家庭料理小説一覧

タグ 家庭料理×
2
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
※ジャンルがよくわからなくてファンタジーカテゴリーですが、特になんの盛り上がりも無く、ひたすら日本料理中心の家庭料理を作る話です。  材料や調味料の分量はほとんど「適当」のため、レシピとしても活用できません。華やかな料理よりも地味な田舎料理と酒の肴系が多いです。  主人公は異世界から来たウルフマンですが、ただの作者の趣味で、一般人設定でも問題ない内容となっております。  色々設定は作ってますが、活用する予定はあまりありません。  元々はブログでも作ろうかと自炊飯画像を撮り始めたのですが、小説の形式にした方が面白そうかな?(自分が)と思ったためにこんな話になってしまいました。  出来上がった料理画像とワンセットの話のため、完全不定期掲載です。ご了承ください。    ※   ※   ※   ※ 地球には時々、異世界から落ちてくる者たちがいる。 それは『鬼』『河童』『天狗』『化け猫』『狼男』『吸血鬼』『半魚人』などなど、太古から妖怪やモンスターなどと言われていたファンタジー世界の住人だった。 中にはエルフやドワーフなど人間と大きな差も無く、自然と人間と混じり合って暮らしていた種族もいる。 彼らは現代では世界規模の条約によって保護され、一般人には気付かれないように暮らしている。 日本では太古から彼らとの付き合いが深いという理由で、いくつかの神社が国から保護を任されていた。 とある県、とある市にある稲荷神社。 その神社の裏側、広い境内の中に建つ『おいなり荘』もそんな保護施設の一つだ。 そこで暮らす狼男(ウルフマン)の駒井ビクターが、日々自炊するだけの物語。 ※R15指定は念のためです。特にそういった方向にするつもりはありませんが、飲酒や喫煙シーンは出てくると思います。
24hポイント 49pt
小説 7,534 位 / 60,678件 ファンタジー 1,897 位 / 19,435件
文字数 13,483 最終更新日 2019.08.27 登録日 2019.08.01
人の身体を形作るのは日々食べている物。 食べ物を作るのは人の思い。 人は食べ物を通して人の思いを受け入れて生きているのかもしれません。 そんな食べ物のあれこれを綴ったエッセイです。 最新話は「18 肝を食べる」。 なお、「01 貧乏人のチーズ」は同じ内容のものを小説家になろうにエッセイとして投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 60,678 位 / 60,678件 エッセイ・ノンフィクション 1,677 位 / 1,677件
文字数 36,680 最終更新日 2019.02.23 登録日 2018.07.31
2