弁護士小説(外部サイト)一覧

タグ 弁護士×
3
弁護士水本は遺産相続に関する依頼を受けたことで、調査に使った探偵と共に、とある奇妙な事件に巻き込まれることになる。 事件は静かに決着を求め蠢き、やがて水本の想像と常識を超えた形で顕になり、彼の理解の及ばぬところで決着する。 「魔法使いは退屈な商売」の前日譚。
24hポイント 0pt
小説 18,902 位 / 18,902件 キャラ文芸 242 位 / 242件
登録日 2017.09.14
2
恋愛 連載中 長編
婚約者を妹に寝取られた。両親も妹の味方だ。だけど、絶対に泣き寝入りしない。裏切り者どもを訴えてやる! と駆け込んだ法律事務所で再会したのは、かつてのクラスメイトだった。彼に弁護士として協力してもらっているうちに、友情とは違った気持ちが芽生えていく。けれど、婚約者と破局したばかりで他の男に乗り換えるなんて、理性が許さない。そんな彼女の葛藤をよそに、彼は真っ直ぐに迫ってくる。しかし、周りの人間がまたしても騒動を起こしていき……。こうなったら、正々堂々、法的に叩きのめします!
24hポイント 0pt
小説 18,902 位 / 18,902件 恋愛 4,833 位 / 4,833件
登録日 2018.03.09
 晴香の両親は、晴香が幼い頃に離婚し、晴香は母に引き取られた。晴香にはその頃の記憶がほとんどなかったが、父は高収入の外科医で、母と晴香を見捨てていったのだと、母から聞かされていた。しかし、晴香は大学生になってから、両親の離婚調停の資料を偶然発見した。そこには、驚愕の事実が書かれていた。父が娘を守るために親権を求めて必死だったこと、母が多額の婚姻費用や養育費を得ていたこと、裁判官は調停の最初から親権は母のものと決めつけて、母が育児放棄をしていたという父の訴えをすべて聞き流していたこと。  現在の日本では、離婚に向けて突然子供を連れ去って別居することが認められています。そして、親権者を決めるとき、連れ去った側が圧倒的に有利になります。さらに、母親が親権者になることがほとんどです。仕事も家事も育児も全くしてこなかった母親でも、「これからきちんと育児をします」と口先だけ言っておけば、親権者になれるのです。  そうして父は娘と会えなくなりました。このような悲劇は、実は現在の日本ではよくあることですが、ほとんど話題にもなりません。皆さんに、日本の離婚、親権の制度について問題提起をしたくて、この小説を執筆しました。いろんなご意見があると思いますので、ぜひお聞きしたいです。
24hポイント 0pt
小説 18,902 位 / 18,902件 現代文学 583 位 / 583件
登録日 2019.12.09
3