蛍火小説一覧

タグ 蛍火×
1
ある日、野田洋平のもとに訃報が届いた。幼馴染の親友で、恋敵でもあった男の死を知らせるものだった。まだ、三十五歳である。自分と同様、独身だったことは知っていたが、重篤な病気という話は耳にしていなかった。 彼の心中を思いやったとき、洋平の脳裏にふとある夏の日の記憶が蘇った。 それは、甘酸っぱくもほろ苦い想い出だった。
24hポイント 0pt
小説 58,793 位 / 58,793件 現代文学 2,567 位 / 2,567件
文字数 164,132 最終更新日 2018.07.31 登録日 2018.07.06
1