原典小説(外部サイト)一覧

タグ 原典×
1
このような言葉がある。 「終わりの無き世界に其処は絶望の世界で永遠に心は呪われ初め肉体すらその薄火に輝く未来は起こらぬ。未来とは俺が、俺達が紡ぎ創るモノである。この世界は、終わりなきループの地獄。それが、CODEである。」  この物語は天神一族の終わりなき絶望を生き抜き輝く未来をつかみ取った栄光と挫折の一族の物語である。 ”終わりなき世界の輪廻と虚無の世界に生き続ける黄昏が果てしなくも続きそして、始まりの物語へ・・・・・” これはKGUという大学を軸に繰り広げられる異能力英雄譚である。 天神家とカオルの奇妙な宿命とCODEを使ってこの世界を守り抜く伝説に名を刻んだ12人の記録である。 世界が創られ65億年が過ぎた近未来的現代の世。 「命の重みを知り、命の価値を知る」 かつて、原初の世の中まだ地球が形成されてない頃なるが人類と焔・水・風・土・闇・光を与え、土嚢で二人の命を与えた。 しかし、ヤハウェーは、紀元前9000000年頃、姿は疎か歴史上からも消えた。 創られた歴史、偽られた歴史、たった一人の人間が神を倒した。 それこそ、この物語の最初の異能者神武天皇は、地獄の異能(神殺しの禁忌)を人類初習得し、ヤハウェーが消えた後神の遺伝子だけが残り、そして・・・ある境に、神の力は一人の女の身に宿った。 今、知る「神」だ。 混沌の茜空で、歴史と時空が一体化し、創られた世界に私たちが住んでいる。元の記録は、何千年前に 何万年前に、 何億年前に、 何百年後に、 ・・・・・・・神が創る世界それを知らないのは、この世界で「異能」がなければ、生きてはしない。 その中でも、「天使」「魔神」「無能」この三種類は、人類も地球も宇宙も存在してはならない人間である。  さて、今から話すのは一人の青年が、神武の落胤で彼の血が覚醒し、神を再び、倒す!物語で在り、七人の歴史上に名を残せなかった異能者の魂の鎮魂歌(レクイエム)を感じ、その無限に繰り広げられる「死」の世界からの解脱と輪廻の邂逅・・・・・・ 業を背負うモノに、罪は償えきれない。 この世界を救うべく、立ち向かうのはエンペラー、この男の命を、人生を懸けた壮大な歴史が、今昔幕を開ける。 刻とその混沌を刻まれ、創られた歴史の中、異能者の歴史をご覧あれ 人間は、いつか真実を受け止め、前を向いて歩いて、いつの時代もそうだ。 神が創ったのは、全てではない! 人間は人間から生物と神の境界線に、『嘘』と惑わされてはいけない。
24hポイント 0pt
小説 19,568 位 / 19,568件 ファンタジー 7,825 位 / 7,825件
登録日 2018.08.02
1