予知夢小説一覧

タグ 予知夢×
9
1
恋愛 連載中 長編
「キャロライン・リーブスランド! 君との婚約は無かった事にしてもらう! 分かったらさっさと私の前から消え失せろ!」  ある夜、婚約者であるケーニッヒ王子に招かれた舞踏会の最中に、突然の婚約破棄宣言をされるキャロライン。  ありもしない話を真実のように語るケーニッヒ王子の傍らには、怪しげにほくそ笑む公爵令嬢の姿があった。  罵倒の言葉や侮蔑の視線を一身に受けるキャロラインだが、彼女にはとある能力が備わっていた。  その力とは、リーブスランド家当主が代々受け継ぐ未来を知る予知能力。  父である先代当主が亡くなり、キャロラインに受け継がれたのは予知夢の力。  力に関して半信半疑でいたキャロラインだが、言い渡された婚約破棄宣言を始め、自分が見た舞踏会の夢の通りに事が運んでいくのを目の当たりにし、戸惑いながらも素直に受け入れていく。  自国であるヴィーヴル皇国へと帰ったキャロラインは、婚約破棄をプラスに捉える。  若くして伯爵家当主となったキャロラインには、色恋などを楽しんでいる余裕など無かったのだが……。  ある日のこと、ヴィーヴル皇国の皇太子や、貴族の嫡男などと出会ったキャロラインは、自分の思いとは裏腹に自らの能力と世界の荒波に翻弄されていくのだった。 *2019/08/21 改題しました。 2019/08/15小説カテゴリー、恋愛カテゴリー1位頂きました!ありがとうございます!
24hポイント 1,846pt
小説 602 位 / 57,486件 恋愛 269 位 / 13,740件
文字数 85,252 最終更新日 2019.09.24 登録日 2019.08.12
名家に生まれながら、落ちこぼれである胡蝶はその身を隠されるように軟禁状態にあった。彼女の味方は幼なじみの竜蛾だけ。 そんな彼女には予知夢を見ることができるという特技があるが、本人はあまり役に立つとは思っていない。 ある日、竜蛾が妹と婚約することを聞き、彼と離れる決心をする。
24hポイント 1,080pt
小説 924 位 / 57,486件 恋愛 410 位 / 13,740件
文字数 9,126 最終更新日 2019.10.18 登録日 2019.10.18
3
恋愛 連載中 長編
私、ライナ・エレ・ミューレンは、その日、未来に起きる事を予知夢として見ていました。 銀色の髪の、魔女と呼ばれた女性が、泣き叫んでいます。 柱に括り付けられて、足元に火を放たれ、その女性の手足は動きません。 逃げられないように、腱を切断されているからです。 藤色の瞳が、憎悪に燃えて、取り囲んでいる群衆を睨んでいます。 「死ぬのはお前達も同じだ!!」 その体が炎に包まれても、憎悪に満ちた言葉は止むことはありません。 誰に向けた言葉なのか、正気を保っているのかも不明な彼女の言葉は、炎でかき消え、大きな火柱となり、怨嗟の念を飲み込む。 その命は他人の為に翻弄され、最後まで誰からも救ってもらえなかった女性。 憎悪に飲み込まれた、悲しいあの人は、 私の、お母さん。 カイルお父さんに出会えなかった、もう1人のお母さん。 この世界ではない、名前も違うけど、 あの人は、お母さんと同じ。 生まれた直後に、実の親から呪いをかけられて、双子の妹への悪意ある攻撃を、全て代わりにその身に受ける。 誰にも、救ってもらえなかった、残酷な運命の女性。 彼女の名前は、レオーネ。 妹の名前はレオノア。 この世界とは違う世界で生きる、双子の姉妹。 王妃で、聖女で、妹であるレオノアを殺そうとしたとして、彼女は、レオーネは処刑されました。 そんな彼女を救いたくて、未来を変えるために、私は別の世界へ旅立ちました。 ※『妹への攻撃を〜』の第1部の30年近く後くらいの話となります。これ単独だと分かりにくい部分もあるかもしれません。 ※9/7 第1章完結です。
24hポイント 92pt
小説 5,256 位 / 57,486件 恋愛 2,018 位 / 13,740件
文字数 92,860 最終更新日 2019.09.26 登録日 2019.08.26
4
恋愛 完結 長編
アルカス国の姫であるカレンは毎晩悪夢に見舞われていた。ある詩人との出会いによってその夢が鮮明になり始める…… 今まで記憶にも残らなかったのに……。 そして次第にそれが未来に実際起こることだと、予知夢だと気づいてしまった。 繰り返し見ていたのは涙を流し刀を己の首に当てる自分の姿だった──
24hポイント 56pt
小説 6,817 位 / 57,486件 恋愛 2,565 位 / 13,740件
文字数 118,107 最終更新日 2019.09.17 登録日 2019.07.01
5
恋愛 完結 長編 R15
 エイゼン国大法官ジャンティの屋敷に住む書生、ジルベルト。ある日、主人であるジャンティが、養女にすると少女リュシイを連れ帰ってきた。  ジルベルトは、少女を半年で貴族の娘らしくするようにと言われる。  少女が持ち込んだ植木鉢の花が半年後に咲いたら、彼女は屋敷を出て行くのだ。  たった半年だけのお嬢さまと青年との触れ合いの物語。 ※ 「少女は今夜、幸せな夢を見る ~若き王が予知の少女に贈る花~」「その白い花が咲く頃、王は少女と夢を結ぶ」のその後の物語となっておりますが、読まなくとも大丈夫です。 ※ 「小説家になろう」にも投稿しています(検索除外中)。
24hポイント 42pt
小説 8,000 位 / 57,486件 恋愛 2,968 位 / 13,740件
文字数 85,627 最終更新日 2019.07.07 登録日 2019.07.04
6
恋愛 完結 長編 R15
 王都を襲った大地震を予言した少女、リュシイはその後、故郷の村に帰って一人で暮らしていた。  新しく村に出入りするようになったライラを姉のように慕っていたが、彼女に騙され連れ去られる。  エイゼン国王レディオスは、彼女を取り戻すため、動き出した。 ※ 「少女は今夜、幸せな夢を見る ~若き王が予知の少女に贈る花~」の続編です。読まなくてもいいように説明を入れながら書いてはいますが、合わせて読んでいただいたほうが分かりやすいと思います。 ※ この話のその後を主人公を変えて書いたものが完結しております。「銀の髪に咲く白い花 ~半年だけの公爵令嬢と私の物語~」 ※ 「小説家になろう」にも投稿しています(検索除外中)。
24hポイント 35pt
小説 8,959 位 / 57,486件 恋愛 3,217 位 / 13,740件
文字数 70,331 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.06.29
7
恋愛 完結 長編 R15
 若くして即位したエイゼン王レディオスは、隣国の王子と遠出に出かけた際に、行き倒れた少女、リュシイを助ける。  目覚めた彼女は言う。「私は未来の絵を見る者」と。  故郷の村でも、彼女の予知夢は必ず当たると言われている。信頼している王子すらも、彼女に心酔している。  予言者などいない。過去の辛い記憶からもそう思っているレディオスは、彼女を信じることはできないが。 「この地を大地震が襲います」  リュシイの予言を前に、彼ができることとは。  若き王と、予言者と呼ばれる少女の、物語。 ※ 「小説家になろう」にも投稿しています(検索除外中)。 ※ 続編「その白い花が咲く頃、王は少女と夢を結ぶ」、完結しております。
24hポイント 21pt
小説 11,468 位 / 57,486件 恋愛 3,912 位 / 13,740件
文字数 127,811 最終更新日 2019.06.29 登録日 2019.06.21
8
恋愛 完結 長編 R15
 ヴァンパイアラブ。出逢ったのは、夏の虹の下。プラチナブロンドで青い瞳のゾッとするほど美しい男性、その名は璃(あき)。彼の手はいつでも冷たかった。でも優しくて紳士的。そんな彼には大きな秘密があって……。
24hポイント 14pt
小説 13,428 位 / 57,486件 恋愛 4,457 位 / 13,740件
文字数 27,641 最終更新日 2018.06.03 登録日 2018.05.29
9
SF 完結 短編
 短編集からの移植です。どうも短編ではすまなくなったので… 短編集時のタイトルは夢分岐路 ー内容ー ある日突然主人公はいつもとは違う夢を見る。それは、時間が経つほどに明らかとなり、予知夢だと言うことが発覚する。 予知夢の正体は何なのか。現実とは。夢とは。その狭間に生きる少年錦田海斗と彼と同様。予知夢を見るようになった大学生。鷺沼皐月の運命は夢という虚無の世界に支配されてしまうのだろうか。 注)この作品は小説家になろうにて二重投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 57,486 位 / 57,486件 SF 1,935 位 / 1,935件
文字数 16,032 最終更新日 2019.02.24 登録日 2019.02.06
9