ライトノベル小説一覧

タグ ライトノベル×
94 123
 オートマタと呼ばれる人造生命体が普及しつつある世界。  晴彦は普通の少年だったが、ある日、街でオートマタの暴走に遭遇する。そのオートマタを破壊した晴彦は、そのオートマタの所有者らしい少女に、どこか記憶が刺激されるが、思い出せず、その場を逃げ出す。しかしその直後、晴彦は意識を失ってしまう。  目覚めた時、晴彦は知らない場所におり、唐突に自分は人間ではないと告げられる。  彼は人造生命体マリオネットで、これからパートナーとなるマスターと出会うためのお披露目会に参加することになる、と告げられる。そこで晴彦は少女、真利阿と出会うが、その少女こそ、暴走したオートマタの持ち主で……。 ※この長編は、スニーカー大賞 第十八回 春の選考で、最終選考で落選した作品になります。
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 ファンタジー 20,058 位 / 20,058件
文字数 96,901 最終更新日 2019.07.19 登録日 2019.07.01
82
児童書・童話 完結 ショートショート
マイクラの豚さんの飛ぶ頃にの実績を物語風にした話
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 児童書・童話 1,236 位 / 1,236件
文字数 1,175 最終更新日 2019.07.06 登録日 2019.07.06
森の精霊が、世界に解き放たれたいきさつ。
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 ファンタジー 20,058 位 / 20,058件
文字数 35,684 最終更新日 2019.08.03 登録日 2019.07.31
「リリー! さあ、どこへ往く? どこから取り戻す? 全てはお前次第だ!」 険しい山岳地帯において、ひっそりと魔物たちと共存していたハイデルシア帝国。 ある日、「勇者」を名乗るユガート王国のものに侵略される。 王族として唯一生き延びた少女リリーは、逃げた先の洞窟で勝利を司る魔女ヴィクと出会う。 魔女は加護を受けたいと申し出た者に襲い掛かり試練を課すため、民衆からは忌み嫌われ、暇を持て余していた。 そして、そんな嫌われ魔女の真の姿は「竜」であった! 魔女の課した試練をこなしたリリーは、竜(魔女)ヴィクとその使い魔である白猫シィを従え、祖国ハイデルシアを取り戻す旅に出る──! リリー「(父さま、みんな。待っていて下さい。私は必ず、ハイデルシアを取り戻してみせます──!)」 ヴィク「ところで、どいつから焼けばいい? あのへんの兵士らか?」 シィ「おいおい、焼きながら喋るだなんて行儀が悪いぞ」 リリー「……うーん、前途多難です!」
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 ファンタジー 20,058 位 / 20,058件
文字数 7,651 最終更新日 2019.08.15 登録日 2019.08.13
 容姿端麗、成績優秀と、才色兼備な女子高生である小崎真梅雨は、愛姫県のお嬢様学校である済栄マリア学園に通っていた。  そんな真梅雨は、突如として能力に目覚めると、謎の二人組みに拉致される。そこで、世界には、能力を持った人間である「憑依者」で構成される、組織があることを知る真梅雨。  呪われた能力を手にした真梅雨は、様々な能略を使役する憑依者との戦いに身を投じていくこととなる。
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 ファンタジー 20,058 位 / 20,058件
文字数 55,106 最終更新日 2019.09.18 登録日 2019.08.18
清陵学園には主人公クラスというものがある。 異能力という存在を教育する学園の中でも、トップクラスの生徒ばかりが集まったクラスだ。 その中に1人、事実上最弱の男がいる。 なぜ自分が主人公クラスなのか。 彼自身にも分かっていない。 そんな彼は幼馴染やその他の異能力者、そして世間を脅かす七脅たちとぶつかり、成長していく青春物語である……。 というのは嘘で、最弱の主人公が最弱を理解するだけのコメディライトノベルである。
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 ライト文芸 2,459 位 / 2,459件
文字数 48,821 最終更新日 2019.08.31 登録日 2019.08.30
この世で生きている間に起きる様々で色々な欲望の矛先というのは所謂ところの大罪というヤツで、その大罪を堪能してしまえば神様から罰を受け、その大罪を目の前に具現化して更には耳元でこッちの水は甘いよと誘惑するのが悪魔で、その誘惑に乗らないように忠告するのが天使で、天使はその忠告を邪魔しようとした場合のみ邪魔しようとする悪魔を攻撃するのだけれど、その天使も悪魔も神様の許しがないとチカラを発揮する事はデキない。 で、神様は現世に生きる者達に試練という名の苦しみや悲しみを与え続け、自身を信仰しない者にもまた試練という名の苦しみや悲しみを与え続け、それに耐えてなお自身を崇める者のみに天国への門を開き、その他は一切合切問答無用で地獄に落とす。 更に言えば。この世で生きている限りに於いての苦い水つまるところ試練というのは、同じく神様が自らの意思で創造した人間という物体にとッてツラくて悲しくて痛くて苦しくて情けなくなるような事ばかりなワケで。 と、いう事は。悪魔ッてのはその大罪に溺れる事を薦めはするものの、地獄の苦しみとか心折れるような悲しみとかは死して地獄に落ちるまでつまるところこの世で生きている限りに於いては行使しない、と。 そして天使は………天使のみなさんッて人間にとッては、神様を信じろ我慢しろ耐えろ神様を信じないと神様に罰を喰らわされちゃうんだぞぉーッて言いにくるだけ、なのかな。 神様を攻撃してきたら神様を守りつつ悪魔をシバきまくるというのが天使の存在理由の主題にして本文であり、人間には殆ど干渉デキないというか神様からそれを許されてはいない感じ? ↑ なんだか複雑な関係性ですよね。 この世での平穏のみをただひたすらに望むのであれば悪魔の誘惑に乗る方が悠々自適に暮らせるような気がするし、それでもそれはそれで神様から罰を喰らうのであれば、誘惑に乗ッても乗らなくても試練とか罰はどッちにしろ繰り出されるという………。 死してからが本番なんだと耐えに耐えて頑張ッて試練の毎日を生きるのか、今この時を平穏に暮らしたいんだけどどッちにしても試練やら罰やら喰らうんだしそれなら誘惑に乗ッて少しでも多く笑顔でこの世を生きていくか。 そう。どッちにしてもこの世を生きていく間は試練やら罰やらという苦しみ悲しみからは逃れられない、と。←どこに主眼を置くのかによッて神様という存在への感じ方が真逆になるという、ある意味どうすりゃイイの?!的な難易度激辛な人生。 ………、 ………、 ………、 生きるッて、 なんだかとても大変ですよね。
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 大衆娯楽 1,896 位 / 1,896件
文字数 126,467 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
吸血鬼は人間の血を吸い、吸われた者は下僕となる。太陽の光を浴びると燃えて灰になる。白木の杭で心臓を突き刺されると絶命してしまう。銀製の物で受傷すると大ダメージを負い、銀製の刃物で首を切り落とされると絶命してしまう。コウモリとオオカミとネズミに変身可能。クロスとニンニクが苦手。中が赤くフワフワの棺桶で眠る。鏡に映らない。そして、基本的には不老不死の怪異。 ↑ だ、そうで。 が、しかし。 吸血鬼なる怪異の者が実在するとして、これ等の全て一切合切が偏見であったとするなら。さて、どうだろうか? 見た、聞いた、触れた、考えた、思った、感じた、この内のどれか一つだけの情報で、たった一つだけで、そうに違いないと決めつけ、確認もせず何故か確信しているという事はないだろうか。そしてそれが間違っていると、言ってくれなければ判らないと言い訳して逃げたり、それでもそうに違いないと認めずにいたりしてはいないだろうか。勝手に決めつけたその偏見は誤解を生み、誤解は争いを招く。もしかしたら、この世の中にはそのような事がとても多いのではないでしょうか。争いという無惨は戦争という凄惨にまでその被害を拡大し、憎しみを増し、悲しみを残して次の世代へと受け継がれていく。笑顔のままでいられたかもしれないのに、傷つかずに済んだかもしれないのに、歴史に影を記しながら時間をすごすのだ。 偏見なき世の中。 偏見なき世界。 個々がそれぞれに自分自身の欲望で他者を傷つけるという行為を恥じた時、慎んだ時、悔やんだ時、きっとその環境は穏やかで、和やかな、楽しい時間となって笑顔を共有している筈だ。そんな時代など、儚い夢でしかないのだろうか。 そんなワケで。 ここに紡がれた物語は、偏見を背負った吸血鬼と元人間の、偏見から解放されて再び偏見に見舞われるまでの、けれどたしかに幸せに満ち溢れてもいた、ほんの一部始終です。 どうか、 笑顔が心に宿りますように。
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 大衆娯楽 1,896 位 / 1,896件
文字数 112,195 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
     はじめに 七日目の決意とは日本の有名バンドのUVERworldさんの音楽家TAKUYA∞さんが作詞した曲です。 今回、七日目の決意の曲をもとにした小説です。 「生きる」とは強く生きるという意味を込めたものです。  七日目の決意はTAKUYA∞さんが夢の内容を描いた曲でした。  今回の「生きる」〜七日目の決意の小説は、蝉のように七日しか生きられない、冬まで生きたくても生きられない、一週間の命しかない七日間の一日一日を描いた作品です。
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 ライト文芸 2,459 位 / 2,459件
文字数 9,354 最終更新日 2019.10.26 登録日 2019.10.26
「おいで。私を訪ねてきたんだ、よほど困っていたんだろう?」 『鬼の社のあくまさん』──それはとある町で、まことしやかに囁かれる噂。あるいは都市伝説。  彼に気に入られれば願いを叶えてもらえるが、彼に気に入られなければ、食べられてしまうのだという──。 ***  中学三年、卒業式を迎えた黒田結子は、三年ぶりに小学校まで住んでいた町に戻ってきた。  かつての地元で再び始まる新生活に思いを馳せたのもつかの間──彼女は、かつてのクラスメイトたちが巻き起こしたとある事件に巻き込まれ、かつてのクラスメイト共々、命の危機に晒される。  クラスメイトである友人の命には刻一刻とタイムリミットが差し迫り、結子はどんどんと追い詰められていく。  困り果てた彼女が頼ったのは、この町にまことしやかに囁かれる噂。  ──『鬼の社のあくまさん』だった。 「いらっしゃい、迷えるお嬢さん」  鬼の社とは。  そこに住まう『あくまさん』とは何者なのか。  結子は、無事に高校生活を迎えられるのか。  中学生と高校生の間、何者でもない時間から始まるなんちゃってホラーな現代ファンタジー!
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 キャラ文芸 1,901 位 / 1,901件
文字数 27,592 最終更新日 2019.10.30 登録日 2019.10.27
「ライト文芸」「キャラクター小説」「キャラクター文芸」「キャラ文芸」「キャラノベ」「大人向けライトノベル」とバラバラに呼んでいるおかげで、本屋でまとめて置かれることが希な、面倒なジャンルのお話。
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 エッセイ・ノンフィクション 1,853 位 / 1,853件
文字数 547 最終更新日 2019.11.18 登録日 2019.11.18
禁忌の魔法使いと呼ばれているアシュ=ダールはとにかくモテない。その人間性故、男女問わず圧倒的に。そんな中、ホグナー魔法学校の理事長要請を受け、未来の恋人を探すべく教師となるが…… ※ 【登場人物】 アシュ=ダール 禁忌の魔法使いと呼ばれている。死霊使い、黒魔術、召喚魔術は大陸最高峰の実力だが禁忌を冒したとして評議会から追放された。不老で、現在200歳だが、気分は20歳。 ミラ アシュが魂を吹き込んだ美しい人形。ほぼ人間のような動きや振る舞いが出来るが、感情の起伏がない。 リリー=シュバルツ シュバルツ家の令嬢であり、ホグナー魔法学校一の才女。15歳。 シス=クローゼ クローゼ家の令嬢であり、貴族では通常現れない不能者。15歳。 カクヨムでも先行投稿しておりますので、そちらもよければ覗いてみてください。 『どちらかと言えば悪い魔法使いです』   https://kakuyomu.jp/works/1177354054883443984 【書籍情報】 『初めて妻を殴った』 ノベルゼロにて発売中 大人が読みたいエンタメ特別賞受賞 『医療魔術師はもう限界です』 ファンタジア文庫より発売中 第1回カクヨム特別賞受賞  
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 ファンタジー 20,058 位 / 20,058件
文字数 9,700 最終更新日 2019.12.15 登録日 2019.12.14
【1話約3000~4000文字(例外あり)】 関ヶ谷 碧斗(せきがや あおと)はある日、ずっと片思いしていた女子に偽彼氏になって欲しいと頼まれる。 少しはそこからの発展を期待したところはあるが、その頼みを快く受け入れた彼は晴れて(仮)彼女持ちになった。 だが、その日から彼の幼馴染の様子がおかしくなった。 偽カノといると割り込んでくる、昼休みはふたりきりがいいと連れ出される、挙句の果てには○○まで!? 「私じゃダメ?」 二人きりの教室で、そう詰め寄ってくる彼女に碧斗は……。 幼馴染ちゃんと(偽)彼女さんとの、主人公取り合いラブコメストーリー!サブヒロイン達も介入してきて、ドタバタコメディに転生か!? タイプの違うヒロインたちに癒されに来ませんか?
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 ライト文芸 2,459 位 / 2,459件
文字数 36,028 最終更新日 2020.01.09 登録日 2020.01.01
主人公。ヒロイン。ライバル。ヒール。脇役。モブetc... その物語を彩るキャラクター達にはそれぞれの与えられた役割がある。 それはある種彼らの使命でもあり物語の秩序ともなる大事なもの。 「人生とは与えられた役割を全うすることである」 それが彼らの誇りであり信条と言っても過言ではない。 しかし。のちにバグヒロインと呼ばれる一人の少女に彼らの信じる世界が脅かされることとなる。 立ち向かうは出演者全員。 ファンタジーでもなくバトルも無い。でも世界を守ろうと奮闘する彼らの生き様をとくとご覧あれ。 ※1話完結です
24hポイント 0pt
小説 64,201 位 / 64,201件 キャラ文芸 1,901 位 / 1,901件
文字数 7,120 最終更新日 2020.01.05 登録日 2020.01.05
94 123