令嬢小説一覧

タグ 令嬢×
604 12345
1
恋愛 連載中 長編 R15
『虐げてきた家族は処分され、記憶を失くした令嬢は王太子に溺愛されて……』 生まれつき足が不自由な主人公である、侯爵令嬢のヴィオラ。屋敷の陽当たりの悪い部屋に閉じめられる様にして、ずっと生きてきた。両親からも、兄、姉、妹からも見放され、唯一慕ってくれるのは弟だけだった。いつかは、この部屋から出て外の世界を見てみたいと希望を持っていたが……数年前社交界デビューを迎える歳になった時、母から「歩けないのに、見っともない。舞踏会などつれて行けない」と言われ、その時からヴィオラは全てを諦め、ただひたすらに弟の幸せだけを願ってきたが。その弟も、先日亡くなってしまった……。すっかり生きる希望をなくしたヴィオラの元を、ある人が訪ねて来た。彼は自分は王太子であると名乗り……そして。
24hポイント 25,525pt
小説 112 位 / 91,825件 恋愛 78 位 / 24,946件
文字数 82,127 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.12.14
まずはちゃんとした土下座から、どうぞ。
24hポイント 18,147pt
小説 148 位 / 91,825件 ファンタジー 36 位 / 25,591件
文字数 6,283 最終更新日 2021.01.18 登録日 2021.01.16
3
恋愛 連載中 短編
侯爵令嬢ではあるが価値はないと見放されたセシリア・ルシファー。 魔力があって当たり前、魔法が使えて当たり前となっていたこの世界では魔法を使えない人間を過剰に下に見る傾向があった。 魔法が使えないと言うだけで捨てられた人も、奴隷落ちした人も少なくはない。 これは、そんな世界で貴族であるにも関わらず魔力がなかったセシリア・ルシファーが叶わない恋をしても最期までその相手を慈しみ幸せを願うお話。
24hポイント 15,598pt
小説 166 位 / 91,825件 恋愛 102 位 / 24,946件
文字数 14,835 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.13
4
恋愛 連載中 短編
 婚約者だった幼馴染エリオットに裏切られ、偶然出会った侯爵家令息のレオンに優しく慰められた子爵家令嬢のルシィ。彼女はその出来事が切っ掛けとなってレオンに恋をして婚約し、2人で幸せな毎日を過ごしていました。  ですが――。そんな彼女には、いつも違和感がありました。  レオン様と一緒にいると、何かが間違っている気がする。  そうして彼女はその違和感について考え始め、やがて真実を知ることになるのでした――。
24hポイント 13,739pt
小説 182 位 / 91,825件 恋愛 108 位 / 24,946件
文字数 14,649 最終更新日 2021.01.22 登録日 2021.01.10
5
恋愛 連載中 長編 R15
男爵令嬢マリーリ・フィーロは怒りに震えていた。なぜなら、婚約者が真っ昼間から浮気をしていたからだ。しかもその相手は一番の親友だったというおまけつき。 「そっちがその気なら、こちらから婚約破棄させていただきます!!」 マリーリは持ち前の気丈さで婚約破棄を突きつけつつも、ショックから逃げるようにその場をあとにする。 だが帰宅途中で、久々に地元に帰ってきた幼馴染で騎士のジュリアス・バードに引き止められ……? じゃじゃ馬で気が強いもののメンタル豆腐な男爵令嬢と人見知りで無愛想で寡黙な幼馴染騎士との物語。 ※イチャイチャや甘々8割、シリアス2割 ※カクヨムにて先行公開中 ※小説家になろうにも公開中
24hポイント 9,351pt
小説 244 位 / 91,825件 恋愛 142 位 / 24,946件
文字数 114,927 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.12.21
表の顔はおしとやかな令嬢。 でも、裏の顔は赤いフードを被った謎の最強冒険者!? エルバルク家の令嬢、キリナは他に誰も持っていない激レアスキル『スキル枠無限』の適正があった。 この世界では普通なら、スキル枠はどんな人間でも五枠。 だからできることが限られてしまうのだが、スキル枠が無制限のご令嬢は適正のあるスキルを全部取得していく! そんなことをしているうちに、王国最強の人間となってしまい、その力を役立てるため、身分を隠してこっそりと冒険者になったのだった。 正体がバレないよう、こっそり暗躍する毎日です!!
24hポイント 8,485pt
小説 263 位 / 91,825件 ファンタジー 72 位 / 25,591件
文字数 85,256 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.12.17
※『第13回ファンタジー小説大賞』参加中! 応援していただけると嬉しいです。 ▽  伯爵令嬢アリシアは、魔法薬(ポーション)研究が何より好きな『研究令嬢』だった。  社交は苦手だったが、それでも領地発展の役に立とうと領民に喜ばれるポーション作りを日々頑張っていたのだ。  しかし―― 「アリシア。伯爵令嬢でありながら部屋に閉じこもってばかりいるお前はこの家にふさわしくない。よってこの領地から追放する。即刻出て行け!」  そんなアリシアの気持ちは理解されず、父親に領地を追い出されてしまう。  アリシアの父親は知らなかったのだ。たった数年で大発展を遂げた彼の領地は、すべてアリシアが大量生産していた数々のポーションのお陰だったことを。  アリシアが【調合EX】――大陸全体を見渡しても二人といない超レアスキルの持ち主だったことを。  追放されたアリシアは隣領に向かい、ポーション作りの腕を活かして大金を稼いだり困っている人を助けたりと認められていく。  それとは逆に、元いた領地はアリシアがいなくなった影響で次第に落ちぶれていくのだった。 ーーーーーー ーーー ※閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。励みになります。 ※2020.8.31 お陰様でHOTランキングに載ることができました。ご愛読感謝! ※2020.9.8 多忙につき感想返信はランダムとさせていただきます。ご了承いただければと……!
24hポイント 7,639pt
小説 287 位 / 91,825件 ファンタジー 81 位 / 25,591件
文字数 81,579 最終更新日 2021.01.20 登録日 2020.08.31
8
恋愛 連載中 短編 R15
「誰にも出来ないような事は求めないから、せめて人並みになってくれ」  お父様にそう言われ、平凡になるためにたゆまぬ努力をしたつもりです。  賢者様が使ったとされる神級魔法を会得し、復活した魔王をかつての勇者様のように倒し、領民に慕われた名領主のように領地を治めました。  誰にも出来ないような事は、私には出来ません。私に出来るのは、誰かがやれる事を平凡に努めてきただけ。  そんな平凡な私だから、非凡な姉に婚約者を奪われてしまうのは、仕方がない事なのです。  諦めきれない私は、せめて平凡なりに仕返しをしてみようと思います。 (出来るだけ毎日更新を心がけようと思います) (お気に入りや感想を頂けると喜びます) (小説家になろうさんでも投稿しています)
24hポイント 6,149pt
小説 331 位 / 91,825件 恋愛 186 位 / 24,946件
文字数 32,480 最終更新日 2021.01.23 登録日 2021.01.08
子爵家の令嬢であるクロエは、仕える身である伯爵家の令嬢、マリーに頭が上がらない日々が続いていた。加えて、母が亡くなって以来、父からの暴言や暴力もエスカレートするばかり。 「ゴミ、屑」と罵られることが当たり前となっていた。 そんな、クロエに社交界の場で、禁忌を犯したマリー。 そして、クロエは完全に吹っ切れた。 「私は、屑でゴミですから、居なくなったところで問題ありませんよね?」 これで自由になれる。やりたいことが実は沢山ありましたの。だから、私、とっても幸せです。 「仕事ですか?ご自慢の精神論で頑張って下さいませ」
24hポイント 3,635pt
小説 492 位 / 91,825件 ファンタジー 137 位 / 25,591件
文字数 37,558 最終更新日 2020.12.14 登録日 2020.10.10
10
恋愛 連載中 長編
「明日、私を殺してくださらない?」 貧しい子爵の三男で、たいした財産もないダニエルにふってわいた婿養子の縁談。相手は元は皇太子の婚約者で、先日婚約破棄が報じられた公爵家の娘、シャルロットだった。 ダニエルには、マリエッタというおもいびとがいる。しかし、断れる身分でないダニエル。つい、シャルロットにきつくあたってしまう。 すると、シャルロットは妙に明るい表情で、自分を殺してくれと言ったのだった。 寄る辺ない身となった悪役令嬢と、成り行きでその婚約者となった貧乏子爵家令息が、成り上がりヒロインと、浮気者王子をさっくりざまあするまでのお話。 に、なるはずです。あくまで予定なのですが。
24hポイント 3,103pt
小説 552 位 / 91,825件 恋愛 287 位 / 24,946件
文字数 70,251 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.10.21
11
恋愛 完結 短編
※1月3日、本編完結いたしました。明日(4日)からは、本編の裏側が明らかになる番外編(補完編)の投稿を始めさせていただきます。  長年双子の姉のジュリエットに嫉妬し、ジュリエットが交わしている侯爵家の嫡男テオとの婚約の破棄を企む妹のマリィ。  ある日ようやくそのための作戦が完成し、マリィはついに動き出します。しかしその時の彼女は、まだ知らないのでした。  テオはジュリエットを、マリィが思っている以上に愛していることを。  完璧なはずのその作戦は、テオがジュリエットに抱く愛の力によって台無しになってしまうことを。
24hポイント 2,982pt
小説 574 位 / 91,825件 恋愛 299 位 / 24,946件
文字数 39,826 最終更新日 2021.01.16 登録日 2020.12.13
12
恋愛 連載中 長編 R15
令嬢ウィステリアは、美しく優しい公爵家令息ブライトに恋をしていた。 彼との婚約を目指し、悪評にもめげず努力を重ねる。 けれど、ブライトがより気さくに接するのは義理の妹のほうだった。 あるとき、義妹が生贄に選ばれてしまう。 回避しようと奔走する中、ウィステリアはブライトの気持ちを知ってしまう。 やがて決定的な言葉を告げられ、傷つき孤独になったウィステリアは、義妹の身代わりで生贄となるが…。 これは傷つき孤独を抱えた元令嬢と、すべてに恵まれたがゆえに何も執着しなかった青年の物語。 ※pixivfanbox、「小説家になろう」にも掲載。pixivfanboxが一番先行していて、なろうでも少し先行しています。 ※旧タイトル「妹の身代わりで死ぬはずが生き延びた悪役令嬢ですが、妹と結婚した片思い相手がなぜ今更私の元に?と思ったら」
24hポイント 2,612pt
小説 635 位 / 91,825件 恋愛 327 位 / 24,946件
文字数 117,071 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.11.19
13
ファンタジー 連載中 長編 R18
※不定期更新 交通事故で死んだ私。 目が覚めたら自分が生前やっていた乙女ゲームの悪役令嬢、ナターリアに生まれ変わっていた。 しかも主人公のメイリアはハーレムエンドを迎えた後で、私は処刑されることに…なるはずだったが、そこに現れた王子達によって、性玩具になることでなんとか生き残ることができた。 だけどそれは、処刑よりも辛い快感による拷問の日々だった… 完璧だと思っていた王子達。 実は特殊な性癖を持った変態だった!? 愛も何もない性欲を満たすだけのプレイ。 私は生き残るために必死に王子達の変態な欲求に答えていく… R-18で、手袋、くすぐりなどのフェチ描写や生々しい直接的な性表現があります。 その他ニッチなフェチ描写など多々ある予定のため、かなり閲覧注意です。 例えるなら乙女ゲームのエロシーンではなく、女性視点の男向けAVのような… 気分を害される前にお戻りください。 ※メイン更新はこちらですが、切りの良いとこまで書けたらpixivにも転載します。
24hポイント 2,577pt
小説 643 位 / 91,825件 ファンタジー 173 位 / 25,591件
文字数 103,594 最終更新日 2021.01.16 登録日 2020.06.30
何をしても平凡な私ですから、王太子妃なんてふさわしくない……ですよね? 10カ国の言語は日常会話程度ですし、剣も銃も魔法も馬も兵学も地学も刺繍もダンスも鍛冶も魔力付与も、ぜんぶ平凡にしかできないですから。
24hポイント 2,307pt
小説 694 位 / 91,825件 ファンタジー 182 位 / 25,591件
文字数 6,398 最終更新日 2021.01.07 登録日 2021.01.05
孤児だったエステルは、本来の聖女の代わりとして守護方陣を張り、王国の守りを担っていた。 本来の聖女である公爵令嬢メシアは、17歳の誕生日を迎えても能力が開花しなかった為、急遽、聖女の能力を行使できるエステルが呼ばれたのだ。 それから2年……王政を維持する為に表向きはメシアが守護方陣を展開していると発表され続け、エステルは誰にも知られない影の聖女として労働させられていた。 「メシアが能力開花をした。影でしかないお前はもう、用済みだ」 突然の解雇通知……エステルは反論を許されず、ろくな報酬を与えられず、宮殿から追い出されてしまった。 そんな時、知り合いになっていた隣国の王子が現れ、魔導国家へと招待することになる。エステルの能力は、魔法が盛んな隣国に於いても並ぶ者が居らず、彼女は英雄的な待遇を受けるのであった。
24hポイント 2,293pt
小説 695 位 / 91,825件 ファンタジー 183 位 / 25,591件
文字数 76,061 最終更新日 2021.01.04 登録日 2020.09.27
16
恋愛 完結 短編
「王子妃の位は、君に相応しくない」 第四王子のその一言で婚約破棄をされた侯爵令嬢は、国を捨てて隣国に渡った。 三年後、突如国に舞い戻った令嬢は、第四王子にあるものを要求する。 「わたくし、欲しいものは必ず手に入れたい質(たち)ですの。殿下はご存知なかったかもしれませんが、案外強欲ですのよ?」 ※全9話。予約投稿済みの完結作品です。 ※小説家になろうなどでも公開しています。
24hポイント 2,236pt
小説 705 位 / 91,825件 恋愛 364 位 / 24,946件
文字数 10,785 最終更新日 2020.10.27 登録日 2020.10.26
17
恋愛 完結 短編 R15
「お前の愛は重すぎる」 婚約者であるボルメルト王国の第二王子、ロレンス殿下に愛人の存在について言及すると彼はそう答えました。 その上、愛人は七人いると口にされて海外では普通だと開き直ります。 「最後にはお前のもとに帰って来るのだから」と言われて喜ぶ方もいるのかもしれませんが……私は納得できません。 そんな私に殿下は躊躇いもなく婚約破棄を告げました。 それから、半年後……殿下から4度も復縁要請の手紙が届きましたが、私はそれを全て断ります。 そして、5度目の手紙――。 「記憶喪失になってしまったから、記憶を取り戻すのを手伝ってほしい」 どうやら、階段から転んで頭を打って記憶を無くしたらしいのですが、婚約破棄からのショックも残る私は彼ともう一度会おうかどうか迷うのでした。
24hポイント 1,476pt
小説 973 位 / 91,825件 恋愛 501 位 / 24,946件
文字数 12,658 最終更新日 2020.10.13 登録日 2020.10.07
 オラルト伯爵の娘、レイは大変珍しい容姿をしていた。水色の髪に水色の瞳だ。  あまりに両親と似ていない為、伯爵夫人は浮気を疑われ両親は不仲に。夫人は家を出ていってしまう。  残された伯爵はレイを呪われた子として虐待する。それは、幼いレイの心が完全に閉ざされてしまう程だった。レイは考える事を辞めた。辛いだけだから。苦しいだけだから。  数年経ち、屋敷を尋ねた公爵によって伯爵は虐待の罪を暴かれ逮捕される。そして公爵はレイに向かって言った。 「私の娘になりませんか?」  公爵の養女となったレイは愛されながら最強の魔法、氷魔法に目覚めていく。 前題 公爵家の養子になりました~最強の氷魔法まで授かっていたようです~
24hポイント 1,469pt
小説 983 位 / 91,825件 ファンタジー 250 位 / 25,591件
文字数 32,916 最終更新日 2021.01.20 登録日 2020.11.15
19
恋愛 完結 短編
貴族の集まる晩餐会の会場で、大勢の見る前で婚約を破棄され、婚約者を親友に奪われるという屈辱を負わされたエレーナ・ガンパウダー伯爵令嬢。 「……ぶっ飛ばして差し上げますわ」 得意の爆薬を駆使して、彼女は元婚約者と元親友に壮絶な復讐を開始する。
24hポイント 1,434pt
小説 1,009 位 / 91,825件 恋愛 520 位 / 24,946件
文字数 11,461 最終更新日 2021.01.21 登録日 2021.01.10
20
ファンタジー 連載中 長編 R15
前世は苦労性のお姉ちゃん 愛されることを望んでいた… 神様のミスで刺されて転生! 運命の番と出会って…? 貰った能力は努力次第でスーパーチート! 番と幸せになるために無双します! 溺愛する家族もだいすき! 恋愛です! 無事1章完結しました!
24hポイント 1,384pt
小説 1,040 位 / 91,825件 ファンタジー 264 位 / 25,591件
文字数 170,151 最終更新日 2021.01.13 登録日 2019.06.05
21
恋愛 連載中 長編 R18
どうして、こうなってしまったのかしら。 私は、ひっそりと暮らして生きたかっただけなのに… 女の子の出生率が極端に少なく、一妻多夫制という他国と比較しても、数少ない配偶システムを導入している国で産まれた彼女は、とても美しい容姿故に求婚が後を立たず、そんな日々に嫌気がさしていた。 他国では男女の出生率が平均的であると知った彼女は、自分が女性というだけで執着されることのない、他国に憧れ、国を出る方法を画策していた。 彼女へ想いを寄せる4人の男性に計画を知られるまでは順調だった。 そう。知られるまでは… 気づけば知らない部屋。 脚に鎖が。 窓には鉄格子が。 あぁ…どうしてこうなったの…? *・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・* 初執筆作品 右往左往しながら書いています。 至らぬ点につきましては、何卒ご寛容のほどお願い申し上げます。 R18です。 監禁、束縛、無理矢理など、苦手な方は回れ右でお願い致します。
24hポイント 1,336pt
小説 1,066 位 / 91,825件 恋愛 548 位 / 24,946件
文字数 36,295 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.12.10
22
恋愛 連載中 長編
吸血鬼でありながら人間を助け、吸血鬼連盟から追放された令嬢、カース・エルカナ・ミューティクナ。 彼女は連盟から逃げる途中で吸血鬼退治を専門とする魔物ハンター・オリディンに出会い、何故か付き合ってくれと言われてしまう。 魔物ハンターの彼はいまいち信じられないが今は追放されてる身。仕方なく彼に協力し、魔物ハンターになるミューティクナ。 初めは距離を取っていたミューティクナだが、そんな私に何故か溺愛してくるオリディン。 彼のひたむきな姿を愛し護りたいと思ったミューティクナだが、彼女の力は吸血鬼の力。 他の魔物ハンターに見せる訳にはいかないが、吸血鬼連盟は迫ってきている。 自身の力を解放するか生き抜く為に隠すか悩むミューティクナは、はたして彼を信じ連盟を破壊できるのか?
24hポイント 1,321pt
小説 1,075 位 / 91,825件 恋愛 554 位 / 24,946件
文字数 5,320 最終更新日 2021.01.23 登録日 2021.01.22
23
恋愛 連載中 長編 R15
「お姉さんなんだから我慢なさい」 お姉さんなんだから…お姉さんなんだから… 我儘で自由奔放な妹の所為で昔からそればかり言われ続けてきた。ずっと我慢してきたが。公爵令嬢のヒロインは16歳になり婚約者が妹と共に出来きたが…まさかの展開が。 「お姉様の婚約者頂戴」 妹がヒロインの婚約者を寝取ってしまい、終いには頂戴と言う始末。両親に話すが…。 「お姉さんなのだから、交換して上げなさい」 流石に婚約者を交換するのは…不味いのでは…。 結局ヒロインは妹の要求通りに婚約者を交換した。 そしてヒロインは仕方無しに嫁いで行くが、夫である第2王子にはどうやら想い人がいるらしく…。
24hポイント 1,249pt
小説 1,114 位 / 91,825件 恋愛 573 位 / 24,946件
文字数 224,343 最終更新日 2020.11.18 登録日 2020.05.03
ランドロール公爵家は、数百年前に王国を大地震の脅威から護った『要の巫女』の子孫として王国に名を残している。 そして15歳になったリシア・ランドロールも一族の慣しに従って『要の巫女』の座を受け継ぐこととなる。 さらに王太子がリシアを婚約者に選んだことで二人は婚約を結ぶことが決定した。 しかし本物の巫女としての力を持っていたのは初代のみで、それ以降はただ形式上の祈りを捧げる名ばかりの巫女ばかりであった。 それ故に時代とともにランドロール公爵家を敬う者は減っていき、遂に王太子アストラはリシアとの婚約破棄を宣言すると共にランドロール家の爵位を剥奪する事を決定してしまう。 だが彼らは知らなかった。リシアこそが初代『要の巫女』の生まれ変わりであり、これから王国で発生する大地震を予兆し鎮めていたと言う事実を。 そして「もう私は必要ないんですよね?」と、そっと術を解き、リシアは国を後にする決意をするのだった。 ※小説家になろうにも同タイトルで投稿しています。
24hポイント 1,194pt
小説 1,153 位 / 91,825件 ファンタジー 289 位 / 25,591件
文字数 19,729 最終更新日 2020.09.28 登録日 2020.05.13
25
恋愛 完結 ショートショート
侯爵令嬢は恋をするのですその結果どうなる?
24hポイント 966pt
小説 1,352 位 / 91,825件 恋愛 690 位 / 24,946件
文字数 1,553 最終更新日 2021.01.22 登録日 2021.01.22
26
恋愛 完結 長編
※予定していた補完編は、完結いたしました。  今後は、時期は未定となりますが。新たにリクエストをいただいた補完編を、投稿させていただきたいと考えております。 なおその際までは、連載中ではなく完結の表記とさせていただきます。 「リル・サートル。この瞬間を以て、君との婚約を破棄する」  婚約者である王太子エメリックに好きな人ができたため、理不尽に婚約を破棄されてしまった伯爵家令嬢リル。ですが彼女は元々無理やり婚約させられており、大喜び。  王宮を追い出されたあとは愛する幼馴染アルフレッドと再会したり、2人で仲良くデートをしたり。その日からリルの生活は一変し、幸せに満ちた毎日となるのでした。  対して理不尽を重ねたエメリックには、真逆の生活が待っていました。彼は婚約を破棄したことによって、ストレスと苦労に満ちた毎日が始まるのでした。
24hポイント 965pt
小説 1,358 位 / 91,825件 恋愛 691 位 / 24,946件
文字数 93,941 最終更新日 2020.12.14 登録日 2020.10.04
27
恋愛 連載中 長編 R18
フォーセット伯爵令嬢として何不自由のない幸せな生活を送っていたアストレイア。 しかしそんな生活は長くは続かなかった。 アストレイアが7歳の時、父であるロベールが、最初の妻であったユリアと死別したのち、後妻を迎えたことで、アストレイアは冷遇されて行ったのである。 代わりに後妻であるタチアーナの娘ミーナは甘やかされて育って行った。 そんな中、アストレイアに王太子アルベルトとの婚約が持ち上がる。 しかし、それはタチアーナの陰謀で・・・. 仮初の婚約者だった王太子に、いつの間にか溺愛されていく、伯爵令嬢のお話。 ☆典型的なシンデレラストーリーです。。 ☆R-18にはタイトルの前に※が付きます。
24hポイント 952pt
小説 1,376 位 / 91,825件 恋愛 703 位 / 24,946件
文字数 12,829 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.11.25
28
恋愛 連載中 長編
「おまえは前提条件が悪すぎる。皇妃になる前に、離縁してくれ。」 新婚初夜に皇太子に告げられた言葉。 1度目の人生で聖女を害した罪により皇妃となった妹が処刑された。 2度目の人生は妹の代わりに私が皇妃候補として王宮へ行く事になった。 そんな中での離縁の申し出に喜ぶテリアだったがー…
24hポイント 937pt
小説 1,397 位 / 91,825件 恋愛 716 位 / 24,946件
文字数 115,572 最終更新日 2021.01.16 登録日 2020.04.20
29
恋愛 連載中 ショートショート
 男爵令嬢であるバーバラはクラリス王国の時期守護聖女として期待されていた。  しかし、彼女の元に現れたのはふわふわでもっふもふの小さな犬のような守護獣。  守護獣とは国の威信をかけた存在と言っても過言ではないのに、呼び出されたのはちっぽけな可愛らしい犬のような守護獣。  他国は龍や麒麟など巨大で強そうな守護獣ばかり。  これでは他国にバカにされるから、そんな弱そうな守護獣との契約を破棄しろ! と迫る婚約者のイスカル王子の言葉を受け入れず、守護獣を守ったバーバラは婚約破棄を言い渡されてしまう。そして男爵の称号も剥奪すると宣う。  そしてバーバラは、家に迷惑はかけられない……と守護獣とともに旅立つ話。  でも守護獣は世界を滅ぼせるほど強かったのでした。
24hポイント 930pt
小説 1,414 位 / 91,825件 恋愛 724 位 / 24,946件
文字数 11,216 最終更新日 2020.09.09 登録日 2020.06.10
30
恋愛 完結 短編
私のせいで婚約破棄ですか? 思い当たることがないのですが? の番外編(補完編)です。
24hポイント 887pt
小説 1,466 位 / 91,825件 恋愛 754 位 / 24,946件
文字数 4,959 最終更新日 2019.12.23 登録日 2019.12.17
31
恋愛 連載中 長編
阿須加家のご令嬢・結月の元にやってきた新しい執事は、文武に長けた非の打ち所のない完璧な執事だった。だが、彼が来てからというもの、屋敷の使用人たちが、一人、また一人といなくなり……? 「お嬢様、私を愛してください」 これは、お嬢様に恋をした執事と、その執事に愛執されたお嬢様の、甘く切ない恋のお話。
24hポイント 876pt
小説 1,481 位 / 91,825件 恋愛 763 位 / 24,946件
文字数 4,426 最終更新日 2021.01.23 登録日 2021.01.22
32
恋愛 完結 短編 R15
パチンッと自らの頬を叩いた、侯爵令嬢のレベッカ。呆然とする主人公である公爵令嬢のアイリーン。そしてレベッカは婚約者の前でこう言った。 「アイリーン様が私の頬を叩いたんです」 アイリーンの婚約者である公爵令息のユリウス。そのユリウスの幼馴染のレベッカはアイリーンをどうにかして陥れようとしてくる。毎回悪者にされてうんざりしていた。 しかもユリウスは必ずレベッカの味方をする。そんなにレベッカが好きなら婚約破棄をしてレベッカと婚約すれば良いのに…。なのにユリウスは頑なにアイリーンと婚約破棄をしたがらない。多分それはレベッカには第3王子のシェルトという婚約者がいる為彼女とは結婚出来ないからだ。アイリーンは所謂お飾りとして必要ということらしい。だがどうやらシェルト王子にも、レベッカではなく他に好きな女性がいるようで。交差する4角関係…?
24hポイント 873pt
小説 1,484 位 / 91,825件 恋愛 765 位 / 24,946件
文字数 58,700 最終更新日 2020.12.08 登録日 2020.10.15
33
ファンタジー 完結 ショートショート
「もはやろくな縁談もないだろう。この公爵家の娘をどこぞに下げ渡すわけにもいかん。……おまえは勘当だ。公爵家の恥め、どこへなりと行ってしまえ!」 「そうですか」  私はため息をついた。 「わかりました。私はこの家を出ます」  ごめんなさいお母様。ちょっとこれ以上のお世話は無理です。私もこのご時世、できるだけこの人の影に隠れていたかったのだけれど。
24hポイント 852pt
小説 1,508 位 / 91,825件 ファンタジー 376 位 / 25,591件
文字数 4,023 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.05.01
「アリシア・レッドライア! おまえとの婚約を破棄する!」 公爵令嬢アリシアは王子の言葉に微笑んだ。「殿下、美しい夢をありがとうございました」そして己の胸にナイフを突き立てた。 血に染まったパーティ会場は、王子にとって一生忘れられない景色となった。冤罪によって婚約者を自害させた愚王として生きていくことになる。
24hポイント 837pt
小説 1,528 位 / 91,825件 ファンタジー 379 位 / 25,591件
文字数 33,449 最終更新日 2020.07.29 登録日 2020.07.12
35
ファンタジー 連載中 長編 R15
公爵令嬢、エリザベートは物心ついた時から未来の国母として努力して来た。 婚約者である王子のミスをフォローし、父である公爵の仕事を手伝い、義父となる国王を陰から支えて来た。 そんなある日、父や国王が不在の折、何を思ったか王子はエリザベートに婚約破棄を告げた。 そして、ついにブチ切れたエリザベートはずっと隠していた本当の力【七つの魔導書】を手に祖国への報復を誓うのだった。
24hポイント 831pt
小説 1,535 位 / 91,825件 ファンタジー 380 位 / 25,591件
文字数 210,533 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.10.06
36
恋愛 完結 短編 R18
初夜なのにキスしかできない、騎士団の副団長エルヴィンと純真に育った令嬢レナーテ。(ただしキスの範囲が広すぎる)まだ学生だったレナーテに恋心を抱いていたエルヴィンは、彼女に触れたい、けれど大事にしたい、怖がられたくないという気持ちの間でぐるぐるします。恋に慣れない不器用な二人の、じれじれで胸キュンの新婚生活のお話です。※R18です。そして基本、副団長のエルヴィンが過保護で溺愛。※番外編は、妊娠出産あり、かつ幼女。
24hポイント 823pt
小説 1,550 位 / 91,825件 恋愛 799 位 / 24,946件
文字数 106,411 最終更新日 2020.05.28 登録日 2020.02.14
37
恋愛 完結 短編 R18
両片想いの婚約者同士のお話。騎士のマティアスは婚約者のユスティーナが懐いてくれないことが気がかりだ。だがユスティーナは彼のことが好きすぎて、ぎくしゃくしている。二人は互いに好意を持っていることに気づかない。そしてマティアスはおっとりした彼女のことが心配で心配で、放っておけない。過保護ではないと己に言い聞かせつつ。まぁ、実際は過保護すぎるのですが。
24hポイント 816pt
小説 1,559 位 / 91,825件 恋愛 805 位 / 24,946件
文字数 59,698 最終更新日 2020.09.10 登録日 2020.07.08
38
恋愛 完結 短編 R18
ベルティーユは耳を疑った。酔った夫から腕を掴まれて、いきなりこんなことを言われたからだ。『ベルさん、あなたを幸せにしたい……! 結婚してくれ!』──いやいやいや、私はあなたの歴とした妻なんですけど⁉︎ ベルティーユの夫オランドは王都正規軍で大佐の副官を務める超エリート。顔よし、スタイルよし、実家は名家な上、金持ち。本人は文武両道。しかし少々真面目すぎる所があり、それゆえに純朴であった。彼は別居婚している妻ベルティーユがこっそり手伝っている実家の酒場へたまたま行き、魔法を使って変装したベルティーユに恋をしてしまったのだ。ベルティーユは頭を抱えるが、なかなか彼女は実家の酒場を手伝っていることを真面目な夫に言えないのであった。 ◆成人向けの小説です。性描写回には※あり。ご自衛ください。
24hポイント 809pt
小説 1,571 位 / 91,825件 恋愛 810 位 / 24,946件
文字数 39,937 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.10.12
39
恋愛 連載中 短編
 私の双子の妹、リリスはいつだって私のものを奪っていく。だから私はこの婚約も長く続かないことは分かっていた。  「ハロルド・カリオストン様との婚約者をリリスに変更することになった。」 父からそう告げられたとき驚きはしなかった。正直呆れていた。  次の日である15歳の誕生日、私は聖女に目覚めたのだった。  更新は不定期です。  更新時間は18:00です。
24hポイント 795pt
小説 1,591 位 / 91,825件 恋愛 821 位 / 24,946件
文字数 15,614 最終更新日 2020.09.05 登録日 2020.08.05
40
恋愛 完結 短編 R18
この日、とある伯爵家の娘は後宮にあがった。娘は王より新たな名を賜った。名はセレーネ。由来は彼女の容姿にあった。月の光を思わせる白銀の髪に翡翠の瞳、ほっそりとした肢体をもつ彼女は社交界で『月の妖精(セレーネ)』と呼ばれていたのである。娘を妾にと望んだ王は、まだ若い青年だった。王家の血筋らしい黒髪と上背をもつ精悍な美男だったが、彼には秘密があった。 一方セレーネには将来を約束した庭師の恋人がいた。王の妾の任期は二年。彼女は妾の務めが終わり次第、恋人と一緒になるつもりでいたが、王は『君の恋人に爵位を与えるから、私の子を産んで欲しい。二年後には必ず解放するから』と言い出した。王の願いを断ることが許されないセレーネは、恋人との未来のため、王に身体を許すことになったが──。 恋人がいる令嬢に本気になってしまった王と、恋人がいるのに王に快楽堕ちしてしまう令嬢の性愛の物語。 ◆このお話は成人向けです。性描写回には※がありますが、全体的に大人向けですので、性描写が苦手な方はご自衛ください。
24hポイント 788pt
小説 1,609 位 / 91,825件 恋愛 830 位 / 24,946件
文字数 14,360 最終更新日 2021.01.03 登録日 2021.01.01
604 12345