ある意味チート小説一覧

タグ ある意味チート×
9
 ただ、もう一度会いたかった。……それだけだった。 「あなただけは、わたしをとつぜん置いていったりしないでね」  ――幼いその約束は、守られる事はなかった。  あれから、七年。  僕、真白 雪兎(ましろ ゆきと)は、家庭の事情で昔住んでいた町に戻って来た。  新しい環境。新しい妹。新しい学校……一つ年下の同級生達。  ちょっとだけ、〝普通〟と違っても。きっと、そう代わり映えのしない退屈な日常が待っている。――そう思っていたのに。  僕は何故、出逢ったばかりの名も知らぬゴスロリ少女と共に、死神みたいな鎌を持った物騒な連中に追われているんだ?  ――その答えは、青い薔薇の咲き乱れる奇妙な館に住む、自称〝人形師〟から聞かされる事となる。 「そうだね。この物語は、雪兎君と五人の美少女人形達による、一つ屋根の下ドキドキハーレム学園ラブコメディ~たまに死神とのバトル有り~だよ!」 「……それ、何か違くないですか?」  コメディというより、どちらかというとシリアスな気がする。  これは、生と死、愛と命の物語……かもしれない。 ------ エブリスタ、ノベプラ、カクヨムさんにも掲載しております。 連載再開!新章、chapter.4、配信開始! 最低週1更新(調子の良い時は2~3回)を目標に、時間帯は毎度気まぐれにのんびり更新予定です。
24hポイント 21pt
小説 16,395 位 / 96,132件 キャラ文芸 316 位 / 2,704件
文字数 139,975 最終更新日 2021.02.27 登録日 2020.03.28
2
恋愛 連載中 長編
僕はあの夏、神様に出会った。 『わしの願いを叶えてくれんかの。礼はするぞ。』 『では、一つお願いがございます。』 『なんじゃ?』 『神様のお尻をペロペロさせて下さい。』 『…は?』 神様のために人々の悩みを解決しよう!! え、善意?そんなのあるわけないじゃん。美少女(10歳以下)以外はゴミクズだよね。 あ、でも大事なのは見た目だから。ロリババア?ロリなら良し。 というわけでさくら様、お尻ペロペロさせて下さい。 表向きは爽やかな超優等生の主人公が、内に秘めた変態性を隠して神様のために奔走するコメディチックなストーリー!! 恋愛色やや強め?かもしれません。
24hポイント 7pt
小説 22,954 位 / 96,132件 恋愛 9,566 位 / 26,498件
文字数 8,949 最終更新日 2020.04.27 登録日 2020.04.25
冒険者を夢見て、第一歩。 彼を襲ったのは、スライムだった。 そんなことはよくある話。 けれどその事件が、彼…ライドの人生を全く想像だにしない方向へ転がしていくことになる。 全4話で完結予定の気晴らし短編ファンタジーです。 反応があるようでしたら長期作品へ移行を進めたいと思います。(元々長期連載用のお話です)。 *転生・転移要素なし *ある意味チート。 *努力の人 *友情、努力、絆の物語(脚色あり)
24hポイント 0pt
小説 96,132 位 / 96,132件 ファンタジー 26,094 位 / 26,094件
文字数 8,856 最終更新日 2020.08.09 登録日 2020.08.08
第1章 創世記に関連してのあれやこれや 第2章 完全であるはずなのに今ひとつ満たされない天士の苦悩 第3章 なんとなく恋愛っぽい要素も入ってきたり 世界のサポーター 天士(てんし)たちの日常を適当に綴ったオマージュ的物語。気になる章から読んでいただいても、よろしいかと。 ※有名な神や天使の名前が出てきますが、この物語はフィクションです。
24hポイント 0pt
小説 96,132 位 / 96,132件 ファンタジー 26,094 位 / 26,094件
文字数 53,689 最終更新日 2020.09.27 登録日 2020.08.15
私、アカネは13歳となり、見習いを卒業して晴れてクノイチに。 だけど、そんな私にエッチな事をしようとしてきた雇い主を半殺しにしてしまい、クノイチをクビにされて島流し――大陸へ飛ばされてしまった。 クラスやスキルに魔法とか、大陸の事はまだ良く分からない事が多いけど、私、暗殺や隠密行動は得意なんです! だから、クノイチの修行で得た技や忍術を使って、生きてくために冒険者としてお仕事頑張ります! でも、エッチなお仕事以外で! ……ところで、暗殺のターゲットが女の人と腰を密着させているんだけど、アレって何をしているの?
24hポイント 0pt
小説 96,132 位 / 96,132件 ファンタジー 26,094 位 / 26,094件
文字数 100,907 最終更新日 2019.04.14 登録日 2019.03.11
ここは何処だというより自分は誰なんだ。 自分の存在を知らない旅人が世界を歩き回る その後世界に影響を与える物語。 ストーリーとしては、 序盤はただ世界を歩き回るのですが。 自分の存在を知った時自分はどう動くのか、 それを書き留めて行く予定です。 ちなみに作者はハーレムとかは、 嫌いなのですが何かしらでそういうキャラを 出す予定です。 主人公はそういう事はしないです。 自分は一途な愛が好きです。 序盤で伏線を作りたいので序盤が大部分を 締めると思います。 世界を一周してからストーリーが大きく動きます。 それまで宜しくお願いします。 行き当たりばったりでストーリーを書くので書き直しするかもですが宜しくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 96,132 位 / 96,132件 ファンタジー 26,094 位 / 26,094件
文字数 5,255 最終更新日 2018.08.11 登録日 2018.08.07
7
恋愛 完結 長編
 私は死んだ。それは間違いない。首を落とされた瞬間の感覚が、今も思い出されるのだから、私は確実に斬首された。  それなのに私は今こうして生きている。それも幼い姿になって、ちゃんと生きている。けれど、幼い私に何が出来るのだろうか?  この腐りきった国に何が出来るというのだろうか?  不満の高まった民衆による革命で、斬首される運命をどうやったら避けることが出来るのだろうか?  私は必死に考えた。腐った国の腐った王族の、そんな両親を持つ娘として何が出来るのかを、足りない脳みそで必死に考えた。  でもわからなかった。  だから私は、逃げることにしたの。幸い私には王族なだけあって魔法の才能と魔法力は人一倍あるから、生きていくことはできるだろう。  でも、私はまだ6歳だから、普通の生活は送れない。隠れて過ごすことになることになるだろう。  だって、この国の王族の特徴である白銀の髪と銀色の眼が、私が王族だということを示しているから、隠れなければいけない。  どこにかくれる?  そう、ダンジョンに隠れるしかない。この国は多くのダンジョンが存在するけれど、この王都に一番近いダンジョンに隠れよう。  空間魔法の魔法は知っている。攻撃魔法も知っている。回復魔法も知っている。生活魔法も少しは勉強した。剣術も多少は知っている、国外の冒険者が城に来たときに少しだけ教えてくれた。  子供用の防具はないけど、魔法のローブや装備品は国の宝物庫にあるから持っていけばいい。だって、私は子供だしこの腐った王族の王女だから、出入りは自由だ。  使えそうなものは持って行こう。食料はどうしたらいい?食糧庫から持ち出せばいい。調理は出来なけど、図書室から本を持ち出せばきっと何とかなる。  魔法力に比例する空間魔法の容量は、今の私でもきっと家一軒分ぐらいなら収納できる。  大丈夫私は生きていける。今度こそ斬首刑なんて最期を回避できる。  だからまず……。私は盗人の称号を手に入れる。 ※誤字脱字のご指摘お待ちしております。
24hポイント 0pt
小説 96,132 位 / 96,132件 恋愛 26,498 位 / 26,498件
文字数 87,939 最終更新日 2018.06.29 登録日 2018.05.08
akk
僕、山田世界はなぜか突然女神から異世界に転移させられそこで自分の英雄譚を紡ぎだせと言われてしまう。 そんな事関係はない、理不尽だ、と文句を言っていたら女神さまによって過酷な環境に転移させられてしまった。しかし、働きに応じて僕には加護が与えられるという。  この物語はそんな僕、山田世界が加護を使い世界の英雄譚を紡ぎだす物語だ。
24hポイント 0pt
小説 96,132 位 / 96,132件 ファンタジー 26,094 位 / 26,094件
文字数 8,352 最終更新日 2018.05.10 登録日 2018.04.25
数年前まで魔王と戦争をしていた世界は人間側の勝利で今や平和になっていた。 かつてはその戦いで名声を得た若き魔法使いも現在は大学二年生。 世界は平和になったが、世界は不況。 家賃を三ヶ月滞納しているばかりか、学費も払えない、学生あるあるの貧乏生活。 現実って厳しい、よね。
24hポイント 0pt
小説 96,132 位 / 96,132件 ファンタジー 26,094 位 / 26,094件
文字数 94,030 最終更新日 2017.11.02 登録日 2016.06.28
9