悲哀小説一覧

タグ 悲哀×
6
                     梗概  それは「彼女」にとって、突然の夫の死だった。まだ若い二人の夫婦の生活は夫の事故死で早くも終わってしまった。だが、彼女にはどうしてか涙がわいて出てこなかった。何故なら夫の死の当時、夫は多大な債務を背負っており、その借金の返済の為に四苦八苦している状況だったので、彼女の心情としては夫の死によって入った生命保険の支払いと、何とか家を抵当に入れる事によって借金が返せたから。そのような事情もあり、彼女は悲しみと安堵の複雑な思いを抱き葛藤する。本当に私は夫を愛していたのか? と。  そんな募る思いを彼女がしている日々、死んだ夫からワインの彼女への誕生日プレゼントが届く。夫が事故死したのは彼女の誕生日の近づいていた日。つまり、送り届けられたワインは夫の死とは時間差した置き土産の贈り物だった。 彼女はそのプレゼントを受け取ると、生前、ワイン好きの夫が、この部屋には入らないでくれ、と言われてきたワイン・セラーの部屋に、ふと入ってみようと考えた。
24hポイント 7pt
小説 17,668 位 / 53,450件 恋愛 5,599 位 / 12,655件
文字数 13,246 最終更新日 2019.07.25 登録日 2019.07.25
2
青春 連載中 長編
長編小説です 内容は書けません(笑) ジャンルとしては 青春、ミステリー、ファンタジー などがミックスされた感じです どうか最後まで読んでください! そうすればきっと あなたは必ずニ度騙される *Twitterやってます 気に入ったらフォローしてください (o_o)です
24hポイント 0pt
小説 53,450 位 / 53,450件 青春 2,851 位 / 2,851件
文字数 20,496 最終更新日 2017.12.20 登録日 2017.05.06
美少女に魅了され、狂ってゆく幼なじみ……。独占欲、嫉妬、その醜さは一番人間らしい感情かもしれない。 昔から仲の良かった幼なじみの私達。 いつからソレは始まってしまったのかーー いつまでも変わらないと思っていた私達は、いつからこんなに歪んでしまったのだろう。 妬み、僻み、嫉妬、独占欲、その小さな火種は時として己を包み込む程の大きな炎になり、やがて暴走し始めた炎に自らをも焼き尽くされてしまう事もある。 制御できなくなった感情の行き着く先とはーー。 私はただ、いつまでも変わりたくなんてなかった。 そう思っていたのは、私だけだったのかもしれないーー 恋愛かミステリーかジャンルに悩む作品です……。 んーどっちなんでしょう。笑 誰か教えて下さいw 私の【処女作】です。 映画のような、ドラマのような……そんな作品になれたらと意識して書き上げました。 ( *՞ਊ՞*)ノ
24hポイント 0pt
小説 53,450 位 / 53,450件 ミステリー 1,411 位 / 1,411件
文字数 68,116 最終更新日 2018.12.17 登録日 2018.12.15
4
恋愛 完結 ショートショート
貴方が死んでからの詩集です。 他のサイトで書いていた詩の総集編です。
24hポイント 0pt
小説 53,450 位 / 53,450件 恋愛 12,655 位 / 12,655件
文字数 1,210 最終更新日 2018.12.17 登録日 2018.12.17
5
恋愛 完結 ショートショート
 終末医療を行う病院。  彼の使者として、フクロウが彼女のところに来る。  毎夜繰り返させる出来事は、痛み止めにうなされた彼女の夢なのか、それとも、フクロウが見せている幻惑なのか?  彼女は最後に向けて、日々を戦っている。
24hポイント 0pt
小説 53,450 位 / 53,450件 恋愛 12,655 位 / 12,655件
文字数 4,035 最終更新日 2019.03.09 登録日 2019.03.09
6
恋愛 連載中 長編 R15
ーー明日ありと思う心の徒桜、夜半に嵐の吹かぬものかは。 若松麿が詠んだ詩だ。 桜は明日もまだ美しく咲いているだろうと安心していると、その夜中に強い風が吹いて全て散ってしまうかもしれない。 ーー今日が在ろうとも、明日はどうなるかわからない、という世の諸行無常を説いた戒めの詩ーー 桜と言う花に関しては多くの詩や俳句が詠まれ、日本人のみならず、世界的にも認められる美しく、儚い春を象徴する花だ。 風が吹けば、雨が降れば散ってしまう。だが、それでも力強く咲き誇る姿に人は心を打たれるのだ。 明日はきっと来るんだから明日やろう、今度やろうなどと言う傲慢な考えを持つ怠慢な人間を嘲笑うかのように桜は今日を堂々と、今日しかないと言わんばかりに強く生きる咲き誇る。 主人公である、雅樹(まさき)は、前者のような傲慢で怠慢な人間だった。 そんな彼は、日常を変える「なにか」を探していた。惰性で流されるばかりの人生を変える「なにか」を。 他力本願で、実に彼らしい消極的で無責任な願いだ。そんな怠惰な彼へ、なんとも幸運な事に、日常を変える「なにか」は唐突に訪れる。 ーー桜のような強く儚い生き様を魅せる彼女との出逢いが、彼の日常に、生き方に変化を齎(もたら)したのだ。 これは、彼の出逢いと別れ。そして、成長を描いた物語。
24hポイント 0pt
小説 53,450 位 / 53,450件 恋愛 12,655 位 / 12,655件
文字数 58,784 最終更新日 2019.07.06 登録日 2019.06.28
6