投稿小説一覧

タグ 小説家×
15
1
BL 連載中 長編 R18
憲法の改正により、同性婚が認められて30年… 偏見は少なくなったものの、同性夫婦は希少であった。お見合いで出会い、希少夫婦の仲間入りをしたとある年齢差夫婦の相思相愛ラブラブ生(性)活。お惚気、溺愛、甘々夫婦ラブ。
24hポイント 560pt
小説 1,371 位 / 41,241件 BL 144 位 / 3,260件
文字数 53,827 最終更新日 2019.02.22 登録日 2018.10.06
小説家になるための戦略ノートです。『弱者のランチェスター戦略』を中心にして、小説を読んでもらうための『ウェブ戦略』なども交えて書いていきます。具体的な実践記録や、創作のノウハウ、人生戦略なども書いていきたいと思います。最近では、本を売るためのアマゾンキャンペーン戦略のお話、小説新人賞への応募、人気作品のネタ元考察もやってます。面白い小説を書く方法、「小説家になろう」のランキング上位にいく方法、新人賞で大賞を取る方法を考えることがこのエッセイの使命なんでしょうね。 小説家になろうに連載されてた物に『あとがき』がついたものです。 https://ncode.syosetu.com/n4163bx/ 誤字脱字修正目的の転載というか、周りが小説家デビューしていくのに、未だにデビューできてない自分への反省を込めて読み直してみようかと思います。
24hポイント 355pt
小説 1,907 位 / 41,241件 エッセイ・ノンフィクション 16 位 / 839件
文字数 1,216,744 最終更新日 2019.02.03 登録日 2018.03.08
3
BL 連載中 長編 R18
〈あらすじ〉 ~題名大幅に変更~ 人間をペットとして買うことが出来るようになった時代。 桑野恍は仕事の疲れを紛らわすためにペットを一人飼うことを決め、店に出向く。 人間といっても色々改良されていて様々な人種があった。 中でも恍は触手を持った男性に目を惹かれる。 一人暮らしじゃ忙しくて出来ないことが沢山あるので触手を使ってでも手伝って貰おうと思ったのだ。 値段も予算内だったので即座に購入し、設定も終えた。 ペットの名前は輝(てる)。 生活にも慣れてきて安心していた矢先、輝は恍に手を出すようになってきて……。
24hポイント 198pt
小説 2,977 位 / 41,241件 BL 313 位 / 3,260件
文字数 3,739 最終更新日 2019.02.13 登録日 2018.12.11
4
恋愛 完結 長編 R18
★完結★ 投票、応援ありがとうございましたm--m 恋愛大賞期間中、応援いただいたフォロワーさんの作品を ブログで紹介させていただいてます。 (日に数人) アルファポリス・Lopearedのウェブコンテンツから お飛び下さい・x・b  ぎっくり腰を抱える23歳オタ女。 生きがいはオンラインゲーム、海外ドラマ観賞に、妄想!  ……ある日、公園で行き倒れている男性を助けようとかけよったら早とちりで、彼は迷子の兎を捕獲しようと姿勢を低くして待ち構えていたのです。 迷子兎事件から彼女の生活に入り込んできたイケメンでエロい小説家ヨシノ。 彼は変わり者で彼女の魔窟『汚部屋』を掃除したいと言うのです。 彼女は拒否するのですが……。 エロあり、笑いあり、シリアスあり。 たまに兎も出てきます。 ※R18や性の趣向、精神を犯す可能性がある作品には『※』を入れております。 目を通す前に確認を・x・ 更新や詳細はツイアカでお知らせ https://twitter.com/pilica0514  黒猫ぴりか @pilica0514
24hポイント 42pt
小説 6,195 位 / 41,241件 恋愛 2,298 位 / 10,024件
文字数 170,480 最終更新日 2018.03.01 登録日 2018.01.19
5
SF 完結 長編
ネットで小説を書いている作家が集まるカフェのお話し。 時代は西暦2050年、舞台は東京、御茶ノ水。 ※一話完結型の長編小説です。 ※この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません。
24hポイント 42pt
小説 6,195 位 / 41,241件 SF 120 位 / 1,437件
文字数 37,737 最終更新日 2018.05.08 登録日 2017.11.06
6
ホラー 完結 ショートショート
ブラック風味のショートショート集。
24hポイント 42pt
小説 6,195 位 / 41,241件 ホラー 96 位 / 1,545件
文字数 101,496 最終更新日 2019.01.02 登録日 2019.01.02
 書けない理由を解明!  根性論よ、さらば! 「やる気がないだけだ!」と突き放されたあなたを救います!
24hポイント 35pt
小説 6,884 位 / 41,241件 エッセイ・ノンフィクション 74 位 / 839件
文字数 7,519 最終更新日 2018.09.26 登録日 2018.09.05
いつの間にか105キロまで育ってしまった、ひきこもり作家32歳の英明は、このままではだめだとダイエットを決意するけれども、ダイエットなど意識したこともなく、意志も弱い英明がダイエット成功するのか…… 燃やせ脂肪! 我慢だジャンクフード! いや、嘘! 我慢できない! コーラとポテチは至高なんです! 夜中のラーメンほどうまいものはない…… 早食いが太る原因? そんなの都市伝説じゃないの? 年下の健康的なかわいいヒロインの愛の手作り攻撃をうまくかわせなかったり、 年下のヤンキーに絡まれ、屠殺寸前の子豚のようにビビったり、 締切の催促に脂肪を震わせながら、それでも英明は叫ぶ! ハイカロリー召喚!! これは締切とダイエットに翻弄される男性作家のダメっぷりが目につく、どうしようもないダメダメ物語。 ダイエット成功は夢の彼方…… 表紙イラスト ねこまんまさんより、強奪いたしました。ありがとうございます。
24hポイント 28pt
小説 7,431 位 / 41,241件 ライト文芸 177 位 / 1,390件
文字数 13,293 最終更新日 2018.04.04 登録日 2018.03.31
9
恋愛 完結 長編
紅羽赤音が誇れるものは、物語。誰とも深く繋がれなくとも、描ける物語を誇りに生きていけると思っていた。 だが、母の結婚式に出会った公安の若きエース・雲雀冬也がファンと名乗って見つめてきた。 「良ければ俺が護衛をします」 事件を機に、雲雀が護衛でそばにいることになったのだが……。 冷静冷徹な二人が時折悶えるお話。
24hポイント 28pt
小説 7,431 位 / 41,241件 恋愛 2,699 位 / 10,024件
文字数 40,873 最終更新日 2016.11.21 登録日 2016.05.09
10
ライト文芸 完結 ショートショート
『これは、15歳の僕の、ちっぽけな復讐劇。  ———そう、「×××」への。』
24hポイント 28pt
小説 7,431 位 / 41,241件 ライト文芸 177 位 / 1,390件
文字数 1,958 最終更新日 2018.08.26 登録日 2018.08.26
11
SF 連載中 長編
2201年の日本。国有の子供として国に養育されている12歳の少女、棗は、誰かに呼ばれたような気配を探ろうとして施設を飛び出してしまう。その先で思いもよらない流れに巻き込まれ──。
24hポイント 21pt
小説 8,443 位 / 41,241件 SF 156 位 / 1,437件
文字数 35,055 最終更新日 2019.02.21 登録日 2019.01.28
12
恋愛 完結 長編
「ああ、やっぱり。私は物語が好きだ」 常に物語を描く物語命の作家は、いつの間にか異世界にいて、導かれるように城の中の宝の部屋には入った。騎士に捕まり牢屋に何日も閉じ込められたが、王様が手を差し伸べて部屋を与えてくれた。そこで黒い騎士に言葉を教えてもらいながら、物語を描いていく。 やがて王様に気に入ってもらえて――――「魔物討伐一行の報告係りをやってくれないだろうか?」 【なろう・2015年の誕生日記念】
24hポイント 14pt
小説 9,718 位 / 41,241件 恋愛 3,329 位 / 10,024件
文字数 132,530 最終更新日 2018.06.25 登録日 2018.06.06
13
恋愛 連載中 長編
私は、東雲美空。 ごく普通の二十四歳、小説家だ。 だが私は、高校二年の冬の記憶がない。 愛おしい彼女が自殺してしまったのも関わらず、全く憶えていないのだ。 自殺した七年後の冬、私は決意する。 過去の記憶を取り戻そうと。 ――――――――――――――― 嘘、嘘、嘘が重なり合わさり、美空が隠し続けた真実。 美空の後輩で、編集者の百瀬伽耶斗だけが知っている記憶。 ー七年前の自殺の真相とは。 毎日22時更新予定です。 更新変更は、Twitterにてご報告します。 Twitter・@gextuka02141012 pixiv・user_ndks7277
24hポイント 0pt
小説 41,241 位 / 41,241件 恋愛 10,024 位 / 10,024件
文字数 15,100 最終更新日 2018.10.10 登録日 2018.09.18
14
恋愛 連載中 長編
僕はいじめにあっていた。 原因はオタクだの、キモイだの言われた。 それから3年... 僕は僕の心をなくしたヤツらを見返すために僕を助けたある小説家を目指し小説家になろうとした。 「よし、原稿終わった」 僕は今19歳の小説家 今から編集部に向かう 「内容が薄いですね」 そう言われた。 結構な時間を削って書いた小説をそうな簡単にまとめられたのはガッカリした 「そうですか...」 自分には才能がないのかな...もうやめようか... 家に帰りまた小説のことを考えていた。 「自分に小説の才能がないのならどうすればいいんだ、何年も小説のことを考えてきた」 そうボツボツ言っていると誰か来た 「お兄ちゃん!」 外でドアを叩いていたのは妹の沙織。 「どぉした?沙織」 何があったのかと不思議になったため妹に聞いてみた 「またダメだったんでしょ、まだやるの?とりあえず開けて!」 そう言われたのがトドメに感じた 「そうだな、もうやめよか」 数ヶ月経った今書店に来た 「あ、この小説面白そうだな...」 540円だった、財布には1000円入っていたので買った 家に帰り読んでみた そこには自分の努力を崩す、破壊するような作品があった この小説を書いた人は自分より年下だった。 僕は絶望しベットに潜り込み寝た 数日がたっただろうか、それまで何も食べていなかった 「腹が減ったな、何か買ってこようか」 近くのスーパーにつきカップ麺を数個買った。 帰り道ある少女にあった その子を見た瞬間僕はあるアイディアを考え着いた 「やばい、綺麗だ」 僕は小声でそう口から盛れた その少女は笑顔でこちらを見てきた その時僕の頭の中にアイディアが出てきた。
24hポイント 0pt
小説 41,241 位 / 41,241件 恋愛 10,024 位 / 10,024件
文字数 1,127 最終更新日 2018.10.18 登録日 2018.10.18
作家がしっかりとした職と認められた世界。 作家育成名門校に入学した江口 文也は部活に入ることができず孤立してしまう。 それを見かねた学園町の娘と言葉を交わすのだが、何故か喧嘩を売られてしまう。 「Nスポーツで勝負よ。あなたが負けた場合は退学よ」
24hポイント 0pt
小説 41,241 位 / 41,241件 キャラ文芸 1,259 位 / 1,259件
文字数 3,261 最終更新日 2018.11.08 登録日 2018.11.08
15