバイル環境。  両親に祖父の住んでた場所の生活改善するために借金三百万。    主人公は山奥のその場所に家電を持ち込みICTを使い、引きこもり? な生活を送り、プチ自給自足から祖父が生活していた自給自足を目指しての不思議なスローライフが始まる!――(追記:スローライフが始まる前にも真面目なドタバタあり)  そんな若者の青春? 生活です。 (追記:だったはず。ですが週末に一気に書き上げたら現実的な方向性少し変わりました) 『山里すべてが俺の引き籠もり空間だ!』――(追記)  エピソードはスマホで縦読み横読み二、三ページ。  どこでも執筆や投稿しやすいよう自分の都合を考えたエピソードと文章量少なめです。  こちらはアルファポリスのみの投稿。  ――(以下重要追記:3/12)  ◢『山里に籠るのがいつになるのか……』週末は出かけますが……。まだまだです。  今は、中央線乗り換えせずに総武線の各駅停車で御茶ノ水駅の辺り(適当)の感じでしょうか……一週目の週末三日と四十九日の日はエピソード多めです。  それ以降は中央快速、並に飛ばしていきます!特快までは……。  当分は、週末だけは引き籠もります。連休多いといいのですが!  ――  ――――  この小説を執筆しようとおもった経緯など長々と失礼します。  異世界もの小説を執筆するために世界観をどうすればいいのか? 異世界に有る無い物そんな調べ事に時間を取られ、特に自給自足のために調べたこと、それ以外に色々と調べたこと、これから調べることなどを、せっかくなら! ドタバタな出来事を現代風の作品のエピソードに置き換えてみたフィクション作品です。  投稿の量はそれほど多くはないです。週末に執筆を頑張ります。――(現実)  町にも離れていて食品以外の買出しは月ー回で出会いもないかもです。――(笑)  夜の時間が出来てしまうために、ラノベ書くかもしれません。――(笑)  
24hポイント 397pt
小説 1,733 位 / 41,183件 ライト文芸 33 位 / 1,354件
文字数 374,410 最終更新日 2019.02.11 登録日 2018.02.24
1