武士小説一覧

タグ 武士×
11
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
チートはもらえるけど戦国時代に強制トリップしてしまうボタン。そんなボタンが一人の男の元にもたらされた。深夜に。眠気で正常な判断のできない男はそのボタンを押してしまう。かくして、一人の男の戦国サバイバルが始まる。
24hポイント 1,661pt
小説 649 位 / 57,355件 ファンタジー 238 位 / 18,807件
文字数 286,220 最終更新日 2019.09.23 登録日 2019.02.14
2
BL 完結 長編 R18
俺、千紘は普通の男子として暮らしていた。ある日、異世界からイカつい武士団が迎えに来て、スーパーイケメンの武士団長から殿と呼ばれ異世界へ連れていかれてしまう。この世界はまだ戦国の世が続いていた。 歴史ものでもなく過去でもなく時間軸同じの和風異世界ものです。千紘が慣れない殿となって奮闘します。 こちらはR18です。苦手な方は回避願います。ぼちぼち更新します。 タイトル変えました。
24hポイント 184pt
小説 3,622 位 / 57,355件 BL 504 位 / 4,721件
文字数 10,784 最終更新日 2019.03.19 登録日 2019.03.10
秀吉の天下統一が目前になった天正の頃、肥後(熊本)の国主になった佐々成政に対して国人たちが次から次へと反旗を翻した。それを先導した国人の筆頭格が隈部親永(くまべちかなが)である。彼はなぜ、島津も退くほどの強大な敵に立ち向かったのか。国人たちはどのように戦ったのか。そして、九州人ながら秀吉に従い国人衆とあいまみえることになった若き立花統虎(宗茂)の胸中は……。
24hポイント 127pt
小説 4,345 位 / 57,355件 歴史・時代 41 位 / 743件
文字数 109,591 最終更新日 2017.08.25 登録日 2017.07.07
後に新撰組として勇名を馳せた土方歳三。彼は優れた業物を持っていた。それは、齢十歳の少年だった。自らを妖(ばけもの)と称し、土方を主と慕う少年。その力は強大だった。そして、身の内に大神(狼)を宿し、ときには白き巨獣(狼)に変化して主や新撰組のために暴れた。幕末の動乱の只中にあって、武士に憧れ、誠を貫こうとする土方や近藤。朝廷、幕府、会津、薩摩、長州、といった大きな組織を相手に立ち向かう小さな戦闘集団。武士とは?命とは?絆とは?「壬生の狼」とも呼ばれた狼たちが、幕末を駆け抜ける!
24hポイント 42pt
小説 8,063 位 / 57,355件 歴史・時代 83 位 / 743件
文字数 548,441 最終更新日 2017.07.31 登録日 2017.03.23
 滝川三九郎一積は、織田信長の重臣であった滝川一益の嫡孫である。しかし、父の代に没落し、今は浪人の身であった。彼は、柳生新陰流の達人であり、主を持たない自由を愛する武士である。  三九郎は今、亡き父の遺言により、信州上田へと来ていた。そして、この上田でも今、正に天下分け目の大戦の前であった。その時、三九郎は、一人の男装した娘をひょんな事から助けることとなる。そして、その娘こそ、戦国一の知将である真田安房守昌幸の娘であった。  上田平を展望する三九郎の細い瞳には何が映って見えるのだろうか?これは、戦国末期を駆け抜けた一人の歴史上あまり知られていない快男児の物語である。
24hポイント 42pt
小説 8,063 位 / 57,355件 歴史・時代 83 位 / 743件
文字数 139,993 最終更新日 2018.11.10 登録日 2018.11.10
6
恋愛 連載中 長編
その昔 吉原遊廓という今で言う風俗のようなところがありました。 ある日 萌葱(もえぎ)を指名するお客さんが入りました。 それは萌葱が5日前、店のおつかいを頼まれている最中にぶつかって喧嘩になった男でした。 表紙絵 胡麻 菌さん(@kinokotoyama) 2018/2/1 萌葱編
24hポイント 21pt
小説 11,538 位 / 57,355件 恋愛 3,914 位 / 13,687件
文字数 763 最終更新日 2018.02.01 登録日 2018.01.31
それっぽく書いてみたあやかしの話。
24hポイント 21pt
小説 11,538 位 / 57,355件 歴史・時代 119 位 / 743件
文字数 1,762 最終更新日 2019.10.15 登録日 2019.10.14
武士道とは何か。 そのことを悟る前に、赤穂 内蔵助(あこう くらのすけ)は突然迷い込んだ世界で死の淵を彷徨う。 ――――こんなところでは死ねない。こんなものは武士道じゃない。 そう生き足掻く彼を救ったのは、沫雪城の城主である白雪 亜梨子(しらゆき ありす)だった。 怪我の治療だけではなく、仕事の斡旋までしてくれた亜梨子に恩義を感じた内蔵助は、彼女のために己の命を捧げる覚悟を決める。 しかし彼女は国民どころか、自分の領民にすら嫌われている悪徳貴族だった。 これは武士道という正義のために悪を貫く、時代遅れな侍のお話。 ※「https://ncode.syosetu.com/n9992ef/」にも重複投稿中。こちらの方が1話分多く読めるようになっています。
24hポイント 14pt
小説 13,554 位 / 57,355件 ファンタジー 3,524 位 / 18,807件
文字数 71,922 最終更新日 2017.11.18 登録日 2017.11.03
9
BL 完結 短編 R18
勘定方である沖田恒興は、いつものほほんとしていて、周りから馬鹿にされている。新参の神谷はイライラし、ついキツく当たってしまうが、沖田は叱られると興奮するたちで……。天然と堅物。
24hポイント 7pt
小説 16,008 位 / 57,355件 BL 2,516 位 / 4,721件
文字数 11,951 最終更新日 2017.09.09 登録日 2017.09.09
10
SF 連載中 短編
……え、わしの子孫、こんなことになるの!? 戦国時代、石見国にちょっとだけ名前を残した武将、小笠原長雄。ある日、未来から自分の子孫と名乗る男、サダオがやってきた。わけもわからぬまま、サダオは長雄に憑依し、二人は同じ体を使いながら生活をすることになる。 サダオが言うには、このままではあと一代で石見国を離れることになるという小笠原氏。その運命を変えたい長雄は、サダオとともに運命を変えるために奔走する。 ────これは、現代で誰も知らない……冴えない武士のコメディである。
24hポイント 0pt
小説 57,355 位 / 57,355件 SF 1,933 位 / 1,933件
文字数 3,476 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.30
武士は食わねど高楊枝。 されど食わねば腹は減る。 ここから始まる私の仕事。 屋敷に棲まう妖(あやかし)の、世話をせよとは難儀な話。 されど食わねば腹は減る。 江戸も末期に近付いて、食うて困って妖の番。そこに棲まうは黒髪のオカッパ姿の童で、あった。 この世に棲まう人の業。 座敷の内と外の間で、とくと御覧に入れましょう。
24hポイント 0pt
小説 57,355 位 / 57,355件 歴史・時代 743 位 / 743件
文字数 35,091 最終更新日 2019.05.24 登録日 2019.05.11
11