時代小説小説一覧

タグ 時代小説×
106 123
三国志×文官×異能×女武闘家  三国時代の文官、許靖は瞳の奥に「天地」を見る。 「天地」にはその者の人格や能力、心が現れる。 許靖は瞳を見るだけでそれらを知ることできた。 この物語では許靖がその異能を駆使しつつ、戦乱に翻弄されながらも必死に生き抜いた生涯を描く。 中国各地を放浪し、蜀においては諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた文官の波乱万丈な人生。
24hポイント 434pt
小説 2,463 位 / 77,177件 歴史・時代 20 位 / 1,104件
文字数 268,728 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.05.01

東海道品川宿あやめ屋

レンタル有り
時は文久二年。旅籠「つばくろ屋」の跡取りとして生まれた高弥は、生家を出て力試しをしたいと考えていた。母である佐久の後押しもあり、伝手を頼りに東海道品川宿の旅籠で修業を積むことになったのだが、道中、請状を失くし、道にも迷ってしまう。そしてどうにか辿り着いた修業先の「あやめ屋」は、薄汚れた活気のない宿で――美味しい料理と真心尽くしのもてなしが、人の心を変えていく。さびれたお宿の立て直し奮闘記。
24hポイント 285pt
小説 3,479 位 / 77,177件 歴史・時代 36 位 / 1,104件
文字数 182,932 最終更新日 2020.07.10 登録日 2019.07.01
時は夢の如く流れ、名は燦然と輝きを増す。 人が夜空にみる星の光とは、往古に放たれた光であるという。 畢竟、人は今放たれた光を知らず、後世の夜空にはじめて知る。 新撰組であるッ―― 会津藩御預新撰組、副長助勤二番組々長、永倉新八の武者声が戦場を斬り咲く。 数多の修羅場をくぐりぬけ、親から貰った壮健な骨肉に刻んだ傷七つ。 呆れ半分、畏怖半分、人は彼を「我無性者(がむしゃもの)」と呼ぶ。
24hポイント 255pt
小説 3,830 位 / 77,177件 歴史・時代 40 位 / 1,104件
文字数 112,113 最終更新日 2020.07.10 登録日 2020.05.31
4
歴史・時代 連載中 長編 R15
一八五三年七月(嘉永六年六月)浦賀沖に黒船が来航。 その指揮官は有名なペリー。教科書にも出てくる。 ペリーは禿でカツラを着用していた。これも歴史的事実である。 そして、そのカツラが奪われた! 幕末日本最強の男が黒船に単身殴りこみ。 ペリーのカツラを奪って行ったのだ。 幕府はこの緊急事態に大混乱。 米艦隊・黒船側からは、カツラを返さなければ江戸を砲撃すると宣言。 ヤバイ。すさまじく危機。 幕府は一人の男・鎖々木究を使者として出し、最強の忍者にカツラ奪還を依頼する。 だが、そいつはとんでもない女忍者だった…… 全裸で戦う。 しかも、鎖々木に全裸を見せつけているときこそ最強になるのだった。 スラップスティック幕末コメディです。 ※性描写はありますが、R15規定に従い全体の1/5未満になっています。
24hポイント 191pt
小説 4,700 位 / 77,177件 歴史・時代 48 位 / 1,104件
文字数 34,895 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.05.31
D
織田家の筆頭家老格"佐久間信盛"。 織田信長の部下としては、明智光秀や豊臣秀吉よりも知名度は一歩どころか二歩は劣るであろう。柴田勝家や前田利家にも劣るかもしれない。 しかし、彼が織田政権誕生黎明期に果たした役割は、やはり見逃すことはできない。本作は、『信長公記』とそれを補完する目的で作られた『佐久間軍記』という史料を基にしながら、彼ら二人の栄光と別離、そして挫折を作者の妄想を混ぜながら語るものである。 彼らはいかに戦国の世を駆け抜けて栄光を掴み、そして
24hポイント 127pt
小説 5,774 位 / 77,177件 歴史・時代 58 位 / 1,104件
文字数 15,283 最終更新日 2020.07.08 登録日 2020.05.02
 豊臣秀吉が愛し、徳川家康が怖れた猛将“立花宗茂”。  義父“立花道雪”、父“高橋紹運”の凄まじい合戦と最期を目の当たりにし、男としての仁義を貫いた”立花宗茂“と“誾千代姫”との哀しい別れの物語です。  下剋上の戦国時代、九州では“大友・龍造寺・島津”三つ巴の戦いが続いている。  大友家を支えるのが、足が不自由にもかかわらず、輿に乗って戦い、37戦常勝無敗を誇った“九州一の勇将”立花道雪と高橋紹運である。立花道雪は1人娘の誾千代姫に家督を譲るが、勢力争いで凋落する大友宗麟を支える為に高橋紹運の跡継ぎ統虎(立花宗茂)を婿に迎えた。  女城主として育てられた誾千代姫と統虎は激しく反目しあうが、父立花道雪の死で2人は強く結ばれた。  だが、立花道雪の死を好機と捉えた島津家は、九州制覇を目指して出陣する。大友宗麟は豊臣秀吉に出陣を願ったが、島津軍は5万の大軍で筑前へ向かった。  その島津軍5万に挑んだのが、高橋紹運率いる岩屋城736名である。岩屋城に籠る高橋軍は14日間も島津軍を翻弄し、最期は全員が壮絶な討ち死にを遂げた。命を賭けた時間稼ぎにより、秀吉軍は筑前に到着し、立花宗茂と立花城を救った。  島津軍は撤退したが、立花宗茂は5万の島津軍を追撃し、筑前国領主としての意地を果たした。豊臣秀吉は立花宗茂の武勇を讃え、“九州之一物”と呼び、多くの大名の前で激賞した。その後、豊臣秀吉は九州征伐・天下統一へと突き進んでいく。  その後の朝鮮征伐、関ヶ原の合戦で“立花宗茂”は己の仁義と意地の為に戦うこととなる。    
24hポイント 106pt
小説 6,353 位 / 77,177件 歴史・時代 65 位 / 1,104件
文字数 252,697 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.26
四軒の長屋がポツンとある。そこには大家さんと、一人暮らしの娘っ子がいて、二つの空いた部屋を貸し出すが、なかなか居付かない。なぜだろうと思いつつのんびり過ごしている人情もの
24hポイント 63pt
小説 8,403 位 / 77,177件 歴史・時代 94 位 / 1,104件
文字数 11,547 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.05.20
戦国の世。時代とともに駆け抜けたのは、齢十八の若き忍び達であった。 忍び里への大規模な敵襲の後、手に持つ刀や苦無を筆にかえ、彼らは次代の子供達の師となった。 護り、護られ、次代へ紡ぐその忍び技。 まだ本当の闇を知らずにいる雛鳥達は、知らず知らずに彼らの心を救う。 しかし、いくら陽だまりの下にいようとも彼らは忍び。 にこやかに笑い雛と過ごす日常の裏で、敵襲への報復準備は着実に進められていった。 ※他サイトにも投稿中です。 ※作中では天正七年(1579)間の史実を取り扱っていくことになります。 時系列は沿うようにしておりますが、実際の背景とは異なるものがございます。 あくまで一説であるということで、その点、何卒ご容赦ください。
24hポイント 63pt
小説 8,403 位 / 77,177件 歴史・時代 94 位 / 1,104件
文字数 369,615 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.04.01
とある足軽の家
24hポイント 63pt
小説 8,403 位 / 77,177件 歴史・時代 94 位 / 1,104件
文字数 2,350 最終更新日 2019.07.04 登録日 2019.07.01
時は17代将軍の治世。京・鷹司家に生まれた三姉妹の末の姫宮、藤子は大奥に入り御台所となった。 京の都から、慣れない江戸での生活は驚き続きだったが、夫となった将軍・徳川家正とは仲睦まじく、百鬼繚乱な大奥で幸せな生活を送る。 しかし時が経つにつれ、藤子に様々な困難が襲い掛かる。 御台所になる為に教育してくれた祖母の死、実家・鷹司家の断絶、実父の突然の死、姉妹の間の悶着、と壮絶で波乱な人生が藤子に待ち構えていたのであった。 この話は、もしも江戸幕府が永久に続き、幕末の流血の骨肉の争いが一切起こらず、平和な時代が続いたら……と想定して書かれたフィクションとなっています。 大正時代・昭和時代を省き、元号が「平成」になる前に候補として提案されていた元号を使用しています。 映像化された数ある大奥関連作品を敬愛し、踏襲して書いております。 リアルな大奥を再現するため、性的描写を臆せず書き記しております。苦手な方はご注意ください。
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,177件 歴史・時代 127 位 / 1,104件
文字数 128,166 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.05.12
戦国時代、尾張一の商業地・津島で一番の大店を仕切る『吉乃』は、ふとしたことで織田家の兵糧が横流しされる事件に巻き込まれてしまう。 その勝ち気な性格のせいで吉乃は織田家の侍たちに立ち向かうのだが、その時一人の若武者が現れる。それは、家督を継いだばかりの織田信長で…… 後に信長の側室となる、生駒吉乃。彼女はどのような人物だったのか。 信長最愛の女性とされるその謎多き人物像を、史実とフィクションを織り交ぜながら描きます。
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,177件 歴史・時代 127 位 / 1,104件
文字数 218,607 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.05.02
「人を斬らねば、私は生きられぬのか……」  江戸の泰平も豊熟の極みに達し、組織からも人の心からも腐敗臭を放ちだした頃。  魔剣・念真流の次期宗家である平山清記は、夜須藩を守る刺客として、鬱々とした日々を過ごしていた。  念真流の奥義〔落鳳〕を武器に、無明の闇を遍歴する清記であったが、門閥・奥寺家の剣術指南役を命じられた事によって、執政・犬山梅岳と中老・奥寺大和との政争に容赦なく巻き込まれていく。  己の心のままに、狼として生きるか?  権力に媚びる、走狗として生きるか?  悲しき剣の宿命という、筑前筑後オリジンと呼べる主旨を真正面から描いたハードボイルド時代小説にして、アルファポリス第一回歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」に繋がる、念真流サーガのエピソード1。 ――受け継がれるのは、愛か憎しみか―― ※この作品は「天暗の星」を底本に、9万文字を25万文字へと一から作り直した作品です。現行の「狼の裔」とは設定が違う箇所がありますので注意。
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,177件 歴史・時代 127 位 / 1,104件
文字数 260,115 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.01.26
新選組の局長、近藤勇がその剣術の腕を磨いた道場・試衛館。 近藤勇は、子宝にめぐまれなかった道場主・周助によって養子に迎えられる…というのが史実ですが、もしその周助に娘がいたら?というIfから始まる物語。 「女のくせに」そんな呪いのような言葉と向き合いながら、剣術の鍛錬に励む主人公・さくらの成長記です。 時代小説の雰囲気を味わっていただくため、縦書読みを推奨しています。縦書きで読みやすいよう、行間を詰めています。 小説家になろう、カクヨム、エブリスタ、ノベルアップ+でも載せてます。
24hポイント 42pt
小説 10,238 位 / 77,177件 歴史・時代 127 位 / 1,104件
文字数 333,712 最終更新日 2020.06.29 登録日 2019.03.29
学問の神様 菅原道真の一生と死後の安倍晴明との関わりを描いた物語。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 42,641 最終更新日 2020.05.24 登録日 2020.05.24
15
歴史・時代 連載中 長編 R15
時は春秋戦国、舞台は中国。 戦国七雄の最強国秦に己の故郷を滅ぼされ唯一の肉親をも殺された少年は秦に復讐を誓う。 これはとある少年が屍山血河の戦乱の世を生き抜き抗争を繰り返す蛮族達を初めてひとつにまとめあげ白起、廉頗、王騎ら時代が生んだ傑物達を蹴散らし秦国最大の敵とまで呼ばれた最強の将軍へと成り上がっていく物語。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 39,076 最終更新日 2020.05.27 登録日 2020.05.16
近頃江戸の噂話。本所・三山神社の使い、赤い八咫烏(やたがらす)が罪もない民衆を食い物にする外道・非道の悪党どもを退治して歩いているとか・・・。武州出身の浪人・三浦源三郎は長屋住まいの食い詰め浪人。日銭にも困る貧乏暮らしだが、行きがかりから岡場所を牛耳る外道やくざ、黒河豚(くろふぐ)一家の手先の剣客集団・黒頭巾組の一味になる。汚職まみれの町奉行の警護中に出会った謎の刺客・紅烏(ベニカラス)と太刀を交えることになるが・・・空飛ぶ快傑に天才・平賀源内や遠山の金さんまで絡んできて、しっちゃかめっちゃかの痛快チャンバラ活劇になるかと思えば意外にシリアスになるかも。作者にも先が見えないごった煮時代劇。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 60,054 最終更新日 2020.06.11 登録日 2020.05.07
 文久二年(1862)三月二十七日早朝、大洲藩士である井上将策は、藩命により、五十崎村へ、幼馴染である和紙職人の徳太郎を訪ねていた。そこで、たまたま出会ったのが土佐藩を脱藩した坂本龍馬であった。  飯代の代わりに、五十崎が誇る大凧作りを手伝う将策と龍馬。その大凧には、独特な凧文字で「龍」と描かれていた。そして、龍馬は、黒船に勝てる方法を探しに行くと言って、去っていく。その頭上を作成した龍文字の大凧が、風に吹かれて、どこまでも飛んで行くのだった。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 103,642 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.04.25
 元禄十一年八月(新暦1698年9月)、徳川五代将軍綱吉の悪法「生類憐みの令」をあざ笑うかのように釣りをする武士がいた。その名は、日本初の釣り指南書『何羨録(かせんろく)』の原作者、津軽采女政兕(まさたけ)。一方、又従兄弟で小野派一刀流の剣豪、津軽平蔵信寿(のぶひさ)は、政兕の釣狂(ちょうきょう)ぶりが理解できず、己の剣の乱れに悩んだ。  しかし、政兕にも悩みがあった。津軽家は山鹿流兵法を介して赤穂「浅野家」と縁がある一方で、政兕の妻の実父は、のちに浅野家と敵対する「吉良上野介(きら こうずけのすけ)」だった……
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 89,828 最終更新日 2020.06.25 登録日 2020.05.01
19
歴史・時代 連載中 長編 R15
明智光秀の従弟、明智左馬助の波乱に満ちたif戦国時代活劇。 ノベルアップ+様にも投稿しております。 ノベルアップ+様にて 令和2年1月11日23時 歴史ジャンル日間1位
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 34,889 最終更新日 2020.02.27 登録日 2020.01.04
吉原にて、雨天に傘を持っていながら「思いを遂げるまでは差さずに濡れていく」……という〈フラれ侍〉が評判をとっていたある日。南町奉行所の定廻り同心、黒沼久馬のもとに、雨の夜の連続辻斬りが報告される。そこで友人の〈首斬り浅右衛門〉と調査に乗り出す久馬。そうして少しずつ明らかになっ ていく事件の裏には、傘にまつわる悲しい因縁があって―― ※令和2年、新作「白殺し」掲載中です
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 208,049 最終更新日 2020.03.01 登録日 2019.09.02
幸せとちょっぴりの切なさを感じるお品書き帖です―― 野州夜須藩の城下・蔵前町に、昼は小売り酒屋、夜は居酒屋を営む鬼八という店がある。父娘二人で切り盛りするその店に、六蔵という料理人が現れ――。 アルファポリス歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」、同最終候補「天暗の星」ともリンクする、「夜須藩もの」人情ストーリー。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 46,063 最終更新日 2019.08.07 登録日 2019.07.28
22
歴史・時代 完結 ショートショート
派手な男が、恋愛について、悩んだ末に、恋文を送りつけた話。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 1,208 最終更新日 2019.05.11 登録日 2019.04.30
23
歴史・時代 連載中 長編 R15
四つの時に戦で両親を殺された。 九つの時に裏勢力に育て親と集落を焼かれた。 十六歳。くノ一になるべく鍛え上げられた主人公。しかし、彼女には忍者の三禁『色(優しさ)』を克服出来ないという欠点があった。 心優しい主人公を襲う三度目の更なる悲劇が待ち受ける── 忍者(くノ一)の世界を舞台とし、忍者の戦闘方法やその時代忍者がどの様に生きて来たのか。 美化されがちな忍者だが、信念を間違えば犯罪集団でしかない。その為、大名達に冷遇された時代もあるだろう。 忍者は一歩間違えば窃盗、詐欺、放火魔、殺人犯にしか成り得ない。『正心』この言葉を信条に生きてきた忍者とは本来どういうものなのか。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 34,627 最終更新日 2019.05.23 登録日 2019.04.27
時は春秋戦国時代。かつて名を馳せた刀工のもとを一人の怪しい男が訪ねてくる。男は刀工に刀を作るよう依頼するが、彼は首を縦には振らない。男は意地になり、刀を作ると言わぬなら、ここを動かぬといい、腰を下ろして--。 二人の男の奇妙な物語が始まる。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 11,576 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.04.27
【忍者だって 転職 したい!!】 明暦4年。 江戸で口入屋を営む青年・一成(いちなり)は、 道で行き倒れていた伊賀の抜け忍の女・名無し(ななし)に出会う。 ひょんなことから名無しにいつかれてしまうも、 仕事をする条件で同居を許可した一成。 しかし、名無しは仕事もまともにできない問題視で、 すぐにクビになってしまう日々が続いていた。 まったく反省しない名無しに呆れる一成。 その一方で、江戸ではひそかに『辻斬り』が横行していた。 名無しは辻斬りを恐れた同心から警護を頼まれ、 ノリノリで仕事に応じたが……
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 11,333 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.04.24
 時は、天保。山菜を取りに行った主人公の『僕』は、禍をもたらすという鬼火を目撃してしまう。その年、村は飢饉に襲われ、鬼火のせいだとして、山にあるという鬼の里に生贄として差し出される事になった。しかしついてみるとそこは、鬼の里などでは無く、マタギの集落だった。江戸の農村社会とは文化が異なるマタギの村での生活が始まる。 (参考文献)マタギ食伝 昭和59年 村井米子
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 75,357 最終更新日 2019.05.12 登録日 2019.04.23
 十代家治公最晩年の江戸。深川の外れ猿江町は、近くを流れる小名木川にまで迫り出した、大名屋敷の五本の松の木から五本松町とも呼ばれていた。この町に十八歳の娘が独りで切り盛りをする、味噌田楽を売り物にした縄のれんが有った。その名は「でん留」。そこには毎日様々な悩みを抱えた常連達が安い酒で一日の憂さを晴らしにやってくる。持ち前の正義感の為に先祖代々の禄を失ったばかりの上州牢人、三村市兵衛はある夜、慣れない日雇い仕事の帰りにでん留に寄る。挫折した若い牢人が、逆境にも負けず明るく日々を生きるお春を始めとした街の人々との触れ合いを通して、少しづつ己の心を取り戻していく様を描く。しかし、十一代家斉公の治世が始まったあくる年の世相は決して明るくなく、日本は空前の大飢饉に見舞われ江戸中に打ちこわしが発生する騒然とした世相に突入してゆく。お春や市兵衛、でん留の客達、そして公儀御先手弓頭、長谷川平蔵らも、否応なしにその大嵐に巻き込まれていくのであった。 (完結はしておりますが、少々、気になった点などは修正を続けさせていただいております:5月9日追記)
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 61,808 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.30
一八七〇年七月一九日、普仏戦争の開幕の夜のパリ。 ノートルダム大聖堂のアーチ状の曲面天井の上に舞い降りた影が二つ。 そこで繰り広げられるは《世界の秘密》を巡る、パリ・コミューン崩壊のその日まで続く誰にも知られることのない戦い。 《幕府隠密方》最後にして最強の刺客《七》はその戦いの末に、如何なる《世界の秘密》を知ることになるのか。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 57,100 最終更新日 2019.04.16 登録日 2019.04.16
 平安の御代、特殊な家系に生まれた鳳仙花は幼い頃に父親を亡くし、母親に女手一つで育てられた。母親の仕事は、宮中の女房たちに爪のお手入れをすること。やんごとなき者達の爪のお手入れは、優雅で豊かな象徴であると同時に魔除けの意味も兼ねていた。  鳳仙花が八歳の頃から、母親に爪磨術について学び始める。この先、後ろ盾がなくても生きていけるように。  鳳仙花が十二歳となり、裳着の儀式を目前に母親は倒れてしまい……。親の後を継いで藤原定子、そして藤原彰子の専属磨爪師になっていく。   長徳の政変の真相とは? 枕草子の秘めたる夢とは? 道長が栄華を極められたのは何故か? 藤原伊周、隆家、定子や彰子、清少納言、彼らの真の姿とは? そして凄まじい欲望が渦巻く宮中で、鳳仙花は……? 彼女の恋の行方は? 磨爪術の技を武器に藤原定子・彰子に仕え平安貴族社会をひっそりと、されど強かに逞しく生き抜いた平安時代のネイリストの女の物語。  第弐部が5月31日に完結しました。第参部は8月31日よりゆっくりじっくりのペースで進めて参ります。    ※当時女子は平均的に見て十二歳から十六歳くらいで裳着の儀式が行われ、結婚の平均年齢もそのくらいだったようです。平均寿命も三十歳前後と言われています。  ※当時の美形の基準が現代とものと著しく異なる為、作中では分かり易く現代の美形に描いています。  ※また、男性の名は女性と同じように通常は通り名、または役職名で呼ばれ本名では呼ばれませんが、物語の便宜上本名で描く場合が多々ございます。  ※物語の便宜上、表現や登場人物の台詞は当時の雰囲気を残しつつ分かり易く現代よりになっております。  ※磨爪師の資料があまり残って居ない為、判明している部分と筆者がネイリストだった頃の知識を織り交ぜ、創作しております。  ※作中の月日は旧暦です。現代より一、二か月ほどズレがございます。   ※作中の年齢は数え歳となっております。  ※「中関白家」とは後世でつけられたものですが、お話の便宜上使用させて頂いております。  以上、どうぞ予めご了承下さいませ。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 204,008 最終更新日 2019.08.31 登録日 2019.04.05
定職に就かず寝てばかりいる甲斐性なしの助六。こんな男でもなんとか生きていけるのが江戸であった。 「おまえさん、お米がないよ」女房のお徳にいわれてきょうはしぶしぶ働きにでる。 痛快商い!大江戸ドタバタコメディ!島村春穂アルファポリス限定読み切り作品!
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 10,422 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.03.30
31
歴史・時代 連載中 長編 R15
戦国時代初期、険しい山脈に囲まれた国。樋野(ひの)でも狭い土地をめぐって争いがはじまっていた。 黒田三郎兵衛は反乱者、井藤十兵衛の鎮圧に向かっていた。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 13,367 最終更新日 2018.12.28 登録日 2018.12.27
時は天保十四年。中山道の板橋宿に「つばくろ屋」という旅籠があった。病床の主にかわり宿を守り立てるのは、看板娘の佐久と個性豊かな奉公人たち。他の旅籠とは一味違う、美味しい料理と真心尽くしのもてなしで、疲れた旅人たちを癒やしている。けれど、時には困った事件も舞い込んで――? 旅籠の四季と人の絆が鮮やかに描かれた、心温まる時代小説。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 211,571 最終更新日 2019.09.23 登録日 2018.04.02
ある日の深夜、獣の肉を売るケダモノ屋に賊が押し入った。また、その直後、薩摩藩士が斬られたり、玄人女が殺されたりと、江戸に事件が相次ぐ。中でも、最初のケダモノ屋の件に、南町奉行所の定廻り同心、黒沼久馬はただならぬものを感じていた……。そこで友人の〈首斬り浅右衛門〉と共に事件解決に乗り出す久馬。すると驚くことに、全ての事件 に不思議な繋がりがあって――。表題作「ケダモノ屋」の他、全五編の爽快捕り物小説。
24hポイント 21pt
小説 14,423 位 / 77,177件 歴史・時代 173 位 / 1,104件
文字数 151,590 最終更新日 2018.04.02 登録日 2018.04.02
34
恋愛 連載中 長編 R15
高校生の朔那には昔から頻繁に見る夢があった。その記憶の中にいる二人は酷く傷ついた男女の二人。夢の中の男の人はいつも泣いていた。愛おしそうに女性を抱きながら泣く彼の涙をぬぐってあげる前に、いつも夢は覚めてしまう。手をのばせば、消えてしまう。そんな夢を頻繁にみるようになったある日、朔那が住む村で神隠しが起こっていることを知る。神隠しなんてただの与太話だと思っていた朔那だったが、学校からの帰り道に自分が神隠しにあってしまう!目覚めた場所は見慣れない場所で、異形まで現れる始末。そんな異形に襲われそうになっていた朔那を助けたのは鬼狩りを知ていたという夕霧と牟義と名乗る兄弟だった。そんな二人に連れられ鬼狩りの里に身を寄せることになった朔那。そこで鬼と言われる存在が恐れられていることを知る。そんなある日、水浴びに出かけた朔那は一匹の鬼と出会う。その鬼は夕霧達から聞いていた鬼とは大きく異なっていて普通の人に見えた。その鬼に会った日から、朔那は彼が忘れられなくなり、こっそりと水浴びに通うようになる。次第に距離が縮まる二人だったが、二人の想いとは裏腹に人と鬼との争いは激しさを増していく。 高校生の時に書き出したお話です。ちょっと暗めのお話かも?
24hポイント 7pt
小説 19,562 位 / 77,177件 恋愛 7,627 位 / 20,361件
文字数 5,004 最終更新日 2020.04.15 登録日 2020.04.13
35
恋愛 連載中 長編 R18
むかしむかし、ある世界にアルビスという名の国があった。アルビス国は代々女性が皇位につく。そして現在、第10代女帝ランリィ・シャーロットが国を治めている。 そんなある年の元旦、マーガレット子爵家に美しい女子が産まれた。名を「ティアナ」と名付け、子爵・子爵夫人はティアナを精一杯可愛がった。だが、ティアナの運命を左右する出来事が起こる。 ティアナの運命とは… そして…宮廷では不可解な天のお告げがあった。 天からのお告げに翻弄される宮廷の者たち…。 女帝ランリィ・シャーロットとティアナ・マーガレットはどのように出会い、どのように生きていくのか… 嫉妬・野望・諍いに巻き込まれるティアナと 彼女に見惚れ、溺れる女帝ランリィ・シャーロットが繰り広げる、美しく切ないラブストーリー。
24hポイント 0pt
小説 77,177 位 / 77,177件 恋愛 20,361 位 / 20,361件
文字数 9,413 最終更新日 2020.07.03 登録日 2020.06.04
飛燕の啼聲を聞いた者は生きて帰らぬと云う―― 天明年間。 大飢饉は現世に地獄絵図を描いた。 陸奥国仙台藩領。 とあるのどかな農村に、似つかわしくない浪人姿の男が一人舞い降りる。 男の名は円治。 それは十三年ぶりの孤独な帰郷だった―― 人が善人と決めた者を斬れば己は悪か。 また悪人と決められた者を斬れば己は善か。 違う。何れも違う―― 終わりなき無間地獄で、剣気と最愛が弾ける剣劇時代小説。
24hポイント 0pt
小説 77,177 位 / 77,177件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 40,486 最終更新日 2020.06.06 登録日 2020.05.31
あの日、あの場所で雨が降らなければ貴方と会うことはなかった。 深傷を負って一歩も歩けなくなった晴一は、土砂降りの雨の中で死を覚悟していた。 朦朧とする意識の中、差し出された手に気付いた。 とうとうお迎えが来たのだと、晴一は差し出されたその手を掴む。
24hポイント 0pt
小説 77,177 位 / 77,177件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 5,312 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.05.31
38
歴史・時代 完結 ショートショート
兄が死んだと聞いて、五年ぶりに家に戻った。矢傷が元で亡くなったらしい。 寂しい空気の家にいたのは、兄の遺した娘ひとりきりだった。
24hポイント 0pt
小説 77,177 位 / 77,177件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 2,660 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.05.30
旧三次藩で一ヶ月間続いた怪異。その内容をまとめた「稲生物怪録」には続きの話があった。自ら魔王を名乗る妖の親玉とした不可解な約束の本当の意味とは? 五十年後、魔王とした「約束の日」が近づくにつれ、広島藩に不穏な陰が漂いはじめた。老境を迎えた武太夫は、その怪異に立ち向かうため、かつての自分と同じ一六歳を迎えた平九郎と兄の実誠に解決を命じた。
24hポイント 0pt
小説 77,177 位 / 77,177件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 2,504 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.05.30
天正八年。傀儡子の海雨(みう)という名の少女は、京の愛宕神社にて明智光秀の前で舞いを舞った。傀儡子とは、古来より海人族が伝承する「筑紫舞い」という舞いを、高位高官や民衆に披露する漂泊の芸能者のことである。共に旅する伊佐(いさ)という少年は、海雨の妹で足萎えの幼女・海帆(みほ)を背負い、姉妹を警護していた。およそ二年前、伊佐は雑賀の荘で鉄砲隊に加わっていたが、幼馴染の少女を犯し殺した少年らに報復し、逃亡した。傀儡子の姉妹と出会い、従者として生きることになった伊佐だが、またも彼を悲運が襲う……。 権謀術数の中を間者として生き抜く忍びの少年、運命に翻弄されながらも気高く舞いつづける傀儡子の少女、そして海千山千の武将らが織りなす戦国ハードロマン。
24hポイント 0pt
小説 77,177 位 / 77,177件 歴史・時代 1,104 位 / 1,104件
文字数 84,749 最終更新日 2020.05.29 登録日 2020.05.29
106 123