古書店小説一覧

タグ 古書店×
8
とある古本屋の娘である二代目と、その店の常連客の青年との間でなされる交換日記(?)を軸にしてお話が進みます。 じれったい本好き同士の恋のお話を意識しています。 一話ずつが短いのでサクッと読んでいただければ幸いです。 ※無断転載は固く禁じます(うちの子は嫁にやらん)※
24hポイント 149pt
小説 4,573 位 / 60,860件 現代文学 62 位 / 2,672件
文字数 41,026 最終更新日 2019.12.04 登録日 2019.12.03
 生まれてすぐ「この子は神の嫁になる」と託宣が下りた、残念な美少女陰陽師ミトラ。  ある日、祖父の遺言で『猫だるま古書店』に行き、鑑定士アジャリと出会い日常が一変! 540億円の霊符代を払う代わりに、店主代理を引き受けてしまう。本魂(本のつくも神)にメッチャ弱い霊媒体質のミトラと神も鬼も顎で使う男アジャリを軸に、古書を巡る面倒な依頼を解決していく。可愛い式神やクソ生意気な美少年番頭、源氏・平家の人霊も地味に出没。  神田神保町4丁目1番地『猫だるま古書店』はただいま営業中です。どうぞお立ち寄りくださいませ。 *この物語はフィクションです。
24hポイント 42pt
小説 9,087 位 / 60,860件 キャラ文芸 226 位 / 1,641件
文字数 23,254 最終更新日 2017.12.11 登録日 2017.11.25
3
恋愛 連載中 長編 R18
 高校三年生である斎藤柊華は、幼い頃から商店街には不似合いのお洒落な古書店へと通っている。憧れの人でもある、店長のセフィルに会う為だ。  アンティークショップも兼ているお洒落な店内で、古書や小物に囲まれる中。淹れてもらったお茶を飲む優雅な時間は、いつまでも続くささやかな幸せかに思えたのだが……ある日、突然音を立てて日常が崩れ落ちる事となる。  そんな時、柊華はセフィルを頼ったのだが、それは、更に平穏な日々とは無縁になる選択肢でしかなかった——  執着愛・盗聴癖・ストーカー・ヤンデレ要素ありの困った精霊と、女子高生のお話です。 【R18】作品ですのでご注意下さい。 ※『インバーション・カース 〜異世界へ飛ばされた僕が獣人彼氏に堕ちるまでの話〜』を最優先 で更新している状態ですので、こちらはのんびりペースになっております。ご了承下さい。
24hポイント 28pt
小説 11,370 位 / 60,860件 恋愛 4,001 位 / 14,813件
文字数 58,616 最終更新日 2019.12.11 登録日 2019.09.27
ある街角に 随分と年季の入った小さな古書店が在る 忙しなく歩く人達は その存在すら気に求めない そんな外観の目立たない店 誰もが知る小説の類から いにしえの時代の書籍まで このさほど広くもない店内の隅々に 所狭しと ひしめき合う書物達 彼等は 人見知りが酷いものも多く 読み手を選んだり 見つからないように 奥に紛れ込んだりする そんな曰く有りげな書物達を 預かり見守る店主のつぶやきを こっそりと貴方に伝える そんな物語です 初めての公開作品となります 至らない点等あるかと思います 公開後も手直し更新する可能性がございます
24hポイント 7pt
小説 18,577 位 / 60,860件 ファンタジー 4,930 位 / 19,454件
文字数 4,270 最終更新日 2019.03.24 登録日 2019.03.24
5
ライト文芸 完結 ショートショート
とある少女の放課後の短い物語です。
24hポイント 0pt
小説 60,860 位 / 60,860件 ライト文芸 2,421 位 / 2,421件
文字数 6,055 最終更新日 2018.02.14 登録日 2018.02.14
町の一角にある古書店。そこは女子高校生が切り盛りしている。地域に寄り添うそんな場所。様々なお客さんと本…。きれいに折り重なって綴られる王道古書店ストーリー!! 開幕します。
24hポイント 0pt
小説 60,860 位 / 60,860件 キャラ文芸 1,641 位 / 1,641件
文字数 2,363 最終更新日 2019.06.04 登録日 2018.12.20
7
キャラ文芸 連載中 長編 R15
亡くなったおじいちゃんのコレクションを整理していたら出てきた本『陰陽師になろう~この本を読めば今日からあなたも陰陽師です~』。胡散臭い謳い文句の安っぽい本だったが、作者の欄に書いてあったのは原作安倍晴明の名前。え?本物?金と権力と霊力と、権謀渦巻く陰陽師コメディ。
24hポイント 0pt
小説 60,860 位 / 60,860件 キャラ文芸 1,641 位 / 1,641件
文字数 19,764 最終更新日 2019.02.09 登録日 2017.11.30
大通沿いにあるこの古書店にはいつもコーヒーの香りが漂っている。 口数は多くないものの、人当たり自体は悪くない店主が煎れるコーヒーを飲みながら、今日も相談に来る人がいる。 そんな風景を見つめていると……。 1話読み切り短編。
24hポイント 0pt
小説 60,860 位 / 60,860件 ライト文芸 2,421 位 / 2,421件
文字数 2,615 最終更新日 2019.11.01 登録日 2019.11.01
8