小説 一覧

タグ 時代小説×
14
1
SF 連載中 長編
10/27、小説家になろうで日間総合20位、ジャンル別日間、週間1位、月間1位になりました。 主人公、寺倉蹊秀(みちひで)は現代から転生した名もなき戦国武将。現代で得た知識を元に領内を発展させていく。子供の頃から行動を起こし周りからは“神童”と呼ばれ尊敬されるが、寺倉家は蒲生家の家臣であり六角家の陪臣。瞬く間に領内を豊かにしていく寺倉家に対し、六角家は何を思うのか。 そんな中、偶然領内を訪れた氏真と仲良くなるが、やがて滅亡していく今川家を束ねる当主、今川氏真は自らの運命にどう立ち向かうのか。 2人が再会した時、戦国の歯車は少しずつずれていく。 ※1話3000〜4000字程度です。 10/27 ジャンル別日間、週間ランキング1位ありがとうございます。
24hポイント 1,980pt
小説 546 位 / 39,412件 SF 3 位 / 1,378件
文字数 256,849 最終更新日 2019.01.20 登録日 2018.10.25
「息をするように人を斬る」 刺客の子として生まれた平山小弥太は、父と共に殺しの旅に出た。 念真流という一族の秘奥を武器に、行く先々で人を斬って生き血を浴び、獣性を増しながら刺客として成長していく。 少年期の「小弥太篇」と元服後の「雷蔵篇」からなる、天暗の宿星を背負って生まれた少年の、血塗られた生を描く、第一回アルファポリス歴史時代小説大賞の特別賞を受賞した、連作短編集。その完全版が登場!! ――受け継がれたのは、愛か憎しみか―― ※小説家になろう・カクヨムにも掲載中。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。 ※この物語は、「本朝徳河水滸伝」題した筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 85pt
小説 4,452 位 / 39,412件 歴史・時代 33 位 / 399件
文字数 545,748 最終更新日 2017.11.22 登録日 2017.01.19
主人公真田信繁(さなだのぶしげ)は安芸姫に支えてもらいながら、信繁に使える忍び者とのお話。 ※真田十勇士ではありません ※基本的に一話完結型で進めていく予定です
24hポイント 85pt
小説 4,452 位 / 39,412件 歴史・時代 33 位 / 399件
文字数 14,315 最終更新日 2019.01.14 登録日 2019.01.14
ある日の深夜、獣の肉を売るケダモノ屋に賊が押し入った。また、その直後、薩摩藩士が斬られたり、玄人女が殺されたりと、江戸に事件が相次ぐ。中でも、最初のケダモノ屋の件に、南町奉行所の定廻り同心、黒沼久馬はただならぬものを感じていた……。そこで友人の〈首斬り浅右衛門〉と共に事件解決に乗り出す久馬。すると驚くことに、全ての事件 に不思議な繋がりがあって――。表題作「ケダモノ屋」の他、全五編の爽快捕り物小説。
24hポイント 21pt
小説 8,363 位 / 39,412件 歴史・時代 72 位 / 399件
文字数 137,146 最終更新日 2019.01.16 登録日 2018.04.02
時は天保十四年。中山道の板橋宿に「つばくろ屋」という旅籠があった。病床の主にかわり宿を守り立てるのは、看板娘の佐久と個性豊かな奉公人たち。他の旅籠とは一味違う、美味しい料理と真心尽くしのもてなしで、疲れた旅人たちを癒やしている。けれど、時には困った事件も舞い込んで――? 旅籠の四季と人の絆が鮮やかに描かれた、心温まる時代小説。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 歴史・時代 399 位 / 399件
文字数 59,532 最終更新日 2018.09.20 登録日 2018.04.02
6
歴史・時代 連載中 短編 R15
筑前筑後が贈る、時代小説短編集。 「巷説江戸演義」とは、筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。 どこから読んでも楽しめます。 舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 歴史・時代 399 位 / 399件
文字数 31,008 最終更新日 2018.04.06 登録日 2017.11.22
 後に史上で小田原北条氏と呼ばれるようになる、伊勢新九郎長氏の孫娘が、永正元(一五〇四)年に生まれて志保と名づけられたことから物語は始まる。 「男であるから、または女であるから」かくあらねばならない、といった従来の概念からは全く外れた、「人間らしくあれ」との信念を持つ祖父、長氏に育てられた彼女は、見た目はたおやかながら男顔負けの女丈夫に育っていく。  彼女の弟である北条三代目、後の氏康が生まれた頃には彼女にも古河公方からの縁談が持ち込まれるのだが、その話は側室として彼女を迎えたいというもので、当然ながら志保の望むところではなかった。  むくれる彼女を、祖父は幼い頃のように小田原城周りの散策へ連れ出し、「志保殿が、これ、と思った男へ嫁すように」と告げるのだが…。       これは、私がまだ小学生の頃にガンで亡くなった母がしたためていた小説です。作家としてデビューすることを目指していましたが、叶うことなく亡くなりました。 その無念がどれほどのものだったのかは、私にも分かりません。でも、せっかくなのでこうしてたくさんの人の目に触れる機会をと思い、アップすることにしました。       母が管理していたサイトです。アカウントもパスワードもメールアドレスも紛失してしまって放置状態ですが……  → http://moment2009.ojaru.jp/index.html
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 歴史・時代 399 位 / 399件
文字数 31,436 最終更新日 2018.04.02 登録日 2018.04.02
戦国の雄――伊達政宗。彼の研究を進めていく祖父が発見した『村咲(むらさき)』という忍びの名を発見する。祖父の手伝いをしていた綾希は、祖父亡き後に研究を進めていく第一部。 第二部――時は群雄割拠の戦国時代、後の政宗となる梵天丸はある日異人と見紛うユエという女忍びに命を救われた。哀しい運命を背負うユエに惹かれる政宗とその想いに決して答えられないユエこと『村咲』の切ない恋の物語。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 歴史・時代 399 位 / 399件
文字数 18,905 最終更新日 2017.05.09 登録日 2017.05.09
戦の前に勝利の祝詞を舞う『戦巫女』を巡る、ライトな時代小説です。 結構フィクション。 ※こちらの作品は『小説家になろう』様で連載中の作品と同一です。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 ライト文芸 1,267 位 / 1,267件
文字数 21,700 最終更新日 2018.05.29 登録日 2018.05.28
曹操、袁紹、董卓、呂布、、、 三国志を代表する様々な英傑達と、深く交誼を結んでいた男が居た。 張邈(ちょうばく) 史実にはそう、名が残されている。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 歴史・時代 399 位 / 399件
文字数 10,828 最終更新日 2018.09.24 登録日 2018.09.23
第2回 ポプラズッコケ新人賞、二次選考に残った作品です。 https://www.poplar.co.jp/award/award2/2.html 小説倶楽部時代物担当作品。 新潟県長岡市、三島市の三島町史に記載されていた史実を元に書いたフィクション作品です。  半助は人の好い男であった。  越後の検断職に任じられている安田家家臣の須賀与惣左ヱ門の家に世話となり、その息子であるやんちゃな炊之助と、安田家嫡男の臆病な百丸の御守を任され平穏で楽しい日々を送っていた。  けれど、ある日半助は屋敷の前にさりげなく置かれた小石を見つける。  それは、半助に伊賀の忍であることを思い出させる暗示であった。蟄虫として、安田家の動きをうかがうために半助はこの安田家に潜入していたのだ。忘れかけていたその事実を思いだし、半助は家族のように思っていた百丸をその手にかけねばならぬことへの葛藤に苦しむようになる。  そんなある日、百丸は父に伺候していたところを敵に襲われる。半助はその急襲の手引きをしたのだ。だが、敵に斬られようとしている炊之助と百丸の姿をみとめて、咄嗟に二人を助けてしまう。  それを見ていた中忍の朔は、半助を追いつめ、だがその腕に惚れて失敗を取り戻す機会を与えてくれる。残された時間は明朝まで。そのわずかな時間に半助は百丸を斬り、伊賀者としての誇りを取り戻さねばならない。  一方、百丸も炊之助も、半助が実は敵だったのだと知っても、毫も半助を怨んだり怖がったりしない。いつもの調子に、半助もつい課せられた使命のことを忘れがちになる。そして、とうとう炊之助の提案によって共に吉崎城へ行くことになってしまった。  吉崎城には、古狐がいて、その古狐の持つ宝生の玉の力があれば何でも願いごとが敵うのだという。  半助はその城で、思わぬ人物に会う。自分の敵であり、恩人でもある金定という男だ。  そして、妖城のあやかしの中で、半助は過去の闇と向き合い、徐々に自分らしさを取り戻していく。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 児童書・童話 766 位 / 766件
文字数 10,248 最終更新日 2018.11.01 登録日 2016.05.31
12
SF 完結 ショートショート
中学の修学旅行で訪れた安土城。そこで特別観覧されていた地下道に俺は班の連中と入った。  中は空気がひんやりとして、辺りは薄暗い。観覧者が迷わぬよう、地下道には柵が引かれている。それに沿って歩いていけば幼児だって迷わない。  そう思っていたのに――。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 SF 1,378 位 / 1,378件
文字数 1,814 最終更新日 2018.10.11 登録日 2018.10.11
13
歴史・時代 連載中 長編 R15
戦国時代初期、険しい山脈に囲まれた国。樋野(ひの)でも狭い土地をめぐって争いがはじまっていた。 黒田三郎兵衛は反乱者、井藤十兵衛の鎮圧に向かっていた。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 歴史・時代 399 位 / 399件
文字数 13,367 最終更新日 2018.12.28 登録日 2018.12.27
 鷹華は同盟国である芥子の国の差羽と結婚することが決まった。  姻戚関係になることで、おたがいを侵略しないという契約婚だった。  納得がいかなかった鷹華は、差羽と顔合わさず、台所に引きこもってばかりだったが・・・。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 歴史・時代 399 位 / 399件
文字数 6,831 最終更新日 2019.01.01 登録日 2019.01.01
14