料理下手小説一覧

タグ 料理下手×
2
1
恋愛 完結 短編 R15
仕事帰りにケガをしてしまった私、かざね。 病院で診てくれた医師は幼馴染みだった! 「こんなにかわいくなって・・・。」 10年ぶりに再会した私たち。 お互いに気持ちを伝えられないまま・・・想いだけが加速していく。 かざね「どうしよう・・・私、ちーちゃんが好きだ。」 幼馴染『千秋』。 通称『ちーちゃん』。 きびしい一面もあるけど、優しい『ちーちゃん』。 千秋「かざねの側に・・・俺はいたい。」 自分の気持ちに気がついたあと、距離を詰めてくるのはかざねの仕事仲間の『ユウト』。 ユウト「今・・特定の『誰か』がいないなら・・・俺と付き合ってください。」 かざねは悩む。 かざね(ちーちゃんに振り向いてもらえないなら・・・・・・私がユウトさんを愛しさえすれば・・・・・忘れられる・・?) ※お話の中に出てくる病気や、治療法、職業内容などは全て架空のものです。 想像の中だけでお楽しみください。 ※お話は全て想像の世界です。現実世界とはなんの関係もありません。 ※コメントや感想は受け付けることができません。メンタルが薄氷なもので・・すみません。 ただただ楽しんでいただけたら嬉しいです。 すずなり。
24hポイント 305pt
小説 3,412 位 / 85,494件 恋愛 1,546 位 / 22,851件
文字数 72,630 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.06.19
大正時代、正村財閥に一人のメイドがいた。彼女の名は鷹華。 普段はお皿は割る、料理は壊滅的なドジっ子の彼女だが、もう一つの顔があった。 それは、 「これより、鷹狩りを始めます。」 ヒットマンである。
24hポイント 0pt
小説 85,494 位 / 85,494件 大衆娯楽 2,653 位 / 2,653件
文字数 5,591 最終更新日 2018.09.14 登録日 2018.08.26
2