織田信長小説一覧

タグ 織田信長×
48 12
戦国一の無能者、一条兼定(いちじょう・かねさだ)は、 ある晩に頭を強く打って超絶有能な大名へと覚醒した。 しかし、既に追い詰められた状況下にある一条家を取り巻く現状は非常に厳しい。  四国の雄、長宗我部元親。  強大な勢力を誇る三好家や毛利家。  そして天を握りつつある織田信長―― そんな彼らに対抗しつつ、数々の策略に満ちた戦乱の世を、熱い男達が駆け抜ける。 時に淡い恋の物語りを挟みつつ、 史実と異なる一条兼定が贈る、もう一つの歴史の物語。
24hポイント 979pt
小説 1,323 位 / 77,181件 歴史・時代 7 位 / 1,104件
文字数 269,871 最終更新日 2020.04.16 登録日 2019.04.20
日本の歴史上最も有名な『本能寺の変』の当日から物語は足早に流れて行く展開です。 この作品は「もし」という概念で物語が進行していきます。 主人公【織田信長】が死んで、若返って蘇り再び活躍するという作品です。 ※この物語はフィクションです。
24hポイント 553pt
小説 2,026 位 / 77,181件 歴史・時代 15 位 / 1,104件
文字数 252,764 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.04.11
織田信長家臣筆頭である佐久間信盛の弟、佐久間左京亮(さきょうのすけ)。 自由奔放な兄に加え、きっつい嫁に振り回され、 フラフラになりながらも必死に生き延びようとする彼にはたして 未来はあるのか?
24hポイント 127pt
小説 5,774 位 / 77,181件 歴史・時代 58 位 / 1,104件
文字数 119,322 最終更新日 2019.11.29 登録日 2019.04.30
アルファポリス第2回歴史時代小説大賞・読者賞受賞作 原因不明だが、武田義信に生まれ変わってしまった。血も涙もない父親、武田信玄に殺されるなんて真平御免、深く静かに天下統一を目指します。
24hポイント 85pt
小説 7,141 位 / 77,181件 ファンタジー 1,649 位 / 22,308件
文字数 817,091 最終更新日 2019.09.13 登録日 2016.09.12
5
恋愛 完結 長編 R18
若き織田信長と高校生のヒロインが、結婚してから恋に落ちる――? 現代の普通の高校生だったヒロインが戦国時代に召喚され、戦国武将の織田信長と政略結婚させられることに!? 身代わりなのに、信長様に愛されすぎたヒロインは……。 ある日、ヒロインの美夜は、最愛の兄雪春とともに戦国時代に召喚されてしまう。 そして、そこにいたのは、戦国武将の斎藤道三。 道三の娘、帰蝶にうり二つの美夜は、呪術というものによって、この世界に喚ばれてしまったらしい。 本物の帰蝶は織田信長との政略結婚を悲観し、恋仲だった男と心中。 道三は帰蝶の身代わりとして、美夜を信長に嫁がせるという。 大切な兄、雪春を人質に取られ、美夜は道三の娘、帰蝶(濃姫)として戦国武将の織田信長に嫁ぐことになる――。 美夜は16歳、信長も16歳。 信長との新婚生活は、波乱ばかりの日々。 でも、事前情報大うつけのはずの信長はヒロインにとても優しく、身代わりなのに愛されまくる日々。 そんな信長にヒロインの心は信長に傾いていくが、自分は偽りの帰蝶……。 大きくなっていく信長への思いと、信長を欺き続けることへの罪悪感の狭間で、ヒロインはどのような決断を下すのか。 そして信長は――。 ※2018年6月10日に完結しました!! ※ムーンライトノベルズさんでも掲載を始めました!
24hポイント 78pt
小説 7,629 位 / 77,181件 恋愛 3,263 位 / 20,363件
文字数 525,803 最終更新日 2018.06.10 登録日 2018.02.22
桶狭間の戦い、比叡山の焼き討ち、 楽市楽座、天下布武、本能寺の変など 歴史に名を刻む人生を送った織田信長 キリスト教や南蛮物が好きな変わり者。 短気で冷酷な性格。 尾張のうつけ、魔王信長、の異名持ち。 とイメージするだろう。 しかし、この物語では本能寺の変付近から 信長と他武将が新たに別の歴史を歩みだす。 魔王信長は本能寺の変にて生まれ変わる 信長は再び天下を狙うがそれは、魔王としてでは無かった。 信長は魔王の異名を返上する為、 他武将と共に日々奮闘し新たな異名を獲得していく。 信長は魔王の異名を無事返し 天下を狙う事が出来るのか?
24hポイント 63pt
小説 8,403 位 / 77,181件 歴史・時代 94 位 / 1,104件
文字数 6,676 最終更新日 2019.03.09 登録日 2019.01.28
7
歴史・時代 連載中 短編 R15
時は戦国時代。 武田信玄の軍師であり、父であった山本勘助の名声は、川中島の合戦で、地に落ちて忘れ去られようとしていた。 そんな中、山本勘助の嫡男、山本勘蔵は、山本家復興の為、立身出世を続けていく。 稚拙な架空?仮想戦国時代小説です。 つまらなかったら見なくて結構! 興味のある読者様だけ、閲覧よろしくお願いいたします。
24hポイント 63pt
小説 8,403 位 / 77,181件 歴史・時代 94 位 / 1,104件
文字数 24,898 最終更新日 2020.03.14 登録日 2018.11.22
武田軍天才軍師山本勘助の死後、息子の菅助が父の意思を継いで軍師になりたいと奔走する戦国合戦絵巻。 武田信玄と武田勝頼の下で、三方ヶ原合戦、高天神城攻略戦、長篠・設楽原合戦など、天下を揺さぶる大いくさで、徳川家康と織田信長と戦う。 しかし、そんな大敵の前に立ちはだかるのは、武田最強軍団のすべてを知る無双の副将、内藤昌秀だった。 どんな仇敵よりも存在感が大きいこの味方武将に対し、2代目山本菅助の、父親ゆずりの知略は発揮されるのか!? 歴史物語の正統(自称)でありながら、パロディと風刺が盛り込まれた作品です。
24hポイント 63pt
小説 8,403 位 / 77,181件 歴史・時代 94 位 / 1,104件
文字数 46,035 最終更新日 2018.05.13 登録日 2018.04.30
俺、初恋の幼馴染と死に別れる。JK助けて逝っちゃった……… 現代日本に生きるファンタジーと信長オタクの雷同太郎、17歳。ある日太郎は、チンピラに絡まれたJKを助ける為、初恋の相手である幼馴染の目の前で命を落とす。幽霊となった太郎は限りなく怪しい神様から、頑健な肉体と信長スキルを貰い、中世西洋風異世界、辺境小国の王子へと転生する。女子に全く縁が無かった太郎だが、到着した王宮には政略結婚の相手となる美少女嫁が待っていた。超ブラコンの美少女妹も絡んで気苦労が絶えない太郎だったが、ふりかかる内紛、謀反、戦い、開拓をクリアし、そして素敵な恋愛ゲットと、詰んでいた人生を『パワーアップリセット』すべく、新たな人生をスタートさせたのだった。 『真☆信長に学べ! 俺の異世界生き残りライフ』の改訂版です。
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,181件 ファンタジー 2,113 位 / 22,308件
文字数 72,028 最終更新日 2020.07.09 登録日 2020.06.15
戦国時代、尾張一の商業地・津島で一番の大店を仕切る『吉乃』は、ふとしたことで織田家の兵糧が横流しされる事件に巻き込まれてしまう。 その勝ち気な性格のせいで吉乃は織田家の侍たちに立ち向かうのだが、その時一人の若武者が現れる。それは、家督を継いだばかりの織田信長で…… 後に信長の側室となる、生駒吉乃。彼女はどのような人物だったのか。 信長最愛の女性とされるその謎多き人物像を、史実とフィクションを織り交ぜながら描きます。
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,181件 歴史・時代 127 位 / 1,104件
文字数 218,607 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.05.02
11
歴史・時代 連載中 長編 R18
織田信長と女忍のお話しシリーズもの
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,181件 歴史・時代 127 位 / 1,104件
文字数 4,071 最終更新日 2019.02.06 登録日 2019.02.06
12
SF 完結 短編 R15
散歩がてら、神社にお参りに行った舞花は石段から足をすべらせ、気がついたら戦国時代に……。三人組の野盗に襲われかけていた所を助けてくれたのは織田信長だった。日本史上、最も有名な奇襲として名高い、桶狭間の戦いに赴く直前の織田信長出会った舞花は……。
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,181件 SF 125 位 / 2,501件
文字数 6,626 最終更新日 2017.06.10 登録日 2017.06.10
13
SF 連載中 長編
織田信長には片腕と頼む弟がいた。喜六郎秀隆である。事故死したはずの弟が目覚めたとき、この世にありえぬ知識も同時によみがえっていたのである。 これは兄弟二人が手を取り合って戦国の世を綱渡りのように歩いてゆく物語である。 思い付きのため不定期連載です。
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,181件 SF 125 位 / 2,501件
文字数 432,666 最終更新日 2017.07.21 登録日 2016.11.08
織田水軍にその人ありといわれた九鬼嘉隆の生涯です。あまり語られることのない、海の戦国史を語っていきたいと思います。
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,181件 歴史・時代 127 位 / 1,104件
文字数 140,230 最終更新日 2017.10.19 登録日 2016.09.11
戦国雑学史料エッセイ(特に織田家) 戦国期の日常生活。江戸期や現在とは違う誤解されやすい当時の常識。 「信長公記」や通説の分析、考察。  
24hポイント 35pt
小説 11,449 位 / 77,181件 エッセイ・ノンフィクション 154 位 / 2,515件
文字数 24,450 最終更新日 2020.05.31 登録日 2020.05.27
16
ファンタジー 連載中 長編 R15
現代に生きる社会人の青年は、ひょんなことから戦国の世に転生してしまう。転生先は尾張の戦国大名の息子、吉法師。そう、後の織田信長である。 様々な死亡フラグ渦巻く戦国の世。転生した青年は、逞しく生き延び、天下泰平の世を目指そうと志を新たにするのだが…… 「あれ、なんか俺の体、光ってね?」 これは戦国という荒波にもまれながらも、新たに手に入れたスキルを使い、宗教の力で天下泰平の世を目指す一人の青年の物語である。
24hポイント 28pt
小説 12,516 位 / 77,181件 ファンタジー 2,635 位 / 22,308件
文字数 126,565 最終更新日 2018.06.19 登録日 2018.04.14
 織田家の家紋に用いられている、木瓜。その花言葉は“早熟”“平凡”―――。  永禄三年(西暦一五六〇年)三月、熱田を散策する、織田“上総介”信長。  そこで偶然再会した古くからの馴染みである“弥助”から、駿河の米商人が米を買い集めているという情報を耳にする。  それは駿河・遠江・三河の三ヶ国を治める“海道一の弓取り”今川“治部大輔”義元が西上する兆しに違いなかった―――!!  家督相続を巡り勃発した内紛の傷が癒えていない織田家は、一枚岩とは到底言い難い状況。  今川勢西上の動きに籠城と抗戦で二分する家臣達。その家臣を信じきれない信長。  果たして、信長は迫り来る強敵・今川義元とどう対峙するのか―――!?  ◇第125回文學界新人賞 応募作品(落選)◇  ※この作品は第125回文學界新人賞に応募した作品を一部加筆修正しています。  <第6回歴史・時代小説大賞>にエントリーしました!  皆様の投票、よろしくお願い致します。  ◆この作品は、『小説家になろう』(https://ncode.syosetu.com/n4425gc/)でも掲載しています。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 44,293 最終更新日 2020.04.06 登録日 2020.04.06
18
歴史・時代 完結 ショートショート
酷え
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 614 最終更新日 2020.01.30 登録日 2020.01.30
 天正十年四月二十一日、織田“上総守”信長は甲州征伐を終えて安土に凱旋した。  長年苦しめられてきた宿敵を倒しての帰還であるはずなのに、信長の表情はどこか冴えない。  今、日ノ本で最も勢いのある織田家を率いる天下人である信長は、果たして何を思うのか?  ※この作品は過去新人賞に応募した作品を大幅に加筆修正を加えて投稿しています。  <第6回歴史・時代小説大賞>にエントリーしています!  皆様の投票、よろしくお願い致します。  『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2184fu/ )』『カクヨム(https://kakuyomu.jp/works/1177354054891485907)』および私が運営するサイト『海の見える高台の家』でも同時掲載
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 32,620 最終更新日 2019.10.08 登録日 2019.10.04
戦国時代。結城怜明は妖怪退治をしながら全国を回っていた。 そんな時、彼のことを理を操る陰陽師として戦国武将たちが狙い始め―― 『妖し輪廻』から450年前。最悪の鬼・影山との戦い!!
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 キャラ文芸 174 位 / 1,873件
文字数 84,236 最終更新日 2019.08.09 登録日 2019.06.29
 戦国末期に活躍した海賊商人、納屋助左衛門は人生の絶頂期を迎えていた。しかし時の権力者、秀吉のある要請を断り、その将来に不安な影を落とす。  やがて助左衛門は倒れ伏せ、少年時代の悪夢にうなされる。 ──以後、少年時代の回想  戦に巻き込まれ雑兵に捕まった少年、助左衛門は物として奴隷市場に出された。キリシタンの彼は珍しがられ、奴隷商人の元締、天海の奴隷として尾張へ連れて行かれることになる。  その尾張では、 戦国の風雲児、信長がまだ「うつけ」と呼ばれていた頃、彼の領地を巡り戦が起ころうとしていた。  イクサ。  なぜ、戦が起こるのか⁈  なぜ、戦によって奴隷が生まれるのか⁈  奴隷商人が暗躍する戦場で見た現実に、助左衛門は怒りを覚える!!   そして……。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 18,784 最終更新日 2019.05.12 登録日 2019.05.04
ある日のこと。 領内を巡検していた羽柴秀吉が、たまたま立ち寄った街道沿いの寺。 その寺は異様な雰囲気を持っていた。 そこで秀吉は奇妙な小坊主と出会う。 それが佐吉こと石田三成だった……。 佐吉は秀吉の家臣となり、その才によって秀吉に引き立てられるが……。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 16,849 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.30
 滝川三九郎一積は、織田信長の重臣であった滝川一益の嫡孫である。しかし、父の代に没落し、今は浪人の身であった。彼は、柳生新陰流の達人であり、主を持たない自由を愛する武士である。  三九郎は今、亡き父の遺言により、信州上田へと来ていた。そして、この上田でも今、正に天下分け目の大戦の前であった。その時、三九郎は、一人の男装した娘をひょんな事から助けることとなる。そして、その娘こそ、戦国一の知将である真田安房守昌幸の娘であった。  上田平を展望する三九郎の細い瞳には何が映って見えるのだろうか?これは、戦国末期を駆け抜けた一人の歴史上あまり知られていない快男児の物語である。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 139,993 最終更新日 2018.11.10 登録日 2018.11.10
 織田信長によって「鬼武蔵」という異名をつけられた若き武将・森長可。主君の命により敵味方に恐れられるべき鬼として振る舞い続ける猛将の人生は、本能寺の変という歴史的大事件の発生によって激変していく。寄りかかるべき大樹であった主君と実弟・蘭丸を喪い、生きる意味を見失いかけた彼であったが、偶然見つけた槍の好敵手に狂気そのものの執着をすることで自らを奮い立たせ再び修羅の道へと突き進んでいく。  狙うべきは―――かつての僚友であった、岩崎城の丹羽氏次と美貌の弟・氏重兄弟の首のみ。  まず、歴史・小説大賞の応募作として一部完結とさせていただきます。第二部では羽黒の戦い、岩崎城の戦い、最後に小牧・長久手の戦いが中心となりますのでご期待ください。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 121,617 最終更新日 2018.06.02 登録日 2018.04.30
第一話を完結とし、第二話を連載にて継続にします。 織田信長近習に不思議な男がいた。名を太田牛一。通称又助と呼ばれた。 弓の者として武名に長け、かつ博識にして文才にも秀でた。又助は、信長の名を広め、残すために身の回りの虚実を漏らさず書き留めた。世に言う「信長公記」である。 もちろん書き遺せない事実もあったに違いない。 今回は「火起請」の項を取り上げた。 魔王と恐れられた信長ははたして人か、神の子なのか? 又助は何を見たのか? 第二話は、戦国期の公家の中で起った風変わりな事件。 織田家と縁の深い山科言継を中心に殿上人の話がちりばめられ、又助は奇妙な結末を迎えることになる。禁裏界隈では、武家のような断罪をするにはしがらみが多いようだ。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 139,985 最終更新日 2018.05.18 登録日 2018.04.24
26
SF 連載中 長編 R15
時は戦国の世、各地にいくさ、争い、 絶えざる世界   そんな荒廃しきった歴史の大きな流れの中に、1人の少年の姿があった。 平成の年号になって、平和にどっぷりと浸かりきった現在、まず見られることはないであろう少しユニークとすら言える格式?高い家に生まれた少年が、元服の儀で家宝の小刀を受け継ぐ。 そんな家宝である小刀が輝くとき、少年は不思議な世界に迷い込む! 誤字脱字等、多々あろうことかとおもいますが、暖かい目で見ていただけると幸いです。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,181件 SF 192 位 / 2,501件
文字数 445,295 最終更新日 2017.06.29 登録日 2016.08.26
※※※チート過ぎる織田信長による異世界成り上がり物語※※※ 本能寺にて、織田信長が快楽に浸っていると、明智光秀が謀反を起こした。 炎上する本能寺。襲い掛かる明智の軍勢。是非も及ばずそそくさと逃げる信長。 奇跡的にも逃げおおせた信長だが、気づけば見知らぬ森の中にいた。 そこは日本ではなく、異世界だった。 更に、信長は青年に若返っていた。 最初は慣れない世界に戸惑う信長だが、すぐに適応する。 身なりを現地風にして、話し方も青年らしいものに変えた。 そして、大いなる野望の為に突き進み、成り上がっていく。
24hポイント 14pt
小説 16,707 位 / 77,181件 ファンタジー 3,436 位 / 22,308件
文字数 30,212 最終更新日 2020.06.24 登録日 2020.05.24
天正八年。傀儡子の海雨(みう)という名の少女は、京の愛宕神社にて明智光秀の前で舞いを舞った。傀儡子とは、古来より海人族が伝承する「筑紫舞い」という舞いを、高位高官や民衆に披露する漂泊の芸能者のことである。共に旅する伊佐(いさ)という少年は、海雨の妹で足萎えの幼女・海帆(みほ)を背負い、姉妹を警護していた。およそ二年前、伊佐は雑賀の荘で鉄砲隊に加わっていたが、幼馴染の少女を犯し殺した少年らに報復し、逃亡した。傀儡子の姉妹と出会い、従者として生きることになった伊佐だが、またも彼を悲運が襲う……。 権謀術数の中を間者として生き抜く忍びの少年、運命に翻弄されながらも気高く舞いつづける傀儡子の少女、そして海千山千の武将らが織りなす戦国ハードロマン。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 84,749 最終更新日 2020.05.29 登録日 2020.05.29
ごく普通の女子高生は、謎の蝶の夢から覚めると戦国時代に転生していた。 転生した彼女が呼ばれた名は……帰蝶。 美濃の蝮、斎藤道三の娘であり、戦国の魔王、織田信長の妻になる人物である。 はじめは困惑するばかりだった帰蝶だが、優しい母親や愉快な妹達のお陰で徐々に戦国の世に慣れはじめていた。 ……だが、ここは血で血を洗う戦国時代。 腹に一物秘めてばかりの血生臭い戦国男子達は、現代っ子の帰蝶には刺激が強すぎるものであった。 (小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+様にも投稿しております)
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 ファンタジー 22,308 位 / 22,308件
文字数 39,432 最終更新日 2020.06.15 登録日 2020.05.24
 ――戦国の世に、聖母マリアの黄金(マリーゴールド)の花が咲く。  永禄十二年、春。  キリスト教の布教と引き換えに、通訳の才能を持つ金髪碧眼の亡国の姫君、大内カレンデュラ帆南(はんな)は養父である豊後国の大友宗麟の企みによってときの覇王、織田信長の元に渡された。  信長はその異相ゆえ宣教師たちに育てられ宗麟が側室にしようか悩んだほど美しく成長した少女の名を帆波(ほなみ)と改めさせ、自分の娘、冬姫の侍女とする。  十一歳の冬姫には元服を迎えたばかりの忠三郎という許婚者がいた。信長の人質でありながら小姓として働く彼は冬姫の侍女となった帆波を間諜だと言いがかりをつけてはなにかと喧嘩をふっかけ、彼女を辟易とさせていた。  が、初夏に当時の同朋、ルイスが帆波を必要だと岐阜城を訪れたことで、ふたりの関係に変化が――?  これは、春の嵐のような戦乱の世で花開いた、黄金(きん)色の花のような少女が織りなす恋の軌跡(ものがたり)。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 35,014 最終更新日 2020.06.14 登録日 2020.05.20
尾張国の守護代の配下に三奉行家と呼ばれる家があった。 その家のひとつを弾正忠家といった。当主は織田信秀。 信秀の息子に信長と信勝という兄弟がいた。 兄は大うつけ(大バカ者)、弟は品行方正と名高かった。 兄を廃嫡し、弟に家督を継がせよと専らの評判である。 信勝は美貌で利発な上、優しかった。男女問わず人に好かれた。 その信勝の話。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 32,094 最終更新日 2020.04.29 登録日 2020.04.25
俺は石ころじゃない、礫(つぶて)だ!桶狭間前夜を駆ける無名戦士達の物語。 永禄3年5月19日の早朝。桶狭間の戦いが起こるほんの数時間ほど前の話。出撃に際し戦勝祈願に立ち寄った熱田神宮の拝殿で、織田信長の眼に、彼方の空にあがる二条の黒い煙が映った。重要拠点の敵を抑止する付け城として築かれた、鷲津砦と丸根砦とが、相前後して炎上、陥落したことを示す煙だった。敵は、餌に食いついた。ひとりほくそ笑む信長。しかし、引き続く歴史的大逆転の影には、この両砦に籠って戦い、玉砕した、名もなき雑兵どもの人生と、夢があったのである。 ************************** 本編は「信長公記」にも記された、このプロローグからわずかに時間を巻き戻し、弥七という、矢作川の流域に棲む河原者(被差別民)の子供が、ある理不尽な事件に巻き込まれたところからはじまります。逃亡者となった彼は、やがて国境を越え、風雲急を告げる東尾張へ。そして、戦地を駆ける黒鍬衆の一人となって、底知れぬ謀略と争乱の渦中に巻き込まれていきます。そして、最後に行き着いた先は? ストーリーはフィクションですが、周辺の歴史事件など、なるべく史実を踏み、リアリティを追求しました。 戦場を駆ける河原者二人の眼で、戦国時代を体感しに行きましょう! 「小説家になろう」「カクヨム」「ノベルアップ」にも掲載。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 220,672 最終更新日 2020.04.05 登録日 2020.03.26
天正7年9月15日、徳川家康の長男・徳川信康自害。享年21歳。なぜ彼は自害する事になってしまったのか。織田信長から「信」の字をもらい、父・家康から「康」をもらった信康。妻は織田信長の娘・徳姫。順風満帆に見えた彼の人生に何が起こったのか。史実に基づきながら解き明かしていく。2018年名古屋で公演され「名古屋市民芸術祭」において「2018演劇部門特別賞」を受賞し、2019年には岡崎市で公演された舞台「覇王の子」の原作脚本。※舞台脚本ですので小説とはちょっと異なります。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 23,778 最終更新日 2019.08.12 登録日 2019.08.07
なんと、日本史上最大の“出世男”―― 農民から天下人になった豊臣秀吉にはある秘密が……。 いじめられっ子の彼はあの時、はじめて―― “生きる意味”を知った。 秀吉の史上最大のサクセスストーリーはここから始まる! 織田信長と秀吉の“師弟愛”がおりなす、ハートフルヒューマン物語。 第2回 「ほっこり・じんわり大賞」エントリー作品です! 同時連載・エントリー作品 生きるべきか?、死ぬべきか?……それが問題だ。 by『哲学名言《超》解釈集』 ~いじめ自殺防止編~ も、よろしく!
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 7,456 最終更新日 2019.08.09 登録日 2019.07.31
35
SF 完結 長編
※この作品は『歴史改変戦記「信長、中国を攻めるってよ」』第一部を増補・改稿したものです。 タイムマシンによる時間航行が実現した近未来、歴史の謎は次々に解明されていく。歴史の「もしも」を探求する比較歴史学会は百家争鳴となり、大国の首脳陣は自国に都合の良い歴史を作り出す歴史改変実験に熱中し始めた。歴史学者である「私」はひとつの論文を書き上げ、中国政府は私の論文を歴史改変実験に採用した。織田信長による中華帝国の統一という歴史改変を目的とした「碧海作戦」が発動されたのだ。これは近代において、中華文明を西欧文明に対抗させるための戦略であった。神の位置から歴史改変の指揮を執る私たちは、歴史の創造者なのか。それとも非力な天使なのか。もうひとつの歴史を作り出すという思考実験を通じて、日本、中国、朝鮮の歴史を、おちょくりつつ検証する、ちょっと危ないポリティカル歴史改変コメディー。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 SF 2,501 位 / 2,501件
文字数 102,757 最終更新日 2019.07.04 登録日 2019.06.23
舞台は長篠・設楽原の戦い 主人公は織田家重臣佐久間信盛。  決戦を翌日に控え、信盛は妙な噂を耳にした。 「佐久間が内通している」という噂。  身に覚えのない噂によって、信盛には疑惑の眼差しが向けられる。  翌日、敵の攻撃が強まり、味方の柵が次々と破られ始める。  苦戦の中、疑心暗鬼に陥る織田軍武将たち。  そして、信盛が決断する。  佐久間信盛の長篠・設楽原の戦いです。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 17,606 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.30
戦国の世。 そこには個人の自由にはならない恋物語があった。 織田信長 × お市 の禁断の恋 義兄妹になった二人のままならない思い。 願わくば、心だけでもただ貴方のお側に。 信長とお市が恋人どうしだったら、という観点で歴史を綴っていきます。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 16,575 最終更新日 2019.05.30 登録日 2019.04.30
信長の子の中で、最も父の才能を引き継いでいる、といわれる貴公子信孝。 密かに自分でも己の才能を誇っていた。 その信孝に、四国征伐の総大将という大役が任命される。 しかし無常にも、出陣準備中に本能寺の変が勃発。 窮地に陥る信孝だったが、この逆境を飛翔の機会として信孝は羽ばたこうとする――
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 17,808 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.30
死の寸前、前田利家は夢を見る。 自分の人生を、生き方を変えた戦い――。 桶狭間。 利家はその過酷な戦いの中で、己の生き方を見つける。
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 18,382 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.30
天正十年六月三日未明、明智光秀は、沓掛という街道にいた。右に向えば、山崎・天神馬場を経て摂津へ行ける。そして、沓掛を左に向えば、信長が居る京の都までは、すぐの距離にあった。  光秀は、正に歴史の分岐点に居た。物語は、本能寺へと向かう光秀の状況と過去の回想を視点に、展開していく。 信長に出会った日から、幕府再興を果たした時。そして、信長と共に進む天下布武の道で、立身出世を果たしていく光秀。  しかし、いつしか信長の描く野望と、光秀が見る夢とが乖離した時、物語は一つの方向へと進んでいくのであった。  新説を取り入れながら、作者が独自の視点で描く、戦国最大のミステリー「本能寺の変」の真相にも目が離せない。明智光秀物語の後編。決定版です!
24hポイント 0pt
小説 77,181 位 / 77,181件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 122,808 最終更新日 2019.04.21 登録日 2019.04.21
48 12