世界の終わり小説一覧

タグ 世界の終わり×
13
ゾンビが溢れかえった世界でAK-47でひたすらゾンビを射殺する日々を過ごす彼女。 ホームセンターの中で地震に遭遇したところで過去の記憶が途切れていた。 世界には彼女以外の人間がいないように思えた。 なぜ世界にゾンビが溢れているのか? 人類は本当に滅亡したのか? いくつもの謎を抱えつつも、彼女はゾンビを殺しまくるのであった。
24hポイント 42pt
小説 16,352 位 / 144,514件 ミステリー 133 位 / 3,197件
文字数 32,485 最終更新日 2021.04.08 登録日 2021.02.25
2
恋愛 完結 短編 R15
この世界にあるただ一つの大陸。その上空に突如現れた巨大な流れ星。それが落ちて来るのは今から三日後だという。 各国の王は声明を出した。「この世界は三日後に滅ぶ。各人、思い残すことのないように残された日を過ごすように」 それぞれが思い思いに最後の三日間を過ごす。 ある者は、それまで決して表に出すことのなかったことのなかった恋を打ち明ける。 ある者は、それまでの日々を振り返り、愛する者に感謝する。 ある者は、ずっと抑えてきた復讐心を開放する。 星が衝突する最後の日、彼らはどんな思いでその時を迎えるのだろうか。
24hポイント 35pt
小説 18,245 位 / 144,514件 恋愛 8,509 位 / 45,201件
文字数 66,733 最終更新日 2021.05.14 登録日 2021.04.23
3
BL 完結 ショートショート
明日終わる世界で最終日を過ごす二人の話です。 一話完結のssです。ss故に関係性への詳しい言及、登場人物の名前など存在しません。お好きに想像して頂ければ幸いです。 バットエンドではないと思います。
24hポイント 7pt
小説 32,929 位 / 144,514件 BL 6,942 位 / 16,481件
文字数 924 最終更新日 2022.04.22 登録日 2022.04.22
マレフィキウム古代図書館の片隅で、本棚から十冊の本物の魔術書がエニグマ 零次の目の前で消えた。 その中で禁断の魔術書は開くと世界が終わると言われている。 零次は仲間と共に戦う決意をする。 サイエンスの知識を駆使して、本物の魔術師と戦え!! そう、世界が終わりを告げるまで・・・・。 (R15推奨 他サイトの作品と並行して書いていますので、更新がだいぶ遅くなる場合があります汗)
24hポイント 7pt
小説 32,929 位 / 144,514件 ファンタジー 5,799 位 / 34,715件
文字数 23,294 最終更新日 2022.06.19 登録日 2022.04.07
脳内にある人生の記憶を、電子化し保存する技術が発達した世界。 死を迎えると人生は電子化され、Storyとして保管されるようになった。 Storyを保管し、管理する組織、Story管理局(通称スト管)。 事件や事故死などの、「謎の死を遂げた人物」のStoryに入り込み捜査を行う、Story捜査班。 能力者たちが活躍する組織だ。 スペクテイター(傍観者)→過去に何があったのか、Storyを映像として見ることができる能力者 リアリティ→対象に入り込み、シンクロすることで、感情や意識まで読み取ることができる能力者 主人公のユーリは、15歳の少年ながら「200%シンパシー」と称され、対象の潜在意識にまで入り込み心理分析を行う、リアル越えのリアリティとして名高い能力者。 Storyに入り込むためには、原則として、仮想空間に入り込むための機械が必要とされていたが、 機械を使わず時空の扉を開くことができる新たな能力者newtypeが現れ、秩序を乱し始めた。 そんな中、世界の著名人が相次いで謎の死を遂げる事件が発生。 Storyに入り込み捜査を進めるユーリだったが、著名人たちが死の直前、同じロゴマークを見ていることに気付く・・・・。 捜査班の仲間達と共に捜査を続けるユーリの前に、 次々と現れる能力者たち。 この世界の謎が明らかになってゆく。 リライター→Storyを書き換えることができる、能力者。 デヴァステイター→Storyをなかったことにする。消去できる能力者。破壊者。 など、新たな能力者たちが世界を破滅に導こうと動き出す。 謎の組織「糸を紡ぎしものたち」の目的とは・・・? 世界と、亡き者たちのStoryを守ることが出来るのか???
24hポイント 7pt
小説 32,929 位 / 144,514件 ファンタジー 5,799 位 / 34,715件
文字数 5,912 最終更新日 2022.04.24 登録日 2022.03.27
6
SF 連載中 長編 R15
35歳。無職。カネなし。女なし。現世では絶望していたとある普通の男。 だが彼は救世主だった。 男が全て死んだ世界で、女たちと交わり人類を存続させるという使命を持った男の一代記。
24hポイント 0pt
小説 144,514 位 / 144,514件 SF 3,925 位 / 3,925件
文字数 32,679 最終更新日 2022.02.26 登録日 2022.01.28
7
ライト文芸 完結 ショートショート R15
いい夜景を見せてあげる……そう誘われた秋代だったが、夜は暗いまま。夜が明けようとしたその時?! ※自傷などのショッキングな単語があります(描写はありません)。苦手な方はと16歳未満の方は閲覧しないでください。
24hポイント 0pt
小説 144,514 位 / 144,514件 ライト文芸 6,117 位 / 6,117件
文字数 643 最終更新日 2021.10.18 登録日 2021.10.18
世界の終わりが予測された20世紀末。 人類が地下シェルターでの生活を受け入れ始めるなか、少女ニーナは言う。 「わたしは世界を救いに行く。終わるのがわかってるのに止めないなんて変だよ」 彼女は知らない――。 ――――この世界はとっくに終わっているのだ。 これはもう救えない世界を救いたい君と、そんな君を救いたい僕の綺麗で虚しい終末譚 超不定期更新 ゆるっとした終末譚です。 ゆるっとしていますが設定はしっかり作ってあります。 綺麗で虚しい話がお好きな考察好きは楽しんでいただけるのではないかと思います。 一話一話は短いので気楽に読んでください。
24hポイント 0pt
小説 144,514 位 / 144,514件 キャラ文芸 3,388 位 / 3,388件
文字数 5,077 最終更新日 2020.07.06 登録日 2020.07.04
9
青春 完結 短編 R15
夜空を割いて無数の星が降り落ちた日。 世界の終わりの日。 あなたなら何をする? 美味しいものを食べる? 豪遊する? 大切な人と過ごす? 私はそのどれでもなく──「あの子」の最後のライブを見ていた。 国民的アイドルになった、私の幼なじみのあの子の。 ※小説家になろう・エブリスタにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 144,514 位 / 144,514件 青春 5,349 位 / 5,349件
文字数 6,613 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.06.28
神に最も近い一族「リコヴィーア一族」が世界の覇権を握ってから久しい。 彼らの支配する帝国は、差別的な異民族支配によって、徐々に弱体化していった。 悪政がはびこる中、皇子エルグレインは「死んだ」と聞かされていた自分の兄がまだ生きていることを神官長に告げられる。 兄ローシュは、有り余る術の技量(ザウベル)を持つ金髪金瞳の皇帝第一子であり、魔系の術者であることから、産まれてすぐに葬られたはずだった。しかし彼は、収容所としての機能をもつ村に、幼い頃から閉じ込められていたのだ。 それを知ったエルグレインは、複雑な想いを抱きつつも、宮殿を抜け出し、兄の元へ旅立った。 その旅が、この兄弟の、そして、帝国の運命を大きく変えていくことになるとは知らずに…。 エルグレインの皇子としての憂鬱と、ローシュの不遇は、お互いの人生の歯車を強力に回し合う。 国、そして世界の終末の行方はこの兄弟の手によって握られていたのだった。
24hポイント 0pt
小説 144,514 位 / 144,514件 ファンタジー 34,715 位 / 34,715件
文字数 12,992 最終更新日 2020.03.22 登録日 2019.11.20
11
ライト文芸 連載中 ショートショート
人間が廃れ、人形が栄えた世界を文章として記録する少年と、写真として保存する少女のお話です。 連載形式ではありますが、基本的には一話完結型の連作小説になると思います。 更新頻度に関しては、詳しくは未定で具体的には不定期です。
24hポイント 0pt
小説 144,514 位 / 144,514件 ライト文芸 6,117 位 / 6,117件
文字数 12,035 最終更新日 2019.10.05 登録日 2019.10.03
世界は猫で出来ていた── ある日目覚めると部屋中に猫が居た。 いや、部屋中の物が猫になっていた。 パソコン、スマホ、今日の朝食予定だった菓子パン、果ては机や椅子まで……全てが猫になっていた。
24hポイント 0pt
小説 144,514 位 / 144,514件 ライト文芸 6,117 位 / 6,117件
文字数 3,695 最終更新日 2019.04.18 登録日 2019.04.18
13
SF 完結 ショートショート
 月が落ちてくることで、地球が滅びることが運命として決まっている世界。巨大な月が夜空に浮かぶ下で、二人は出会い、そこで月に対する思いを語る。  そんな世界の終わりの前にあった、ひと場面。  この話の舞台は昔私が見た夢を元にして作ってみました。夢の中では空を覆うように、綺麗な月が浮かんでいたのを覚えています。夢の中とはいえ、本当に綺麗な景色でした。  この見た夢を題材に小説を書いてみようと思い、書いたのがこの話です。ストーリーは夢とは全く関係ありませんが、世界観が伝わってくれたらいいな、と思っています。  ちなみにですが、夢の続きは、その後月が落ちてきて地球が木っ端微塵に無くなります。しかし私はなぜか生きており、地球の破片と一緒に宇宙空間を彷徨い続けることになりました……。  この作品はアルファポリス、エブリスタ、カクヨム、小説家になろう、マグネット、に同時投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 144,514 位 / 144,514件 SF 3,925 位 / 3,925件
文字数 2,695 最終更新日 2019.02.06 登録日 2019.02.06
13