鉱石小説一覧

タグ 鉱石×
4
極楽堂鉱石薬店奇譚の番外編です。 仙台市若林区沖野にある喫茶店「リュミヌー珈琲」様とほぼ勝手にコラボさせていただきました。 それは、この世のようでこの世に非ず。過去のようで過去にも非ず。 國は日ノ本、世は大正。見目麗しい鉱石が煎じ薬とされていた。 極楽堂鉱石薬店は、そんな日ノ本國のとある街で営まれる一風変わった石薬屋である。 そしてこれは、その極楽堂に関わる人々が、 午前中だけ現れる不思議な純喫茶「リユミヌー珈琲」に訪れて、不思議な時間を過ごす物語。
24hポイント 0pt
小説 120,105 位 / 120,105件 ライト文芸 5,039 位 / 5,039件
文字数 11,205 最終更新日 2021.08.18 登録日 2021.08.04
ファンタジー世界の石屋さん。 訪れる、いろいろなお客さんたちの話。 今日はどんなお客さん? この作品はなろうにも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 120,105 位 / 120,105件 ファンタジー 31,367 位 / 31,367件
文字数 11,326 最終更新日 2021.04.03 登録日 2021.04.01
仮想の時代、大正参拾余年。 その世界では、鉱石は薬として扱われていた。 鉱石の薬効に鼻の効く人間が一定数居て、彼らはその特性を活かし薬屋を営んでいた。 極楽堂鉱石薬店の女主の妹 極楽院由乃(ごくらくいんよしの)は、生家の近くの線路の廃線に伴い学校の近くで姉が営んでいる店に越してくる。 その町では、龍神伝説のある湖での女学生同士の心中事件や、不審な男の付き纏い、女学生による真珠煙管の違法乱用などきな臭い噂が行き交っていた。 ある日、由乃は女学校で亡き兄弟に瓜二つの上級生、嘉月柘榴(かげつざくろ)に出会う。 誰に対しても心を閉ざし、人目につかないところで真珠煙管を吸い、陰で男と通じていて不良女学生と名高い彼女に、由乃は心惹かれてしまう。 だが、彼女には不穏な噂がいくつも付き纏っていた。 ※作中の鉱石薬は独自設定です。実際の鉱石にそのような薬効はありません。
24hポイント 0pt
小説 120,105 位 / 120,105件 ライト文芸 5,039 位 / 5,039件
文字数 137,100 最終更新日 2019.05.23 登録日 2019.04.13
大正時代をモチーフにした世界。ここでは鉱石が薬として取り扱われている。 極楽堂鉱石薬店は鉱石薬を取り扱う店で、女主人の極楽院 奈落が祖父からその店を引き継ぎ切り盛りしていた。 ある日、奈落の女学校時代の後輩、千代が偶然子どもを連れて店に訪れる。奈落を慕っていた千代との話に花が咲くが、節々に違和感を感じる奈落。のちに千代とその夫はうまくいっていない事がわかり、奈落は心かき乱される。そして、奈落と千代は本来タブーとされている女学校卒業後の「エス」−特別な姉妹関係を結ぶ事になる。 ※作中に出てくる鉱石薬は独自設定です。実際の鉱石に同等の薬効がある訳ではありません。
24hポイント 0pt
小説 120,105 位 / 120,105件 ライト文芸 5,039 位 / 5,039件
文字数 51,559 最終更新日 2019.04.12 登録日 2019.03.20
4