小説 一覧

タグ バディ×
6
1
SF 連載中 長編
同年代の子達と放課後寄り道するよりも、VRMMOでおじさんになってるほうが幸せだ。オープンフィールドの狩りゲーで大剣使いをしているガルドこと佐野みずき。女子高生であることを完璧に隠しながら、親父どもが集まるギルドにいい感じに馴染んでいる…! ひたすらクエストをやりこみ、酒場で仲間と談笑しているおじさんの皮を被った17歳。しかし平穏だった非日常を、唐突なギルドのオフ会とログアウト不可能の文字が破壊する! 序盤はVRMMO+日常系、中盤から転移系の物語に移行していきます。 周囲に愛されていますが、主人公は恋愛する気がさらさらない枯れ親父です。 表紙はみ様・ゆぎまる様から頂きました!ありがとうございます! 定期的に入れ替えています。 更新は定期日程で毎月4回行います(2・9・17・23日です) 小説家になろうにも「40代(男)アバターで無双するJK」という名前で投稿しています。 ツイッターで定期外更新の予告やSSなどを挙げています。 twitter →@00kanoyo
24hポイント 915pt
小説 970 位 / 39,412件 SF 13 位 / 1,378件
文字数 725,471 最終更新日 2019.01.09 登録日 2017.02.09
目に見えない者が見える景森悠(かげもりはるか)は、道に迷った外国人ルカを助けると、彼も見える人だった。 祖母が亡くなり、叔父に遺品である骨董品を奪われそうになったとき、偶然にも助けた外国人は美術鑑定士だった。 美術鑑定士は表向きの仕事で、本来は霊救師(れいきゅうし)として動いているという。霊の声を聞き、話をし、失踪者を捜し事件の謎を解く。霊が見える悠に、ルカはぜひ店に来てほしいと言われ……。
24hポイント 391pt
小説 1,814 位 / 39,412件 キャラ文芸 20 位 / 1,318件
文字数 353,449 最終更新日 2019.01.19 登録日 2018.05.31
そんなに都市部でもない、かと言って田舎過ぎないちょっとした町に存在する宝飾店……「Bear」一号店。 祖父から姉、そして姉から店を引き継いだ男はそんな町人達のドラマにきらめきを与えていく。そう例え、どんな客にでも。 さて、お待ちしておりました。
24hポイント 21pt
小説 8,363 位 / 39,412件 キャラ文芸 255 位 / 1,318件
文字数 25,811 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.11.22
 神沢和泉(18)は子どもの頃に「見える」ようになってしまい、悩んでいた。そんなある日、酒寄に出会ってさらに見えてしまうように。偶然見つけた酒寄は、実は式神なのだと言う。その上、呪われて人間にされてしまったらしい。呪いを解けるのは酒寄を召喚した者の子孫のみ。  見えてしまう能力をどうにかしたい和泉と、呪いを解いて解放されたい酒寄。  そしてそれらの原因と思われる謎の男。  三者三様の思惑が絡み、ふたりの運命はいかに───。 *・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・* 感想・お気に入り、どうぞよろしくお願いしますねぇ~(*´ω`*) *・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*
24hポイント 21pt
小説 8,363 位 / 39,412件 キャラ文芸 255 位 / 1,318件
文字数 47,631 最終更新日 2019.01.13 登録日 2018.11.24
【この出会いは〈宿命〉だったのかもしれない。】 フィーエル・アラロヴ大学校の四年生フィクトが卒業研究の師に選んだのは、偏屈な天才学者ルーヴェンスだった。フィクトが〈開かずの間〉に足を踏み入れるとき、宿命と魔術をめぐる、師弟の最後の講義がはじまる。〈魔術〉を生み出した男とその弟子の選択を追う中編ファンタジー。全十九話。 ※14/12第一稿完成 ※18/4改稿 ※表紙イラスト:Evi様
24hポイント 7pt
小説 11,071 位 / 39,412件 ファンタジー 3,449 位 / 13,830件
文字数 192,166 最終更新日 2018.12.18 登録日 2018.12.03
 刑事の俺は口が悪い。組まされた相棒は直ぐに警察を辞めていく。現在、そんな俺、柊盛(ひいらぎせい)の相棒は元犯罪者。奴の名前は高嵜五男梨(たかさきいおり)。昔、奴は人を六人殺し、何年も姿を消していた。奴は今年、二十二歳になる。未成年だったため、六人も殺害したにも関わらず、奴は重い罪に問われなかった。奴は刑事では無い。コンサルタントというものだ。外国では普通のことになりつつあるようだが、日本では珍しい。奴はある分野に関してズバ抜けた才能を発揮する。  それが、非鋭利事件だ。  非鋭利事件とは、殺せそうに無いもので殺人が行われた事件のことである。 「こんなもので人は殺せるのかな?まあ、そのうち分かるか」 「殺せるから、此処で人が一人死んでるんじゃねぇのか?俺は頭の悪ぃ奴は嫌いなんだよ」 「自分のことじゃん。笑えるね。僕が居ないと」 「おっと、それ以上言いやがったら」 「どうするの?」 「うむ……、今から考える」 「楽しみにしてるよ」  気を付けろ……。奴は必ず、また人を殺す。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 キャラ文芸 1,318 位 / 1,318件
文字数 117,201 最終更新日 2018.11.28 登録日 2018.10.28
6