異世界風小説一覧

タグ 異世界風×
2
 西暦二千年代初頭、大規模な地殻変動の予兆が発見され、地球は残り五十年の余命宣告を突き付けられる。地球の滅びゆく足音を聞き、戦き荒んだ人心は社会の秩序を崩壊させ、世界は戦火の海に飲まれていた。  過去の事故がトラウマとなり自暴自棄になっていた少年緋野善生は、有志連合治安維持軍独立大隊ミセリコルデの門を叩く。生に執着できず、生きる意味を見いだせなかった彼は、配属先の小隊メンバーのジョナサンや菖蒲と触れ合ううちに、ミセリコルデを家族のように感じ、自分の存在価値を自覚し始めていた。  そんな矢先、作戦中に発生した変事により、仲間の無残な死体と対面してしまう。 ※某新人賞にて一次選考通過作品(二次で敗退)。そこそこよく書けた作品なので、このまま廃棄するのは勿体ない気がして、ダメ元でアルファポリスさんの第11回小説大賞にエントリーしました。10万字程度の読み切り作品となります。作品自体は完成しておりますが、もう少し加筆修正に励みたいと考えており、9月中旬から月末にかけて一気に更新する予定です。申し訳ありませんが、完成までもうしばらくお持ち下さい。  2018/08/31 皆月見人
24hポイント 0pt
小説 59,007 位 / 59,007件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 113,661 最終更新日 2018.09.21 登録日 2018.08.31
「あなたにはこれから、アナスタシスに移り住んでいただきます」  暗闇の中で、小さな何か。エインセルに告げられた言葉。突然のことに主人公コハクは戸惑いを見せるが、「今の状態で〝生きる〟ためには、移住するしかない」と続けられて覚悟を決める。  たどり着いた自分一人しかいない家。移住先では何をしてもいいと言われたコハクは、エインセルにもらった力と、新しい家族とともに元の場所に戻る方法を探すことを決意する。  ここはどこなのか。移住者と住人、そして旅人とは何なのか。不思議な世界、アナスタシスの真実を求めるコハクの旅が、ここに始まる。 *小説家になろうでも連載中
24hポイント 0pt
小説 59,007 位 / 59,007件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 30,679 最終更新日 2019.11.04 登録日 2019.10.28
2