香港小説一覧

タグ 香港×
2
※この作品に登場する『幻術師の蜃』は、連載中の『華夏帝王奇譚』に登場する『蜃』と同一人物です。  本土への返還を一年後に控えた一九九六年六月三〇日の香港で、三年前に取り壊されたはずの魔窟、中英間の紛争の種であった無法地帯、九龍城砦が甦った。  売春、麻薬、賭博、武器、殺人、不法入国者……あらゆる悪の温床である、東洋最大で最後のカスバが、雨と共に現れたのだ。  北京、英国、香港当局が戸惑う中、退去させられた住人たちが、続々とその魔窟に戻り始め、再び以前以上の魔窟を形成する。  九龍城砦で生まれた美貌の少年、真性のサディストと謳われる輪(ルン)も、その一人であった。  そして、もう一人、魔窟の主と呼ばれる無免許の鍼灸医の老婆。  彼ら二人の元に、伝説の幻術師、蜃(シェン)という玲瓏な青年が現れる。  九龍城砦を破壊する、という蜃の言葉に、輪と婆婆は、自分たちの住処を守るために戦うことを決めるが、そこへまた三人、異国の旅人が訪れる。  一人は賢者カフヴァと呼ばれる魔法使い(ドルイド)、もう一人は、グローヌと呼ばれる女魔法使い(ドルイダス)、そして、吟遊詩人(バード)のトルウ――いずれも、遠きエリンより伝えられた知恵を操る、ケルトの末であった。  彼らの目的は、《再生の車輪》が起動したことによって甦った九龍城砦を消滅させ、元の建造物を取り戻し、在るべきものを在るべき場所へ存在させる、ということであり、そのために、九龍城砦で廻り始めた《再生の車輪》を見つけ、それを起動させた者を見つける、ということであった。  それを知った輪と婆婆も、彼らの目的を阻止するため、《再生の車輪》を捜し始める。  輪はネイルと呼ばれるナイフと邪眼を武器に、婆婆は針と気功を武器に、カフヴァとグローヌは魔法を武器に、トルウは呪歌と竪琴を武器に、戦いを繰り広げながら、同じものを求めて行く。 ※この作品に登場する『幻術師の蜃』は、連載中の『華夏帝王奇譚』に登場する『蜃』と同一人物です。 ※一部、性描写(必要描写です)があります。苦手な方はお気を付けください。 ※表紙画:フリーイラストの加工です。
24hポイント 0pt
小説 55,555 位 / 55,555件 ファンタジー 18,364 位 / 18,364件
文字数 106,582 最終更新日 2017.09.07 登録日 2017.08.29
2
現代文学 完結 ショートショート
短歌。
24hポイント 0pt
小説 55,555 位 / 55,555件 現代文学 2,305 位 / 2,305件
文字数 22 最終更新日 2019.09.10 登録日 2019.09.10
2