ローファンタジー要素あり小説一覧

タグ ローファンタジー要素あり×
6
1
恋愛 完結 短編 R18
大団円の後の後、記憶は無くても、想いは消えない物語。 R18お急ぎの方は9話だけご覧ください。 お時間ある方は1話より、暇で暇でな方は別枠の『同級生の異世界転移に巻き込まれた直後に前世を思い出した結果、乙女ゲームの世界だと判明しました(旧 大団円エンディングの作り方)』からどうぞ。  平凡ど真ん中の女子高生山下えいこは、異世界転移に巻き込まれて十二年間を異世界の平和のため費やした。  仕事をやり終え若い姿のまま元の世界に戻ったはいいけれど、いなかった十二年間分戸籍はちゃんと歳をとる。  異世界の記憶もすっかり失い、なんとか大学を出た彼女は三十四歳新卒内定ゼロのハードモード。  そこに異世界で想い合っていたヒール系ヒーローの転生先の人と出会うけれど、彼も彼で記憶は無くて……? ※異世界は一切出てきません。 ※小説家になろう様でも投稿します。
24hポイント 28pt
小説 10,080 位 / 63,753件 恋愛 3,737 位 / 15,901件
文字数 28,214 最終更新日 2018.07.09 登録日 2018.07.08
2
BL 連載中 長編 R18
「鮫の人魚だから碌な恋愛、出来ねえと思ってたハズなのにな……」 鮫の人魚であることを理由にないがしろにされていたことで拗れ、気を紛らわすために非行に走っていた王家出身のイタチザメの人魚・砕波(さいは)。しかし、ついに素行の悪さを咎められ、更正名目で南の人魚界に追いやられてしまう。誰にも心を開けないまま南の人魚界で過ごしていたがある日、怪我をして衰弱していたところを盲目の少年・内海琉璃(うつみ ゆり)に助けられる。鮫…特にイタチザメが好きだと言う琉璃に心を癒されていることに気付き始め、徐々に心に変化が訪れていく。捻くれ者なイタチザメの人魚×鮫の好きな盲目の少年の恋物語……人魚シリーズ第二弾、遂に始動。 ※この話は人魚シリーズの第二弾となり舞台は違えど前作シロワニの花嫁とリンクしているお話となります、砕波の過去の所業はシロワニの花嫁をご覧になっていただくと幸いです。 ※性的描写が入る際は*マークがタイトルにつきます。 ※こちらはムーンライトノベルズで完結済みとなった作品をアルファポリス版にとして書き換えたものです。
24hポイント 28pt
小説 10,080 位 / 63,753件 BL 1,542 位 / 5,522件
文字数 205,682 最終更新日 2019.03.27 登録日 2019.03.05
3
BL 完結 長編 R18
水族館でバイトをする大学生・葉月明澄(はづき あすみ)は同じ大学の先輩で同じバイト先の仲間である鮫淵詠寿(さめぶち えいじゅ)に密かな憧れを持っていた。しかし詠寿の正体はなんと“人魚”で人魚たちの住む世界“人魚界”の王子だった……。詠寿の秘密を知ってしまった明澄は強制的に連れてこられ、人魚界の掟で詠寿の花嫁にさせられてしまう……。現状をなかなか受け入れられない明澄、しかも明澄には過去のトラウマがあって……。 種族や住む世界観の違いという壁に悩む人魚の王子×トラウマ持ち大学生の物語……。  ※この作品はムーンライトノベルズに乗せている作品をアルファポリス版として掲載した作品です。 遅くなるかもしれませんがこちらのバージョンに合わせて乗せていくつもりなので。
24hポイント 0pt
小説 63,753 位 / 63,753件 BL 5,522 位 / 5,522件
文字数 171,417 最終更新日 2019.02.28 登録日 2019.02.10
日本のどこかに存在するかもしれない私立学園高等学校風紀取締部の部長と部員の日常。 ※1000字以内の会話形式作品です。 ※この作品に一般的な常識要素はありません。非常識な描写が出てきたとしても、ご笑読ください。 ※小説家になろう様でも同時連載中です。
24hポイント 0pt
小説 63,753 位 / 63,753件 キャラ文芸 1,894 位 / 1,894件
文字数 7,432 最終更新日 2019.06.17 登録日 2019.06.10
5
恋愛 連載中 長編 R15
主人公 ゆず 普段の一人称は私 たまに異なる 奏 一人称は僕 甘さ・切なさ・怒り等の感情の全てを少しづつ書く予定です。読みやすいよう一話ごとを短くする予定です。少しでもいいなと感じられたなら一言でも感想を頂けるととても嬉しいです。
24hポイント 0pt
小説 63,753 位 / 63,753件 恋愛 15,901 位 / 15,901件
文字数 9,109 最終更新日 2019.12.23 登録日 2019.12.22
大学には部員2人しかいないサークルがある。 その名は「Spirit's Killers」 サークル名から当然他の学生に奇妙に思われ、変人サークルとして無言の認定をされていた。 その変人サークルに所属する秋月里穂は唯一の部員、半崎和樹ともに活動していた。 活動時間帯は夜。 みなが眠りだす時、彼らは動き出す。 「使命」として。 闇落ちした精霊を排除していく精霊殺しの大学生2人のお話。
24hポイント 0pt
小説 63,753 位 / 63,753件 ファンタジー 19,968 位 / 19,968件
文字数 4,600 最終更新日 2020.01.18 登録日 2020.01.18
6