小説 一覧

タグ 限定的主人公無双×
1
マホウツカイになりたい人生だった。 言霊師とは、言葉を操る職業である。 だが、僕がなりたいのはそんなよくわからないモノではなく。 英雄譚に登場するような、カッコいい偉大な魔法使いだ。 だが、僕には魔法の才能がない。 多少なりとも素養があれば、十にも満たない子供でも使えるはずの基本魔法を全く扱うことができず、火も水も土も風も、何をも操ることが出来ない。 だが絶望するにはまだ早い、と元冒険者の父さんが教えてくれた。 この世界には冒険者という存在がいて、彼らは迷宮に潜っている。 そこにはモンスターがいて、死力を尽くした戦いが繰り広げられている。 そしてその迷宮には、そして神の御業とも称される様々な魔道具が眠っている。 例えば、振るうだけで敵を焼き尽くす炎を生み出す杖。 例えば、空へと打ち込むことで恵みの雨をもたらす弓矢。 例えば、願うだけで嵐を起こす指輪。 例えば、地に突き立てるだけで大地を揺らす剣。 冒険者達は、人智を超えた能力を有する魔道具を求めて、日夜迷宮に潜るのだ。 そんな神の御業を体現する不思議な魔道具を、僕は手に入れたい。 魔法の才能がなくとも、それがあれば僕はマホウツカイになることが出来る。 だから僕は、この迷宮都市にやってきた。 僕の夢を叶える為の冒険が、これから始まるのだ。 これは、魔法使いになりたいと願う少年が、言霊師としての力を駆使して夢を叶えようとする物語である。
24hポイント 0pt
小説 37,561 位 / 37,561件 ファンタジー 13,428 位 / 13,428件
文字数 16,408 最終更新日 2018.09.07 登録日 2018.08.31
1