祭り小説一覧

タグ 祭り×
6
終わってしまった物語。少女を助けてくれるヒーローはいなかった。だから、教室から一人少女が消えた。でも、人生は小説のようにはいかない。バッドエンド、そこで終わり。にはならない。春がこない冬の季節、消失の痛みのその先へ歩き続ける少年がいた。時間が止まった世界の中で、少年はある少女との出会いを果たす。「忘れないでいてくれてありがとう」(※重複投稿作品)あめ
24hポイント 0pt
小説 91,923 位 / 91,923件 キャラ文芸 2,722 位 / 2,722件
文字数 4,681 最終更新日 2020.10.30 登録日 2020.10.29
祭りのときだけ地元に帰る系の話。(※重複投稿作品)へび
24hポイント 0pt
小説 91,923 位 / 91,923件 現代文学 4,197 位 / 4,197件
文字数 1,273 最終更新日 2020.10.06 登録日 2020.10.06
続けば続くほど遠くなる……。今はなんだか懐かしい。対人恐怖症気味でインドア派で友達もいないけれど、人の集まりや熱気、イベントの雰囲気に救われたよなぁ……。という淡い思い出。
24hポイント 0pt
小説 91,923 位 / 91,923件 エッセイ・ノンフィクション 3,268 位 / 3,268件
文字数 1,175 最終更新日 2020.09.18 登録日 2020.09.18
鏡水月――― 水面に映る月鏡 揺れる水鏡 幻の月 儚く 映し世の鏡は消えて溶け 言霊を濡らす 今宵 静寂の玉響 追憶を食む――― 開かずの幣殿で見つかった不思議な掛け軸。 それは彼らを、太古より続く負の連鎖へ誘う……。 誰も覚えていない姉の記憶に苛まれる者。 誰も覚えていない最愛の人の為に、神に宣戦布告する者。 解けない謎に取り込まれた彼らは、少女に記憶を食べられる……。
24hポイント 0pt
小説 91,923 位 / 91,923件 ミステリー 2,141 位 / 2,141件
文字数 162,009 最終更新日 2020.06.15 登録日 2020.06.11
僕が暮らす小さな島では、太鼓と笛の祭囃子、それに合わせて踊る舞い手、そして最後に花火の打ち上がる祭りが、毎年の夏に行われていた。 僕は、太鼓の打ち手になりたかった。 彼女も、舞い手になりたいと言っていた。 だけど、高校最後の夏。 二人で花火を見上げていた時、彼女は突然告げた。 「私、島を出るの」 変わっていくもの。変わらないもの。 僕の出した、答えとはーー。
24hポイント 0pt
小説 91,923 位 / 91,923件 青春 3,799 位 / 3,799件
文字数 5,917 最終更新日 2020.05.21 登録日 2020.05.21
北海道の初夏の風物詩と言われるよさこいソーランを、道民全てが愛しているとは限らない――。 よさこいソーランに全く興味がなかった大学生の洋平は 大学の学祭で、先輩の紅子に強引に「本物の」よさこいソーランチームの演舞を見せられる。 踊り子の中には、幼馴染の舞香の姿もあった。 初めて目の当たりにしたよさこいソーランの演舞に感動して ついチームの勧誘に乗ってしまった洋平。 チームの目標は、大賞受賞!
24hポイント 0pt
小説 91,923 位 / 91,923件 ライト文芸 3,794 位 / 3,794件
文字数 4,597 最終更新日 2018.04.11 登録日 2018.03.31
6