キリスト教小説一覧

タグ キリスト教×
6
1
歴史・時代 連載中 長編 R15
極貧の限界集落。ナザレ村。 そこの底辺労働者が神に選ばれた。 ナザレのイエスと呼ばれる男。大工(テクトーン)だ。 それはローマでは最底辺の労働者を意味している言葉。 しかも、30歳。童貞だった。 彼は、神に奇蹟の力をもらい、人類を救済せよと命令された。 仕方ないので、彼は動き出す。 人類救済に向けて。 それは、神の計画「人類救済計画」の始まりだったのか? 紀元30年のパレスチナより物語は始まるのであった。 信仰の対象のイエスではなく歴史的な側面からのイエス伝。 ムアコックの「この人を見よ」よりは罰当たりでないようにします。 表紙画像は再利用可能なフリーの物を使用しています。 ■参考文献(2016/10/27) イエス・キリストは実在したのか?/レザー アスラン (著), 白須 英子 (翻訳) はじめて読む聖書/田川建三ほか (著) ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書) /橋爪 大三郎 (著), 大澤 真幸 (著) 「宗教」で読み解く世界史の謎/武光 誠 (著) カトリック入門: 日本文化からのアプローチ/稲垣 良典 (著) イエス コミック/安彦 良和 (著) 新約聖書 1/佐藤優・解説 (著), 共同訳聖書実行委員会 (翻訳), 日本聖書協会 (翻訳) 「バカダークファンタジー」としての聖書入門/架神恭介 (著) この人を見よ/マイクル・ムアコック (著), 峯岸 久 (翻訳) 聖書考古学/長谷川 修一 (著) 口語訳旧約聖書(1955年版)ネット版 http://bible.salterrae.net/kougo/html/ (2016/11/2追加) キリスト教と戦争 (中公新書) /石川 明人(著) (2016/11/6追加) ユダとは誰か 荒井 献(著) マグダラのマリア 岡田温司(著) (2016/11/9追加) トマスによる福音書 荒井 献(著) (2016/11/12追加) ツァラトゥストラかく語りき フリードリヒ・W. ニーチェ (著),佐々木 中 (翻訳) キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』 フリードリッヒ・ニーチェ (著), 適菜 収 (翻訳)
24hポイント 42pt
小説 8,205 位 / 60,285件 歴史・時代 105 位 / 754件
文字数 127,969 最終更新日 2017.10.18 登録日 2016.11.29
2
BL 完結 ショートショート
江戸時代の前の、長崎の話。 キリシタン禁制の世、少年と異人の宣教師のお話。 「おらは神父さんが大好きだった」 パライソは、本当にあるのだろうか。 それなら、何故、神様は神父さんを助けてあげない?
24hポイント 14pt
小説 14,470 位 / 60,285件 BL 2,149 位 / 5,158件
文字数 2,553 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.07.15
統一以前のイングランド、群雄割拠の七王国時代。 イングランド北部においてバーニシア軍がデイラ国の首都ヨークを急襲。しかし、デイラの王子エドウィンは命からがら逃げ延びた。流浪の末に七王国随一の先進国であるケントに流れ着き、行き倒れた彼を救ったのは民衆から愛される聖女ベルガ姫であった。 ※この物語は以下の配役を脳内再生でお楽しみ下さい。 エドウィン 緑川光 ベルガ 矢島晶子 ライラ 関俊彦 カドワロン 笠原愛 ペンダ 中原茂 フェイ 石野竜三 レドワルド 子安武人 ノエル 横山智佐 オットー 森川智之 オズワルド 中村大樹 エゼルベルト 大塚明夫 ベルダ 冬馬由美 エゼルフリッド 置鮎龍太郎 アクハ 田中敦子 参考文献 アングロ・サクソン年代記 ベーダ英国民教会史 イングランド王国前史―アングロサクソン七王国物語
24hポイント 0pt
小説 60,285 位 / 60,285件 歴史・時代 754 位 / 754件
文字数 61,374 最終更新日 2017.09.05 登録日 2017.01.26
黒江真琴は男子高校生、そしてクリスチャンである。 道端に倒れていた美少女悪魔二人を助けた事により、これからの人生が劇的に変化した。 「僕が命の恩人!? 救い主!?」 黒江真琴は、自分を信仰しようとする美少女悪魔二人に四苦八苦。 更に天使までやって来た!? 「僕たちの救い主はイエス様だ」 「救い主の救い主って……なんて凄い御方なんですか!」 この物語は、教会生活を始めた美少女悪魔を中心に起こる、ドタバタコメディーです。
24hポイント 0pt
小説 60,285 位 / 60,285件 キャラ文芸 1,551 位 / 1,551件
文字数 34,722 最終更新日 2019.03.21 登録日 2019.02.20
 18世紀英国に誕生したキリスト教指導者ジョン・ウェスレーは、若い頃その性格から「メソジスト(メソッド主義者=きまじめ屋)」という渾名がつけられた。それを逆手に取るように始められた「メソジスト運動」は後々キリスト教界に多大な影響を与えることになる。だがそんなジョン・ウェスレーも他方では女性という〝棘〟に苛まされ続けていた。ソフィー、グレイス、そしてメアリー。  聖霊の内示により信仰の確証を得、その福音をあまねく広めた聖者の人生に降りかかったこの試練にどのような意義があったのか、神はこの試練を通してジョンに何を求めたのか。〝私〟はその謎を探りつつ筆を執り続けるのだが……。
24hポイント 0pt
小説 60,285 位 / 60,285件 歴史・時代 754 位 / 754件
文字数 98,393 最終更新日 2019.05.02 登録日 2019.03.26
6
歴史・時代 完結 ショートショート
朝鮮王朝後期、禁止されている天主教(キリスト教)を信仰し、殉教した王族女性のお話です。
24hポイント 0pt
小説 60,285 位 / 60,285件 歴史・時代 754 位 / 754件
文字数 8,144 最終更新日 2019.04.29 登録日 2019.04.29
6