バカ王子小説一覧

タグ バカ王子×
12
1
恋愛 連載中 短編
大資産家であるバーミリオン公爵家の令嬢、ルージア・バーミリオンは突然、王国の皇太子マークスに婚約破棄される。 「前から思ってたんだけど、君って贅沢だよね?」  贅沢に溺れる者は国を滅ぼすと何かの本で読んだマークスは高級品で身を固めているルージアを王室に害をもたらすとして、実家ごと追放しようと目論む。 しかし、マークスは知らない。 バーミリオン公爵家が既に王室を遥かに上回る財を築いて、国家予算の八割を貸しつけていることを。 「平民の娘は素朴でいい。どの娘も純な感じがして良かったなぁ」 王子という立場が絶対だと思い込んでいるマークスは浮気を堂々と告白し、ルージアの父親であるバーミリオン公爵は激怒した。 「爵位を捨てて別の国に出ていきますから、借金だけは返してもらいますぞ」 マークスは大好きな節約を強いられることになる――
24hポイント 120,477pt
小説 14 位 / 91,352件 恋愛 11 位 / 24,699件
文字数 29,958 最終更新日 2021.01.18 登録日 2020.12.30
2
恋愛 連載中 長編 R18
※第14回恋愛小説大賞にエントリー参加しました。  宜しければ応援して頂けると嬉しいです(*´▽`*) 魔術国家ディノート。 その国で魔術ではなく法術を扱うのは平民生まれの聖女のサラ・ジュソウ。 サラは歴代の聖女と同じく国を守る”聖破邪結界”を張り続けていたが、傲慢な婚約者である第1王子から「平民の聖女など無用」と言われ婚約破棄される。 神殿を追われ再び平民となったサラは「聖女を信じてくれる者」にだけ加護を展開させた。 加護を失った日から皇太子や貴族は不幸に見舞われ、転落人生を歩んでいく。 「助けてくれ?」 殿下が連れて来た「真の聖女」に助けて貰えばよいんじゃないですか? もともと平民とし生まれたサラは神殿を追い出されてもアパートを借り、貧乏暮らしを満喫しながら今日も己を信じるものにだけに加護を与える。 「ドラゴンが出た?」 では真の聖女に何とかして貰って下さいね。 リアリスト聖女のサラは今日も蔑ろにしてきた者には慈悲を与えない。 「そんな事より今日は玉葱が特売日ですから!」 結界や慈悲より大切なモノが平民には存在するのだ。 まぁ上流階級の者にはわからないでしょうけどね。 ※尊厳破壊、下系の下品な回があります。  苦手な方は避けて読んで下さい。 BL要素がある花氏には題名に※マークがついております。 苦手な方は飛ばしてお読みください(*- -)(*_ _)ペコリ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〇聖女の力を姉に譲渡し国を出て行った元聖女は実は賢者でした~隣国の後宮で自重せずに生きていこうと思います~ 〇聖女が今日もウザいですー男として育てられた公爵家の令嬢は聖女の侍女として第2の人生を歩み始めましたー  上記2作品と同じ世界観です。  その内、話しもリンクしていきます。
24hポイント 11,439pt
小説 225 位 / 91,352件 恋愛 130 位 / 24,699件
文字数 84,447 最終更新日 2021.01.17 登録日 2020.08.26
3
恋愛 完結 短編
「稀代の大聖女が聞いて呆れる。フィアナ・イースフィル、君はこの国の聖女に相応しくない。職務怠慢の罪は重い。無能者には国を出ていってもらう。当然、君との婚約は破棄する」 アウゼルム王国の第二王子ユリアンは聖女フィアナに婚約破棄と国家追放の刑を言い渡す。 フィアナは侯爵家の令嬢だったが、両親を亡くしてからは教会に預けられて類稀なる魔法の才能を開花させて、その力は大聖女級だと教皇からお墨付きを貰うほどだった。 そんな彼女は無能者だと追放されるのは不満だった。 なぜなら―― 「君が力を振るうと他国に狙われるし、それから守るための予算を割くのも勿体ない。明日からは能力を1%に抑えて出来るだけ働くな」 何を隠そう。フィアナに力を封印しろと命じたのはユリアンだったのだ。 彼はジェーンという国一番の美貌を持つ魔女に夢中になり、婚約者であるフィアナが邪魔になった。そして、自らが命じたことも忘れて彼女を糾弾したのである。 国家追放されてもフィアナは全く不自由しなかった。 「君の父親は命の恩人なんだ。私と婚約してその力を我が国の繁栄のために存分に振るってほしい」 隣国の王子、ローレンスは追放されたフィアナをすぐさま迎え入れ、彼女と婚約する。 一方、大聖女級の力を持つといわれる彼女を手放したことがバレてユリアンは国王陛下から大叱責を食らうことになっていた。
24hポイント 4,181pt
小説 461 位 / 91,352件 恋愛 249 位 / 24,699件
文字数 36,326 最終更新日 2021.01.07 登録日 2020.12.12
4
恋愛 完結 短編
王子「アルビー・レーヴィット! 貴様を断罪する! レーヴィット公爵家を取り潰し、貴様を国外追放する!」私「理由は?」王子「貴様がクロリス・ザイドル男爵令嬢を襲ったからだ! ザイドル嬢は貴様の子を宿している!」私「証拠は?」王子「クロリスが貴様がやったと証言している!」私「いや、被害者の証言だけで断罪されましても……つうか私女なんでザイドル嬢を妊娠させるのは無理です」王子「なんだと! 貴様が女だというなら証拠を見せろ!(脱げ! 脱げ!)」私(鼻息が荒いんだよ、このスケベ!) これは「ここは前世でプレイした乙女ゲームの世界で、僕は悪役令息のアルビー・レーヴィット! このままだと学園の卒業パーティで断罪され、僕は国外追放され、レーヴィット公爵家はお取り潰しになる!」という兄の悲痛な訴えを信じた主人公が、破滅フラグをへし折り兄と公爵家を救うため、男装して学園に入学し、卒業パーティでアホ王子とビッチヒロインにざまぁする物語。 小説家になろう、カクヨム、pixivにも投稿してます。 「Copyright(C)2021-九十九沢まほろ」
24hポイント 2,386pt
小説 720 位 / 91,352件 恋愛 372 位 / 24,699件
文字数 9,180 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.09
5
恋愛 連載中 短編 R15
「なぜ2年もの間、僕のもとに謝りに来なかった!?」 傷心から立ち直り、新たな人生をスタートしようと立ち上がった私に彼はそう告げました。 2年前に一方的に好きな人が出来たと婚約破棄をしてきたのは殿下の方ではないですか。 それをやんわり伝えても彼は引きません。 婚約破棄しても、心が繋がっていたら婚約者同士のはずだとか、本当は愛していたとか、君に構って欲しかったから浮気したとか、今さら面倒なことを仰せになられても困ります。 私は既に新しい縁談を前向きに考えているのですから。
24hポイント 660pt
小説 2,018 位 / 91,352件 恋愛 1,021 位 / 24,699件
文字数 29,889 最終更新日 2020.09.28 登録日 2020.09.12
6
恋愛 完結 短編 R15
生まれつき高い魔力を持って生まれたアルゼオン侯爵家の令嬢アレインは、厳しい教育を受けてエデルタ皇国の聖女になり皇太子の婚約者となる。 しかし、皇太子は絶世の美女と名高い後輩聖女のエミールに夢中になりアレインに婚約破棄を求めた。 アレインは断固拒否するも、皇太子は「真実の愛に目覚めた。エミールが居れば何もいらない」と口にして、その証拠に国家予算の半分を慰謝料として渡すと宣言する。 後輩聖女のエミールは「気まずくなるからアレインと同じ仕事はしたくない」と皇太子に懇願したらしく、聖女を辞める退職金も含めているのだそうだ。 婚約破棄を承諾したアレインは大量の金塊や現金を規格外の収納魔法で一度に受け取った。 そして、実家に帰ってきた彼女は王族との縁談を金と引き換えに破棄したことを父親に責められて勘当されてしまう。 仕事を失って、実家を追放された彼女は国外に出ることを余儀なくされた彼女は法外な財力で借金に苦しむ獣人族の土地を買い上げて、スローライフをスタートさせた。 エデルタ皇国はいきなり国庫の蓄えが激減し、近年魔物が増えているにも関わらず強力な聖女も居なくなり、急速に衰退していく。
24hポイント 504pt
小説 2,555 位 / 91,352件 恋愛 1,264 位 / 24,699件
文字数 20,114 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.11.05
7
恋愛 完結 短編 R15
「お前の愛は重すぎる」 婚約者であるボルメルト王国の第二王子、ロレンス殿下に愛人の存在について言及すると彼はそう答えました。 その上、愛人は七人いると口にされて海外では普通だと開き直ります。 「最後にはお前のもとに帰って来るのだから」と言われて喜ぶ方もいるのかもしれませんが……私は納得できません。 そんな私に殿下は躊躇いもなく婚約破棄を告げました。 それから、半年後……殿下から4度も復縁要請の手紙が届きましたが、私はそれを全て断ります。 そして、5度目の手紙――。 「記憶喪失になってしまったから、記憶を取り戻すのを手伝ってほしい」 どうやら、階段から転んで頭を打って記憶を無くしたらしいのですが、婚約破棄からのショックも残る私は彼ともう一度会おうかどうか迷うのでした。
24hポイント 241pt
小説 4,651 位 / 91,352件 恋愛 2,155 位 / 24,699件
文字数 12,658 最終更新日 2020.10.13 登録日 2020.10.07
8
恋愛 完結 ショートショート R15
「公爵令嬢アドリアナ! 王太子である僕ドミトリーは君との婚約を破棄する!」 「……婚約破棄の理由をお聞きしてもよろしいでしょうか」 「僕が君を、アドリアナを愛しているからだ!」 「……?」
24hポイント 170pt
小説 5,850 位 / 91,352件 恋愛 2,650 位 / 24,699件
文字数 2,808 最終更新日 2020.08.25 登録日 2020.08.25
9
恋愛 完結 短編
「こいつが聖女候補などと笑わせる。この場を以ってコルネリア・ド・エーベルヴァインとの婚約を解消する!」 身に覚えのないライバル殺しの濡れ衣を着せられ、聖女候補の座から蹴落とされてしまったコルネリア。これからは地味に大人しく生きていこうと決意するのだが、追放された先の上司である神父クラウスから自身が悪魔であることを出会い頭にカミングアウトされてしまう。バレたら自分もただではすまないと青ざめた彼女は告発の機会を伺うのだが……。 「私は君を幸せにするために来たんだよ」これは妙に甘やかしてくる悪魔にほだされまいと奮闘するシスターのお話。 この話は小説家になろうさんにも掲載しています。
24hポイント 56pt
小説 10,481 位 / 91,352件 恋愛 4,666 位 / 24,699件
文字数 102,706 最終更新日 2020.09.08 登録日 2020.08.06
10
恋愛 完結 短編
【完結と表示しておりましたが、予約時間間違えて投稿されていませんでした。申し訳ありません】 「チェシー!お前とは婚約破棄だ! 俺はこのスピア嬢が好きなんだ!」 「シェイ様ぁ」 今度の今度は許しません。 約束を破った王太子殿下との婚約破棄、謹んでお受けいたします! ※ショートです。 3話ほどで完結します。 ハッピーエンドです。
24hポイント 21pt
小説 16,471 位 / 91,352件 恋愛 6,913 位 / 24,699件
文字数 3,299 最終更新日 2020.06.04 登録日 2020.06.02
11
恋愛 完結 短編
クラフター公爵家の長女、 リペア・ワークス・クラフター アバレス王子と婚約していたが、学園で開かれる卒業パーティーの場で婚約破棄を言い渡されてしまう! 彼女の運命は一体どうなってしまうのか? ※深夜のテンションで作った作品なので、多分ところどころおかしいとところがあると思います。
24hポイント 21pt
小説 16,471 位 / 91,352件 恋愛 6,913 位 / 24,699件
文字数 5,432 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.04.26
12
恋愛 完結 短編
婚約破棄された令嬢はたくましくそして口が悪い!? この小説に出てくる令嬢は言葉遣いがかなり悪いです。一応そういう場面があるものには※印を付けておきます
24hポイント 14pt
小説 19,161 位 / 91,352件 恋愛 7,890 位 / 24,699件
文字数 2,472 最終更新日 2018.10.17 登録日 2018.10.10
12