華族小説一覧

タグ 華族×
7
1
BL 完結 長編 R18
大須賀伯爵家の庭師である澪は、秘かに御曹司の晃久に憧れを抱いている。幼なじみの晃久に子どもの頃、花嫁になれと告げられたことが胸の奥に刻まれているからだ。しかし愛人の子である澪は日陰の身で、晃久は正妻の嫡男。異母兄弟で男同士なので叶わぬ夢と諦めていた。ある日、突然の体の疼きを感じた澪は、ふとしたことから晃久に抱かれてしまう。医師の長沢から、澪はオメガであり妊娠可能な体だと知らされて衝撃を受ける。オメガの運命と晃久への想いに揺れるが、パーティーで晃久に婚約者がいると知らされて――◆BL合戦夏の陣・ダリア文庫賞最終候補作品。◆スピンオフ「椿小路公爵家の秘めごと」椿小路公爵家の唯一の嫡男である安珠は、自身がオメガと知り苦悩していた。ある夜、自慰を行っている最中に下男の鴇に発見されて――
24hポイント 184pt
小説 5,549 位 / 105,133件 BL 909 位 / 10,623件
文字数 206,053 最終更新日 2019.11.29 登録日 2019.03.11
木下七郎は名家の出身。1959年家族が米国旅行に行く時、インフルエンザにかかりで一人日本に残った。ところが飛行機の墜落という悲劇に見舞われ、一瞬にして1人ぼっちになった。しかし木下家では戦前、スイスの銀行にお宝を保管した。 横浜の外人学校に入り、ロスチャイルド家の末裔、リチャードと運命的な出会いをして米国で働いた後、日本に戻りロスチャイルド家の仕事をし、大きな財産を作り上げた。その後、結婚、妻との死別。
24hポイント 49pt
小説 11,564 位 / 105,133件 現代文学 97 位 / 5,457件
文字数 51,543 最終更新日 2021.06.05 登録日 2021.05.21
3
恋愛 完結 短編
私のご主人様である華族の祐典さまは、優しくて気さくな方だ。 前の屋敷を追い出されて死にそうになっていたところを、助けてくれたのは祐典さまだ。 それには感謝しているけれど、お菓子を勧めてきたり、一緒に食事をしたらいいとか言ったり。 使用人の私がそんなことなどできないと、そろそろわかってほしい。 ――それに。 最近の私はどこかおかしい。 祐典さまの手がふれたりするだけで、心臓の鼓動が早くなる。 これっていったい、なんなんだろう……?
24hポイント 14pt
小説 21,001 位 / 105,133件 恋愛 8,801 位 / 29,573件
文字数 9,151 最終更新日 2019.04.19 登録日 2019.04.19
人界は三階層にわかれている。 上層街は〝空の王ドラグーン〟と、 竜騎士団が支配している。 下層街は実質、 黒騎士団の支配下だ。 そして地下街は、 賞金稼ぎどもの寄せ集め、 〝土竜騎士団〟のスポンサーである、 バグ・パーが支配している。 俺はミル・ハウ。 下層街に住む、 有名な彫刻師(エングレイバー)の一族、 ハウ家の落ちこぼれだ。 五年前に殺された父さんは、 竜騎士団所属の彫刻師だった。 兄のソル・ハウも、 今は上層街で、竜騎士団に所属している。 騎士どもの持つ〝神銃〟には、 神や悪魔、獣や竜の印を彫刻した銃弾が必要だ。 だから騎士団には必ず、 腕のいいエングレイバーが所属する。 腕のいいエングレイバーとは、 強力な印を扱える彫り師のことだ。 俺はまだ、 あまり印を扱えない初心者、 と言うか、ほとんど素人だ。 兄は、俺なんかとは持って生まれた才能が違う。 俺の年齢の時にはもう、強力な法弾や、 獣弾、魔弾までも、扱えていたという。 畜生。 でも俺には、 父さんののこしてくれた最強の銃弾、 〝竜弾〟がある。 こいつでいつか、父さんの仇、 黒騎士〝エイオアタ・ソング〟を殺す。 竜弾は三発。 こいつに刻まれた印は、 強力な竜神と契約したものだと、 父さんは言っていた。 そいつが三発。 名のある竜騎士だって、 こいつを全弾食らえば、 ひとたまりもないだろう。 ましてや黒騎士団なんて、 騎士崩れのならず者集団なんだから、 この竜弾なら絶対に殺せるはずだ。 賞金稼ぎどもよりも先に、 俺があの黒騎士を殺す。 ー必ず。
24hポイント 7pt
小説 24,875 位 / 105,133件 ファンタジー 4,883 位 / 27,912件
文字数 549,982 最終更新日 2021.01.06 登録日 2019.08.06
――私は待つ、いつか訪れるその時を。 時は大正。処は日の本、華やぐ帝都。 珂祥伯爵家の長女・菫子(とうこ)は家族や使用人から疎まれ屋敷内で孤立し、女学校においても友もなく独り。 それもこれも、菫子を取り巻くある噂のせい。 『不幸の菫子様』と呼ばれるに至った過去の出来事の数々から、菫子は誰かと共に在る事、そして己の将来に対して諦観を以て生きていた。 心許せる者は、自分付の女中と、噂畏れぬただ一人の求婚者。 求婚者との縁組が正式に定まろうとしたその矢先、歯車は回り始める。 命の危機にさらされた菫子を救ったのは、どこか懐かしく美しい灰色の髪のあやかしで――。 そして、菫子を取り巻く運命は動き始める、真実へと至る悲哀の終焉へと。 ※時代設定的に、現代では女性蔑視や差別など不適切とされる表現等がありますが、差別や偏見を肯定する意図はありません。 ※この作品は『カクヨム』『ノベルアップ+』『Novelism』『エブリスタ』様にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 105,133 位 / 105,133件 歴史・時代 1,389 位 / 1,389件
文字数 152,526 最終更新日 2021.06.10 登録日 2021.05.28
6
恋愛 完結 短編
時は大正。 華族のお嬢様と世話係のメイドの淡い恋物語。 傍にいるだけで満足していた二人。あるとき、お嬢様が婚約することになり……。
24hポイント 0pt
小説 105,133 位 / 105,133件 恋愛 29,573 位 / 29,573件
文字数 8,193 最終更新日 2020.01.11 登録日 2020.01.10
「特区」それは華族達の世界。  そこには魔力が存在し、華族達が派閥争いを繰り広げながらもその優雅な生活を謳歌していた。だがそれはGHQにより計画された日本魔力断絶100年計画の一環であることを彼らは気付いていなかった。  その中で、日本に「聖剣」と呼ばれる魔力保持者が誕生する。有史以来1000年に1度、具現化しては世界地図を塗り替える存在。  そして世界はその聖剣を中心に大きく回り始める。  これは神々の意思なのか、それともただの気まぐれなのか。 
24hポイント 0pt
小説 105,133 位 / 105,133件 ファンタジー 27,912 位 / 27,912件
文字数 141,188 最終更新日 2020.02.22 登録日 2019.07.26
7