時代小説小説一覧

タグ 時代小説×
98 123
天王山の大戦で主君惟任日向守(明智光秀)と死に別れた坂本五郎太は、うねるような陀羅尼を鼓膜に受けつつ馬を駆けさせるうち、見慣れない光景の中に己を見いだす。 大恩ある主君のために死ねなかった無念を胸に死に場所を求める戦国の若武者が、鉄砲を生んだ遥かなる異国イスパニア(と勘違いした異世界)を駆ける異色時代浪漫! 王道異世界転移ファンタジーを本格的な時代小説の文体で書いてみたらどんな作品になるのか――そんなコンセプトのもと、いち戦国オタクが有りっ丈の想いを込めて贈る野心作です。 九部様に表紙絵を描いていただきました。この素晴らしい表紙絵に恥じないものを書いて参ります! ※カクヨム様でも別名義で連載しております。
24hポイント 256pt
小説 3,981 位 / 86,977件 ファンタジー 976 位 / 24,871件
文字数 71,753 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.11.03
一八五三年七月(嘉永六年六月)浦賀沖に黒船が来航。 その指揮官は有名なペリー。教科書にも出てくる。 ペリーは禿でカツラを着用していた。これも歴史的事実である。 そして、そのカツラが奪われた! 幕末日本最強の男が黒船に単身殴りこみ。 ペリーのカツラを奪って行ったのだ。 幕府はこの緊急事態に大混乱。 米艦隊・黒船側からは、カツラを返さなければ江戸を砲撃すると宣言。 ヤバイ。すさまじく危機。 幕府は一人の男・鎖々木究を使者として出し、最強の忍者にカツラ奪還を依頼する。 だが、そいつはとんでもない女忍者だった…… 全裸で戦う。 しかも、鎖々木に全裸を見せつけているときこそ最強になるのだった。 スラップスティック幕末コメディです。 ※性描写はありますが、R15規定に従い全体の1/5未満になっています。
24hポイント 170pt
小説 5,234 位 / 86,977件 歴史・時代 35 位 / 1,070件
文字数 48,192 最終更新日 2020.10.14 登録日 2020.05.31
「息をするように人を斬る」 刺客の子として生まれた平山小弥太は、父と共に殺しの旅に出た。 念真流という一族の秘奥を武器に、行く先々で人を斬って生き血を浴び、獣性を増しながら刺客として成長していく。 少年期の「小弥太篇」と元服後の「雷蔵篇」からなる、天暗の宿星を背負って生まれた少年の、血塗られた生を描く、第一回アルファポリス歴史時代小説大賞の特別賞を受賞した、連作短編集。その完全版が登場!! ――受け継がれたのは、愛か憎しみか―― ※小説家になろう・カクヨムにも掲載中。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。 ※この物語は、「本朝徳河水滸伝」題した筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 85pt
小説 7,380 位 / 86,977件 歴史・時代 58 位 / 1,070件
文字数 514,424 最終更新日 2017.11.22 登録日 2017.01.19
戦国の世。時代とともに駆け抜けたのは、齢十八の若き忍び達であった。 忍び里への大規模な敵襲の後、手に持つ刀や苦無を筆にかえ、彼らは次代の子供達の師となった。 護り、護られ、次代へ紡ぐその忍び技。 まだ本当の闇を知らずにいる雛鳥達は、知らず知らずに彼らの心を救う。 しかし、いくら陽だまりの下にいようとも彼らは忍び。 にこやかに笑い雛と過ごす日常の裏で、敵襲への報復準備は着実に進められていった。 ※他サイトにも投稿中です。 ※作中では天正七年(1579)間の史実を取り扱っていくことになります。 時系列は沿うようにしておりますが、実際の背景とは異なるものがございます。 あくまで一説であるということで、その点、何卒ご容赦ください。
24hポイント 63pt
小説 8,622 位 / 86,977件 歴史・時代 71 位 / 1,070件
文字数 369,615 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.04.01
☆第6回歴史時代小説大賞 特別賞受賞☆ 玄界灘。 この黒い潮流は、多くの夢や欲望を呑み込んできた。 人の命でさえも――。 九州は筑前の斯摩藩を出奔し江戸谷中で用心棒を務める萩尾大楽は、家督を譲った弟・主計が藩の機密を盗み出して脱藩したと知らされる。大楽は脱藩の裏に政争の臭いを嗅ぎつけるのだが――。 賄賂、恐喝、強奪、監禁、暴力、拷問、裏切り、殺人――。 開国の足音が聞こえつつある田沼時代の玄界灘を舞台に、禁じられた利を巡って繰り広げられる死闘を描く、アーバンでクールな時代小説! 美しくも糞ったれた、江戸の犯罪世界をご堪能あれ!
24hポイント 63pt
小説 8,622 位 / 86,977件 歴史・時代 71 位 / 1,070件
文字数 270,998 最終更新日 2020.08.18 登録日 2020.04.01
幸せとちょっぴりの切なさを感じるお品書き帖です―― 野州夜須藩の城下・蔵前町に、昼は小売り酒屋、夜は居酒屋を営む鬼八という店がある。父娘二人で切り盛りするその店に、六蔵という料理人が現れ――。 アルファポリス歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」、同最終候補「天暗の星」ともリンクする、「夜須藩もの」人情ストーリー。
24hポイント 63pt
小説 8,622 位 / 86,977件 歴史・時代 71 位 / 1,070件
文字数 46,063 最終更新日 2019.08.07 登録日 2019.07.28
 豊臣秀吉が愛し、徳川家康が怖れた猛将“立花宗茂”。  義父“立花道雪”、父“高橋紹運”の凄まじい合戦と最期を目の当たりにし、男としての仁義を貫いた”立花宗茂“と“誾千代姫”との哀しい別れの物語です。  下剋上の戦国時代、九州では“大友・龍造寺・島津”三つ巴の戦いが続いている。  大友家を支えるのが、足が不自由にもかかわらず、輿に乗って戦い、37戦常勝無敗を誇った“九州一の勇将”立花道雪と高橋紹運である。立花道雪は1人娘の誾千代姫に家督を譲るが、勢力争いで凋落する大友宗麟を支える為に高橋紹運の跡継ぎ統虎(立花宗茂)を婿に迎えた。  女城主として育てられた誾千代姫と統虎は激しく反目しあうが、父立花道雪の死で2人は強く結ばれた。  だが、立花道雪の死を好機と捉えた島津家は、九州制覇を目指して出陣する。大友宗麟は豊臣秀吉に出陣を願ったが、島津軍は5万の大軍で筑前へ向かった。  その島津軍5万に挑んだのが、高橋紹運率いる岩屋城736名である。岩屋城に籠る高橋軍は14日間も島津軍を翻弄し、最期は全員が壮絶な討ち死にを遂げた。命を賭けた時間稼ぎにより、秀吉軍は筑前に到着し、立花宗茂と立花城を救った。  島津軍は撤退したが、立花宗茂は5万の島津軍を追撃し、筑前国領主としての意地を果たした。豊臣秀吉は立花宗茂の武勇を讃え、“九州之一物”と呼び、多くの大名の前で激賞した。その後、豊臣秀吉は九州征伐・天下統一へと突き進んでいく。  その後の朝鮮征伐、関ヶ原の合戦で“立花宗茂”は己の仁義と意地の為に戦うこととなる。    
24hポイント 63pt
小説 8,622 位 / 86,977件 歴史・時代 71 位 / 1,070件
文字数 252,697 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.26
 異人にしても珍しい青髪をもつ景一(けいいち)は、姉女郎の道中で粗相をしてしまう。  それを無かった事にしたのは、不愛想な態度と黄金色の髪に赤色の瞳という容姿の珍しさに「鬼」と恐れられる青年、小焼(こやけ)だった。  彼に一目惚れした景一は、姉女郎の粋な計らいでお礼として小焼に自分の水揚を頼む。  互いの珍しさに二人は惹かれあうがーー  小焼は内に秘めた気持ちに答えを出せずにいた。  景一の恋心に応えようとした時、小焼の「風邪」の病状は次第に悪化して……。  想いの花を咲かせ、散っていった人たち。  俯いて咲く花は可憐であり、目の前の全てが滲んで見えるのに、何故かそれすらも愛おしい。  これは、新吉原を舞台に綴られる『優しい鬼』たちの純愛物語。 「真を誓って証をたてればたてるほど、嘘を吐いてるとか騙されてるとか思われるんがここの常……。でも、ウチは、本当にーー」   ◇こんな方におすすめ◇  感情表現が不器用。性欲と食欲がごっちゃ。  『恋』って?『好き』って? 何ですかそれ美味しいんですか?  そんな彼が罹った病。それは――恋わずらい。  大好き過ぎて病んでいく。恋に一生懸命、愛が重い。  そんな女の子を好きな方は是非。 表紙画像:ぐでAlice 様(Twitter:@createAlice1227) 参考文献は、近況ボードに記載しております。
24hポイント 42pt
小説 10,414 位 / 86,977件 歴史・時代 90 位 / 1,070件
文字数 280,332 最終更新日 2020.06.10 登録日 2020.04.21
「人を斬らねば、私は生きられぬのか……」  江戸の泰平も豊熟の極みに達し、組織からも人の心からも腐敗臭を放ちだした頃。  魔剣・念真流の次期宗家である平山清記は、夜須藩を守る刺客として、鬱々とした日々を過ごしていた。  念真流の奥義〔落鳳〕を武器に、無明の闇を遍歴する清記であったが、門閥・奥寺家の剣術指南役を命じられた事によって、執政・犬山梅岳と中老・奥寺大和との政争に容赦なく巻き込まれていく。  己の心のままに、狼として生きるか?  権力に媚びる、走狗として生きるか?  悲しき剣の宿命という、筑前筑後オリジンと呼べる主旨を真正面から描いたハードボイルド時代小説にして、アルファポリス第一回歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」に繋がる、念真流サーガのエピソード1。 ――受け継がれるのは、愛か憎しみか―― ※この作品は「天暗の星」を底本に、9万文字を25万文字へと一から作り直した作品です。現行の「狼の裔」とは設定が違う箇所がありますので注意。
24hポイント 42pt
小説 10,414 位 / 86,977件 歴史・時代 90 位 / 1,070件
文字数 260,115 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.01.26
四軒の長屋がポツンとある。そこには大家さんと、一人暮らしの娘っ子がいて、二つの空いた部屋を貸し出すが、なかなか居付かない。なぜだろうと思いつつのんびり過ごしている人情もの
24hポイント 21pt
小説 14,391 位 / 86,977件 歴史・時代 136 位 / 1,070件
文字数 11,547 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.05.20
[三国志×文官×異能×女武闘家] ※本編は完結済みですが、短編や他の文官を主人公にした話は今後も追加し続けます※ 三国志の時代の文官を描きます。 文官といえば地味なイメージですが、結構バトル多めです。 主人公は蜀において、諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた許靖という人物です。戦乱に翻弄され、中国各地を放浪する波乱万丈の人生を送りました。 曹操のことを「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した許劭の従兄弟に当たりますが、許靖も許劭と同じく人物鑑定で世に知られた名士です。 本作ではその人物鑑定において、ちょっとした異能を持った人物として許靖を描いています。 歴史物とはいえ軽く読めるように書いていますので、歴史が苦手な方でもお気軽にお読みいただけたらと思います。 ※名前が分かりにくくなるのを避けるため、字《アザナ》は使用しないことにしました。ご了承ください※ 本編完結しました!! ……が、まだまだ書き足りません。本当はもっともっと書きたいと思いながらも、あまりに全体が冗長になるため我慢して先を急ぎました。 なので今後も短編は追加していきますし、何より三国志の文官を中心に据えた小説の執筆は私の生涯のライフワークにしたいと思っています。 ただ、しばらくは少し毛色の違った小説にチャレンジしてみようと思うので、今後は更新が不定期になります。もしよろしければ、ブックマーク・フォローをしておいていただければと思います。 ちなみに執筆予定のネタを羅列すると、ざっと思いつくだけでこれだけあります(笑) ・韓儀のその後 ・花琳と小芳の日常 ・陶深の仕事 ・洛陽での日常 ・張飛の酒探し ・美雨の店と家族 ・反董卓連合 ・豫州での日常 ・揚州での日常 ・海への小旅行 ・松子の店 揚州店 ・胡蝶の会 ・許靖とともに交州へ避難した人々 ・交州の異民族反乱 ・松子の店 交州店 ・交州での日常 ・凜風の恋 ・益州での日常 ・松子の店 益州店 ・凜風・翠蘭の益州合流 ・陳祗の恋 ・劉璋の食事 ・許靖と劉備陣営 ・許靖と劉禅 ・他の文官を主人公に据えた短編、長編
24hポイント 21pt
小説 14,391 位 / 86,977件 歴史・時代 136 位 / 1,070件
文字数 607,539 最終更新日 2020.11.14 登録日 2020.05.01

東海道品川宿あやめ屋

レンタル有り
時は文久二年。旅籠「つばくろ屋」の跡取りとして生まれた高弥は、生家を出て力試しをしたいと考えていた。母である佐久の後押しもあり、伝手を頼りに東海道品川宿の旅籠で修業を積むことになったのだが、道中、請状を失くし、道にも迷ってしまう。そしてどうにか辿り着いた修業先の「あやめ屋」は、薄汚れた活気のない宿で――美味しい料理と真心尽くしのもてなしが、人の心を変えていく。さびれたお宿の立て直し奮闘記。
24hポイント 21pt
小説 14,391 位 / 86,977件 歴史・時代 136 位 / 1,070件
文字数 287,955 最終更新日 2020.10.22 登録日 2019.07.01
 時は、天保。山菜を取りに行った主人公の『僕』は、禍をもたらすという鬼火を目撃してしまう。その年、村は飢饉に襲われ、鬼火のせいだとして、山にあるという鬼の里に生贄として差し出される事になった。しかしついてみるとそこは、鬼の里などでは無く、マタギの集落だった。江戸の農村社会とは文化が異なるマタギの村での生活が始まる。 (参考文献)マタギ食伝 昭和59年 村井米子
24hポイント 21pt
小説 14,391 位 / 86,977件 歴史・時代 136 位 / 1,070件
文字数 75,357 最終更新日 2019.05.12 登録日 2019.04.23
時は戦国時代。 人里離れた山奥に、忘れ去られた里があった。 闇に忍ぶその里の住人を、後に闇忍と呼ばれることになる。 忍と呼ばれるが、忍に有らず。 不思議な術を使い、独自の文明を作り出したその里に波乱がおきようとしていた-……。
24hポイント 21pt
小説 14,391 位 / 86,977件 歴史・時代 136 位 / 1,070件
文字数 249,048 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.04.16
15
歴史・時代 連載中 長編 R15
 時は平安……日ノ本は荒れ魑魅魍魎が跋扈し乱が起こり崩壊しかけた。 煌びやかな京の外は魔境。 血風が舞い、悲哀と怨嗟が渦巻く闘いの連鎖ーー陰謀深く、妖は定命の者を嘲笑う。 後世にて英雄と呼ばれる男達が現れ、熾烈な戦いの日々を送る。 正統派アクション伝奇!ここに開演! ノベルアップ+様の歴史・時代小説大賞において、最終選考落選!残念無念!
24hポイント 21pt
小説 14,391 位 / 86,977件 歴史・時代 136 位 / 1,070件
文字数 226,097 最終更新日 2020.08.20 登録日 2019.04.08
時は天保十四年。中山道の板橋宿に「つばくろ屋」という旅籠があった。病床の主にかわり宿を守り立てるのは、看板娘の佐久と個性豊かな奉公人たち。他の旅籠とは一味違う、美味しい料理と真心尽くしのもてなしで、疲れた旅人たちを癒やしている。けれど、時には困った事件も舞い込んで――? 旅籠の四季と人の絆が鮮やかに描かれた、心温まる時代小説。
24hポイント 21pt
小説 14,391 位 / 86,977件 歴史・時代 136 位 / 1,070件
文字数 211,571 最終更新日 2019.09.23 登録日 2018.04.02
ある日の深夜、獣の肉を売るケダモノ屋に賊が押し入った。また、その直後、薩摩藩士が斬られたり、玄人女が殺されたりと、江戸に事件が相次ぐ。中でも、最初のケダモノ屋の件に、南町奉行所の定廻り同心、黒沼久馬はただならぬものを感じていた……。そこで友人の〈首斬り浅右衛門〉と共に事件解決に乗り出す久馬。すると驚くことに、全ての事件 に不思議な繋がりがあって――。表題作「ケダモノ屋」の他、全五編の爽快捕り物小説。
24hポイント 21pt
小説 14,391 位 / 86,977件 歴史・時代 136 位 / 1,070件
文字数 151,590 最終更新日 2018.04.02 登録日 2018.04.02
18
歴史・時代 連載中 ショートショート R15
 1129年正月。高平太と呼ばれていた少年は元服し、平清盛と名乗った。この少年は後に、人臣の位を極め、一門の半分を公卿に昇らせ、「平家にあらずんば人にあらず」と言わしめるまで出世する。  清盛は春の除目で破格の待遇を受けた。このことにより、「彼の本当の父親が忠盛ではなく、白河院ではないのか?」という噂の信憑性が増した。街中を歩いているときに絡んできた藤原頼長から、彼についての衝撃的な事実を明かされる。そして、その事件をきっかけに、自分の願いの一部分に気づく。  清盛はたくさんの人たちと出会い、別れ、そして時に楽しく、時に傷つきながらも成長してゆく。  だが清盛は、貴族社会で出世していくと同時に、何かの拍子で熱くなったとき、そのときだけ自分の記憶が無くなっているという不思議なことに気づく。その答えを知る忠盛に話を聞いてもらおうとしたが、亡くなってしまう。  父の死後起きた保元の乱では、美福門院の命令、母親と信西の薦めで後白河天皇方について勝利を治める。だが、これは栄光への架け橋となると同時に、親友源義朝とすれ違う原因となってしまった。  1159年12月。藤原信頼に唆された義朝は、清盛の不在を突いて反乱を起こし、後白河院を幽閉。「天皇親政」をスローガンにその息子二条帝を担ぎ上げ、信西を殺害する。  もう一人の友人信西(藤原通憲)を殺されたことを知った清盛は、怒り、京都へと駆けつける。二条帝を保護し、官軍となった平家の軍勢は勢いづき、都の郊外で源氏の決戦が始まる。  勝者となった清盛は、近江で捕まった義朝の息子頼朝と対面する。  清盛は頼朝をこの場で殺そうとしたが、母親と頼盛といった家族からの反対の声に負けて・・・・・・。 (カクヨムにも連載しています)
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 6,035 最終更新日 2020.11.13 登録日 2020.11.07
19
BL 完結 短編 R18
織田信長と森蘭丸の日常を描いた歴史歪曲系BLです。 この物語はフィクションですので、念のため。 「ムーンライトノベルズ」「pixiv」「fujossy」にも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 BL 8,482 位 / 8,482件
文字数 1,103 最終更新日 2020.08.10 登録日 2020.08.10
「生類を憐れまず」 御庭番・蛭子十郎太は、御側御用取次である小笠原若狭守に呼び出され、「神部藩でお前の身に起きた事、見た事、聞いた事をありのままを報告せよ」という役目を受ける。 十郎太は困惑しながらも、日本海に浮かぶ孤島・神部藩に足を踏み入れるのだが―― 江戸時代のデスゲーム、開幕! 三日間の殺し合いを生き延びろ!
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 7,478 最終更新日 2020.08.06 登録日 2020.08.05
「ウサギとは、哀れな生き物よ」 甲府の山中。 道に迷った一人の侍の眼前に小さな灯りが一つ。 ほうほうの体で辿り着いたそこには、亡き妻に瓜二つの女がいた。 差し出された一杯のうさぎ汁。 侍はそれを啜りながら、亡き妻に想いを馳せる。 (第4編 卯の章 脱兎) 表題作『脱兎』を含む、十二支を主題とした十二作の短編集。 随時更新中です。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 59,213 最終更新日 2020.11.06 登録日 2020.07.30
暗黒街を歩く男に生きる希望を与えたのは、たった一人の子供だった―― 銭で人を殺す始末屋稼業を営む次郎八は、心に負った傷から目を逸らす為、阿芙蓉(アヘン)と酒に溺れる日々を送っていた。 そんなある日、次郎八は武士の一団に襲われる親子連れを助ける。父親は致命傷を負っていて、今わの際に「この子を守ってくれ」と才之助を託される。 才之助は上州粕川藩にまつわる陰謀の渦中にあり、次郎八は否応が無く巻き込まれていくが――。 江戸中期、田沼時代と呼ばれる安永年間を舞台に江戸の裏社会を描く、ハードボイルドサスペンスアクション。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 59,232 最終更新日 2020.08.04 登録日 2020.07.22
23
恋愛 連載中 長編 R18
むかしむかし、ある世界にアルビスという名の国があった。アルビス国は代々女性が皇位につく。そして現在、第10代女帝ランリィ・シャーロットが国を治めている。 そんなある年の元旦、マーガレット子爵家に美しい女子が産まれた。名を「ティアナ」と名付け、子爵・子爵夫人はティアナを精一杯可愛がった。だが、ティアナの運命を左右する出来事が起こる。 ティアナの運命とは… そして…宮廷では不可解な天のお告げがあった。 天からのお告げに翻弄される宮廷の者たち…。 女帝ランリィ・シャーロットとティアナ・マーガレットはどのように出会い、どのように生きていくのか… 嫉妬・野望・諍いに巻き込まれるティアナと 彼女に見惚れ、溺れる女帝ランリィ・シャーロットが繰り広げる、美しく切ないラブストーリー。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 恋愛 22,947 位 / 22,947件
文字数 9,413 最終更新日 2020.07.03 登録日 2020.06.04
あの日、あの場所で雨が降らなければ貴方と会うことはなかった。 深傷を負って一歩も歩けなくなった晴一は、土砂降りの雨の中で死を覚悟していた。 朦朧とする意識の中、差し出された手に気付いた。 とうとうお迎えが来たのだと、晴一は差し出されたその手を掴む。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 5,312 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.05.31
25
歴史・時代 完結 ショートショート
兄が死んだと聞いて、五年ぶりに家に戻った。矢傷が元で亡くなったらしい。 寂しい空気の家にいたのは、兄の遺した娘ひとりきりだった。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 2,660 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.05.30
旧三次藩で一ヶ月間続いた怪異。その内容をまとめた「稲生物怪録」には続きの話があった。自ら魔王を名乗る妖の親玉とした不可解な約束の本当の意味とは? 五十年後、魔王とした「約束の日」が近づくにつれ、広島藩に不穏な陰が漂いはじめた。老境を迎えた武太夫は、その怪異に立ち向かうため、かつての自分と同じ一六歳を迎えた平九郎と兄の実誠に解決を命じた。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 2,504 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.05.30
学問の神様 菅原道真の一生と死後の安倍晴明との関わりを描いた物語。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 42,641 最終更新日 2020.05.24 登録日 2020.05.24
 敗戦が君の心を壊したと云うのならば、僕は君のために帝国軍人としての誇りと志那の大地からもらった恋々たる思いを伝えよう。 *表紙画像:chaam(写真AC:3474437)  【初版:二〇一七/五/一〇】
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 4,938 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
 何彼襛矣《なんぞかのしげれる》。徐竜飛は偽道士の隠者。ある日、道端にて自分好みの若い女を見つけて声を掛け、下心を持ちつつ自分の屋敷へ連れ帰ったのだが……。 *表紙画像:eh(写真AC:ID1550302)  【初版:二〇一九/一/二一(note)】
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 4,884 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
 豊臣秀頼方からの要請により、毛利豊前守吉政《もうりびぜんのかみよしまさ》は土佐を出奔。大坂にて徳川方と雌雄《しゆう》を決する覚悟を決める。だが、吉政は急に大坂城へ向かう足を極端に緩めてしまう。 *表紙画像:らららら(写真AC ID:611681)  【初版:二〇一九/九/一〇(note)】
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 8,628 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
31
歴史・時代 完結 ショートショート
 阿梶局《おかじのつぼね》は徳川家康に寵愛されし若き側室。その賢明にして勇ましき性格が家康公の度を越したケチっぷりに対して火を噴く。 *表紙画像:Saigen Jiro(パブリックドメイン)  【初版:二〇一九/八/三〇(note)】
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 4,002 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
32
歴史・時代 完結 ショートショート
 織田信長は小姓を一人連れて相撲見物へやってきた。そこで彼は己の人生について冷徹に語る。 *表紙画像:きりみ(写真AC ID:713080 )  【初版:二〇一九/九/一(note)】
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 4,350 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
33
歴史・時代 完結 ショートショート
 織田信長の虚云は真に許し難し。そういきり立つ武田家の郎党の云葉に対して、それを伝え聞いた武田信玄公が所見を述べる。 *表紙画像:KOU2301(写真AC )  【初版:二〇一八/一一/二四(note)】
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 2,338 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
34
歴史・時代 完結 ショートショート
 河東《かとう》の街にて私に拳法勝負を挑んできたのは凛々しい少年であり、その血統は無敵の気高さを示していた。 *表紙画像:Shiori.K(写真AC ID:3014795)  【初版:二〇十三年頃か(TINAMI、星空文庫)】
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 3,806 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
 三国志の時代から二百年以上経ち、その戦いはすでに歴史となった。現在、かつての孫呉の土地を支配している宋の国では、宋の国の皇帝とその取り巻きらが三国志の英傑について談義していたのだが、その現実離れした議論に対して、文字が読めない武官であるはずの沈将軍が猛然と反駁《はんばく》する。 *表紙画像:youyu(1813483)  【初稿:二〇一八/一二/三】
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 10,167 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
時は戦国。塩商人の塩屋秋貞は、飛騨と越中、二国の主になりたかった。しかし、商人にも武将にもなり切れず、お山の大将の塩屋は、いろいろと失敗を繰り返し…。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 15,796 最終更新日 2020.05.22 登録日 2020.05.22
37
歴史・時代 連載中 長編 R15
時は春秋戦国、舞台は中国。 戦国七雄の最強国秦に己の故郷を滅ぼされ唯一の肉親をも殺された少年は秦に復讐を誓う。 これはとある少年が屍山血河の戦乱の世を生き抜き抗争を繰り返す蛮族達を初めてひとつにまとめあげ白起、廉頗、王騎ら時代が生んだ傑物達を蹴散らし秦国最大の敵とまで呼ばれた最強の将軍へと成り上がっていく物語。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 50,600 最終更新日 2020.09.29 登録日 2020.05.16
時は17代将軍の治世。京・鷹司家に生まれた三姉妹の末の姫宮、藤子は大奥に入り御台所となった。 京の都から、慣れない江戸での生活は驚き続きだったが、夫となった将軍・徳川家正とは仲睦まじく、百鬼繚乱な大奥で幸せな生活を送る。 しかし時が経つにつれ、藤子に様々な困難が襲い掛かる。 御台所になる為に教育してくれた祖母の死、実家・鷹司家の断絶、実父の突然の死、姉妹の間の悶着、と壮絶で波乱な人生が藤子に待ち構えていたのであった。 この話は、もしも江戸幕府が永久に続き、幕末の流血の骨肉の争いが一切起こらず、平和な時代が続いたら……と想定して書かれたフィクションとなっています。 大正時代・昭和時代を省き、元号が「平成」になる前に候補として提案されていた元号を使用しています。 映像化された数ある大奥関連作品を敬愛し、踏襲して書いております。 リアルな大奥を再現するため、性的描写を臆せず書き記しております。苦手な方はご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 128,166 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.05.12
土方歳三は上野松坂屋で丁稚奉公して商人の修行をした。年期明けして家へ戻ると、近藤勇の「試衛館」道場へ入って剣道を習い始めた。後に近藤たちと京へ上がり、新選組を結成するのだが、副長としての彼のやり方は、武士としてのそれよりも商人的で、合理的に時代を先読みした信長に近いものだった。特に戦さには敏感で先鋭的だった。剣ではなく、最新武器を誰より先に手にしたものが時代を取る。薩英戦争、長英蘭戦争の噂を聞くにつれ、そう思った。このままでは幕府、会津、新選組はいずれ確実に亡びる。薩長より先をいく威力ある武器を装備できるなら、新しい時代の天下を新選組が取れる。夢ではない!最先端の武器とは何か、そしてそれを使う戦術とは!土方は模索した。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 39,697 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.11
とりあえずビール!…みたいなタイトルですが、普通の時代小説です。 ベタベタな勧善懲悪時代劇っぽいものを書いてみようかと。 天保の頃、ところは千住界隈──。 一帯を取り仕切る香具師の若き女元締・お玉は、無一文の侍・殿岡平四郎を拾う。 人品いやしからぬ平四郎は、おっとりしているようでいて、激情型の性格で……。
24hポイント 0pt
小説 86,977 位 / 86,977件 歴史・時代 1,070 位 / 1,070件
文字数 6,962 最終更新日 2020.05.08 登録日 2020.05.08
98 123